Fandom

Dosuko Wiki

脳内モルヒネ

639このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

雅子夫人が、自分の頭の中でも出ているかもしれないと、1996年12月誕生日発表公式記者会見で自らの口から語った物質のこと。

雅子妃33歳誕生日会見(1996年12月6日収録) より引用

 
問2 雅子様はこれまで,国内外のメディアに様々な取り上げられ方をしてきました。先日は,イタリアの新聞に雅子様ご自身の近況について「沈黙する悲しみの妃」と題する記事が掲載されました。また米国のニューズウィークでは「皇室に新風をもたらすと期待された妃殿下の能力を宮内庁の古い伝統主義が押し込めている」とする記事なども出ていました。雅子様は,こうした報道について,どのように思われますでしょうか。また,もう一点,皇太子妃となられたことで,以前と比べてご自身の中で変わったと思われること,環境が変わって戸惑うようなことはありますでしょうか。
 
皇太子妃殿下 (前略)
 記事そのものにつきましては,私の分からない言語で書かれているものもあるわけでございますから,すべての内容を承知しているわけではありませんけれども,日本の社会ですとかそれから皇室,それから宮内庁の在り方,そして私自身について様々な考え方が示されていて,一部は考える材料を与えてくれるものもあるのでございますけれども,全体として見ますと,どうもある一つの側面なり一つのテーマというものを強調し過ぎるあまり,何か少し事実にはないようなことを事例として挙げていたり,それからまた極端な結論というものを導いたりしているような例が見られるような気がいたします。中に例えば「私の姿を見られるのは,列車や車に乗る時だけになってしまった」ですとか,それから「公の場にはほとんど姿を見せない」といったものもあったようですけれども,本当にそうでしようか。そういうのを少し極端にすぎないでしょうか,という感じがいたします。それからまたもう一つ,私が鬱(うつ)状態にあるんではないかというような書き方をしているところもあるようなんですけれども,今,脳内モルヒネとかというものがちょっと話題になっているようですけれども,そんなものも私の場合,それなりに出ているのか鬱(うつ)状態とかそういうことは全くありませんので,どうぞそういう心配はしていただかないようにというふうに思います。


参考ようつべ:皇太子ご夫妻の会見(愛子さまご誕生以前) 1分38秒より「脳内モルヒネ」会見映像
http://www.youtube.com/watch?v=y_uRDZ23o2E#t=1m38s

「脳内モルヒネ」とは、1995年に出版され当時の大ブームとなったベストセラー、春山茂雄著『脳内革命―脳から出るホルモンが生き方を変える』]において提唱されていた、ポジティブな考え方によって脳から良いホルモンが出るという考えにて用いられている語である。但しベストセラーの常として、現在はあまり顧みられていない。
しかし皇族の公式記者会見で、ウケ狙いとは言え、医学的にどこまで正しいかどうか不明なベストセラーネタに安易に飛びつく軽薄さはいかがなものかと、会見当時でも世間の話題になった。読書という行為に対する雅子のセンスのなさ、考えなしな雅子の性格を反映している発言の一つと言えるだろう。


参考:【雅子の(゚Д゚)ハァ?な発言シリーズ】、【法則

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki