Fandom

Dosuko Wiki

緊張

639このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

敬宮愛子ちゃんに関するニュースや雑誌記事で物凄く多用される言葉。類似表現に「はにかんだご様子」「恥ずかしそうに」などがある。

参照:【シャネル足】、【チィーッス】、【休憩時間

「緊張」「恥ずかしそう」「はにかみ」がとにかくオンパレードの愛子関連記事編集

2003年9月4日小和田家里帰り編集

『週刊女性』2003/9/23号<雅子さまと初めての小和田邸ご訪問は―白ワンピで「おめかし」>カラーグラビア
「ひと足遅れて訪れた皇太子さまとご対面。ちょっと気恥ずかしそう。

小和田家里帰りへ合流しにきた父親徳仁の顔も見ず、存在も無視しているかのような態度だった愛子を、無難な表現で記している。


2005年8月29日奥志賀静養移動編集

ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050829ic22.htm
皇太子ご一家も長野入り、志賀高原で静養
 皇太子ご一家は29日、静養のため、新幹線で長野県入りされた。志賀高原のホテルに10日ほど滞在し、家族水入らずの時間を過ごされる。
 同日夕、JR長野駅に到着したご夫妻は、愛子さまを伴い、待ち受けた市民や観光客に笑顔で手を振られた。緊張気味だった愛子さまも、雅子さまに耳元で何かをささやかれると、照れくさそうな笑顔を浮かべ、車の中から手を振られる場面もあった。ご一家は2月にも、志賀高原でスキーなどを楽しまれている。
(2005年8月29日23時41分 読売新聞)

2006年3月3日学習院幼稚園入園予定児童見学のひな祭り会編集

ttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20060303/20060303-00000053-fnn-soci.html
皇太子ご夫妻の長女、愛子さまが雅子さまとともに学習院幼稚園のひな祭り会にご出席
 3月3日は「桃の節句」。皇太子ご夫妻の長女、愛子さまは3日、皇太子妃雅子さまとともに、学習院幼稚園で行われたひな祭り会に出席された。
愛子さまは午前9時半前、東京・豊島区の学習院幼稚園に車で到着された。その際、愛子さまは少し緊張されていたのか、カメラに顔を向けることはなかったが、その後は、雅子さまと手をつなぎ、スキップするなど軽い足取りで会場へと向かわれた。
 3日のひな祭り会には、入園を控えた児童と母親が招かれ、愛子さまは、4月に一緒に入園する新しい友達と、園児たちが歌うひな祭りの歌を聴くなど、およそ20分間のひな祭り会を楽しまれたという。
[2006年3月3日12時7分更新]

2006年3月東京ディズニーリゾート編集

『週刊女性』2006年4月4日号<愛子さま初めてのミッキーミニーご対面に思わず…ママ雅子さまの手をギュッ>カラーグラビア記事
 ミッキーやミニーに愛子さまは少々戸惑い気味!? 4月の幼稚園入園を控えた愛子さまのために、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを訪れた皇太子ご一家。写真は10時50分ごろ「シー」でミッキーマウス・ミニーマウス・アラジン・ジャスミンのお出迎えを受けた場面。愛子さまは、ミニーに握手を求められたものの、びっくりして雅子さまにしがみついてしまった。その後、ご一家はミニバスで園内を回られ、ホテルミラコスタで昼食をとられた後、「ランド」の「トゥーンタウン」に移動された。
 読者の中にはテレビを見て、「愛子さまはミッキーと会ってどうして笑顔でないのだろう」と思った方もいらっしゃるかもしれない。「実は今回、皇太子ご夫妻は愛子さまを人混みや見知らぬ人に慣れさせたいという思いもあったようです」(元皇室関係者)。昨年4月から、約1年間グループ活動のために東京・青山の「こどもの城」に通われた愛子さまだが、そこでも「お友達と慣れられるのに少し時間がかかったようです」(同)
 [[予定時間オーバー|予定を約1時間オーバー]し、4時50分ごろに園内を後にされた、ご一家。愛子さまもそのころには緊張がとけ、“夢と魔法の王国”を堪能されていたに違いない。

006年4月学習院幼稚園入園編集

『女性自身』2006年5月2日号<雅子さま(42)初の「保護者会」へ 担任は“泥だんご先生”愛子さまのために現場復帰…「子供に優しく、親に厳しい」人望厚きベテラン女性
pp.27-28より引用
愛子さまはちょっと緊張されていらっしゃる様子でしたね。やはり大勢の人の前に出る機会が少ないからでしょうか。42年前の浩宮さまも、ほかの子供たちと接する機会が少なかったために、幼稚園に入られてからほかの子供たちと一緒にお遊びになることが難しく、最初のうちは宮さまと同年代の私の子供が東宮御所にうかがって、お遊びのお相手を務めたものです」(元東宮侍従で教育評論家の浜尾実さん)
 今月22日、濃紺の制服姿で東京・目白の学習院幼稚園の入園式に臨まれた愛子さま。手には2匹の犬が刺繍された通園カバン。この日のために、雅子さまが御所のお庭で飼われている愛犬の[[ピッピとまり|“ピッピ”と“マリ”]をモデルに作られたものだろう。
 付き添われた皇太子さまと雅子さまの手を交互に握られ、ときどき心細そうな表情をお見せになっていた愛子さま。幼稚園の玄関で小山久子園長がお出迎えをすると、皇太子ご夫妻に「ご挨拶は?」とうながされていたが、ちょっと照れくさそうになさっていらっしゃったという。
 だが、愛子さまの入園を機に、一部の旧皇族関係者からは、相変わらずこんな声も聞こえてくる。
「浩宮さまのご入園のときは、きちんとご挨拶をされていましたのに、愛子さまはご挨拶も上手におできにならないご様子ですね。やはり雅子さまがご病気では、なかなか家庭での躾が行き届かないのかもしれません。将来女性天皇となられるかもしれないお方なのですから、ちょっと心配です」
 宮内庁関係者も声を揃える。
「秋篠宮家の眞子さまが入園される前に、美智子さまから紀子さまに“5つの教え”を記したメモ書きが渡されたといいます。それは“先生にきちんとご挨拶ができるように”“ほかのお友だちとご一緒に遊べるように”“幼稚園でのきまりである、うがいや手洗い、着替えが自分でできるように”など。眞子さまの入園前に、母親である紀子さまが心がけておかなければならないご注意書きだったそうです。雅子さまにはそれがなかったのでしょうか」

2006年5月16日学習院幼稚園新宿御苑遠足編集

ttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20060516/20060516-00000016-nnn-soci.html
雅子さまと共に 愛子さまが新宿御苑に遠足
 愛子さまは16日、東京・新宿御苑を訪れ、雅子さまと共に学習院幼稚園の遠足に参加されている。
 雅子さまに手を引かれた愛子さまは、報道陣に向かって少し恥ずかしそうに手を振られた。その後、雅子さまと愛子さまはほかの園児と集合し、楽しそうに談笑されていた。16日午前9時半現在は新宿御苑内を散策されており、この後、親子で風船リレーをしたり、じゃんけんをして負けた人が後ろに回る「汽車ごっこ」を楽しまれる。
 愛子さまは少し風邪をひかれており、15日は幼稚園を休まれていたが、16日の遠足では元気そうなご様子だった。
[2006年5月16日10時30分更新]

2006年8月17日オランダ静養出発編集

ttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20060817/20060817-00000029-jnn-soci.html
皇太子ご一家、静養のためオランダへ
 皇太子ご一家は、17日昼過ぎ、オランダで静養するため、成田空港を出発されました。
 今回のオランダ訪問は、ベアトリックス女王からの招待を受けて、17日から今月31日まで、アムステルダム郊外にあるオランダ王室の別邸に2週間滞在されます。
 今回の訪問は、雅子さまの病気療養のための静養を目的としたもので、[[大野裕|雅子さまの主治医]も同行します。雅子さまは、見送りに訪れた宮内庁幹部らに対し、「色々とありがとうございました」と、海外での静養が実現したことに対し感謝の意を述べられました。
 また、これが初めての海外訪問となる愛子さまは、少し緊張した様子で雅子さまに手を引かれ飛行機に乗り込みました。皇族が海外で静養されるのは異例のことです。(17日14:20)
[17日15時3分更新]


ttp://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060818/mng_tokuho__000.shtml
特報 皇太子ご一家初の海外静養の意味は 環境変化効果に期待
 皇太子ご一家は十七日、静養のため、オランダに向けて成田発の民間機で旅立たれた。雅子さまの治療を兼ねた私的訪問で、雅子さまの海外訪問は、二〇〇二年十二月にニュージーランドとオーストラリアをご夫妻で訪れて以来約三年半ぶり。「異例中の異例」(宮内庁幹部)という声がある一方で、治療上の効果も期待されるという初の海外静養の持つ意味とは。
 十七日正午ごろ、オランダ行きの日航機に乗るため成田空港に到着した皇太子ご一家。とりわけ印象的だったのは、雅子さまの晴れ晴れとした様子だ。
 見送りに来た宮内庁の羽毛田信吾長官らに、笑顔であいさつした雅子さまは、柔和な表情にあふれているように見えた。雅子さまに手を引かれた愛子さまは、初めての飛行機の旅に、ちょっとはにかんだ表情を見せていた
 お盆の出入国ピークは過ぎた成田空港だが、この日も夏休みを海外で過ごそうという観光客らで空港はにぎわっていた。空港の警備態勢はふだんとほとんど変わらず、皇太子ご一家が成田から出発すると知っていた一般客は少なかったようだ。
 「雅子さまは知的で神経が細やかな方だけに、お世継ぎ問題で心労が重なったんでしょう。雑音のない外国でリフレッシュして、早く元の笑顔を取り戻していただきたい。二週間とは言わず、もっと思う存分に静養されればいい」
 家族で米オハイオ州に旅行に出掛けるため、空港の出発ロビーにいた愛知県犬山市の主婦、長瀬則子さん(66)はこう話した。
 雅子さまにとって、海外訪問は〇二年十二月以来で、愛子さまは初めてとなる。皇太子ご一家が静養を目的に外国を訪問するのも初めてだ。
(中略)
 満面の笑みで旅立たれた皇太子ご一家は三十一日に帰国される。
<デスクメモ>
 二〇〇二年秋、国際児童図書評議会(IBBY)の記念大会出席のため、スイス・バーゼルを私的に訪問された皇后さまの取材に同行した。皇后さまは滞在中、世界各国の旧知の児童文学者らと再会し、生き生きとした表情が印象的だった。立場上、制約の多い皇室だが、時代とともに変化の兆しを感じる。(吉)

2006年11月11日着袴の儀編集

ttp://www3.nhk.or.jp/news/2006/11/11/d20061111000064.html
愛子さま 着袴の儀
着袴の儀は、平安時代から伝わる皇室の儀式で、子どもが5歳を迎えたころに健やかな成長を願って、天皇皇后から贈られたはかまなどを身に付けるものです。愛子さまは、来月1日の5歳の誕生日を前に、11日午前、東京・元赤坂にあるお住まいの東宮御所で、皇太子ご夫妻が見守る中、儀式に臨まれました。愛子さまは、側近の女性の介添えで紫色のはかまの上から鮮やかな朱色の織物を羽織り、6色の組ひもが巻かれた扇を手に皇太子ご夫妻に一礼して儀式を終えられました。このあと、皇居の賢所に拝礼するため、車で皇居に向かわれました。ご夫妻に見送られた愛子さまは、少し緊張気味で、カメラを向けられると恥ずかしそうに雅子さまの方を振り向かれていました。宮内庁によりますと、ことしの春、幼稚園に入園した愛子さまは、雅子さまが弁当を作るのを手伝ったり、行き帰りの車の中で童謡を口ずさんだりして楽しく通園されています。また、お住まいでは、摘み取った花を皇太子ご夫妻の部屋に飾ったり、ぬいぐるみを相手に「お世話ごっこ」をしたりするなど、健やかに成長されているということです。
11月11日 12時20分


ttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20061111/20061111-00000158-fnn-soci.html
皇太子ご夫妻の長女・愛子さま、一般の七五三にあたる「着袴の儀」に臨まれる
皇太子ご夫妻の長女・愛子さまは11日、一般の七五三にあたる「着袴(ちゃっこ)の儀」に臨み、はかま姿の盛装で皇居を訪問された。
11日午前10時30分ごろ、愛子さまは、皇太子ご夫妻に手を引かれ、東宮御所の車寄せに姿を見せ、うちき姿で、少しはにかんだ様子で取材に応じられた
着袴の儀は、一般の七五三にあたる宮中行事で、午前10時から東宮御所で行われた。
愛子さまは、儀式終了後に、ご一家そろって御所で両陛下にあいさつをされた。
[11日13時29分更新]


ttp://www3.nhk.or.jp/news/2006/11/11/d20061111000064.html
愛子さま 着袴の儀
着袴の儀は、平安時代から伝わる皇室の儀式で、子どもが5歳を迎えたころに健やかな成長を願って、天皇皇后から贈られたはかまなどを身に付けるものです。愛子さまは、来月1日の5歳の誕生日を前に、11日午前、東京・元赤坂にあるお住まいの東宮御所で、皇太子ご夫妻が見守る中、儀式に臨まれました。愛子さまは、側近の女性の介添えで紫色のはかまの上から鮮やかな朱色の織物を羽織り、6色の組ひもが巻かれた扇を手に皇太子ご夫妻に一礼して儀式を終えられました。このあと、皇居の賢所に拝礼するため、車で皇居に向かわれました。ご夫妻に見送られた愛子さまは、少し緊張気味で、カメラを向けられると恥ずかしそうに雅子さまの方を振り向かれていました。宮内庁によりますと、ことしの春、幼稚園に入園した愛子さまは、雅子さまが弁当を作るのを手伝ったり、行き帰りの車の中で童謡を口ずさんだりして楽しく通園されています。また、お住まいでは、摘み取った花を皇太子ご夫妻の部屋に飾ったり、ぬいぐるみを相手に「お世話ごっこ」をしたりするなど、健やかに成長されているということです。
11月11日 12時20分

2007年5月3日御料牧場静養移動編集

ttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20070503/20070503-00000063-nnn-soci.html
皇太子ご一家 御料牧場でご静養
 皇太子ご一家は、3日からのゴールデンウイーク後半を栃木・御料牧場で過ごされている。御料牧場での静養は2年ぶり。
 皇太子ご一家は3日午後2時過ぎ、最寄りの栃木・宇都宮駅に到着された。駅の周辺には約1000人が集まり、歓声でご一家を迎えると、愛子さまは恥ずかしそうな表情で手を振られた。
 今回の御料牧場での静養には、東京から愛子さまの自転車が運び出されていて、ご一家でサイクリング乗馬を楽しまれる予定。また、イチゴ狩りをしたり、トマトやアスパラガスなどの野菜の収穫もされたりするという。
[3日22時7分更新]


ttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20070503/20070503-00000052-jnn-soci.html
皇太子ご一家、2年ぶりに御料牧場へ
 愛子さま、牧場で過ごすゴールデンウィークです。皇太子ご一家は、栃木県の御料牧場に滞在されています。
 皇太子ご一家は午後2時過ぎ、JR東北新幹線で栃木県の宇都宮駅に到着されました。
 ワンピース姿の愛子さまは、駅前に集まったおよそ1000人の人々を見て驚いた様子でしたが、少しはにかみながら手を振り、高根沢町の御料牧場に向かう車に乗り込みました。
 今回の滞在は雅子さまの療養を兼ねていて、ご一家が御料牧場を訪問するのは2年ぶりのことです。
 ご一家は牧場に数日間滞在して、動物と触れ合ったり散策をしたりするなど、家族水入らずで過ごす予定です。(03日18:02)
[4日6時35分更新]


ttp://www3.nhk.or.jp/news/2007/05/03/d20070503000081.html
皇太子ご一家 牧場で静養
皇太子ご一家は、3日午後、新幹線でJR宇都宮駅に到着されました。ご一家がそろって駅前に姿を見せると、集まったおよそ1000人の人たちが日の丸の旗を振って歓迎しました。ピンクのワンピースを着てアヒルの刺しゅう入りのかばんを手にした愛子さまは、雅子さまに手を引かれながら少しはにかんだような表情で手を振られていました。皇太子さまと雅子さまも、集まった人たちに笑顔で手を振ってこたえたあと、ワゴン車で宮内庁の御料牧場に向かわれました。皇太子ご一家にとって、御料牧場での静養はおととしの5月以来2年ぶりで、今月6日までの滞在期間中、自然の中で散策や乗馬を楽しんだり動物と触れ合ったりして、ゆったりと過ごされるということです。
5月3日 16時2分

2007年8月17日那須御用邸静養移動編集

ttp://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007081701000561.html
皇太子ご一家が静養 栃木・那須
2007年8月17日 17時38分
 皇太子ご夫妻と愛子さまは17日午後、静養のため栃木県入りされた。同県那須町の那須御用邸付属邸に約10日間滞在する。
 東北新幹線那須塩原駅に降り立った一家は、あいにくの小雨の中、地元住民ら約400人の歓声に手を振って応えた。
 雅子さまは薄い水色のパンツスーツ。愛子さまも水色のワンピース姿で、手に小さなハンドバッグを持ち、はにかんだ様子でワゴン車に乗り込んだ。

2007年9月22日大相撲観戦編集

『サンデー毎日』2007年10月21日号<秋の刈りたてワイド 来春は小学生愛子さまが「お辞儀をしない」のナゼ?>
p.133より引用
 しかし、ちょっと気になる意見も出ているのだ。(補足:2007年9月22日)ご一家が国技館に到着されたときのこと。北の湖理事長が出迎え、ご夫妻と愛子さまにご挨拶をした。
「実は、愛子さまは少し恥ずかしそうにモジモジなさり、お辞儀などの答礼をなさらなかった。もうすぐ小学生ですし、きちんとご挨拶を、という意見があるのです」(皇室担当記者)
 皇室の中でも、何かと注目の的となる愛子さま。だからこそ、挨拶などのマナーをしっかり身につけてほしい、というのだ。新潟青陵大学大学院教授の碓井真史氏(心理学)は、こう指摘する。
「お出かけになったところなどをテレビで拝見していると、愛子さまはいつも最初は緊張しているような表情をなさっていることが多い。しかし、しばらくするとすごくいい笑顔になるんですね。愛子さまは、5歳児としてはごく普通のお子さまと見受けられますが、どちらかというと、慣れるのに若干時間がかかるかもしれない。それだけのことだと思います」
 一方で、ある教育関係者は、こう言う。
「わがままな印象をうけてしまうのは私だけでしょうか。実は、こうしたことは今回だけではないのです。今夏、那須の御用邸に静養に行かれた際も、地元県知事などの出迎えに、きちんとしたお辞儀がおできにならなかったんです」
 さらにこう続ける。
「昨年11月の着袴の儀で支度を整えられたときに、雅子さまが愛子さまの耳元で何かをおっしゃると、愛子さまは“イヤッ!”というように首を振ったのです。躾やマナーの部分で、皇太子ご夫妻は少し甘いのでは……」
 確かに皇太子さまはじめ、秋篠宮さま、紀宮さま(黒田清子さん)は幼少の頃、小さい体を前傾させながらお辞儀をなさっていた。だが、前出の碓井教授は、こう話す。
「世の中が大きく変動している中で、皇族はこうあるべきという部分も変わって然るべきです。昔の皇族ができたから愛子さまにも、というのは違うような気がします
 多感なお年頃の愛子さま。やがて、相好を崩しながら挨拶をされる日を、多くの国民が待ち望んでいることだけは確かだ。

※雅子愛子擁護として名前を見かけることが多い新潟青陵大学大学院の碓井真史教授(心理学)であるが、「愛子さまは、5歳児としてはごく普通のお子さまと見受けられます」「昔の皇族ができたから愛子さまにも、というのは違うような気がします」 仮にも心理学専門を看板として掲げる人物がこの程度の認識でよいのか、他人事ながら氏のキャリアが心配でならない(棒読み





2008年3月15日学習院幼稚園卒園式編集

ttp://www3.nhk.or.jp/news/2008/03/15/d20080315000097.html
愛子さま 幼稚園の卒業式
東京・目白の学習院幼稚園で行われた卒業式に出席した愛子さまは、幼稚園の玄関前で、皇太子ご夫妻と並んで記念撮影に臨まれました。紺色の制服姿の愛子さまは、卒業証書を手にやや緊張した面持ちでしたが、皇太子さまは「おめでとうございます」と周囲から声をかけられ、「ありがとうございます」と、にこやかに答えられていました。愛子さまは、卒業式で「敬宮愛子さん」と名前が呼ばれると、元気よく「はい」と返事をして壇上に進み、卒業証書を受け取られたということです。愛子さまは、夕方から皇太子ご夫妻とともに皇居を訪れ、天皇皇后両陛下に幼稚園卒業を報告されました。来月からは学習院初等科で学ばれることになっています。
3月15日 18時13分

2008年3月9日奥志賀スキー静養移動編集

ttp://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news5.html?now=20080330092027
更新: 2008/03/29(17:40)
皇太子ご一家 長野県内のスキー場でご静養
 皇太子ご一家は静養のため、長野県を訪れました。県内のスキー場で、そろってスキーを楽しまれます。
 皇太子さまと雅子さま、愛子さまは、29日正午過ぎに新幹線で長野駅に到着しましたが、愛子さまが乗り物酔いをしたため、駅で1時間半ほど休んだ後、スキー場に向けて出発されました。今月15日に2年間通った学習院幼稚園を卒業し、来月からは初等科に進学される愛子さまは、やや緊張した表情でしたが、駅前に集まった200人あまりの人々に皇太子ご夫妻と一緒に手を振られていました。ご一家は、去年3月にも訪れた長野県北部のスキー場近くのホテルに来週半ばまで滞在して、スキーを楽しまれる予定です。

2008年4月10日学習院初等科入学式編集

ttp://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080410/imp0804101633002-n1.htm
皇太子ご一家が御所へ 両陛下に愛子さま入学をご報告
皇太子ご一家は10日午後、天皇、皇后両陛下に敬宮愛子さまの学習院初等科入学を報告するため、皇居・御所を訪問された。
ご一家は4時前に車で皇居・半蔵門を通過し、御所へ向かわれた。その際、セーラー服姿の愛子さまは報道陣らに手を振られた。
宮内庁東宮職によると、同日午前中に行われた入学式で、愛子さまは少し緊張した様子だったが、落ち着いて関係者の話を聞かれていたという。
また、最後は起立し、同級生と一緒に「私たちは今日から学習院初等科の1年生です。よい子になります」と、誓いの言葉を述べられた。

2008年5月3日御料牧場静養移動編集

http://www.nhk.or.jp/news/k10014382991000.html(魚拓)
5月3日 20時18分
皇太子ご一家と秋篠宮ご一家は、大型連休にあわせて東京を離れ、地方で静養されています。
皇太子ご一家は栃木県にある宮内庁の御料牧場で静養するため、3日午後、新幹線でJR宇都宮駅に到着されました。ご一家がそろって駅前に姿を見せると、集まったおよそ800人の人たちが日の丸の旗を振って歓迎しました。水色のワンピースを着て水色のかばんを手に持った愛子さまは、たくさんの人たちの出迎えに驚いた様子で、雅子さまに手を引かれながら、はにかんだような表情で歩かれていました。皇太子さまと雅子さまも集まった人たちに笑顔で手を振ってこたえたあと、車で牧場に向かわれました。皇太子ご一家にとって御料牧場での静養は半年ぶりで、数日間の滞在期間中、サイクリングや散策を楽しんだり動物と触れ合ったりして過ごされるということです。一方、秋篠宮ご一家は、3日午前、静養先の長野県軽井沢町でホテルの庭を散策されました。朝からの雨があがって薄日がさす中、ご一家はホテルで飼われている体長1メートルほどの大型の犬との触れ合いを楽しまれました。紺色のパーカーにベージュのズボン姿の悠仁さまは、自分の体よりも大きな犬にはじめは驚いたような表情でしたが、しだいに慣れてくると犬の背中をさわったり顔をのぞき込んだりして笑顔を見せられていました。まもなく1歳8か月になる悠仁さまは、最近では走ることもできるようになるなど順調に成長されているということです。
ご一家は午後からは群馬県に移動していて、5日まで嬬恋村に滞在して、ゆったりと過ごされるということです。

2008年5月19日学習院初等科葛西臨海公園遠足編集

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080519AT1G1900M19052008.html(魚拓)
愛子さま、遠足に
 皇太子ご夫妻の長女、愛子さまは19日、学習院初等科の遠足で葛西臨海公園(東京・江戸川)などを訪問された。
 愛子さまは午前9時50分すぎ、雅子さまに手を引かれ、集合場所のJR葛西臨海公園駅前のロータリーに到着。どんよりした曇り空の下、リュックを背負い水色の上着に紺の半ズボン、白い制帽姿の愛子さまは、やや緊張された面持ちだった。
 遠足には初等科1年生の約130人が参加。愛子さまは臨海公園から橋を渡った「葛西海浜公園」で級友らと砂浜遊びを楽しまれた。(12:01)

2008年6月28日徳仁ブラジルから帰国出迎え編集

ttp://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00135648.html
ブラジルを公式訪問していた皇太子さまがご帰国
6月16日からブラジルを公式訪問していた皇太子さまが27日、帰国された。
皇太子さまは、27日午後6時半ごろ、羽田空港に到着された。
お住まいの東宮御所では、ピンクのワンピースに白のカーディガン姿の愛子さまが、11日ぶりの皇太子さまの帰国に、はにかんだような笑顔を見せられ、雅子さまも笑顔で皇太子さまを出迎えられた。
(06/28 07:30)

2008年10月25日皇后陛下古希記念写真展鑑賞編集

ttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3978870.html
最終更新:2008年10月25日(土) 12時17分
皇太子ご一家、皇后さま写真展を鑑賞
 都内で開かれている皇后さまの古希を記念した写真展を、皇太子ご一家が鑑賞されました。
 この写真展は4年前の皇后さまの古希を祝って開催されているもので、皇后さまが子どもたちと触れ合う様子や、両陛下が撮影した家族の写真など、およそ100点が展示されています。
 会場には、先週もこの写真展をご覧になられた皇太子さまとともに、この日は雅子さま、愛子さまも訪れました。
 皇太子さまが昔を思い出す様に一つ一つの写真を見ながら雅子さまと愛子さまに説明され、愛子さまも時折はにかみながら楽しそうに写真をご覧になっていました。
 また、雅子さまが幼少の皇太子さまの写真をみながら、いつごろの写真かと質問したのに対し、皇太子さまが、4歳の時だと答える場面もありました。この写真展は27日まで開かれています。(25日11:36)


h ttp://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/081101/imp0811010749000-n1.htm
皇室ウイークリー】(52)愛子さまや悠仁さまも…お写真満載、皇室は今週もご多忙 (1/3ページ)
2008.11.1 07:48
<前略>
 すでに報道されているが、皇太子ご一家は25日、東京都中央区の日本橋高島屋で開催された写真展「皇后さまと子どもたち」をごらんになった。
 愛子さまは、天皇、皇后両陛下が外国の子供たちと触れ合われている写真や、幼少時の皇太子さまが木に登られている写真を特に興味深くご鑑賞。
 皇太子さまが幼少時に利用された乳母車や、七五三を迎えた皇后さまがおめしになったワンピースなど、皇室ゆかりの品々も展示されており、ご一家は仲良く見て回られた。
 その後、ご一家は高島屋前から車で帰路につかれたが、乗車前にほほえましい光景があったのでご紹介したい。
 通常、皇族方が訪問先の建物を出る場合、集まった人々に手を振ってそのまま車に乗り込まれる。しかし、今回はご一家が沿道の人たちの方へ歩み寄り、お言葉を交わされたのだ。
 愛子さまは少し緊張したご様子だったが、雅子さまが促されると、同年代の女の子と向き合われた雅子さまは女の子の母親と思われる女性に「運動会はまだですか」と優しく声を掛けられ、皇太子さまも「これから愛媛県に行くんですよ」と話されていたそうだ。
 ご一家そろって一般の人々の前に出られる機会は少ないだけに、居合わせた買い物客にとっては貴重な経験になったことだろう。
<後略>

2009年3月11日学習院初等科6年生を送る会編集

『女性セブン』2009年4月2日号<お出かけに異変 愛子さま(7)つながぬ手と涙 皇太子さま(49)の忍>
p.36より引用
 そんな愛子さまは3月17日から春休みに入られ、今年も恒例のスキー旅行などをされる予定だが、1年生として最後の学校行事となった「6年生を送る会」(3月11日)は愛子さまにとって特別な思い出となった。
 会では、1年生から5年生までの在校生が全員で6年生のために「ありがとうさようなら」「学習院校歌」などを合唱。また各学年がそれぞれ歌を披露して、6年生の卒業を祝い、お別れの気持ちを伝えた。
 そして最後には、6年生の胸のポケットに、1年生がリボンを巻いたえんぴつを挿して“ご卒業、おめでとう”の気持ちを伝えるのが恒例のセレモニーとなっている。
愛子さまは心なしか緊張されたご様子でしたが、6年生の前に立たれるとうるうるなさって、涙が頬をつたいました。それで左手でしきりと涙を拭われ、唇をかみしめるようにして、涙をこられられていました」(学習院関係者)
 そしてえんぴつを挿してあげられると、6年生の女子児童から、「ありがとう。これからもがんばってね」と笑顔で声をかけられた。その途端、愛子さまの目からは、我慢していた涙が次から次へと溢れ出たという。
「びっくりした6年生が、愛子さまを抱きかかえるようにして、背中をさすっていました。そのご様子を見た上級生たちは、愛子さまがやさしいお気持ちをもたれて成長しているのだなあと感じたようです」(前出・学習院関係者)

2009年3月24日奥志賀スキー静養移動編集

http://news.tbs.co.jp/20090324/newseye/tbs_newseye4090650.html(魚拓)
最終更新:2009年3月24日(火) 18時54分
皇太子ご一家、スキーと静養で長野に
 愛子さまもスキーです。皇太子ご一家は、静養を兼ねて長野へご出発されました。
 JR長野駅に到着された皇太子ご一家。白いコートを羽織り、白いバッグを手に持った愛子さまは、少し恥ずかしそうな表情で時おり笑顔を見せながら車に乗り込みました。
 愛子さまは、数日前まで37度台の微熱や鼻水など風邪の症状が見られましたが、23日までに症状は治まったということです。
 ご一家は今月末まで長野県に滞在し、スキーを楽しまれるということです。(24日15:37)
 
http://www.ntv.co.jp/news/131702.html(魚拓)
皇太子ご一家 静養のため長野駅に到着<3/25 4:19>
 皇太子ご一家は静養のため、24日午後、長野駅に到着された。皇太子さまと雅子さま、愛子さまは並んで駅の階段を下り、出迎えた人に手を振って応えられた。
 愛子さまは、雅子さまに声をかけられると、少しはにかんだ笑顔を見せられた。
 皇太子ご一家は、4月上旬まで長野県内のスキー場に滞在される予定。

2009年7月12日神宮球場プロ野球観戦編集

h ttp://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090712/imp0907121759002-n1.htm
愛子さま、初のプロ野球ご観戦
2009.7.12 17:59
 皇太子ご一家は12日、東京・神宮球場で行われたプロ野球公式戦のデーゲーム、ヤクルト-横浜戦を観戦された。プレーボール直前の午後2時ごろ、バックネット裏の貴賓席にご一家が到着されると、スタンドから大きな拍手が起こった。
 敬宮愛子さまは大相撲ファンとして知られ、両国国技館で本場所を観戦した経験があるが、宮内庁によると、プロ野球の試合を球場で観戦されるのは初めて。
 白いワンピース姿の愛子さまは、皇太子ご夫妻の間に座って観戦された。最初は緊張した様子だったが、徐々に身を乗り出すようなしぐさや、長打を放った選手に拍手をされる姿などがみられた。
 この日はご解説役として、若松勉・元ヤクルト監督が同席。[[予定時間オーバー|ご一家の観戦時間は当初、2時間半程度の予定だったが、予定を変更し、3時間以上の熱戦を最後まで観戦された]
 
h ttp://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090718/imp0907180801002-n1.htm
皇室ウイークリー】(89)愛子さま、WBC組に熱視線 はじめての野球ご観戦、あの選手に拍手も…
 皇太子ご一家は12日、東京・神宮球場で行われたプロ野球公式戦のデーゲーム「ヤクルト-横浜戦」を観戦された。プレーボール直前の午後2時ごろ、バックネット裏の貴賓席にご一家が到着されると、スタンドから大きな拍手が起こった。
 白いワンピース姿の敬宮愛子さまは、皇太子ご夫妻の間に座ってご観戦。試合を通じ、ご一家が仲むつまじく、顔を寄せて笑顔で会話されている場面が頻繁にみられた。
 愛子さまは最初は緊張したご様子だったが、徐々に双眼鏡を構えたり、身を乗り出すようなしぐさがみられるようになった。皇太子さまは、何度もグラウンドに向かってカメラを構えられていた。
<後略>

「最初は緊張したご様子」とのことだが、観戦途中には「肘突き」姿まで見せるなど、いくらなんでもリラックスしすぎである。


2009年8月31日奥志賀静養移動編集

http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009083101000495.html(魚拓)
皇太子ご一家が長野で静養 ホテルに1週間滞在
 皇太子ご一家は31日午後、静養のため新幹線で長野県入りされた。県内のホテルに1週間程度滞在する。
 JR長野駅に到着したご夫妻は、ロータリーに集まった人たちに笑顔で手を振り、愛子さまもはにかんだ表情で手提げかばんを持った手を小さく振ってワゴン車に乗り込んだ。
 ご一家の静養は8月13日から26日まで2週間、那須御用邸(栃木県那須町)で過ごしたのに続いてこの夏2回目。ご一家は改修工事が終わった東宮御所での生活を始めているが、今回の静養期間中に宮内庁東宮職の職員が転居作業を終了させる。
2009/08/31 15:08 【共同通信】

2009年11月2日御料牧場静養移動編集

http://news.tbs.co.jp/20091101/newseye/tbs_newseye4272562.html(魚拓)
最終更新:2009年11月2日(月) 1時57分
皇太子ご一家、栃木県の御料牧場に
 皇太子ご一家は、愛子さまの学校が秋休みに入り、1日から栃木県の御料牧場に滞在されています。
 皇太子ご一家は1日午後2時すぎに新幹線で宇都宮駅に到着。ベージュのワンピースに白いバッグを持った愛子さまは、市民らの歓迎に恥ずかしそうな表情をみせました。
 ご一家が栃木県高根沢町にある、宮内庁の御料牧場を訪れるのは今年に入って2回目ですが、今回は、愛子さまが通う学習院初等科が秋休みに入ったため、1週間ほど滞在する予定だということです。(01日17:08)

2010年3月18日両陛下との昼食会帰り編集

http://www.news24.jp/articles/2010/03/18/07155584.html(魚拓)
皇太子ご一家、両陛下と昼食
< 2010年3月18日 18:49 >
 皇太子ご一家は18日、御所を訪れ、天皇・皇后両陛下と昼食を取られた。皇太子ご夫妻の長女・愛子さまが今月初めに通学に対する不安感を訴えていたことが明らかになって以降、愛子さまが両陛下の元を訪問されたのは初めて。
 愛子さまは、はにかみながらもほほ笑んだ表情で、雅子さまとともに午後2時前に皇居を後にされた。

2010年3月24日奥志賀スキー静養移動編集

http://news24.jp/articles/2010/03/24/07155920.html(魚拓)
愛子さま、ご一家で静養のため長野へ
< 2010年3月24日 15:05 >
 24日、愛子さまは皇太子ご夫妻とともに長野駅に到着された。皇太子ご一家は静養のため長野県に滞在され、スキーなどを楽しまれる。
 愛子さまの通学への不安感が明らかになってからご一家で姿を見せられるのは初めて。春休みに入った愛子さまは、少し緊張した表情を見せていた。

http://news.tbs.co.jp/20100324/newseye/tbs_newseye4386954.html(魚拓)
最終更新:2010年3月25日(木) 0時43分
皇太子ご一家、静養のため長野県に
 皇太子ご一家は24日、静養のため長野県を訪れました。通学をめぐる問題が明らかにされてから、ご家族揃って公の場にお姿を見せるのは初めてのことです。
 24日午後1時過ぎ、新幹線で長野県入りした皇太子ご一家はあいにくの雨の中、大勢の地元の人々からの出迎えを受けられていました。
 通学をめぐる問題が発表され、大きな波紋を呼んだ愛子さまですが、学校は現在春休み中。温かそうなダウンコートに小さなバッグを持ち、恥ずかしそうな表情を浮かべられていました。また、皇太子さまは周囲に「今年は雪が多いですか」と質問されたということです。
 ご一家は県内のホテルに1週間ほど滞在し、春スキーなどを楽しみながら静養される予定です。(24日18:49)

2010年5月1日御料牧場静養移動編集

h ttp://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100508/imp1005080700001-n1.htm
皇室ウイークリー】(131)愛子さま、牧場で動物たちとお触れ合い 両陛下、GWに皇居外でテニスをされる (1/4ページ)
2010.5.8 07:00
 皇太子ご一家は1日から5日にかけ、栃木県にある宮内庁の御料牧場で静養された。1日、JR宇都宮駅に東北新幹線で到着したご一家は、ホームで中村成一駅長の出迎えを受けられた。皇太子さまは「お天気がよくて、日光に行かれる方も多いでしょうね」と声をかけられたそうだ。
 ご一家は午後2時45分ごろ駅頭に姿を見せ、歓迎の声に手を振って応えられた。白いワンピース姿の敬宮愛子さまは右手に白いバッグを持ち、少し緊張しているような表情をされていた。その後、ロータリーで中村駅長が見送る際には、ご夫妻とともに愛子さまも会釈をして迎えの車に乗り込まれた。
<後略>

2010年8月4日須崎御用邸静養移動編集

http://www.ji ji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010080400847 ttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010080400847]
皇太子ご一家が静養=静岡・下田
 皇太子ご夫妻と長女愛子さまは4日午後、静養のため静岡県入りされた。同県下田市の須崎御用邸に数日間滞在する。
 午後6時半、ご一家が伊豆急下田駅の駅頭に姿を見せると約500人の市民らが出迎えた。愛子さまは水色のワンピース姿で恥ずかしそうに下を向き、ご夫妻はにこやかに手を振りながら車に乗り込んだ。
 ご一家を見送った川勝平太同県知事によると、雅子さまは「今回は愛子が泳ぐことにしています」と笑顔で話し、知事が愛子さまに「お友達の魚が待っていますよ」と話し掛けると、愛子さまはにっこりほほえんだという。ご一家が同御用邸に滞在するのは、2002年8月以来2回目。(2010/08/04-19:07)

h ttp://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100807/imp1008070701002-n1.htm
皇室ウイークリー】(144)雅子さま「今回、愛子は泳ぐことに…」 地方ご公務に佳子さまが“デビュー(1/5)
 皇太子ご一家は4日、静養のため静岡県下田市の須崎御用邸に入られた。ご一家の須崎御用邸での静養は両陛下などと過ごされた平成14年8月以来、8年ぶりとなった。
 ご一家はこの日、JR東日本の特急列車で伊豆急下田駅にご到着。ご夫妻は集まった約500人の歓迎に手を振って応えられた。水色の小花柄のワンピース姿で姿をみせた長女の敬宮愛子さまは、恥ずかしそうな表情を浮かべながら、迎えの車に乗り込まれた。

010年8月16日那須御用邸静養移動編集

h ttp://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100821/imp1008210701001-n2.htm
皇室ウイークリー】(146)悠仁さま、ムササビを「コウモリ?」 久子さまが岡田監督に「ふらふらしないで…」
 皇太子ご一家は16日、静養のため栃木県那須町の那須御用邸に入られた。この日、ご一家は新幹線を使って、JR那須塩原駅にご到着。同駅のホームに降りた皇太子妃雅子さまは藤倉正芳駅長に「暑いですね」と話されたという。
 駅前には約400人が集まり、ご一家を出迎えた。白いワンピースにかごのバッグをもったご夫妻の長女、敬宮愛子さまは、うっすら日焼けをされているようにもみえた。皇太子ご一家は4日から8日にかけて、静岡県下田市の須崎御用邸に滞在し、海水浴などを楽しまれたことは、先週の【皇室ウイークリー】(145)でも紹介している。
 愛子さまは少し緊張している様子だったが、雅子さまが話しかけると一瞬、和らいだ表情を浮かべられた。しかし、ご夫妻が手を振って歓迎に応えられている中、待ちきれなかったのか、一人で車に向かわれる場面もあった。

http://www.news24.jp/articles/2010/08/16/07164892.html
皇太子ご一家、栃木・那須御用邸で静養
< 2010年8月16日 19:13 >
 皇太子ご一家は16日、那須御用邸(栃木・那須町)での静養に入られた。
 皇太子ご一家は16日午後5時半ごろ、JR那須塩原駅に到着された。駅頭では約400人の市民が出迎え、皇太子ご夫妻は笑顔で手を振られていた。白いワンピース姿の愛子さまは、少し緊張した表情で車に乗り込まれた。
 皇太子ご一家は約2週間、那須御用邸に滞在される予定だという。

『週刊新潮』2010年9月2日号 雅子さまの新作「フェンディ」バッグが波紋を呼んだ
p.34より引用
 8月16日夕刻。皇太子ご一家が東北新幹線の那須塩原駅前に降り立つや、駅前では約400人の市民らが歓声で迎えた。
 その歓迎に手を振って応えられるご夫妻と、お馴染みのやや緊張した表情で佇む愛子さま――。
「2週間ほど前にご一家で伊豆の須崎御用邸に行かれた際は、雅子さまが近年稀に見るほどの上機嫌ぶりだったので驚きました。きっと夏休みに入って[[不登校|愛子さまのイジメ問題]の心配も薄らぎ、晴れやかな気分だったのでしょう」(雅子さまウォッチャー)
 その気分が続いていたのか、今回の那須でも雅子さまの笑顔はくつろいだ感じだったが、ただし、
「やはり、愛子さまが一度もニコリとされなかったことは気になりました。それに、手を振っているご両親をよそ目に1人でスタスタと歩いて行ってしまわれたのには驚きました。しかもそんな愛子さまに両殿下が何の注意もされなかったことにもさらに驚いた」(同)
 なんて声が少なくなかったことも確か。

2011年6月徳仁ドイツから帰国出迎え編集

『女性セブン』2011年7月14日号
はにかんだ手-皇太子さまドイツからご帰国 (モノクログラビア記事タイトル)

シャネル足】参照のこと。


2011年8月11日那須御用邸静養移動編集

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20110812/k10014862261000.html
8月12日 4時36分
皇太子ご一家は静養のため11日から栃木県を訪れ、JRの駅前では集まった人たちの歓迎に手を振って応えられました。
皇太子ご一家は、11日夕方、新幹線で栃木県のJR那須塩原駅に到着されました。駅前にはおよそ400人が集まって小旗を振るなどして歓迎し、ご夫妻は足を止めて笑顔で手を振って応えられました。ピンクのワンピース姿の愛子さまは、出迎えた栃木県の福田知事らにおじぎをしたり、集まった人たちに向かって少し恥ずかしそうに手を振られたりしていました。
夏休み中の愛子さまは、皇太子さまと一緒に子ども向けのミュージカルやコンサートを楽しむ一方で、先週末から11日までは、東京・新宿区の学習院女子大学で開かれていた英語のセミナーに参加し、英会話などの学習に取り組まれたということです。
ご一家はこのあと車に乗り込んで那須御用邸に向かわれました。
ご一家は3週間程度御用邸で過ごし、滞在中には周辺の山に登ったり動物園などに出かけることも検討されているということです。

ttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4799207.html
皇太子ご一家、那須御用邸で静養
 皇太子ご一家が11日から栃木県の那須御用邸で静養に入られました。
 11日夕方、新幹線で栃木県の那須塩原駅に到着されると、愛子さまは出迎えの人たちに恥ずかしそうな様子でしたが、栃木県の福田知事から「赤トンボとセミがお待ちかねですよ」と声を掛けられるとにっこりされたということです。
 静養に先立ち、愛子さまは11日、都内で英語セミナーに参加した後、付き添いの皇太子さまとお二人で地下鉄に乗車するなど、忙しい1日を過ごされました。
 11日からは、那須御用邸でおよそ3週間、ゆっくりと夏休みを過ごされます。(11日22:04)


http://sankei.jp.msn.com/life/news/110813/imp11081307010001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110813/imp11081307010001-n2.htm
(192)愛子さま「イングリッシュセミナー」にご参加 皇后さま「アチョー」お気に入り
2011.8.13 07:00 (1/4ページ)
 皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまが8月上旬、学習院女子大学で行われた「イングリッシュセミナー」に参加したことが、小町恭士東宮大夫の12日の定例会見で明らかになった。
 説明によると、セミナーは英語学習の一環で、愛子さまが通われる学習院初等科や中等科などの児童、生徒らを対象に年1回行われている。小学4年生の愛子さまは8月6日から11日まで、日曜日の7日を除く5日間にわたってセミナーに参加した。
 セミナーには小学4年生から参加でき、同学年の児童の参加者は「20人弱」だったそうだ。小町東宮大夫は、「(愛子さまは)英語に関心があると拝察している」と明かした。
 最後の11日は、皇太子さまが付き添い、帰りには地下鉄に乗られたという。その後、ご一家は静養のため那須御用邸(栃木県那須町)に入られた。数週間滞在される。
 ご一家は新幹線で移動された。ピンクのワンピースに白いカバンを持った愛子さまは、東京駅のホームで新幹線に乗る直前、見送りの駅職員に対し、しっかりとおじぎをしてあいさつされた。
 JR那須塩原駅では、栃木県の福田富一知事の出迎えに、皇太子さまが「こちらも東日本大震災で被災を受けた方々が多くいらっしゃるでしょう。お見舞い申し上げます」と話されたという。
2011.8.13 07:00 (2/4ページ)
 愛子さまは、ここでも皇太子妃雅子さまとともに、福田知事にしっかり会釈をされた。福田知事が「アカトンボとセミがお待ちかねですよ」と話すと、愛子さまは、表情がやわらぎ、にこっと笑顔を見せられたという。
 熱心な読者の方は、「このやり取りは、どこかでみた気がする」と思われたかもしれない。昨年8月、ご一家は4日から須崎御用邸に入られた。このとき、伊豆急下田駅で出迎えた川勝平太・静岡県知事は「『お魚のお友達が待っていますよ』と話しかけると、愛子さまが笑顔を見せられた」と明かしたのだった。今回の福田知事は、昨年のこのやり取りを参考にして言葉を選んだのだろうか。
 今回、迎えの車に乗る前に、皇太子ご夫妻は駅頭に集まった約400人の歓迎に手を振って応えられた。愛子さまも、下ろしていた手を少し挙げようとされたが、すぐにまた下ろされてしまった。このようなしぐさを2回ほどされたが、小学校4年生の愛子さまにとって、大勢の人々に手を振られるのは、まだ恥ずかしいのかもしれない。
 宮内庁によると、皇太子さまは公務のため27日に一度帰京し、30日に再び那須御用邸に戻られる。

2012年5月3日那須御用邸静養移動編集

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120503/imp12050315530001-n1.htm
皇太子ご一家、那須でご静養
2012.5.3 15:52
JR那須塩原駅に到着された皇太子ご夫妻と愛子さま=3日午後2時17分、栃木県那須塩原市(代表撮影)
 皇太子ご一家は3日、静養のため栃木県那須町の那須御用邸に入られた。
 ご一家が東北新幹線で到着したJR那須塩原駅では、土砂降りの雨にもかかわらず観光客ら約300人が駅前に集まり、
ご夫妻は笑顔で応えられた。白いケープを羽織った敬宮愛子さまも、少し恥ずかしそうにほほ笑みながら、手を振られた。

http://www.ji ji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2012050300670 ttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2012050300670]
皇太子ご一家、那須で静養
 皇太子ご一家は3日、静養のため、栃木県那須町の那須御用邸付属邸に入られた。
 ご一家は、新幹線でJR那須塩原駅に到着。降りしきる雨の中、出迎えた市民らから歓声が上がると、
愛子さまはやや恥ずかしそうに小さく手を振って応えた。(2012/05/03-16:20)

http://www.asahi.com/national/update/0503/TKY201205030264.html
2012年5月3日16時44分
皇太子ご一家、那須で静養 数日間滞在
 皇太子ご一家は3日、那須御用邸で静養するため、新幹線で栃木県入りした。数日間滞在する。
 那須塩原駅では大雨の中、住民ら約300人が出迎え、ご夫妻と長女・愛子さまは歓声に手を振ってこたえた。車で出発する際には窓を開け、愛子さまがはにかんだような笑顔を見せていた。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120503/k10014880341000.html
皇太子ご一家 那須で静養
5月3日 15時49分
皇太子ご一家は、静養のため、3日から栃木県を訪れ、JRの駅前では、雨の中集まった人たちの歓迎に笑顔で手を振って応えられました。
ご一家は、連休中、那須御用邸に滞在し、自然豊かな御用邸の敷地内を散策するなどして過ごされる予定だということです。
皇太子ご一家は、3日午後、新幹線で栃木県のJR那須塩原駅に到着されました。
駅前には、雨にもかかわらず、およそ300人が集まって、歓声を上げたり小旗を振ったりして歓迎し、ご夫妻は足を止めて、笑顔で手を振って応えられました。
茶色の洋服に白いバッグを手にした愛子さまも、はにかんだような笑顔を見せ、手を振られていました。
この春から学習院初等科の5年生になった愛子さまは、早朝や放課後に管弦楽部でチェロの練習に励む一方で、先月からはバスケットボール部の練習にも参加するなど、元気に学校生活を送られているということです。
ご一家は、毎年この時期に大型連休を利用して静養していますが、去年は東日本大震災の被害の大きさを考慮して取りやめられていました。
ご一家は、連休中、那須御用邸に滞在し、自然豊かな御用邸の敷地内を散策するなどして過ごされる予定だということです。

2012年8月12日須崎御用邸静養移動編集

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00251718.html
皇太子ご一家、静岡県の須崎御用邸でご静養
(2013/08/12 19:22)
皇太子ご一家は、12日から静岡県の須崎御用邸で静養される。皇太子ご一家は、午後6時前、静岡・下田市の伊豆急下田駅に到着された。
愛子さまは、皇太子さま、雅子さまとともに、駅に集まった600人を超える人々からの歓迎に、笑顔で手を振られた。
水泳の特訓を重ね、7月末、沼津で行われた学習院初等科の遠泳大会に参加したばかりの愛子さまは、出迎えた静岡県の川勝知事に、「新しい泳ぎに挑戦されますか?」と聞かれると、はにかんで応じられたという。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000010537.html
皇太子ご一家が静岡・下田市の須崎御用邸へ
(2013/08/12 19:26)
皇太子さまが一家そろって静岡県下田市で夏の静養に入られました。
皇太子さまと雅子さま、長女の愛子さまは12日午後5時半ごろ、静岡県の伊豆急下田駅に到着され、約600人の市民が出迎えました。
ご一家は去年も須崎御用邸を訪れていて、愛子さまは近くの海で水泳を楽しまれています。
静岡県の川勝平太知事が、愛子さまに「背泳ぎなど新しい泳ぎにも今年は挑戦されますか」と聞かれると、はにかんでいらっしゃったということです。ご一家は須崎御用邸に数日間滞在し、静養される予定です。

http://www.news24.jp/articles/2013/08/13/07234215.html
皇太子ご一家、静養のため須崎御用邸へ
< 2013年8月13日 3:01>
皇太子ご一家は須崎御用邸で静養するため、12日午後6時頃、静岡県下田市に到着された。
皇太子さまと雅子さま、長女の愛子さまは下田市の須崎御用邸に向かうため、12日、東京駅から特急列車で伊豆急下田駅に到着された。
市民ら600人以上の出迎えを受けると、ご一家は笑顔で手を振り、雅子さまが高齢者に声をかけられる場面もあった。
学習院初等科6年生の愛子さまは先月下旬、静岡県沼津市で初等科伝統の水泳合宿に参加されていて、出迎えた静岡・川勝県知事から「新しい泳ぎに挑戦されますか」と尋ねられると、はにかんだ様子だったという。
夏の須崎御用邸でのご一家の静養は近年恒例となっていて、今年も数日間過ごされる予定

http://www.at-s.com/news/detail/744823343.html
皇太子ご一家須崎御用邸へ 市民600人出迎え
(2013/8/13 8:30)
皇太子ご一家は12日、静養のため下田市入りされた。数日間、同市内の須崎御用邸に滞在する。
午後6時ごろ、ご一家が伊豆急下田駅のコンコースに姿を見せると、出迎えた約600人の市民から歓声が上がった。
ご夫妻は時折立ち止まって市民に手を振って応えた。水色のワンピース姿の長女愛子さま(11)は少し緊張した様子で車に乗り込んだ。
駅でご一家を迎えた川勝平太知事によると、富士山の世界遺産登録が話題になり、皇太子さまは「よかったですね」と祝福された。
「登山客が多いようですね」と事故の増加を案じた雅子さまに、川勝知事は「安全には万全を期しています」と応じた。
皇太子さまは同御用邸滞在について「こちらに来るのを楽しみにしていました」と話されたという。
7月末に沼津市で開かれた学習院初等科の遠泳行事に参加した愛子さまは、川勝知事から「今年は平泳ぎ以外に背泳ぎなど、新しい泳ぎ方に挑戦しますか」と尋ねられ、はにかんだ様子だったという。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130817/imp13081707000001-n1.htm
(292)悠仁さま、夏休みのご旅行で恐竜三昧? 知事の言葉にはにかまれた愛子さま
2013.8.17 07:00 (2/3ページ)[皇室ウイークリー]
 68回目の終戦の日を迎えた15日、天皇、皇后両陛下は東京都千代田区の日本武道館で、今年も政府主催の全国戦没者追悼式に臨まれた。
 両陛下は、安倍晋三首相の式辞の後、「全国戦没者之霊」と書かれた標柱の前に、そろってお立ちに。深々と頭を下げ、正午の時報を合図に出席者らと黙祷された。その後、陛下が「全国民と共(とも)に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」とお言葉を述べられると、出席者はじっと耳を傾けた。
 皇太子ご一家は12~16日、静岡県下田市の海にほど近い須崎御用邸で静養された。宮内庁によると、天気にも恵まれ、ゆっくりとお過ごしになったという。
 12日に伊豆急下田駅に到着した際には、住民ら約600人が出迎え、皇太子ご夫妻は手を振って応えられた。長女の敬宮(としのみや)愛子さまも少し照れたような様子で手を振られた。駅で迎えた静岡県の川勝平太知事によると、富士山の世界遺産登録が話題になり、皇太子さまは「よかったですね」と祝福され、皇太子妃雅子さまは「登山客が多いようですね」と事故を案じられたという。7月末に同県沼津市で学習院初等科の遠泳行事に参加した愛子さまは、川勝知事から「次は新しい泳ぎに挑戦しますか」と尋ねられ、はにかんだご様子だったという。
 宮内庁によると、終戦の日の15日には、皇太子ご一家はそろって黙祷されたという。

2014年3月18日学習院初等科卒業式編集

毎日新聞
愛子さま:初等科卒業 皇太子ご夫妻、見守る中
毎日新聞 2014年03月18日 11時06分(最終更新 03月18日 13時51分)
皇太子ご夫妻の長女愛子さま(12)が18日、学習院初等科(東京都新宿区)の卒業式に出席した。ご夫妻も同席した。愛子さまは4月から学習院女子中等科に進学する。
午前9時ごろ、紺のセーラー服姿の愛子さまとご夫妻は歩いて初等科正門前に到着。
「卒業式」と書かれた看板の前で記念撮影した。報道陣から「ご卒業おめでとうございます」と声がかかると、愛子さまは、はにかんだ様子で会釈した。皇太子さまは「ありがとう」と応じた。
宮内庁などによると、式は初等科本館2階正堂で同9時半ごろから約1時間半あり、三浦芳雄科長(校長)から計125人の6年生一人一人に卒業証書が授与された。
ご夫妻は2階の保護者席から見守った。名前が呼ばれると、愛子さまは「はい」と返事をして壇上に上がり、証書を受け取って一礼した。
初等科は「東西南北」の4クラスあり、愛子さまは1年から6年まで南組だった。2年生が終わるころ、学校生活への不安感を訴えたが、雅子さまが登下校に付き添い、4年生後半から通常の登下校に戻った。【真鍋光之】

産経MSN
愛子さま、学習院初等科をご卒業 ご一家で式に臨まれる
2014.3.18 11:44
皇太子ご夫妻の長女、敬宮(としのみや)愛子さまは18日午前、学習院初等科(東京都新宿区)を卒業された。
卒業式には皇太子さまと皇太子妃雅子さまも参列され、6年間で成長された愛子さまの姿を見守られた。4月からは学習院女子中等科(新宿区)に進学される。
制服姿の愛子さまはこの日午前9時ごろ、ご夫妻とともに歩いてご登校。
「卒業式」の看板が立てられた正門前にお三方で並んで立たれ、愛子さまは、はにかんだ笑顔を見せられた。
愛子さまは約120人の他の卒業生とともに、同校内の正堂で行われた卒業式にご出席。
宮内庁によると「敬宮愛子」と名前を呼ばれて壇上に進み、三浦芳雄・初等科長から卒業証書を受け取られた。
午後にはご一家で皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下にご卒業の報告をされる予定。

読売新聞
愛子さま初等科卒業、文集には遊泳合宿の思い出
(2014年03月18日 11時58分 読売新聞)
皇太子ご夫妻の長女愛子さま(12)は18日、東京都新宿区の学習院初等科の卒業式に出席された。
午前9時、セーラー服姿の愛子さまはご夫妻とともに登校。
青空の下、学校の正門前で記念撮影に応じ、「おめでとうございます」との声に、はにかんだ笑顔で会釈された。皇太子さまは「ありがとう」とにこやかに話された。
宮内庁によると、卒業式では「敬宮としのみや愛子」と呼ばれはっきりとした声で「はい」と返事をし、壇上で卒業証書を受け取られたという。
初等科の卒業文集には、「大きな力を与えてくれた沼津の海」と題した作文を寄せられた。
昨年7月、静岡・沼津で行われた遊泳合宿で500メートルを泳ぎ切った思い出をつづられた。
水泳が苦手で「不安な気持ちを抱きつつ」参加されたという愛子さま。
「五百メートルも泳げる訳がないと諦めて」いたが、同級生らから「頑張れー」との声援を受け、「不思議と力が湧いてきました」。ゴールの後、皆で食べた氷砂糖の甘い味は格別だったという。
「沼津での生活は、諦めないことの大切さを教えてくれ、大きな自信を与えてくれました。六年間でいちばん成長できたと感じられる素晴らしい思い出」と振り返られた。

NHK
愛子さま 学習院初等科卒業式に出席
3月18日 12時25分
皇太子ご夫妻の長女の愛子さまは18日、学習院初等科の卒業式に出席されました。
愛子さまは午前9時、皇太子ご夫妻に付き添われて東京・新宿区にある学習院初等科に登校されました。
セーラー服姿の愛子さまは集まった報道陣から「卒業おめでとうございます」と声をかけられると一礼して応え、はにかんだような表情でご夫妻と記念撮影に臨まれました。
そして、皇太子さまが「ありがとう」と笑顔で祝意に応えられました。
卒業式ではご夫妻が見守るなか「敬宮愛子」と名前を呼ばれると、「はい」と答えて壇上に進み、初等科の校長から卒業証書を受け取られたということです。
そして式の最後には125人の卒業生全員で「仰げば尊し」と「蛍の光」を合唱したということです。
愛子さまは通学への不安から一時期、雅子さまに付き添われて学校に通う日が続きましたが、それを乗り越えて健やかに成長し今月行われた「6年生を送る会」では卒業生の代表の1人として在校生へのメッセージを発表されたということです。
卒業文集には去年の夏、500メートルを泳ぎ切った初等科の遠泳教室について、「六年間の中で私がいちばん成長できたと感じられる素晴らしい思い出になっています」と記されました。
愛子さま来月から学習院女子中等科で学ばれます。

日本テレビ系(NNN)
愛子さま、学習院初等科「卒業式」に出席
日本テレビ系(NNN) 3月18日(火)12時29分配信
皇太子ご夫妻の長女・愛子さまが18日、学習院初等科を卒業した。
愛子さまは18日朝、学習院初等科の卒業式に出席するため皇太子さま、雅子さまと共に登校し、「おめでとうございます」という声に、はにかんだような表情を見せた。
卒業式では「敬宮(としのみや)愛子」と名前を呼ばれると、はっきりした声で「はい」と返事をし、卒業証書を受け取ったという。
卒業文集では、去年7月、静岡・沼津での水泳合宿で、初めて500メートルを泳ぎ切ったことについて、「沼津での生活は、私に諦めないことの大切さを教えてくれ、大きな自信を与えてくれました」と書き、さらに、「6年間の中で私がいちばん成長できたと感じられる素晴らしい思い出になっています」と振り返っている。
愛子さまは来月、学習院女子中等科に進学される。


2014年3月24日奥志賀スキー静養移動編集

福島民報
皇太子ご一家が長野で静養
スキーなど数日間滞在
皇太子ご一家は24日午後、静養のため新幹線で長野県に入られた。県北部のホテルに数日間滞在してスキーを楽しむ予定。
愛子さまは18日に学習院初等科を卒業し、同女子中等科入学までの春休み中。
3人は横に並んで長野駅の階段を下り、集まった人々の歓声に笑顔で手を振って応えた。
白いバッグを持った愛子さまは、少し恥ずかしそうな表情を浮かべ、雅子さまに顔を近づけてほほ笑んだ。
雅子さまは車に乗り込んだ後も盛んに手を振っていた。
愛子さまは1月の冬休みにも長野・奥志賀高原でのスキー教室に友達と一緒に参加。
宮内庁によると、焼額山の頂上からも滑ったという。
(2014/03/24 14:12カテゴリー:社会)

TBS系(JNN)
皇太子ご一家が長野で静養、愛子さまもスキーに
皇太子ご夫妻と長女の愛子さまは、24日午後1時過ぎ静養のため長野県に入られました。
愛子さまは先週、学習院の初等科を卒業したばかりで、ご一家が長野駅に到着すると集まった大勢の人から歓声があがりました。
「卒業おめでとうございます」と声をかけられた愛子さまは少し恥ずかしがりながらも笑顔で、会釈をしたり手を振られたりしていました。
ご一家は、長野県で、数日間スキーなどをして過ごされる予定です。(24日15:58)

読売新聞
皇太子ご一家、静養のため長野県へ…数日間滞在
皇太子ご一家は24日、静養のため長野県入りされた。
ご一家は昼過ぎ、新幹線でJR長野駅に到着。今月18日に学習院初等科を卒業した
愛子さまは、駅に集まった市民らにご夫妻とともにはにかんだ笑顔で手を振られた
ご一家は同県内に数日間滞在し、スキーなどを楽しまれる予定。
宮内庁によると、愛子さまは今年1月にも同県内で友達と一緒にスキー教室に参加し、焼額山(2009メートル)の頂上からも滑られたという。
(2014年3月24日18時24分 読売新聞)

毎日新聞
皇室:皇太子ご一家 静養で長野へ
毎日新聞 2014年03月24日 18時26分(最終更新 03月24日 18時27分)
皇太子ご一家は24日、静養のために長野県入りした。ご一家は東京駅から長野新幹線で長野駅に到着。
貴賓室で約30分間、休憩した後、午後1時過ぎに駅前に姿を見せた。
集まった人たちから「(学習院初等科の卒業)おめでとうございます」と声がかかると、愛子さまははにかんだような表情で手を振った
同県北部に数日間滞在し、スキーなどを楽しむ予定。【真鍋光之】

産経MSN
皇太子ご一家、長野でご静養入り 数日間スキー楽しむ
2014.3.24 21:33
皇太子ご一家は24日、静養のため新幹線で長野県に入られた。数日間滞在しスキーをされる予定。
長野駅でお三方は、集まった人々に笑顔で手を振って応えられた。18日に学習院初等科を卒業した愛子さまは白いバッグを持ち、少し恥ずかしそうな表情を浮かべてほほ笑まれた。
雅子さまは車に乗り込んだ後も盛んに手を振られた。

産経MSN・皇室ウイークリー
(324)運搬役の侍従も緊張? 20年ぶりの「剣璽ご動座」 眞子さまICUご卒業、秋篠宮ご夫妻のご所感は
2014.3.29 07:00 (3/4ページ)[皇室ウイークリー]
皇太子ご一家は24日、静養のため新幹線で長野県に入られた。県北部のホテルに滞在し、スキーを楽しまれる。
ご一家は横に並んで長野駅の階段を下り、集まった人々の歓声に笑顔で手を振って応えられた。
白いバッグを持った愛子さまは、少し恥ずかしそうな表情で、雅子さまに顔を近づけてほほ笑まれた。

2014年4月6日学習院女子中等科入学式編集

毎日新聞
皇室:愛子さま 学習院女子中等科へ入学
毎日新聞 2014年04月06日 11時41分(最終更新 04月06日 12時07分)
皇太子ご夫妻の長女愛子さま(12)が6日、学習院女子中等科(東京都新宿区)の入学式に出席した。
ご夫妻も同席した。新入生は愛子さまを含め208人。愛子さまは新しい仲間と共に中学校生活のスタートを切った。
午前9時前、セーラー服姿の愛子さまとご夫妻は学習院戸山キャンパス北門に到着。
「入学式」と書かれた看板の前で撮影に応じた。報道陣から「愛子さま、ご入学おめでとうございます」と声がかかると、愛子さまは「ありがとうございます」とはにかんだような表情で会釈し、さらに今の気持ちを聞かれると「(学校生活を)楽しみにしています」とはっきりと答えた。
同庁によると、式は女子中・高等科第一体育館で同10時ごろから約1時間あった。
愛子さまは「東、西、中、南、北」の5クラスのうち西組となり、クラスメートと一緒に国歌や学習院歌を歌った。本格的な授業は11日から始まるという。【真鍋光之】

女性セブン2014年4月24日号<愛子さま 中等科入学の肉声に皇室記者は「歴史的瞬間です」>
より引用~
 愛子さまの学習院女子中等科入学式が行われた4月6日の夜、皇太子ご一家は皇居を訪ねられ、天皇皇后両陛下に入学の報告をされた。
「久しぶりに夕食もともにされました。愛子さまは“中等科でも、しっかり勉強を頑張ります”といった旨をお伝えになると、両陛下は笑みを浮かべられ、“頑張ってね”と声をかけられたそうです」(宮内庁関係者)
 入学式では、報道陣を騒然とさせる出来事があった。雨があがった午前9時前、愛子さまは皇太子ご夫妻とご一緒に、学習院女子中等科に姿を見せられた。
 真新しいセーラー服に紺色のスカーフをされた愛子さまは、晴れ晴れとした表情で歩を進められた。初等科時代は赤いスカーフだったが、それが紺色に変わっただけで、愛子さまの雰囲気は、ずっと大人びて見えた。
 そして校門前の「入学式」と大きく書かれた看板の前で、写真撮影に臨まれたご一家。報道陣から「ご入学、おめでとうございます」と声がかかると、愛子さまははっきりとした大きな声で、「ありがとうございます」と答えられた。
 さらに「今のお気持ちは?」と聞かれると、少々お困りになったのか、すっと雅子さまのほうへお顔を向けられた。すると、雅子さまは愛子さまの耳元でひと言ふた言囁かれた。それを受けて、愛子さまは、はにかんだ表情で、「(学校生活を)楽しみにしています」とお気持ちを述べられたのだった。
「これまで引っ込み思案といわれてきたあの愛子さまが、目の前で初めて肉声を聞かせてくださり、本当に驚きました。これは歴史的な瞬間ですよ」
 取材した皇室記者は、こう興奮ぎみに振り返った。
 国民が愛子さまの“声”を聞いたのは、2004年9月、宮内庁が公開した皇太子ご一家のホームビデオ以来のこと。
「このビデオには、当時2才だった愛子さまが“もう、いいかい”“まあだだよ”などと絵本を読まれているシーンが収められており、さらには、愛子さまが皇太子さまに対して、“パパも(読んで)!”とおねだりされている様子が映されていました。しかし、このときはあくまでビデオから流れる声でしたので、“肉声”は今回が初めてなんです」(前出・皇室記者)
※女性セブン2014年4月24日号
~引用ここまで

女性セブン 2014年4月24日号<はにかんだ笑顔と肉声で…“初めて”のごあいさつ-皇太子ご夫妻の長女・愛子さま(12)が学習院女子中等科ご入学(4月6日)>モノクログラビア逆さバイバイ

2014年7月15日武蔵陵墓地参拝編集

TBS系(JNN)7月15日(火)
皇太子ご一家、昭和天皇・香淳皇后の陵墓参拝
愛子さまが昭和天皇と香淳皇后の陵墓を初めて参拝されました。
15日午前10時半過ぎ、愛子さまは、皇太子ご夫妻とともに、東京・八王子市の武蔵陵墓地に到着されました。
愛子さまは、皇太子さま、雅子さまの後に続いて、昭和天皇の陵と香淳皇后の陵に進み、ご一家そろって玉串を捧げて深く拝礼されました。
愛子さまが参拝されたのは初めてで、やや緊張した面持ちで皇太子ご夫妻の動きに合わせて参拝されていました。
療養中の雅子さまも、およそ12年ぶりの参拝となりました。
今回の参拝は、愛子さまの中学校進学の節目として行われたもので、愛子さまは今月20日から夏休みに入られます。(15日12:48)

2014年7月29日伊勢神宮参拝編集

TBS系(JNN)
皇太子ご一家が伊勢神宮参拝、愛子さまは初めて
去年、式年遷宮が終わった伊勢神宮を訪問している皇太子ご一家は、29日午前、外宮を参拝されました。
愛子さまは初めて、雅子さまも20年ぶりの参拝です。皇太子ご一家は、午前10時過ぎ、
全ての産業の守護神である「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」が祀られる伊勢神宮の外宮に到着されました。
皇太子さまの後に、雅子さま、やや緊張気味の愛子さまが続き、正宮の各門で、お祓いや、お手水を済ませた後、
中心部の正殿近くまで進み、ご一家揃って玉串を捧げて拝礼されました。
今回の参拝は、去年、20年に一度、ご神体を新しい社殿に移す「式年遷宮」を終えたことを受けたもので、
愛子さまが伊勢神宮を参拝されるのは初めてで、雅子さまも20年ぶりです。
ご一家は、午後、皇室の祖神である「天照大神」が祀られている内宮を参拝されます。(29日11:11)

TBS系(JNN)更新
皇太子ご一家が伊勢神宮参拝、愛子さまは初めて
皇太子ご一家は、去年、式年遷宮が終わった伊勢神宮を参拝されました。愛子さまは初めて、雅子さまも20年ぶりの参拝です。
正午まえ、皇太子ご一家は皇室の祖神である「天照大神」が祀られている伊勢神宮の内宮に到着されました。
皇太子さまの後に、雅子さま、やや緊張気味の愛子さまが続き、正宮の各門でお祓いやお手水を済ませた後、
ご神体のある正殿近くまで進み、ご一家揃って玉串を捧げて拝礼されました。
これに先立ち、ご一家は伊勢神宮の外宮を参拝されました。
今回の参拝は、去年、20年に一度ご神体を新しい社殿に移す「式年遷宮」を終えたことに伴うもので、
愛子さまが伊勢神宮を参拝されるのは初めてで、雅子さまも20年ぶりです。
雅子さまは、外宮の参拝後、「伊勢に来たかった」と話されたということです。ご一家は29日の夜、東京に戻られる予定です。(29日16:54)

テレビ朝日系(ANN)
皇太子ご一家が伊勢神宮に参拝 愛子さまは初めて(07/29 11:54)
三重県を訪問中の皇太子ご一家が、伊勢神宮を参拝されました。愛子さまの参拝は初めてです。
皇太子ご一家は29日午前10時すぎに、伊勢神宮の外宮に到着されました。雅子さまは参拝用のドレス、
愛子さまは学習院女子中等科の制服姿で訪れ、その後、3人そろって新しい正殿に玉串を捧げられました。
外宮は、食べ物をつかさどる豊受大神をまつっています。
初めて参拝する愛子さまは、緊張した面持ちで皇太子さまと雅子さまと同じように拝礼されました。
今回の参拝は20年に1度、社殿を新たに建て替える式年遷宮を終えたことから行われたもので、
午後には皇室の祖先とされる天照大神をまつる内宮に参拝されます。

フジテレビ系(FNN)
式年遷宮を終えたのを受け、皇太子ご一家が伊勢神宮をご参拝
07/29 18:16
愛子さまが、初めて伊勢神宮を参拝された。佳子さまも、秋篠宮さまのご公務に同行された。
初めての伊勢神宮参拝に向かわれる参道。
やや緊張の表情を浮かべながらも、愛子さまは、前を歩かれる皇太子さま、雅子さまに続いて、出迎えの人々に繰り返し、何度も会釈をされた。
フジテレビ宮内庁担当の宮崎千歳さんは「(愛子さまは)ご年齢とともに、少しずつ、皇室での一員という、ご自分の立場に、理解ができてこられていると思います」と話した。
皇族としての思いを胸に臨まれた、お伊勢参り。
これまでも、多くの皇族方が、節目の折に訪問されてきた三重県の伊勢神宮。
20年に一度の式年遷宮を、2013年秋に終えたのを受け、今回、皇太子ご一家が参拝されることになった。
29日午前10時すぎ、伊勢神宮の外宮にモーニング姿の皇太子さま、薄いグリーンの参拝服の雅子さま、そして、学習院女子中等科の制服姿の愛子さまが、一列で到着された。
手を前で組み、ゆっくりとした歩みで進まれる愛子さまは、しっかりと前を見つめられていた。
そして午後、ご一家は、皇室の祖神とされる天照大神を祭る内宮に到着。
瑞垣南御門で玉串をささげ、拝礼された。
12歳の愛子さまにとって、伊勢神宮の参拝は、初めてのご経験。
緊張気味のご様子を見せる一方、参道で出迎えた人々に対し、何度も会釈を重ねる姿が見られた。
そんな愛子さまを気遣うように、前を歩かれていた雅子さま。
20年ぶりとなった伊勢神宮参拝では、前回と同じ参拝服をお召しになっていた。
療養生活の続く雅子さまにとって、今回のご参拝は、大切な重い家族の行事としてとらえていて、神宮関係者に「伊勢に来たかった」と話されたという。
今回、ご一家の三重県ご訪問に同行した鈴木英敬知事は「愛子さまが放送委員を、去年(2013年)学校で担当されていて、昼休みの放送で、遷宮のことを放送したので、事前に学習されたことと、今回遷宮で見たことと、今回実物を見られたので、非常に楽しみにされていたし良かったと皇太子さまがおっしゃっていました」と述べた。
一方、茨城県では、秋篠宮さまと佳子さまは29日、「全国高校総合文化祭」を視察された。
佳子さまは、秋篠宮さまとともに、出迎えた関係者1人ひとりに笑顔でしっかりとあいさつをされていた。
そして会場でご覧になったのは、バトントワリング。
自らもダンスを得意とされる佳子さまは、時折、身を乗り出し、興味深そうにバトントワリングの演技を鑑賞し、演技が終わると大きな拍手を送られていた。

フジテレビ系(FNN)
皇太子ご一家、伊勢神宮ご参拝 秋篠宮さまと佳子さまは文化祭に
07/29 23:54
玉砂利の参道を、少し緊張した面持ちで歩かれる愛子さま。
皇太子ご一家は29日、三重県の伊勢神宮を参拝された。
これは2013年10月、20年に一度の「式年遷宮」が行われたことにともなうもので、愛子さまは、初めての参拝となった。
一方、秋篠宮さまと共に、茨城県を訪問された佳子さま。
「文化部のインターハイ」とも呼ばれている、全国高校総合文化祭を視察された。
会場で行われていたのは、バトントワリング。
自らも、ダンスを得意とする佳子さまは、年齢の近い説明役の女子生徒に、笑顔で声をかけられ、
高校生たちの迫真の演技を、時折、身を乗り出しながらご鑑賞され、演技が終わると、大きな拍手を送られた。

女性自身2014年8月26号
愛子さま、ちょっぴりカチコチ初お伊勢参り-雅子さまは20年ぶりにご参拝

週刊朝日2014年8月15日号
緊張の面持ちの愛子さま はじめての伊勢参拝へ
(更新 2014/8/ 6 07:00)
神域に敷かれた玉砂利を一歩一歩、踏みしめるように歩く愛子さまは、やや緊張した面持ちに見えた。
その2メートルほど前には、薄い緑色の絹の参拝服に身をつつんだ雅子さまがいる。
厳粛な空気が張り詰めるなかではあったが、皇太子さまと雅子さまの表情は明るい。
皇太子ご一家は三重県伊勢市を訪れ、7月29日、伊勢神宮を参拝した。
皇室の方々は、節目の折に、皇祖神が祀られる伊勢神宮を参拝する。
伊勢神宮では昨秋に、20年に一度、社殿を建て替えてご神体を移す式年遷宮が執り行われた。
それを受けて今年の3月には、天皇、皇后両陛下が参拝し、この日に皇太子ご一家が続いた。
雅子さまは、前回の式年遷宮の翌年以来20年ぶり。今春、学習院女子中等科に入学した愛子さまは、はじめての参拝となった。
ご一家の祈りは、どのようなものだったのだろうか。

週刊ポスト2014年8月15・22日号
皇太子一家の伊勢参拝 雅子妃は自信取り戻して公務に前向き
2014.08.06 16:00
「東宮一家揃っての参拝に天皇皇后両陛下も胸をなで下ろされたようです。宮内庁内にも安堵が広がりました」(宮内庁関係者)
7月29日、皇太子一家の伊勢神宮参拝が実現した。参拝後、雅子妃が神宮関係者に「伊勢に来たかった」と伝えたことからも参拝にかけていた思いの強さが窺えた。
「雅子さまはいまも起床も就寝も遅くご体調に波がある。愛子さまもご一緒に夜遅くなることも多く、万全の体調ではない中での参拝だったようです。
愛子さまは初めての緊張の連続だったのか表情が硬くお疲れの様子でしたが、お帰りの際には笑みを浮かべて手を振っていた様子が印象的でした」(同行した皇室担当記者)
参拝日程の2日間、厳戒態勢が敷かれた。
「秋篠宮一家の参拝と比べて、警備態勢がこんなにも違うのかと驚かされた。駅に集まった人も桁違いでしたが」(伊勢市民)
駅から神宮までの参道には警察官が10メートルごとに配置され、名古屋~近鉄宇治山田間の沿線沿いも、踏み切りや橋のたもとに私服警察官が立っていた。
「以前、雅子妃が東京ディズニーランドに日帰りされた際も警察官1000人以上が動員された。奉迎する市民に対する持ち物検査も厳しく、財布の中身まで確認する念の入れようでした」(前出の記者)
雅子妃にとって20年ぶりとなる伊勢参拝には、もうひとつの「区切り」の意味があったといわれる。参拝翌日の7月30日は雅子妃が適応障害と診断され、長期休養に入ってからちょうど10年。
今年雅子妃が外出する公務に出席したのは、1月の芸能鑑賞1回のみ。外出公務の少なさは、雅子妃の体調の不安定さが囁かれる理由となっていたが、前出の宮内庁関係者はこう語る。
「このタイミングで伊勢参拝を無事にこなされた意義は大きい。今回は私的な旅行という位置付けでしたが、自信を回復されたと思います」

朝日新聞
(皇族方の素顔)愛子さま、初めてづくしの夏休み
宮内庁担当 中田絢子
2014年8月6日19時12分
約300メートルの参道を、皇太子ご一家が一列になってゆっくりと進んで行きました。
雅子さまの後ろを歩く長女愛子さま(12)の表情はやや緊張しているように見受けられました。
じっと前を見つめながらも、立ち会った神宮関係者や報道陣の前では何度もお辞儀をしていました。
7月29日、三重県伊勢市の伊勢神宮。皇太子ご一家が、外宮、内宮にそろって参拝しました。
皇祖とされる天照大神をまつり、皇室とのゆかりが深い伊勢神宮、愛子さまにとっては初めての参拝となりました。
今春、学習院女子中等科に進学した愛子さま。7月19日に一学期の終業式を終え、現在夏休み中です。
愛子さまにとっては、伊勢神宮参拝をはじめ、「初めて」づくしの夏休みとなったと言えそうなのです。
     ◇
伊勢神宮参拝では、7月28日から1泊2日の日程で三重県伊勢市を訪問しました。
初日、同市の宇治山田駅に到着したご一家を、約400人の市民らが笑顔で迎えました。
愛子さまは白い襟がついたクリーム色のワンピースに、同色のくつといったさわやかな装い。
ご夫妻とともに2度にわたって手を振っていましたが、その表情はどことなくはにかみ、緊張しているようにも見えました。
続きを読む
残り:1935文字/本文:2445文字

2014年8月3日高校総体(インターハイ)観戦編集

TBS系(JNN) 8月3日(日)
皇太子ご一家、インターハイの試合を観戦
皇太子ご一家が、インターハイの女子サッカーと男子バレーボールの試合を観戦されました。
雅子さまが、インターハイの試合を観戦されるのは12年ぶりで、愛子さまは初めてです。
3日午前、皇太子ご一家は、東京・世田谷区の陸上競技場を訪れ、インターハイの女子サッカーを観戦されました。
ご一家は、高校生の溌剌としたプレーを熱心に観戦し、雅子さまは、「厳しい練習をしているんですか」などと質問されていたということです。
帰り際、愛子さまは、やや緊張しながらも大会関係者に笑顔で挨拶をされていました。
午後、ご一家は、渋谷区の東京体育館に移動し、男子バレーボールを観戦されました。
観戦には時折、オペラグラスが使われ、試合後は、「楽しませて頂きました」と感想を話されていたということです。
雅子さまがインターハイの試合を観戦されるの12年ぶりで、愛子さまは初めてのことです。(03日17:03)

2014年8月12日須崎御用邸静養移動編集

テレビ朝日系(ANN)
皇太子ご一家 伊豆で静養へ 市民ら700人出迎え(08/12 17:11)
皇太子ご一家が、今年の夏も伊豆の海での静養に入られました。
皇太子さまと雅子さま、長女の愛子さまは、12日午後4時ごろ、東京駅からの列車で静岡県下田市に到着されました。
愛子さまは、出迎えた知事から「たくましくなられましたね」とあいさつされると、はにかまれたということです。
ご一家は、出迎えた約700人の市民に手を振りながら、車に乗り換え、須崎御用邸に入られました。

NHK
皇太子ご一家 静岡・下田で静養
8月12日 18時20分
皇太子ご一家は静養のため、12日から静岡県下田市を訪れ、伊豆急行の駅前で集まった人たちに手を振って応えられました。
皇太子ご一家は12日午後、電車で伊豆急下田駅に到着されました。
駅前には700人近くが集まり、皇太子ご夫妻は、にこやかに手を振って応えられました。
白いワンピース姿の愛子さまは、はにかんだ笑顔を見せながらご夫妻に続いて歩き、集まった人たちにおじぎをしたり、小さく手を振られたりしていました。
ことし4月、学習院女子中等科に進学した愛子さまは先月、皇太子ご夫妻とともに、昭和天皇陵や伊勢神宮に初めて参拝したほか、今月、全国高校総合体育大会の競技を初めて観戦されました。
学校は先月下旬から夏休みで、愛子さまは群馬県で行われた学校行事の自然体験教室に参加したほか、友だちと水族館に出かけるなどして過ごされているということです。
ご一家は車で駅をあとにして下田市にある須崎御用邸に向かわれました。
1週間ほど御用邸に滞在されるということです。

静岡新聞
皇太子ご一家、須崎御用邸へ 下田市民ら出迎え
(2014/8/13 08:12)
皇太子ご一家は12日、静養のため下田市入りされた。数日間、同市内の須崎御用邸に滞在する。
午後4時すぎ、ご一家が伊豆急下田駅のコンコースに姿を見せると、出迎えた約670人の市民や観光客から歓声が上がった。
ご夫妻は時折立ち止まって市民に手を振ったり、高齢者や子供に「お元気ですか」「夏休みは何をしましたか」などと尋ねられた。
学習院女子中等科に進学した長女愛子さま(12)は夏休み中。白のワンピースに身を包み、時折はにかみながら手を振って、車に乗り込んだ。
駅でご一家を迎えた川勝平太知事によると、ご一家は須崎御用邸への滞在を楽しみにしていた。皇太子さまからは「夏ばてしないようにしてください」と声を掛けられた。
川勝知事が愛子さまに「身も心も一層たくましくなって帰ってください」と話すと、「はい」と笑顔でうなずいたという。

2014年9月27日学習院女子中高等科運動会でのダンス「チキチキバンバン」編集

『女性自身』2014年10月14日号<雅子さま(50)の“願い”裏切る「学習院の前代未聞通達」>記事
pp.53より引用
 そんな大事な10月を目前に控えた、運動会当日――。
「午前中の競技『みのむし』では、愛子さまの西組は5組中2位と健闘されていました。午後のダンスのプログラム『チキチキバンバン』では、赤いポンポンを持って元気よく踊られていたのですが、周囲の子とタイミングがずれて、はにかんだ表情を見せられた瞬間も」(保護者の1人)
 そんな愛子さまを見守る雅子さまの優しい笑顔。それが、くもらされることがないまま、10月のご活躍を期待したい。

2015年7月26日昭和館訪問で「いつもどこか緊張された面持ちで、手も低い位置で小さく振られていただけ」蒸し返し編集

NEWSポストセブン2015.08.01 07:00(女性セブン2015年8月13日号)
<一部抜粋>
「今までとは違う愛子さまの様子に驚かされました。愛子さまはお出ましの際にはいつもどこか緊張された面持ちで、手も低い位置で小さく振られていただけ でした。それがこの日は、沿道に集まった100人ほどにしっかりと体を向けられ、長い時間手を振られていました。足元も白いパンプスという装いで、3cmほどですがおそらく初めてのヒール靴だったと思います。その高さもひとまわり大きく成長された愛子さまを象徴しているかのようでした」(皇室記者)

2015年8月11日須崎御用邸静養移動編集

NHK/同魚拓
皇太子ご一家 静岡の下田で静養
8月11日 20時38分
皇太子ご一家は、静養のため、11日から静岡県下田市を訪れ、伊豆急行の駅では集まった人たちと親しくことばを交わされました。
皇太子ご一家は11日午後、電車で伊豆急下田駅に到着され、市民などおよそ600人が出迎えました。皇太子ご夫妻は駅の構内で、出迎えた人たちに「ありがとうございます」とか「暑いですね」などと笑顔で語りかけたり、呼びかけに手を振ったりして応えられていました。
ワンピース姿の愛子さまも、出迎えた人から「たくさん泳いでいってくださいね」などと声をかけられると、少しはにかんだような笑顔を見せながら、「はい」と答えられていたということです。
学習院女子中等科2年生の愛子さまは、先月下旬から夏休みで、今月初め、静岡県沼津市の駿河湾で開かれた学校行事の遠泳では、平泳ぎで3キロの距離を泳ぎ切られました。また、友だちと遊びに出かけたり、学習院女子大学のセミナーに参加して英会話の学習に取り組んだりして過ごされているということです。
ご一家は、車で駅をあとにして下田市にある須崎御用邸に向かわれました。
1週間ほど御用邸に滞在し静養されるということです。

ANN/同Youtube
皇太子ご一家、静岡の須崎御用邸で静養(2015/08/11 19:30)
 皇太子ご一家が、静岡県の須崎御用邸で静養に入られました。ご一家は、駅で出迎えた市民らに約15分間にわたって声を掛けられました。
 皇太子さまと雅子さま、それに長女の愛子さまは、11日午後4時ごろ、列車で静岡県下田市に到着されました。ご一家は下田駅で出迎えた約570人の市民らと約15分間にわたって話をされました。愛子さまは毎年、静養中に海で泳がれていて、出迎えた女性に「今年もたくさん泳いで下さいね」と声を掛けられました。その際、隣にいた雅子さまが「学校の行事で泳いで日に焼けちゃって」と話されたため、愛子さまは、はにかまれていたということです。ご一家は数日間、須崎御用邸に滞在されます。

JNN/同Youtube
皇太子ご一家、須崎御用邸で静養
 皇太子ご一家は須崎御用邸での静養のため、午後4時前、静岡県の伊豆急下田駅に到着、およそ600人から出迎えを受けられました。
 学習院の行事で遠泳をしたという愛子さまは、地元の人から「日焼けされて健康的ですね」と声をかけられると、はにかんだ表情を見せられていました。
 ご一家は数日間滞在し、海水浴や散策などをして、過ごされるということです。(11日18:12)

TV東京/魚拓
皇太子ご一家伊豆へ  8月11日
少しはにかみながら手を振られていました。皇太子ご夫妻と愛子さまはさきほど、静岡県の伊豆急下田駅に到着されました。歓迎する市民およそ700人が「愛子さま」と手を振ると、愛子さまは少しはにかみながら手を振りかえされていました。皇太子ご夫妻は、愛子さまの夏休みを利用して、下田市の須崎御用邸でおよそ1週間ご静養される予定です。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki