Fandom

Dosuko Wiki

運転免許証

639このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

自動車を運転するために必須のもの。小和田雅子は学士入学した東大法学部在学中の1986年取得。
天皇陛下を始め皇室にも免許取得している人は少なくないのだが、徳仁は免許を所持していないと言われ、彼に取得できるだけの能力がないのではとも囁かれている。

小和田雅子と運転免許編集

1986年10月28日 東京・目黒「日の丸自動車学校」に通いだす小和田雅子
Q:運転免許証はいつ、どこで取得したの?
A:雅子さんが教習所に通ったのは外務省試験に合格した直後の昭和61年10月28日。東京・目黒の『日の丸自動車学校』で。卒業検定まで規定の27時間を1~2時間オーバーしただけで、年末までに卒業。翌62年3月、免許証を取得したばかりの雅子さんは友人と二人で九州へ旅行を。現地でレンタカーを借りての気ままな旅をした。

『FRIDAY SPECIALフライデースペシャル』1993年6月26日増刊号 pp.76-79<慶びに沸くプリンセス通り「ごひいき」の人たちが見た雅子さま「隣人のころ」>記事
納采の儀の鯛をさばいた魚屋「鮮魚相木屋」さんを始めとする色々なコメントあり。しかし靴店ニシムラ奥さんが「雅子さまの足のサイズは24cm前後だった」というのは、現存する画像からして激しく眉唾もの。
また小和田優美子が地元トヨタの営業マンに「あんなに運転の好きな子が、自分で運転できなくなるんですね」と語っていたという証言も。現実には結婚後も自分でハンドルを握って運転している。

外務省内規違反、父小和田恒名義の駐車許可証を流用した雅子マイカー通勤事件編集

pp.6-8より引用
 ご本人の否定がありながら、いまだお妃候補“本命”記しの消えない小和田雅子さん(27)。思えば写写丸も、ご迷惑とは知りつつ小和田邸への日参組であった。取材陣を完璧無視、毅然と愛車カローラIIを駆って外務省まで通勤される雅子さんウオッチングの日々。そのなかで、写写丸、ふと疑問に感じたことがあるので、虚心にここに提出したい。「未曽有の駐車場難のこのご時勢に、雅子さん、駐車スペースをどう確保しているのだろう」
 確認したところ、雅子さんは愛車を当然のごとく、外務省中央玄関前の駐車場に乗り付けていた。が、しかし、外務省の敷地内にある駐車スペースは来客用も含めて約70台分。職員は約千700人だから、北米第二課勤務の一職員である雅子さんが、ここにマイカー通勤用の駐車場を確保できているのは、まさに僥倖に等しいと考えるのが、ま、一般的な見方だろう。愛車のフロントガラス内側に置かれた、僥倖に浴した証しともいうべき『駐車許可証』。それに目を凝らした写写丸の頭は“!?”状態になった。そこには「小和田恒殿」と記されていたからである。  説明するまでもないが、恒氏(58)は雅子さんの父君。8月2日付で外務省キャリアのトップである事務次官に昇進するや、省内の機構強化、人事問題、外交官試験のあり方を見直す省内改革にいち早く着手した辣腕官僚だ。「湾岸戦争で手際の悪さを露呈した外務省が、汚名返上の切り札として、事務次官に就任させたんだ。秀才タイプの切れ者で、実力はもの凄い」とは外務省詰め記者の評である。その恒氏の名前の許可証を、娘とはいえ雅子さんが使用していることに問題はないのか。駐車場を管理する会計管理室に聞いてみた。「原則として職員は、自動車に乗ってきてはいけないんです。が、特例として許可証を発行します。発行基準は内規なので言えません」。もちろん、許可証は個人名での発行。別の人間が使うことは許されていない。そこで、小和田家のケースについて尋ねると、管理室長は「去年、小和田さん(恒氏)から申請があったから発行したんだ。ほんとに(雅子さん)が一人で乗ってきたの?」と次第に語気が荒くなり、ついには激高したのであった。「あんたがつべこべ言うことないんだ」
 もっとも、最後には事実なら内規違反になるので善処するとの回答であった。このやり取りがあったのは14日だが、17日に再度問い合せると、14日付で雅子さん名義の許可証を発行したとのこと。内規違反に関しては「一時的に使用したものと思っています。大目に見るということですか…」(室長)と、なんともはっきりしない答えが返ってきた。雅子さん名義のものがそれほど素早く発行できるのなら、当初からそうすればいいわけで、そうしなかったところに、父娘の公私混同的“七光り疑惑”も湧くのである
 事務次官就任の際、記者団に「雅子さんはなんと言ってられますか?」と聞かれ、「プライベートなことなので申し上げられません」と公私の別を厳然と分けるクール発言をした恒氏。だが、 素顔はやはり世間一般の父であったということか。雅子さん、この際電車通勤にされてはいかが?

雅子の愛車カローラII、皇室入り後のドライブ記事集編集

『週刊女性』1993年7月27日号<プリンセスカーライフ 雅子さま 殿下を助手席御所ドライブ 紀子さま マコちゃん一緒ベンツを運転>記事

1997年5月 那須御用邸静養で雅子がハンドルを握りカローラIIでドライブ、助手席に徳仁。車のフロント方向から撮影
1997年5月 那須御用邸静養、カローラIIを運転する雅子と助手席でお手振りするシートベルトを締めた徳仁、歩道側からの撮影

『女性自身』1997年5月27日号<雅子さま「ご懐妊否定」のシートベルト 愛車を運転>表紙目次

2004年軽井沢小和田家別荘篭城中の、雅子ドライブお楽しみ事件編集

2004年3月25日-4月26日 異例の小和田家軽井沢別荘での雅子滞在静養(4/9までの予定が延長)、愛子を同乗させてのドライブをした等の内容

p.111より引用
掲載画像説明文:1ヵ月の長期滞在の地・軽井沢では愛子さまに周囲の景色を見せるためか、レースのカーテンを開けてドライブすることもあった。

 (補足:2004年)4月26日午後、雅子妃(40)と愛子さま(2)が3月25日以来、1ヵ月にも及んだ長野県軽井沢での「長期転地療養」を終え、皇太子が待つ東京・赤坂の東宮御所に戻った。昨年(補足:2003年)12月に帯状疱疹で入院するなど、「世継ぎ問題のプレッシャー」(皇太子)で体調を崩し、公務を欠席している雅子妃、1ヵ月の間に体調は回復したのだろうか?
 雅子妃が静養していたのは父親の小和田恒国際司法裁判所判事が所有する別荘周辺。愛子さま、母親の優美子さんと滞在していた。別荘に向かう未知に警察が検問を設けるなど、厳戒態勢の中ではあるが、それでも雅子妃は周囲を愛子さまとドライブするなど(写真上)、存分に軽井沢の日々を楽しんだという。付近に住む人たちの証言をまとめてみると――。
「別荘から車で5分ほどのところに、放し飼いになったウサギと子どもたちが触れ合える施設があるのですが、雅子さまは愛子さまを連れてドライブ、1時間近くのんびり遊んだようです。ふだんは別荘の近くにある皇室ゆかりのホテルが料理を届けていたようで、」皇太子殿下がお見えになった週末には、ヒラメがホテルへ届けられたようです。また、雅子さまの父親妹さん一家がお見舞いに来た時には、優美子さんが吉永小百合さんも来るスーパーなどへ買い物に出かけ食材を買い、水入らずで夕食を楽しまれたようです」
 4月16日から19日、皇太子は雅子妃のもとを訪れた。宮内庁関係者がいう。
「愛子さまを抱いて皇太子殿下を迎えた雅子さまに、殿下は『体調はどうですか?』と問い、相好を崩して愛子さまを抱き寄せました。愛子さまも殿下の顔を見るやすぐ身を乗り出して飛びつき甘えていました。雅子さまは涙ぐんでいたようです。帰京を決めたのも、久しぶりの父親を慕う姿を見たからでしょう」
 皇太子のお見舞いにはさらに重要な意味があった。
「宮内庁の湯浅長官は東宮侍従を通じて皇太子に、5月12日からのデンマーク他欧州訪問の日程を4月20日ごろに発表すると伝えていました。本来は3ヵ月前には確定しなければいけないのを先送りしていたのです。皇太子殿下が直接、雅子さまい話してから結論を出すためです。皇室外交に熱心な雅子さまにとっては欧州訪問はなによりの気分転換になりますが、長期療養からいきなり外国訪問では、雅子さまの行動が問題視されかねない。殿下は軽井沢で5月の欧州訪問について『今回は一人で行ってくる、その間、愛子と留守を頼みたい』と説得、雅子さまも殿下に『長いことお休みをいただくことになって申しわけありません。今月中に御所に戻るようにいたします』と答えたそうです」(東宮関係者)
 ウラを返せば、雅子妃の体調は海外へ行けるほど軽井沢で順調に回復したということか。ただし、雅子妃が再び「お世継ぎ問題のプレッシャー」にさらされることは確実。「深刻な事態」はまだまだ続くのである。

御料牧場静養でも雅子ドライブお楽しみ編集

ttp://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090509/imp0905090801001-n1.htm(掲載元のMSN産経からは既に削除、InternetArchiveにて閲覧可能)
http://web.archive.org/web/20090511135823/http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090509/imp0905090801001-n1.htm
【皇室ウイークリー】(79)雅子さま、御料牧場で車をご運転 “わんぱく”悠仁さまに秋篠宮ご夫妻大慌て? (1/4ページ)
2009.5.9 08:00
このニュースのトピックス:皇室ウイークリー
愛犬「ゆり」を抱いて御料牧場に向かわれる皇太子ご一家=2日午後、JR宇都宮駅(AP)
 皇太子ご一家は2日から5日まで、栃木県の御料牧場で静養された。滞在中は皇太子妃雅子さま自らハンドルを握られ、ご一家でドライブを楽しまれる時間もあったようだ。
 8日の定例記者会見に臨んだ野村一成東宮大夫によると、ご一家は3日に敷地内のドライブへと繰り出された。運転席には雅子さまが座られ、敬宮愛子さまは飼い始めて間もない子犬の「ゆり」と乗車されたという。
 ご一家はドライブの途中、放牧されていたヒツジをごらんになった。また、敷地内の施設で長ネギ、レタス、アスパラガス、トマト、イチゴなどの栽培の様子を見学したり、収穫も体験されたという。
 豚舎では愛子さまが以前からかわいがっているブタとの再会を果たされた。
 誕生から2年がたち、子ブタは200キロを超える立派な体格に成長。人に慣れており、「愛子さまがそばに行かれても泰然としている」(野村東宮大夫)そうだ。
 ご一家は敷地内で見つけたキツネの巣穴を観察したり、サイクリングも楽しまれた。愛子さまはまだお一人での運転が難しいらしく、皇太子さまが乗られた自転車の後部座席などに座られていたという。
 ご滞在中は好天にも恵まれ、ご一家は充実した数日間を過ごされたようだ。

雅子がカローラIIで赤坂御用地をドライブ中に未舗装道路に乗り上げしまい、皇宮警察に救出される事件編集

『週刊朝日』2013年10月4日号<初公開皇室と御用達ブランドでわかる 美智子さま紀子さま流vs.雅子さま久子さま派の内幕 シャネルフェラガモグッチ…雅子さま海外ブランド目白押しのこだわりと理由/銀座かねまつ銀座よしのや…美智子さま・紀子さま国内ブランド重視の配慮と“計算”/五輪招致の“立役者”久子さま海外ブランド好きに隠された決意と確執/天皇ご運転のインテグラはマニュアル車/佳子さまファン熱狂のご愛用星柄スニーカー ほか>中吊りテファニー
『週刊朝日』2013年10月4日号<天皇家が利用されるホテルの条件/透明ビニール傘を両陛下が使われる理由/天皇陛下が運転するグレーのインテグラ/雅子さまはカローラII 乗り上げ救出も/秋篠宮さま、悠仁さまご愛用 旭出学園のおもちゃ>記事
p.24より引用
 天皇陛下以外にご自分で車を運転される皇族といえば、雅子さまだ。ご結婚前に運転して外務省に通勤する姿が話題となったカローラIIは、嫁入り道具として持参された。
雅子さまはその後も運転で気分転換されていたようです。一人でカローラIIに乗り、赤坂御用地内の未舗装道を走り、乗り上げてしまって皇宮警察に救出されたこともあるそうです。その後、適応障害と診断され、ご実家の別荘がある軽井沢で静養された際にも、ご実家のBMWを運転されていました」(宮内庁関係者)

徳仁については「運転免許証をお持ちではなく/殿下は運転されないので」vs.「皇太子も国民と同様に、講習と実地試験を受けて車の運転免許を取得されている」真っ向矛盾する記述あり編集

『週刊読売臨時増刊グラフ1993年7月1日号 華麗ジューンプリンセス雅子さま』
pp.97-98
より引用
Q3 マイカーをお持ちになるのでしょうか?
A. お出かけの際の車は現在も皇太子殿下がお持ちだが、宮内庁で管理する運転手付きのものである。ご結婚後は別々にお出かけになる機会も多いので、雅子さまの専用車も用意される。
 一方、ご自分たちで運転されるプライベートカーはお持ちになるのだろうか。雅子さまは外務省にお勤めの当時も、愛車のトヨタ・カローラIIで通勤されていた。帰りが深夜の二時、三時になることも珍しくなかったという激務のために身につけられた習慣ではあるがドライバーとしてのご経験は十分。だから、ご夫妻のための車をお持ちになるとしたら、ハンドルを握るのは雅子さまのお役目になる。皇太子殿下は運転免許をお持ちではなく、運転をなさらないからだ。
 皇室には運転をされる方は結構多い。天皇陛下は皇太子時代に鮫洲試験場で免許をお取りになっている。美智子皇后、三笠宮殿下、高円宮殿下も運転をなさる。秋篠宮殿下はご自分で見立てたオレンジ色の中古のフォルクスワーゲンをお買いになって、マイカーとされている。皇族方は御用地の中のそれぞれのお住まいを行き来される時に、ご自分で運転されることが多い。
 ただし皇太子ご夫妻がマイカーを持たれても、公道をドライブなさる光景を目にすることなどは警備上の問題からあまり期待できない。おそらくは御用地内に限られるだろう。御用邸にお出かけの折に周辺を走られる程度なら秋篠宮さまがなさったことがあり、いずれは拝見することができるかもしれない。

p.85より引用
ご趣味
 愛車カローラIIでのドライブ。クラシックのテープを聴きながら、外務省にもこの車で通われた。殿下は運転されないので、雅子さまの運転でドライブなさることがあるかも。


『日本の天皇─国難と天皇の歴史 Town Mook』徳間書店(2011/8/3発行)
p.118 皇室Q&Aより引用
皇族も運転免許が必要
 皇族がプライベートの時、はたしてご自分で車を運転されるのだろうか。そして、その際、運転免許はどうされているのか?
 結論から言うと、プライベートでも皇族がお車の運転をされることはある。そのため天皇陛下も皇太子も国民と同様に、講習と実地試験を受けて車の運転免許を取得されている。

徳仁が運転免許を所持していると主張する、関係ない他人のモザイク処理済ブルー免許写真(仮に本物なら、無事故無違反でゴールド免許のはずである)まで掲載している不思議で胡散臭い内容。『週刊読売臨時増刊グラフ1993年7月1日号 華麗ジューンプリンセス雅子さま』における「皇太子殿下は運転免許をお持ちではなく、運転をなさらないからだ。」と比較されたい。雅子が車を運転している画像映像は存在するが、徳仁のそれはこれまで1枚たりとも存在していない。


 

ナルは免許を取ろうとして学科試験で2、3回落ちたら「やはり運転は危険だからやめます」と言って免許に挑戦しなくなった、という噂話をむかし聞いた。/試しに東宮御所内でハンドルを握ったことはあっても、免許は断念。編集

Part2922-783 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/01/29(木) 20:38:27.73 ID:+0SC2EX30
ナルは免許を取ろうとして学科試験で2、3回落ちたら
「やはり運転は危険だからやめます」と言って免許に挑戦しなくなった、
という噂話をむかし聞いた。
実技はどうせ御所内だけの運転だから「ボクチン次の皇太子」で特別扱いしてもらえても
機械処理のマークシートの判定は特別扱いしてもらえなかったとさ、というオチで。

なんだか去年の愛子の運動会の玉入れの話(入らないとすぐやる気をなくす)を聞いてたら、
意外に信憑性のある噂だったのかもと思えてきたw


791 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/01/29(木) 20:49:58.69 ID:rC4n2hv40
プリンス浩宮(写真集)
文藝春秋(文春ネスコ)
発売日: 1987年10月


>試しに東宮御所内でハンドルを握ったことはあっても、免許は断念。

雅子徳仁以外の皇室メンバーと運転免許編集

天皇陛下編集

週刊現代 1970年4月16日号<現代ニュースレター(10) 皇太子の乗用車をトヨタにとられた日産のメンツ>表紙・目次

ttp://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090404/imp0904040801002-n2.htm(掲載元のMSN産経からは既に削除、InternetArchiveにて閲覧可能)
ttp://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090404/imp0904040801002-n3.htm(掲載元のMSN産経からは既に削除、InternetArchiveにて閲覧可能)
http://web.archive.org/web/20101118033057/http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090404/imp0904040801002-n2.htm
http://web.archive.org/web/20101118033053/http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090404/imp0904040801002-n3.htm
【皇室ウイークリー】(74)皇太子ご夫妻、前東宮侍従長に感謝のお言葉 絢子さまは大学生活スタート (2/5ページ)・(3/5ページ)
2009.4.4 08:00
 後任の東宮侍従長には、加地正人・前皇宮警察本部長が就任。加地氏も警察官僚出身だが、前任の末綱氏と同様に穏やかな人柄には定評があり、その手腕が期待されるところだ。
 もう一人、皇太子ご一家の下を離れる人がいる。愛子さまの養育係としてご一家に仕えていた福迫美樹子さんだ。
 幼稚園教諭としての経験を買われ、16年6月から東宮職出仕(しゅっし)という立場で愛子さまの養育のサポートに当たっていた。今回のご一家の奥志賀ご静養にも同行していたが、その仕事が一段落した3日付で退職した。
 野村東宮大夫は会見で、福迫美樹子さんの退職について「(愛子さまが)幼稚園生活をつつがなく終えて、初等科に入られることも順調にいった。今や初等科での生活にも慣れてこられ、そういった状況で身を引かれるという流れと思う」と述べた。
 天皇陛下は3月29日、静養先の御料牧場(栃木県)から東京へ戻られた。今回は秋篠宮ご一家とテニスなどを楽しんだが、お若いころは静養先でドライブに繰り出されたこともあったようだ。
 昭和29年3月。葉山御用邸(神奈川県葉山町)に滞在していた皇太子時代の陛下は、ポカポカ陽気に誘われ、嬉しそうに車のキーを握りしめられた。
 「午前10時から約40分間、クライスラーをかって(駆って)御用邸から芝崎海岸まで初のドライブをされ、颯爽たる運転ぶりだった」(毎日新聞)。
 当時、陛下は運転免許証を取得されたばかりだった。
 別の報道によると、運転の練習は前年から始まり、静養先の軽井沢、皇居内、東京・品川の教習所で行われたという。一般客に迷惑がかからないよう、教習所には毎週日曜日だけ通われたそうだ。
 年が明け、教習所で臨まれた実技試験は優秀な成績でパス。そして、3月に東京・渋谷の東宮仮御所(当時)で筆記試験に挑戦し、見事合格された。
 一般人と同じ写真付きの免許証は、教官を務めた警視庁の交通部長らが仮御所へ届けたそうだ。姓名欄には「明仁」と記入されていたという。陛下は「この次は何をやろうか」と冗談を口にしながら、非常に喜ばれていたらしい。
 一昨年、高齢者講習を受けた陛下は、現在も皇居内でマニュアル車を巧みに運転されている。ハンドルを握ることで、激務に伴う心身のお疲れが少しでも軽減するならば、国民にとっても喜ばしい限りだ。
 高円宮家の三女、絢子さまは2日、城西国際大(千葉県東金市)の入学式にご出席。高円宮妃久子さまが付き添われた。

1989年8月30日 礼宮殿下の黄色いワーゲンを運転される陛下と、同乗の美智子さま・礼宮殿下。帰りは礼宮殿下が運転担当

2009年4月10日 NHKスペシャル「象徴天皇 素顔の記録」、HONDAインテグラのMT車と今上陛下。助手席に美智子さま、後部席に侍従とSPが同乗する
参考Youtube:天皇陛下、愛車インテグラを運転される(「象徴天皇 素顔の記録」とは異なる他局映像だが、陛下の運転場面はNHK取材と同じものである)
https://www.youtube.com/watch?v=oM_eAjzTXoo

注:2ちゃんねる等の一部ネットで有名になっているこちらの映像は、40秒まではNHKオリジナルであるが、40秒以降はエンジン音を差し換えて映像再生スピードを速くしたMAD作品である。

天皇陛下、インテグラに乗る。
https://www.youtube.com/watch?v=cvAMDv7jcfU



2010年1月8日 前月76歳の誕生日を迎えられた陛下の運転免許更新高齢者講習ニュース。皇居に警視庁が信号機や標識を持ち込んで特別に作ったコースで、教官が同乗し運転実技講習を受けられたとのこと

『週刊朝日』2013年10月4日号<初公開皇室と御用達ブランドでわかる 美智子さま紀子さま流vs.雅子さま久子さま派の内幕 シャネルフェラガモグッチ…雅子さま海外ブランド目白押しのこだわりと理由/銀座かねまつ銀座よしのや…美智子さま・紀子さま国内ブランド重視の配慮と“計算”/五輪招致の“立役者”久子さま海外ブランド好きに隠された決意と確執/天皇ご運転のインテグラはマニュアル車/佳子さまファン熱狂のご愛用星柄スニーカー ほか>中吊りテファニー

参考ようつべ:天皇陛下の近況映像公開 首相内奏や愛車運転 KyodoNews
http://www.youtube.com/watch?v=KA8Hut5NEms


http://this.kiji.is/58151493799626234?c=39546741839462401
  天皇陛下が運転免許更新
  「今回が最後」の意向
  2016年1月8日 20時13分
   天皇陛下は8日、70歳以上のドライバーが自動車運転免許を更新する際に義務付けられている高齢者講習を皇居内で受けられた。更新手続きは即日完了。宮内庁によると、陛下の意向で3年後となる次回は更新しないという。年齢を考慮したとみられる。
   昨年12月に82歳を迎えた陛下は、皇居内で休日にテニスや散歩に出かける際、皇后さまを助手席に乗せてマイカーを運転しているが、関係者は「かねて今回が最後と聞いていた」という。
   陛下はこの日、住まいの御所で視力などの適性検査のほか、記憶力や判断力を測定する認知機能検査を受けた。
 
  https://www.youtube.com/watch?v=p-N93Fwpvkc
  http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000065854.html
  天皇陛下、高齢者講習受ける 愛車に乗り皇居で(2016/01/08 17:56)
   天皇陛下が自動車の高齢者講習を受けられました。
   先月に82歳の誕生日を迎えた天皇陛下は、自動車運転免許の更新期限を前に8日、皇居で高齢者講習を受けられました。陛下は、御所で安全運転の講習や適性検査を受けた後、皇居内でご自身の愛車に乗り、実技講習を受け、免許を更新されました。陛下は、皇居の中のテニスコートに向かう際など皇后さまを助手席に乗せて運転されているということです。また、陛下の意向で、免許の更新は今回が最後だということです。
 
  週刊女性 2016年2月2日号<天皇陛下(82)運転免許最後の更新に込められた美智子さま(81)への想い>表紙・目次

皇后陛下編集

『週刊女性』1992年8月11日号<スクープ美智子さま57歳の挑戦 車の運転練習中 免許取得へ!? すでに自動車を購入「街を走ってください!」>表紙

『女性自身』1992年?月?日号<美智子さまへ緊急提言「この時期に“運転免許”はいかがなものか」浜尾実さん(元東宮侍従)>表紙浜尾実

『週刊女性増刊1993年3月3日号 皇太子さま貫かれた初恋 佳麗雅子さんとご婚約』
p.84より引用
愛車 外務省への通勤用に、庶民的なカローラII
 雅子さんは昭和62年4月外務省に入省。初めのうちは電車で通うことも多かったが、仕事が深夜におよぶようになって車での通勤が多くなっていった。
 愛車はトヨタのカローラII。色は紺。値段は約125万円とグッと庶民的な車。
 天皇家では、天皇陛下が昭和29年、品川区の鮫洲試験場で免許を取得されたが、いまはお立場上、ほとんど運転することはない。
 美智子さまは昨年5月ごろから赤坂御所内で車の練習を始められた。警視庁の運転免許試験場から教官が出張しての練習もあった。オートマ仕様のホンダ・レジェンドを購入。御所内では天皇陛下を助手席にミニドライブを楽しまれたり皇太子さまのジョギングの伴走をしたりしている。しかし、ご公務のスケジュールや仮免許取得のための路上運転の都合などから、まだ免許は取得されていない。
 秋篠宮さまは、昭和60年、大学の夏休み期間を利用して東京・府中試験場で取得したもの。秋篠宮さまは、御用地内で宮内庁技官に運転を習われて試験にのぞみ、仮免許は1回で合格した。秋篠宮さまは夏の軽井沢などで実際に運転もされている。運転ぶりは「慎重で、安心して乗っていられる」(皇太子さま)という。紀子さまも学生時代に取得。三笠宮崇仁殿下、寛仁殿下、桂宮さま、高円宮さまも免許をお持ちだ。


『週刊読売臨時増刊グラフ1993年7月1日号 華麗ジューンプリンセス雅子さま』
pp.97-98より引用
Q3 マイカーをお持ちになるのでしょうか?
A. お出かけの際の車は現在も皇太子殿下がお持ちだが、宮内庁で管理する運転手付きのものである。ご結婚後は別々にお出かけになる機会も多いので、雅子さまの専用車も用意される。
 一方、ご自分たちで運転されるプライベートカーはお持ちになるのだろうか。雅子さまは外務省にお勤めの当時も、愛車のトヨタ・カローラIIで通勤されていた。帰りが深夜の二時、三時になることも珍しくなかったという激務のために身につけられた習慣ではあるがドライバーとしてのご経験は十分。だから、ご夫妻のための車をお持ちになるとしたら、ハンドルを握るのは雅子さまのお役目になる。皇太子殿下は運転免許をお持ちではなく、運転をなさらないからだ。
 皇室には運転をされる方は結構多い。天皇陛下は皇太子時代に鮫洲試験場で免許をお取りになっている。美智子皇后、三笠宮殿下、高円宮殿下も運転をなさる。秋篠宮殿下はご自分で見立てたオレンジ色の中古のフォルクスワーゲンをお買いになって、マイカーとされている。皇族方は御用地の中のそれぞれのお住まいを行き来される時に、ご自分で運転されることが多い。
 ただし皇太子ご夫妻がマイカーを持たれても、公道をドライブなさる光景を目にすることなどは警備上の問題からあまり期待できない。おそらくは御用地内に限られるだろう。御用邸にお出かけの折に周辺を走られる程度なら秋篠宮さまがなさったことがあり、いずれは拝見することができるかもしれない。

運転免許取得を目指していた/取得したと伝える記事はあるのだが、一方浜尾実氏の反対記事やまだ免許取得されていないという記述が存在するなど、詳細未確認である。


秋篠宮殿下・紀子妃殿下編集

FOCUSフォーカス 1985年8月2日号<judgment 「仮免許」は取ったけれど―マイ・カーは持てない?礼宮殿下の挑戦>表紙・目次
FRIDAYフライデー 1985年8月9日号<礼宮さま運転免許をおしのび受験して>表紙
FRIDAYフライデー 1985年8月9日号<おしのびの礼宮さま迎えて試験場職員緊張 秘密の特訓重ねて「仮免」テスト一発合格>記事

FRIDAY SPECIALフライデースペシャル'86下期総集編 1986年12月25日増刊号<礼宮さまはご自慢の100万円のワーゲン駆って 浩宮さまはアイドル歌手のショーで初手拍子>記事柏原芳恵

『週刊女性増刊1993年3月3日号 皇太子さま貫かれた初恋 佳麗雅子さんとご婚約』
p.84より引用
愛車 外務省への通勤用に、庶民的なカローラII
 雅子さんは昭和62年4月外務省に入省。初めのうちは電車で通うことも多かったが、仕事が深夜におよぶようになって車での通勤が多くなっていった。
 愛車はトヨタのカローラII。色は紺。値段は約125万円とグッと庶民的な車。
 天皇家では、天皇陛下が昭和29年、品川区の鮫洲試験場で免許を取得されたが、いまはお立場上、ほとんど運転することはない。
 美智子さまは昨年5月ごろから赤坂御所内で車の練習を始められた。警視庁の運転免許試験場から教官が出張しての練習もあった。オートマ仕様のホンダ・レジェンドを購入。御所内では天皇陛下を助手席にミニドライブを楽しまれたり皇太子さまのジョギングの伴走をしたりしている。しかし、ご公務のスケジュールや仮免許取得のための路上運転の都合などから、まだ免許は取得されていない。
 秋篠宮さまは、昭和60年、大学の夏休み期間を利用して東京・府中試験場で取得したもの。秋篠宮さまは、御用地内で宮内庁技官に運転を習われて試験にのぞみ、仮免許は1回で合格した。秋篠宮さまは夏の軽井沢などで実際に運転もされている。運転ぶりは「慎重で、安心して乗っていられる」(皇太子さま)という。紀子さまも学生時代に取得。三笠宮崇仁殿下、寛仁殿下、桂宮さま、高円宮さまも免許をお持ちだ。

『微笑』1989年12月6日号<「紀子さんをお借りします」礼宮さま自分の運転で迎えに来た初デート>表紙・グラビア・目次

1989年8月30日 両陛下と礼宮殿下と黄色いワーゲンビートル「那須御用邸周辺をドライブ。行きは天皇陛下が、帰りは礼宮殿下が運転された」

1989年8月30日 天皇、皇后両陛下とドライブを楽しむ礼宮殿下。愛車は黄色のフォルクスワーゲン=1989年8月、栃木県の那須高原

1990年8月18日 軽井沢へご静養、黄色いワーゲンでドライブの秋篠宮殿下と紀子妃殿下

眞子内親王殿下編集

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO35825250S1A021C1CR8000/
眞子さま、20歳に 「成年としてふさわしい行動を」
2011/10/23 5:00
 秋篠宮家の長女、眞子さまが23日、20歳の誕生日を迎えられた。眞子さまはこれに先立ち、秋篠宮邸で記者会見し「あっという間であったと感じております。これからは、成年としてふさわしい行動を心がけていきたいと思っております」と述べられた。
 眞子さまは国際基督教大2年に在学中。3年次から始まる専攻の準備のため、様々な分野の科目を履修する毎日で、学業以外ではスキー部に所属。自動車免許を取得したり、ボランティアとして宮城県など被災地を訪問したりするなど、大学生らしい幅広い活動をされている。
 両親の秋篠宮ご夫妻については「気軽な話、重要な話の双方を話し合える関係であると思っております」と笑顔。「かつてはよく怒る父親でございましたけれども、最近はすっかり丸くなっております」とも打ち明けられた。
 眞子さまは今後、成年皇族として、大学生活と並行しながら宮中行事など公務にも参加される。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140326/imp14032612500001-n1.htm
眞子さま、国際基督教大学をご卒業 「感謝しています」
2014.3.26 12:46
卒業式出席のため国際基督教大に到着された秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さま=平成26年3月26日午前、東京都三鷹市(代表撮影)
 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは26日、国際基督教大(東京都三鷹市)の卒業式に出席された。宮内庁によると進学や就職の予定はなく、今後は9~10月に岐阜県で開かれる「国際陶磁器フェスティバル美濃」の名誉総裁に就任するなど、女性皇族として本格的に公務に取り組まれるという。
 眞子さまは式のリハーサルのため午前7時半ごろ、キャンパスに入られた。同大伝統の黒い帽子とガウン姿で、報道陣に「楽しい学生生活を送ることができ、感謝しています」と話された。礼拝堂での式には約500人の他の卒業生らとともにご出席。卒業証書・学位記を受け取られた。
 同大には平成22年、皇室で初めてご入学。宮内庁によると3年生から美術・文化財研究を専攻された。英語で執筆した卒業論文の邦題は「明治時代における神話画の誕生、発展、そして葛藤」で、日本神話を題材とした絵が主に明治時代に描かれた理由などを考察されたという。
 24年9月から25年5月に英国エディンバラ大へ短期留学して学生寮で生活し、美術史などを学ばれた。サークルではスキーに取り組まれた。学芸員資格と運転免許も取得された

http://www.asahi.com/articles/ASG3S6S35G3SUTIL051.html
眞子さま、ICU卒業 結婚は「遅すぎず早すぎず」
2014年3月26日10時45分
卒業式のため国際基督教大に到着した秋篠宮家の長女眞子さま=26日午前7時42分、東京都三鷹市、代表撮影
 秋篠宮家の長女、眞子さま(22)は26日、4年間通った国際基督教大学(ICU)=東京都三鷹市=の卒業式に出席した。卒業にあたり、宮内庁を通じて「今後、さまざまな公的な活動をおこなっていくことになる」との意向を公表。今秋、岐阜県で開かれる国際的な陶芸コンクールの名誉総裁に就任するなど、皇室の一員として活動していくという。
 眞子さまは26日朝、大学構内の芝生広場前で卒業式前に記者団の写真撮影に応じた。同大伝統の角帽とガウンをまとい、「楽しい学生生活を送ることができ、感謝しております」と晴れやかな笑顔で語った。式には約530人が出席。最前列の席の眞子さまは、「秋篠宮眞子」と呼ばれ、卒業証書と学士(教養)の学位記を受け取った。
 卒業にあたり、宮内記者会からの質問に文書で回答を寄せ、「学習意欲の高い方が多い大学でしたが、同時に笑いと楽しい会話にもあふれた日々でした」と振り返った。在籍したのは教養学部で3年生からは美術・文化財を専攻し、英・エディンバラ大への留学も経験。卒業論文は、日本神話を題材にした絵が主に明治時代に描かれるようになった理由などを考察し、80ページにわたり英語でつづった。入学当初から雪面滑走競技(スキー)部に所属し、自動車の普通免許と学芸員の資格も取得した
無料登録して続きを読む
残り:458文字/本文:1001文字

佳子内親王殿下編集

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140209/k10015138781000.html(魚拓)
学校に生き物の生息環境を コンクール
2月9日 19時43分
学校や幼稚園の敷地などに生き物の生息環境を作る取り組みの全国コンクールが、秋篠宮さまと次女の佳子さまも出席されて東京で開かれました。
このコンクールは自然と触れ合いながら生き物を育む環境の大切さを学ぶビオトープを通じた教育の普及につなげようと、2年に1度、開かれているものです。
東京・渋谷区で開かれた発表会には、全国の学校関係者らが集まり、秋篠宮さまが学校や幼稚園などでのビオトープの普及を願う気持ちを述べられました。
このあと、佳子さまと共にすぐれた取り組みの発表の様子をご覧になりました。
このうち、大阪市の明治小学校は、学校の隣の公園に作った池や湿地などで地域と連携して続けている生き物の観察活動などについて、6年生の児童と卒業生が紹介しました。
ことしで成年を迎える佳子さまは公的な活動が増える一方で、今月からは自動車教習所に通うなど活動の幅を広げていて、初めて出席した9日のコンクールでも熱心に発表を聞かれていました。

NHK HP掲載テキストでは佳子殿下が教習所に通われていることが記載されているが、ニュース動画でこの箇所をアナウンサーは読み上げておらず、この齟齬にどんな意味があるのか不明。


http://www.news-postseven.com/archives/20150828_346117.html
佳子さま 赤坂御用地のドライブは「安全を心がけお上手な腕前」
2015.08.28 07:00
 今年4月にICU(国際基督教大学)に入学された秋篠宮家の次女・佳子さま(20才)は、公務を優先された夏休みとなった。
 7月25日に静岡・御殿場での『全日本高等学校馬術競技大会』の開会式で2度目の単独公務をされたのをはじめ、7月27日からは、秋篠宮さまと滋賀県を訪問されるなど、多忙を極められた佳子さま。
「夏休み当初はジレンマもおありになったようです。過熱する“佳子さまフィーバー”に“東宮家より目立つのはいかがなものか”という意見が囁かれ、お出ましを控えようとされる動きもあったようです。
 また、ICUには夏休みに希望者を対象とした“シープロ”と呼ばれる6週間ほどの海外留学プログラムがあるんですが、今年佳子さまは参加されませんでした。佳子さまのお友達は数多く参加されるうえ、海外で存分に英語や文化を学べる絶好の機会。“英語の勉強をしたい”と学習院大学を中退してICUに入学されただけに行きたいお気持ちが強かったようですが、公務などを鑑みて、泣く泣く見送られたようです」(秋篠宮家関係者)
 そんななか、佳子さまは公務で忙しい紀子さまに代わって、悠仁さまの勉強の面倒を見たり、ご一緒に遊ばれたりと、姉としての心遣いもされていたという。
「赤坂御用地内でのドライブが、いい気分転換になられているようです。高校を卒業されてから、佳子さまは合宿形式の教習所で、運転免許を取得されました。安全運転を心がけ、とてもお上手な腕前ですよ」(前出・秋篠宮家関係者)
 佳子さまは8月29日、『第32回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト』に臨席されるが、そのため、紀子さまに教わりながら手話の練習にも精を出されているという。
「佳子さまは、手話ができるようになれば、さらに多くの人との交流が生まれ、世界が広がると考えていらっしゃるようです」(前出・秋篠宮家関係者)
※女性セブン2015年9月10日号

紀宮殿下 / 黒田清子さん編集

時期不明、「70」の番号をつけた赤い教習車を運転するサーヤ

詳細不明、紺色自家用車を運転するサーヤ、助手席に乗っているのは女性SPか

2006年10月20日 皇后陛下72歳お誕生日お祝いため自ら車を運転し皇居へ向かわれる黒田清子さん

2008年6月9日 東宮夫妻結婚15周年祝いの夕食会のため、自らハンドルを握る自家用車で東宮御所に入られる黒田清子さん

2009年6月9日 東宮夫妻結婚記念夕食会に自ら運転して出席の黒田清子さん。当日は両陛下・秋篠宮ご一家・東宮一家・黒田清子さん、そして雅子の双子妹池田礼子と渋谷節子がそれぞれ夫を伴い出席

2012年5月11日 前月26日付けで伊勢神宮の臨時祭主に就任した黒田清子さん、この日皇居参内し天皇皇后両陛下と昼食会。画像は自らハンドルを握り自家用車を運転して皇居入りする場面(朝日新聞・長島一浩撮影)

2012年6月7日 <寛仁さま逝去、宮邸で「御舟入の儀」>JNNニュースより、皇族・親族らによる「お舟入の儀」「拝決」にご参列のため、自ら車を運転して寛仁親王邸を弔問された黒田清子さん、助手席の黒田慶樹さん

三笠宮殿下・寛仁殿下・桂宮殿下・高円宮編集

『週刊女性増刊1993年3月3日号 皇太子さま貫かれた初恋 佳麗雅子さんとご婚約』
p.84より引用
愛車 外務省への通勤用に、庶民的なカローラII
 雅子さんは昭和62年4月外務省に入省。初めのうちは電車で通うことも多かったが、仕事が深夜におよぶようになって車での通勤が多くなっていった。
 愛車はトヨタのカローラII。色は紺。値段は約125万円とグッと庶民的な車。
 天皇家では、天皇陛下が昭和29年、品川区の鮫洲試験場で免許を取得されたが、いまはお立場上、ほとんど運転することはない。
 美智子さまは昨年5月ごろから赤坂御所内で車の練習を始められた。警視庁の運転免許試験場から教官が出張しての練習もあった。オートマ仕様のホンダ・レジェンドを購入。御所内では天皇陛下を助手席にミニドライブを楽しまれたり皇太子さまのジョギングの伴走をしたりしている。しかし、ご公務のスケジュールや仮免許取得のための路上運転の都合などから、まだ免許は取得されていない。
 秋篠宮さまは、昭和60年、大学の夏休み期間を利用して東京・府中試験場で取得したもの。秋篠宮さまは、御用地内で宮内庁技官に運転を習われて試験にのぞみ、仮免許は1回で合格した。秋篠宮さまは夏の軽井沢などで実際に運転もされている。運転ぶりは「慎重で、安心して乗っていられる」(皇太子さま)という。紀子さまも学生時代に取得。三笠宮崇仁殿下、寛仁殿下、桂宮さま、高円宮さまも免許をお持ちだ。


『週刊読売臨時増刊グラフ1993年7月1日号 華麗ジューンプリンセス雅子さま』
pp.97-98より引用
Q3 マイカーをお持ちになるのでしょうか?
A. お出かけの際の車は現在も皇太子殿下がお持ちだが、宮内庁で管理する運転手付きのものである。ご結婚後は別々にお出かけになる機会も多いので、雅子さまの専用車も用意される。
 一方、ご自分たちで運転されるプライベートカーはお持ちになるのだろうか。雅子さまは外務省にお勤めの当時も、愛車のトヨタ・カローラIIで通勤されていた。帰りが深夜の二時、三時になることも珍しくなかったという激務のために身につけられた習慣ではあるがドライバーとしてのご経験は十分。だから、ご夫妻のための車をお持ちになるとしたら、ハンドルを握るのは雅子さまのお役目になる。皇太子殿下は運転免許をお持ちではなく、運転をなさらないからだ。
 皇室には運転をされる方は結構多い。天皇陛下は皇太子時代に鮫洲試験場で免許をお取りになっている。美智子皇后、三笠宮殿下、高円宮殿下も運転をなさる。秋篠宮殿下はご自分で見立てたオレンジ色の中古のフォルクスワーゲンをお買いになって、マイカーとされている。皇族方は御用地の中のそれぞれのお住まいを行き来される時に、ご自分で運転されることが多い。
 ただし皇太子ご夫妻がマイカーを持たれても、公道をドライブなさる光景を目にすることなどは警備上の問題からあまり期待できない。おそらくは御用地内に限られるだろう。御用邸にお出かけの折に周辺を走られる程度なら秋篠宮さまがなさったことがあり、いずれは拝見することができるかもしれない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki