Fandom

Dosuko Wiki

私たちの別荘

638このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

2010年学習院初等科3年生夏休みの自由研究として、敬宮愛子ちゃんが提出したレポート『那須のとんぼ』に書かれているフレーズ。

『週刊新潮』2010年12月9日号 pp.146-147モノクログラビア記事より引用

見学者がビックリ 学習院初等科祭に見た芸術家・愛子さま
 11月27日、学習院初等科祭がありました。生徒たちの展示物も数多く、3年南組に所属する敬宮愛子さまの作品には見学者の注目が集まります。書写の授業で書いた愛子さまの字(中央下)。カーニバルに出かけたくなるように作った『へんしんおめん』(右下)に、図画室にある道具をモンスターに変身させた『図画室モンスター』(右上)は全て課題作で、同級生と競います。
 お上手ねえ、力強いわねえ、と見学者たちは感心します。さて第一理科室に移動しますと、そこでは夏休みの自由研究を展示していました。自由なので提出してもしなくてもいいのです。愛子さまは2点、出品しました。『那須のとんぼ』(左上)は10ページ以上にわたって、トンボの種類別に写真と観察によってわかったことを書いています。まず、
私たちの別荘は、標高700メートルにあります」と紹介し、(那須ホームページより)と出典を明らかにします。
「那須の御用邸には12種類のトンボがいます」(那須動植物相より)
 とこちらでも出典を明示。アキアカネという種について、
「オスは秋になると体が赤くなります」
 と説明し、広げたトンボの羽や尻尾のズーム写真を掲載。ミヤマアカネには、
「ミヤマは深山と書きます。ミヤマは深い山に住んでいます」
 もう1点、ぐにゅぐにゅしたおもちゃ『ひかるスライム』(左下)を作り、
「スライムはハサミで切っても元に戻ります」「これからスライムがいつまで使えるか、引き続き見たいと思います。予想 来年の夏ごろまで」
 なかなか優れたレポートで6年生にもひけを取らない作品になっているようです。愛子さまのところには人だかりができ、皆さん手に取って見ます。
「伸びやかなお子様なのねえ」
 でも、最後にこう付け加えることも忘れません。
「どうしてこんなに大らかな字を書くお子様が、いつまでもお母様の付き添いがないと学校に来られないのかしらねえ」
 愛子さま、いまだ登校は雅子妃付きですが、下校時はときおり友達と帰るようです。


この「私たちの別荘」とは皇室の那須御用邸を指しているわけであるが、「御用邸を庶民の別荘ごとき扱いをするとは何たること??」「私たち、ってOWD一派を指してるんじゃないか?」と、皇室御一行様スレ住民奥様方から頗る評判が悪いフレーズである。また「こんな表現を子供の愛子ちゃん自身が思いつくわけない、雅子の考え見方が反映されてるだろ」という解釈が大勢である。

参照:【作文】、【優秀伝説】、【不登校】、【トンボと白百合の写真

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia