Fandom

Dosuko Wiki

負担

642このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

雅子夫人がなにかにつけ、しきりに訴えるもの。生きているのが不思議だとしか思われないほどの負担を雅子夫人は抱えているようである。

Part2297-106奥様による「雅子の負担」まとめ画像

とりわけ「カメラのフラッシュが負担」と言い張りながらのばっちりカメラ目線表情をご堪能ください


  • 【(マスコミを通じて本当に発表された)雅子の負担シリーズ】ますます充実中!!

世継ぎの期待は負担
海外に行けないのは負担→【外国行かせろ会見
取材されるのは負担
見つめられるのは負担
いつも周りに人がいるのは負担
連日の公務は負担
早朝から準備するのは負担
御所の警備用ライトがまぶしくて負担
ローブデコルテを着るのが負担
和服を着るのが負担
屋外は寒いので負担
地方への移動が負担
国賓関係の行事は負担→【押しかけ
公務出発直前での取り止めはその異例さだけが話題になってしまい負担→【ドタキャン
低気圧は負担 (2005年3月11日、長野県スペシャルオリンピック開会式当日ドタキャン事件に対する東宮大夫釈明会見)
長時間屋外の墓所の行事(温暖晴天3月下旬)は負担
大勢の人の前に出るのは負担
車寄せや玄関でのお出迎えは負担
車で通り過ぎる際の撮影も負担(女性自身より)
日本ユニセフシンポジウムに出るのは負担じゃないけど、その他式典に出るのは負担
キャリアウーマンという目で見られることも負担(日テレスーパーテレビより)
(マスコミに2005年愛・地球博)訪問が事前に取り上げられると負担
公務先の幹部関係者と昼食を食べるのは負担(愛知万博では関係者を人払いして徳仁と二人だけで昼食)
マスコミだけでなく一般国民による撮影も負担(東宮大夫)
長時間緊張を強いられる行事に出るのは負担(東宮職医師団/サンデー毎日)
静養先で地元の方々の出迎えを受けるのは負担
宮内庁の部課長クラス職員が誕生日のお祝いを伝える行事は負担
子育てが自由に出来なくて負担
晩餐会の場で出そうな話題やゲストの背景などを書いたメモを事前に覚えなきゃいけないのが負担(女性セブン2005年12月29日・2006年1月1日合併号
海外賓客に出す飲み物について、コーヒーか紅茶かを選ぶのが負担(女性セブン2005年12月29日・2006年1月1日合併号
海外賓客に出す飲み物を紅茶に決定したとして、それを入れるティーカップを選ぶのが負担(女性セブン2005年12月29日・2006年1月1日合併号
暗闇と光が負担(文藝春秋2006年3月号)→【ミレナリオ療法
食事会で他皇族による外国公務の話を聞くのが負担(女性自身2006年2月7日号)
2006年4月5日に予定された半蔵門前の車内写真撮影は負担(女性自身2006年4月25日号)
皇太子殿下は背が低いので、背が高い雅子さまは自分を小さく見せようと首をすくめ前屈みになっていることが多いようで、この姿勢は首の筋肉に負担 (週刊新潮2006年7月27日号、東京脳神経センター・松井孝嘉医師の話)
大勢の人の拍手とか、たくさんの小旗が一斉に振られるような状況を苦手としている、要するにこれも負担(週刊新潮 2006年12月21日号
娘愛子と手をつなぐのも負担 (2007/03/19テレ朝ワイドスクランブル神田秀一氏コメント逆に愛子にとって雅子に手をつながれるのが負担なのかも
治療に好ましくない影響が生ずるので取材は負担(取材してほしいときだけ雅子側から連絡) (2008/3/28 MSN産経が原文ママ掲載した東宮職医師団「お願い」コメント
愛子の養育は過度の負担(2008/4/1MSN産経小山久子元学習院幼稚園園長が養育担当女官就任ニュース)
美智子さまの横で笑顔で語らう雅子さまは“すっかりお元気になられた”という報道もあったが、そんな多大な期待も、いまの雅子さまにとってはストレス(=負担)なのかもしれない(2009/12/13学習院OBオケ定演鑑賞とレセプションドタキャン事件についての女性セブン2010/1/7・14合併号〆の一文)
東宮職医師団見解文書が2009年12月9日雅子46歳誕生日に公表できず、同月25日に延期するもそれも無理、その理由は「この見解の作成に雅子さまもかかわられるのでご負担が大きすぎる、と東宮職サイドが判断したから」 (女性セブン2010/1/7・14合併号)
「昔は赤坂の東宮御所で定例会見が開かれていたのですが、妃殿下が 報道関係者が御所内に入るのを負担にお感じになるということもあったそうで、千代田の本庁舎(=宮内庁庁舎)報道室に会見場が変更されたのです。」by宮内庁担当記者(週刊文春2011/10/6号)
愛子の通学問題がたびたび報道で取り上げられることが、病気療養中の雅子さまの心労(=負担)になっている(MSN産経皇室ウイークリー2011/10/1
12月は愛子さま、雅子さまの誕生日と続き、国民へ向けての映像や「所感」が公表されるが、「これらの準備は妃殿下のご負担のひとつ」(週刊文春2011/11/10号)
「ご療養中なら御所に控えているべきとの意見」が、かえって精神的な負担(週刊文春2011/12/22号友納尚子記事)
「愛子サマは登校は車利用が多いが、下校は徒歩で元気よく。付き添う女官も留まることなくすぐに引き上げ。2011年12月に入ってから雅子サマの姿を見ない」(学習院関係者談要約)、負担でもあった付き添いが無くなったことで雅子サマの公務復帰が期待される=つまりこれまでの愛子登下校付添いは雅子にとって負担(女性セブン2012/1/1号)
2012年2月天皇陛下が心臓冠動脈バイパス手術入院、3月1日徳仁&雅子が東大病院へお見舞い。その際報道陣カメラのフラッシュが雅子妃の「負担」になったと小町東宮大夫が報道各社に伝える(週刊朝日2012/3/16号)
以前は自由に出入りできた宮内記者会所属記者も今は原則立ち入り禁止。毎週金曜の東宮大夫定例会見も「妃殿下は記者が大勢来ると思うだけでご負担」として皇居の本庁記者クラブで開催≪選択2014年1月号≫
「宮内庁によりますと、病気療養中の雅子さまも出席する予定でしたが、あいにくの雨で、行事が広い屋外から建物の中に変更になったため、体調を考慮して欠席されました。」、意味不明だがとにかく屋内が負担≪ANN2015/6/3 フィリピンのアキノ大統領 天皇皇后両陛下と懇談



またこの「負担」は夫徳仁にもいつしか伝染していたようである。二人揃ってつける薬は無いようである。

  • 【徳仁の(マスコミを通じて本当に発表された)負担シリーズ】

地方の単独公務だと両側の人にお手振りをしなければならないので負担
お茶会など歓談の場で皇太子一人だと話題にどうしても偏りがあり、両陛下の後で別の質問を考えなくてはいけないので負担
参考:週刊朝日2006年6月16日号<ご成婚13周年皇太子殿下公務激減のヒミツ>

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki