FANDOM


東宮家の雅子夫人マンセー擁護記事でお決まりのように使われるフレーズ。他に「翼を切られた小鳥」とか「羽の破れた蝶々」といった類似表現もあり、殊に海外報道に目立つ傾向がある。

ttp://news.indiainfo.com/2006/08/24/2408japan-royal-pressure.html
Thursday, August 24 2006 12:01 Hrs (IST) ~Japan's succession crisis creates royal pressure
より
Crown Princess Masako is seen as a professional working woman who has not been able to adapt to royal life.
She is often portrayed as a bird who had her wings clipped and is locked up in a cage.
 
ttp://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/asia/article3307711.ece
February 5, 2008
Tabloids turn against the Crown Princess Masako
より
To many outside Japan the Princess is the ultimate broken butterfly - the Harvard-educated commoner who married into the straitjacket of Imperial family life and whose spirit was crushed by a ruthless bureaucracy. To some in Japan, though, Masako is very nearly a failure: she is the princess who did not manage to produce a male heir and who has been too ill to perform her public duties since 2004.

皇室御一行様スレッド住民奥様方にとっては、このようなセンチメンタル且つ哀れさを演出しようという比喩は全くのpgrものであり、

「扉は開いてるのに餌箱に頭突っ込んで出てこない籠の鳥」

という見方で一致している。
ただの「籠の鳥」か、それとも「扉は開いてるのに餌箱に頭突っ込んで出てこない籠の鳥」か、どちらの見方が雅子夫人の本質を言い当てているのか、いずれ明らかにされる日が来ることを期待したい。

参照:【大食い雅子さま

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki