Fandom

Dosuko Wiki

私的海外訪問

637このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

東宮職医師団が雅子夫人の復帰に必須であると求めているもの。海外旅行海外静養などと同義。医師団によれば、東宮妃殿下は体調に波があるにも関わらず、非常に前向きに努力し順調で着実な回復過程にあるのだが、情報遮断などに苦しんでいるために海外旅行が必要らしい。

雅子夫人の外国(ただし欧米に限る)好きは、外国行かせろ会見レイシストぶり等、いまさら言うまでもない。2006年にはオランダ静養が実行に移されているが、雅子夫人の公務復帰という成果には全く繋がらなかった。

2009年度医師団見解にて、次のような信じ難い内容が発表。 「海外公式訪問で仕事するのは嫌だから私的に海外行かせろ」について、皇室御一行様スレッドでも唖然とする奥様が多数であった。

2009年度 医師団見解(2010/2/5発表)より

2.今後の展望
ニ) 妃殿下の海外へのお出かけに関して若干触れておきたいと思います。東宮職医師団としましては,公式の日程がお続きになる海外公式ご訪問は,妃殿下にはご負担が大き過ぎると考えております。従いまして,将来的に海外ご訪問をご検討いただく場合には,ご負担が少なく期間も長くない私的なご訪問をまず検討していただくことが望ましく,ご治療の面からも効果的であると考えております。

Part1721-24 :可愛い奥様:2010/02/05(金) 18:04:32 ID:dzX1hOcc0
1 常識的な復職プラン:
東宮御所のご会釈負担の少なめな祭祀→近場の公務→
通常の祭祀→国内宿泊公務→海外公務

2 東宮医師団(雅子&大野)の復職プラン:
目立つ祭祀(部分参加)→目立つ国内公務(ドタ出&部分参加)→
私的海外旅行→海外公務
 
このプラン自体が病的なんですけど・・・。これでは治りませんねえ。

雅子夫人は、八大行啓にも行けず、地方公務でさえ年数回、泊まりがけとなるとさらに回数は少ない。さらに御所内でできるご会釈どころか、皇太子妃の最も重要な務めである祭祀の継承さえ、ろくに行っていない状況である。ごビョーキであるからやむを得ないとしても、あまりに非常識な復帰プランである。

もちろん、私的な海外旅行自体は他の宮家でまれに行われている。しかし東宮夫妻は将来の天皇・皇后であり、他の皇族とは立場が全く違う。また私的訪問とはいっても、未成年皇族は見聞を広げるための活動(紀宮さまの場合は盲導犬訓練所視察など)、秋篠宮家の場合は要人との面会・学会への出席・名誉学位授与が行われる等「公」の色合いも強く、東宮サイドの求める「私的な海外訪問」とやらがいかに非常識であり得ないか言うまでもないだろう。

ただ「静養」するだけならば国内でも良いものを、何故そこまで執拗に海外に拘り続けるのか、その点に付いて明確な回答はないままである。

関連項目:【死海】、【雅子の迷惑外交武勇伝

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia