Fandom

Dosuko Wiki

皇太子妃出欠表(2013年)

637このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

◆敬称略、公務欠席が多く宮内庁HP日程ページではわからない東宮妃動静を理解するための表です。一覧を見て「嘘だ!信じられない!皇太子夫妻ロクに仕事してないぞ!こんなの捏造だ!!」とお疑いの向きは宮内庁HPご日程ページをご参照ください。

東宮夫妻の仕事ぶりと、天皇皇后両陛下・秋篠宮両殿下におけるそれとの比較については【公務状況比較表】ページ参照。

2010年3月愛子不登校発表会見を境に目立ち始めた雅子による学習院付添い登下校は、日付ソースありで判明しているもののみ記録。
愛子欠席・遅刻記録一覧は【病弱】参照のこと。

2013年12月編集

出席編集

12月 3日 雅子50歳誕生日撮影会(東宮御所談話室)→同日、アメリカ副大統領とケネディ大使の接見ドタキャン同日シリーズ
12月 6日 天皇皇后両陛下インド訪問よりご帰国タラップ下お出迎え(羽田空港)≪産経新聞12/6≫両殿下予定≪朝日・皇室7days≫
12月 7日 学習院初等科管弦学部の定期演奏会「小さな音楽会」(学習院創立百周年記念会館)愛子がチェロ演奏、ゲストは徳仁が所属するOB楽団
        同じステージ上で初の“父子共演”が実現、雅子は客席で目を潤ませ聴き入る≪女性自身12/24・31号≫
        「ブルー・タンゴ」「マイ・フェイバリット・シングス」を演奏予定≪女性自身12/17号≫
        「昨年学習院で開かれた音楽会に雅子は出席予定だったが、現場では「妃殿下が靴をはくまで本当にいらっしゃるかわからない」と言われている。
        結局出ると連絡があったが、取材が許可された場所で待っていたら、東宮職に「撮影はやめて隠れてください」と言われた。
        ポニーテールの髪をゆらゆら揺らしながら歩く雅子の後ろ姿を遠くから見てなんなんだろうという気持ちだった(女性自身カメラマン鈴木鍵一氏)」≪週刊朝日7/18号≫
12月 9日 雅子50歳誕生日「祝賀」(午前中・東宮御所)《秋篠宮両殿下、常陸宮両殿下、三笠宮両殿下、高円宮妃、典子女王》≪朝日・皇室7days≫
        雅子と愛子、両陛下に誕生日ご挨拶(午後4時39分)(皇居・御所)≪FNN12/9≫徳仁は午後4時前に南アフリカへ出発
        夕食会《両陛下、秋篠宮両殿下、ご親族方》(東宮御所)≪読売新聞12/9≫≪週刊文春12/19号≫
        12/6夕方・誕生日文書配布予定が医師団文書のみ配布・雅子文書は12/8午前中と通達→12/8午後・雅子文書配布≪女性自身12/24・31号≫
        誕生日のご本人の所感は毎年〆切ギリギリ。今年も前日午後にずれ込み宮内記者たちをヒヤリとさせた≪週刊文春12/19号≫
12月13日 ご進講 「後櫻町天皇(歴代最後の女性天皇)ご事蹟について」二百年式年に当たり(所京子岐阜聖徳学園大学名誉教授)《両陛下、皇太子夫妻》(皇居・御所)
        出席予定なし≪朝日・皇室7days≫→【ドタ出】同日のASEAN首脳夫妻茶会は欠席→【選り好み】≪産経・皇室ウイークリー12/14≫
12月20日 ご会釈(人事異動者)(東宮御所)
12月23日 天皇陛下80歳誕生日≪宮内庁・天皇陛下お誕生日行事一覧≫
        「祝賀の儀」「祝賀」(午前10:30)《徳仁、雅子、皇族各殿下》「お祝酒」(10:40)《徳仁、雅子、皇族各殿下,元皇族,御親族》
        「天皇誕生日一般参賀(3回)」《両陛下、徳仁、雅子、秋篠宮両殿下、眞子内親王殿下》
        「宴会の儀」(午後1:00~1:45)「宴会の儀には4年ぶり雅子さまもご出席」≪FNN12/23≫→茶会の儀は欠席【選り好み
        「お祝御膳」(午後6:30)《徳仁、雅子、秋篠宮同妃両殿下、黒田様御夫妻》(御所)≪FNN12/23、NNN12/23≫
12月26日 午餐(両陛下主催・歳末につき御挨拶)(宮殿)《徳仁、雅子、秋篠宮両殿下、眞子内親王、皇族方、元皇族、親族ら25名》≪FNN12/26≫
        20日時点で徳仁、雅子の出席予定なし≪朝日・皇室7days≫→【ドタ出
        ご会釈(人事異動者)(東宮御所)
12月27日 毎年恒例・御所餅つき《両陛下、皇太子一家、秋篠宮ご一家、宮内庁職員らが参加》
        雅子は約1時間遅刻「徳仁と愛子は11時過ぎ、雅子は正午前に半蔵門を車で入った」≪毎日新聞12/27≫ 

欠席編集

12月 1日 学習院OB管弦楽団第68回定期演奏会出演及びご鑑賞(学習院創立百周年記念会館正堂)≪学習院OB管弦楽団HP≫
        (愛子12歳誕生日挨拶は、両陛下インドご訪問中のため雅子と同日予定)
12月 3日 外務省からの願い出によって実現した≪FNN12/3≫バイデン米副大統領との接見(東宮御所、ケネディ駐日大使も同伴)
  「副大統領は3日に皇太子ご夫妻と面会後、安倍晋三首相との会談に臨む。」≪毎日新聞12/2≫
  「2日夜遅く羽田空港に到着したバイデン副大統領は、3日午後、東宮御所で皇太子ご夫妻と面会する。」≪NNN12/2≫
  「After arriving in Japan on Monday night, Biden will meet with Japan's Crown Prince Naruhito and Crown Princess Masako on Tuesday」≪JIJI PRESS12/2≫
  「He will also meet with Crown Prince Naruhito and Crown Princess Masako at the Togu Palace.」≪THE STRAITS TIMES12/2≫
        ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
12月 4日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
12月 8日 上智大学創立100周年記念演奏会(サントリーホール・港区)
12月 9日 徳仁、南アフリカ共和国出発・玄関先見送り(午後3時57分)≪時事通信12/9≫
12月11日 徳仁、南アフリカ共和国より帰国出迎え≪ANN12/12≫
12月13日 茶会 日本・ASEAN特別首脳会議に出席する各国首脳夫妻 《両陛下、徳仁、秋篠宮両殿下》(皇居・宮殿)≪時事通信12/13≫
12月16日 ご接見(青年海外協力隊(平成25年度二本松・駒ヶ根訓練所第3次隊派遣隊員))(東宮御所)徳仁のみ予定≪朝日・皇室7days≫
        賢所御神楽の儀(賢所・三殿)《陛下、徳仁、秋篠宮両殿下、眞子内親王、常陸宮妃、瑶子女王、高円宮妃、典子女王》
12月21日 【暫定】江戸川スポーツランド午前中貸切スケート予約≪11/7 Part2688-13≫→12/14(土)はキャンセル≪11/18 Part2693-707≫
12月23日 天皇陛下誕生日「茶会の儀」(午後3:00)「各国の大使夫妻から祝賀を受けられる「茶会の儀」は欠席されます」≪ANN12/23≫雅子の姿なし→≪時事通信≫
        《陛下、徳仁、秋篠宮両殿下、眞子内親王、常陸宮両殿下、彬子女王、瑶子女王、高円宮妃、典子女王》≪時事Photo≫
12月24日 後桜町天皇式年祭の儀(皇霊殿)→12/13のご進講には雅子も出席→20日時点で徳仁のみ予定≪朝日・皇室7days≫
        《陛下、徳仁、秋篠宮両殿下、眞子内親王、常陸宮両殿下、瑶子女王、高円宮妃、典子女王》《京都 後櫻町天皇山陵・彬子女王》
        礼子宅クリスマスパーティーは愛子ひとりで出席【しょっちゅう会ってるシリーズ
        「例年であれば、クリスマスイブは、夕方から愛子さまとともに、妹の池田礼子さん(47才)一家が暮らすマンションを訪れられ、
        クリスマスパーティーをされるのだが、昨年は違った。当日は愛子さまおひとりでのお出かけでした。
        もちろん愛子さまが“親離れ”したこともありますが、雅子さまは、厳しい寒さの中、宮中祭祀をされる
        陛下と皇太子さまに配慮されて、外出を控えられたようです。やはりご進講を受けられたことが大きかったと思われますね。
        これまでの雅子さまなら、ご自身の私的な活動を優先されてきましたから」≪女性セブン1/23号/ネット記事≫
12月25日 大正天皇例祭の儀(皇霊殿)20日時点で徳仁、雅子の出席予定なし≪朝日・皇室7days≫
        《陛下、徳仁、秋篠宮両殿下、眞子内親王、常陸宮両殿下、瑶子女王》《多摩陵・高円宮妃、承子女王、典子女王》

※ナルちゃんソロ活動編集

11月30日~12月6日 天皇陛下インド訪問中につき徳仁が国事行為を臨時代行
12月 2日 ご接見 アイルランド首相エンダ・ケニー氏(東宮御所)
12月 3日 国事行為臨時代行(ご執務)(宮殿)
12月 4日 国事行為臨時代行(認証官任命式(2名))(宮殿)
12月 7日 平成25年度日本山岳会年次晩餐会(品川プリンスホテル・港区)
12月 9日 天皇陛下にご報告(国事行為臨時代行終了について)
        両陛下にご挨拶(マンデラ南アフリカ元大統領の葬儀にご参列につき)(皇居・御所)
12月9日~11日 南アフリカ共和国ご旅行 故ネルソン・マンデラ元大統領追悼式(10日)に参列
12月12日 お話ご聴取及び午餐ご陪席(総務大臣始め知事等)(宮殿)
        両陛下にご挨拶(マンデラ南アフリカ元大統領の葬儀からご帰国につき)(宮殿)
12月19日 午餐(安倍晋三首相や各大臣と副大臣、宮内庁幹部ら閣僚)《陛下、徳仁》(宮殿)
12月23日 天長祭の儀(宮中三殿)《陛下、徳仁》≪宮内庁・祭祀におけるお出まし一覧≫

※愛ちゃんソロ活動編集

12月 9日【暫定】学習院初等科「小さな小さな音楽会」愛子はポルノグラフティの「アポロ」演奏予定≪週刊女性12/17号≫
12月14日 愛子、学習院初等科のバスケットボールのクラブ活動で他校との親善試合に2試合出場≪産経・皇室ウイークリー12/21≫
        江戸川スポーツランド午前中貸切スケート予約≪11/7 Part2688-13≫「14日、スケートキャンセル」≪11/18 Part2693-707≫
12月20日 学習院初等科2学期終業式(1月7日まで冬休み)
12月23日 天皇陛下誕生日「祝賀」(午後6:00)《愛子、佳子内親王、悠仁親王》(御所)≪FNN12/23≫

※確認待ち
12月上旬 学習院中等科進学のための保護者説明会≪女性自身12/17号≫
12月29日? 4年連続恒例・表参道ケヤキ並木イルミネーション見物

2013年11月編集

出席編集

11月1~2日 岩手被災地慰問
       <雅子妃の逆襲が始まった!3年9ヶ月ぶりの被災地「1泊ご公務」へ―批判報道にリベンジか>≪フラッシュ11/19号≫
       「小町恭士東宮大夫は1日の会見で『ご出発まで、ご体調を整えておられる』と明かし、
        『引き続き、静かに見守っていただきたい』と述べた。」≪産経新聞11/2≫
       「皇太子ご夫妻は、1日午後5時半ごろ、新幹線で岩手県の盛岡駅に到着されました。
       1日は療養中の雅子さまの体調に配慮し、ご夫妻は、そのままホテルに向かわれました。 」≪TBSニュース11/1≫
       「約460人が避難生活を続ける仮設住宅では、懇談は予定より20分長く約1時間続き」≪読売新聞11/2≫
       「関係者に“台本”を配布し、履歴書の提出を要求。側近が“お時間です”と何度伝えても、雅子は声かけを続け
        予定滞在時間を20分も延長する異例の行動」≪女性セブン11/28号≫
       次の視察予定の小野食品に10分遅刻して到着「食品を扱っているため、髪の毛一本も落ちないように
       マスクや帽子のご着用を宮内庁を通じてお願いしましたが、お二方とも完璧に覆って下さいました。
        雅子さまは最後の袋詰めの工程では『タレもこちらで作られるのですか?』など、興味深そうにご質問」≪女性自身12/24・31号≫
       「水産加工会社「小野食品」を視察。ご夫妻は白衣にマスク、長靴姿で、工程を熱心に見て回った。」≪時事通信11/2≫
       「全ての日程を無事に終え、午後7時すぎ、盛岡駅をあとにされた。」≪FNNニュース11/2≫
11月 5日 平成25年度文化勲章受章者及び文化功労者等茶会(宮殿)徳仁のみの予定≪朝日・皇室7days≫→【ドタ出
       「雅子さまの出席は直前に発表された。」≪河北新報11/6≫手袋を押し虫事件発生【押し虫】
       「皇太子妃雅子さまが出席されるのは2003年11月以来、10年ぶり。皇后さまと秋篠宮妃紀子さまは和服で、
        療養中の雅子さまは負担を考慮してスカートスーツ姿で出席し、テーブルでにこやかに懇談された。」≪読売新聞11/5≫
11月 7日 ご接見 世界経済フォーラム会長夫妻(東宮御所)→11/1時点で出席予定なし≪朝日・皇室7days≫→【ドタ出
11月10日 新年発表用天皇ご一家映像撮影会(皇居・御所)
11月12日 ご接見 コスモス国際賞受賞者ワシントン大学名誉教授ロバート・トリート・ペイン博士(東宮御所)徳仁のみ予定≪朝日・皇室7days≫→【ドタ出
       「面会は40分ほど。雅子はカジュアルな装いのセーター。面会は雅子が終始リード。皇太子はあまり話さず、雅子が活発に話していた。 
        私もハーバード大卒業で共通点があったからか、とても会話を楽しんでいる様子だった。大学のあるケンブリッジ地区について
        話に花が咲き、雅子が住んでいたベルモント地区の話題に。私もベルモントにある高校に通っていたのです。」→【レイシスト】
        「ご病気と伺っていましたが健康的で、とてもそんなふうには見えませんでしたね。(ペイン博士)」≪女性自身12/24・31号その1/その2≫
        国連大学「国際シンポジウム・生態系を基盤とした防災・減災」夫妻で私的聴講≪産経・皇室ウイークリー11/16≫
11月13日 ご接見 平成25年度(第28回)上級国家行政セミナー参加者(東宮御所)徳仁のみ予定≪朝日・皇室7days≫→【ドタ出
11月18日 ご鑑賞「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」(東京文化会館)徳仁のみ予定≪朝日・皇室7days≫→【ドタ出
       「療養中の皇太子妃雅子さまはオランダには今春、11年ぶりの海外公務として国王即位式参列のため訪問しており、
        この日はご体調もよかったことから、臨席されたという。」≪産経新聞11/18≫
       「ご縁のあるオランダの楽団ということで、直前に妃殿下のお出ましが決まった」→【ドタ出
       「お近くで拝した妃殿下は『回復』などとは到底申せないご様子でした。表情は拍手を受けている間も始終こわばっておられ、
        お席には最後まで緊張した雰囲気が雰囲気が漂っていたのです。“よく会場まで辿り着かれたな”というのが偽らざる感想でした。
        ご夫妻は立ち上がって舞台に拍手を送られていましたが、いつまでもお止めにならないため、楽団メンバーも観客も
        一緒に数分間拍手を続けざるを得なかった。このあたり、皇后陛下であれば周囲にお気遣いなさりつつ、実にスマートに
        席をお離れになるのですが、この日の妃殿下はタイミングを計りかねておられたようで、殿下もまた拍手を続けられた。
        やはり妃殿下は、まだこうした場に慣れておられず、どうしてもお振る舞いがぎこちなくなってしまうようでした。
       (皇室に通じたさる音楽関係者)」≪週刊新潮2014年1/30号≫
       「コンセルトヘボウは、ロイヤルがつくだけあって、皇太子ご夫妻が席に着かれる時は全員起立してお出迎え。
        終演後、ヤンソンス様も拍手でお見送りの体勢。なのにご夫妻が立たれないので戸惑っていた様子。
        日本の皇室は、オケがはけるまで聴衆と共に拍手をされることを、主催者は伝えてなかったのかにゃ。- 2013年11月18日」
       「ヤンソンス様困ってましたもんね。最後はコンマスと、「いいのかな帰って」って感じで会話してたりして…」≪ツイッター≫
11月21日 ご接見(国連開発計画(UNDP)総裁)(東宮御所)11/15時点で出席予定なし≪朝日・皇室7days≫→【ドタ出
11月30日 両陛下インドご訪問出発タラップ下お見送り(東京国際空港・大田区)≪TBSニュース11/30≫→貴賓室式典は欠席【選り好み
       「他の皇族方とともに両陛下を見送られた妃殿下は、これに先立って空港内の貴賓室で行われたセレモニーには出席なさいませんでした。
        別室で待機しながら滑走路の前で皆さまと合流し、離陸時にはお手振りをなさったわけです。
        これは一昨年5月、両陛下がイギリスを訪問された時と全く同じパターンでした。総理大臣ら三権の長をはじめ、
        多くの関係者が居並ぶような場に、長時間お出になるのは未だご負担が大きいというわけです。(宮内庁関係者)」≪週刊新潮2014年1/30号≫
       「政府専用機の扉が閉まってから、離陸まで三十分近くあったが、その間も皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻の談笑は続いた」≪週刊文春12/12号≫
       <両陛下ご出立に参じた「雅子妃」の気がかりな足もと>≪週刊新潮12/12号≫【甲の肉】
       学習院初等科文化祭『初等科祭』(11/30・12/1)徳仁と雅子が愛子の力作を見学、愛子と3人で帰宅→貴賓室式典は欠席【同日シリーズ
       「愛子はペット用品店『Dogs'&Cats'Shop』を制作。所属するバスケットボールクラブの体験コーナーにも参加」≪女性自身12/17号≫
       「六年生の図工課題『ミニ屋台』。両陛下インドご訪問お見送りの後で皇太子と雅子も駆けつけられた」≪週刊文春12/12号≫
 

欠席編集

11月 1日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)→同日夕方、岩手慰問への移動はする【選り好み
11月 2日 江戸川スポーツランド午前中貸切スケート予約」≪Part2665-914≫
        「2日午前には愛子のスケート教室への参加を検討、夫妻は岩手から帰る日で付き添いは考えていない」≪週刊女性11/5号≫
11月3~4日 愛子は学習院八重桜祭に参加(10/31~11/10まで試験休み)≪週刊女性12/3号≫
11月初旬 秋のご静養<雅子さま 秋のご静養 返上の理由>「静養返上は大島の台風被害を考慮したのではないか?」≪週刊女性12/3号≫
11月 5日 「システィーナ礼拝堂500年祭記念ミケランジェロ展―天才の軌跡」(国立西洋美術館)→同日、茶会にはドタ出する【選り好み
11月 6日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
11月 7日 ご接見(赴任大使(スウェーデン,パナマ)(東宮御所)→同日、世界経済フォーラム会長夫妻には接見する【選り好み
        愛子が学習院戸山キャンパスの英語セミナーに参加(去年は静養で欠席)≪週刊女性12/3号≫≪女性セブン12/5号≫
11月11日 雅楽鑑賞「第474回絲竹會演奏会」(皇居・桃華楽堂)皇后陛下、紀子妃殿下、彬子女王出席≪テレ朝ニュース11/11≫
        ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
11月12日 ご接見(第46回全国少年補導職員研修会出席者)(東宮御所)→公務を欠席し国連大学を私的聴講【同日シリーズ
        → コスモス国際賞受賞者ワシントン大学名誉教授には接見する【選り好み
11月13日  ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)→上級国家行政セミナー参加者には接見する【選り好み
11月15日 ご接見(赴任大使(アゼルバイジャン,スロバキア,ザンビア))(東宮御所)
        ご鑑賞「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」(サントリーホール・港区)
11月16~17日 埼玉県「第37回全国育樹祭」徳仁単独とプレス発表≪行啓日程・埼玉県庁10/24≫≪日程決定・埼玉県庁1/16≫
        「八大行啓の重要公務。雅子が出席すれば'03以来10年ぶり。埼玉で東京から遠くないので臨席される可能性あり」≪週刊女性11/5号≫
        「今回雅子さまは同行されず、皇太子さまは埼玉・熊谷市に宿泊して、17日に式典行事などに出席される予定」≪日テレ系ニュース11/16≫
        「上田知事は、皇太子さまが皇太子妃雅子さまから「県民にくれぐれもよろしくお伝えください」という
         メッセージを預かってこられていたことも明かした。」≪産経新聞11/17≫→【伝書鳩
11月17日 愛子12歳誕生日画像映像撮影会(東宮御所)愛子、徳仁、愛犬・由莉のみ
11月19日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
11月21日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)→国連開発計画(UNDP)総裁には接見する【選り好み
11月22日 ご接見(第35回母子保健奨励賞受賞者)(東宮御所)
11月23日 愛子 私学体育発表会 他校のバスケットボール部との親善試合に参加「2試合に出場し、1敗1分けだったという」≪朝日新聞12/1≫
       「得点こそありませんでしたが、主にパスワークで活躍」≪女性自身12/17号≫
11月24日 ご鑑賞「日生劇場開場50周年記念公演オペラ フィデリオ 」(日生劇場・千代田区)≪共同通信11/24≫
11月25日 ご覧「企画展示 中世の古文書―機能と形」(国立歴史民俗博物館・千葉県佐倉市)≪千葉日報11/26≫ 
11月26日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
        ご覧「特別展 京都―洛中洛外図と障壁画の美」(東京国立博物館・平成館)≪日テレ系ニュース11/27≫
11月27日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
11月28日 ご進講(外務省国際情報統括官)(東宮御所)
11月30日 両陛下インドご訪問出発お見送り式典(東京国際空港貴賓室・大田区)≪NHKニュース11/30、時事通信11/30≫
        江戸川スポーツランド午前中貸切予約≪Part2665-914≫→「キャンセルし代わりに12月の土曜日二回予約」≪11/7 Part2688-11≫
11月5日~24日 「明治天皇六大巡幸展」を『多忙』により二年連続で鑑賞お断り
        「天皇皇后両陛下は11月5日午後、第二回『明治天皇六大巡幸』展(明治神宮文化館10/12~11/24開催)を鑑賞された。秋篠宮ご夫妻は6日後の11日にご覧に。
         だが、この展覧会観覧を皇太子ご夫妻は 『多忙』 を理由に断られた。今年も昨年に続いて『多忙のため』という理由。」≪週刊文春12/12≫
        「明治天皇百年祭記念「第2回明治天皇六大巡幸展」にあたり、11月5日の天皇皇后両陛下の行幸啓に続き、各宮家のお成りがありました。
         11日に秋篠宮同妃両殿下、15日に三笠宮彬子女王殿下、18日に常陸宮同妃両殿下が同展をご覧になりました。」≪明治神宮12/2≫
   ※昨年「明治天皇百年祭記念「第1回明治天皇六大巡幸」展にあたり、11月10日の天皇皇后両陛下の行幸啓に続き、各宮家のお成りがありました。
         22日に秋篠宮同妃両殿下、23日に彬子女王殿下、高円宮妃久子殿下が同展をご覧になりました。」≪明治神宮平成24年12/1≫

※ナルちゃんソロ活動編集

11月23~24日 新嘗祭神嘉殿の儀(徳仁のみ)≪宮内庁・祭祀におけるお出まし一覧≫11/15時点で出席予定なし≪朝日・皇室7days≫
11月29日 皇太子殿下に国事行為臨時代行に関する勅書のご伝達(受領)(御所)
11月30日~12月6日 天皇陛下インド訪問につき徳仁が国事行為を臨時代行≪時事通信11/22≫

【情報なし】
11月30日 秋篠宮殿下48歳誕生日夕食会(秋篠宮邸)

2013年10月編集

出席編集

10月 1日 ご臨席「第68回文化庁芸術祭オープニング 国際音楽の日記念『尾高忠明指揮 新国立劇場合唱団が歌う ベルシャザールの饗宴』」
      (新国立劇場 オペラ劇場・渋谷区)→昼間のヨーク公接見や会釈の自宅公務は欠席、夜のオペラ鑑賞には【ドタ出】する【選り好み
      「当初は皇太子単独で訪れる予定だったが、雅子も体調が良好なことから急きょ一緒に鑑賞することになった。」≪スポニチ10/1≫
10月 2日 ご遙拝(皇大神宮式年遷宮につき・東宮御所)→勤労奉仕団には会釈しない【選り好み】      
       「皇太子さまはモーニング姿、皇太子妃雅子さまも礼服でお住まいの東宮御所で拝礼された。」≪皇室ウイークリー10/5≫
        →愛子も実は遥拝していたと12月になって後出し報道≪愛子12歳誕生日文・朝日新聞12/1≫
10月 3日 ご会釈(人事異動者)(東宮御所)
10月 5日 ご遙拝(豊受大神宮式年遷宮につき・東宮御所)「皇太子ご夫妻も、東宮御所で拝礼された。」≪産経ニュース10/5≫
        →愛子も実は遥拝していたと12月になって後出し報道≪愛子12歳誕生日文・朝日新聞12/1≫
10月 7日 ご接見(赴任大使(フランス))(東宮御所)当初更新時は欠席→出席に後日訂正、10/4時点で予定なし≪朝日・皇室7days≫→【ドタ出
10月12日 第13回全国障害者スポーツ大会「スポーツ祭東京2013」(味の素スタジアム・調布市)開会式→【ドタ出
        学習院初等科運動会も同日開催(午前中に障害物競走とむかで競走、午後に組体操に出場。組体操のみ報道陣に公開)
    【経緯】9/27「『まだ決まっていない(東宮大夫)』すべては皇太子ご夫妻のご意向次第。」≪週刊文春10/10号/ネット記事≫
       →10/4「全国障害者スポーツ大会開会式に雅子は欠席、愛子の運動会観戦」と発表≪朝日新聞10/4≫
       →10/7「『できれば開会式にお出ましになりたいとのお気持ち、臨席の可能性を検討』と記者クラブにペーパーが張り出される」≪週刊文春10/24号≫
       →10/9<公務より愛子さま運動会で「皇太子夫妻」に「天皇陛下」無言の叱責>報道≪週刊新潮10/17号≫
       →10/11「雅子は体調が良ければ『できれば出席したい』との意向」開会式前日に【ドタ出】発表≪毎日新聞10/11≫
     <10年ぶりに皇太子ご夫妻で出席 障害者スポーツ大会開会式>
      「当初、雅子さまの出席について『大きなスタジアムでの長時間にわたるものはまだ無理との医師の判断がある』として慎重姿勢を
       示していたが、出席したいという雅子さまの意向を尊重し、東宮職医師団が出席可能と判断したという」≪共同通信10/12≫
      「医師からは『会場の規模が大きく、式の時間も長いため負担になるのではないか』という意見もあったということです。
       しかし、本人の強い意思を尊重し、出席されることになりました」≪テレ朝系ニュース10/12≫
     ★開会式終了後(中央道を封鎖し)東宮御所にいったん戻り、午後2時から貴賓席で運動会を観戦 
      「午前中の公務を終えた皇太子夫妻も駆けつけ、演技終了後、雅子は目をうるませていた」≪日テレニュース10/12≫
      <東宮家ご担当公務に天皇陛下 秋篠宮がお出まし ご家族優先をあきらめた「雅子妃」の涙>
      「雅子欠席発表の同じ頃、両陛下が極めて異例の障スポ観戦発表。更に秋篠宮ご夫妻の観戦発表が追い打ちをかけ
       前日になって『出席する見通し』と会見。今年の雅子は“ドタ出”と“ドタキャン”を繰り返し国民の眼はますます厳しい。
       外堀を埋められた雅子は、泣く泣く運動会のフル出席を諦め、障スポ出席を決められたのでしょう。」≪週刊新潮10/24号≫
      <雅子さまがご覧になれなかった、愛子さま運動会「号泣事件」>≪週刊文春10/24号≫
       「むかで競走で愛子の黄色組は1位ゴールしたが、再レースになり最下位の周回遅れで惨敗。愛子だけが大号泣」
10月13日 全国障害者スポーツ大会バスケットボール・車椅子バスケットボール競技競観戦(東京体育館・渋谷区)→【ドタ出
        「当初は皇太子さま単独での観戦予定で、『開会式の疲れが回復すれば両殿下での参加となる』と説明していた」≪日刊スポーツ10/13≫
10月17日 ご接見(国際交流基金賞受賞者)徳仁のみの予定≪朝日・皇室7days≫→【ドタ出
        同日の神嘗祭、勤労奉仕団会釈、大使接見は欠席する【選り好み
10月18日 「地球環境行動会議(GEA)国際会議2013」開会式、台湾のノーベル賞受賞化学者・李遠哲博士講演聴講→当日朝【ドタ出
        「当初、皇太子さま単独の予定だったが、18日朝に療養中の雅子さまの出席が発表」≪共同通信10/18≫
        「『GEA国際会議』の開会式にも急きょお出になり、10年ぶりのご出席となった。」≪週刊女性11/5号≫ 
10月20日 皇后陛下79歳お誕生日祝賀(台風被害を考慮し宮殿での祝賀行事を取りやめ、御所で挨拶とご一家での夕食会のみ)
       ご挨拶《愛子、眞子内親王、佳子内親王、悠仁親王》ご夕餐《皇太子夫妻、秋篠宮同妃両殿下、黒田様ご夫妻》(御所)
       「皇后さまの体調を心配して、各20分だった祝賀会の時間が10分へ短縮したいと宮内庁は要望。(宮内庁担当記者)」≪週刊現代10/26号≫
       →例年通りと公式に訂正≪宮内庁10/17≫
       「東宮一家のみ10/11時点で祝賀参加スケジュールなし」≪朝日・皇室7days≫【ドタ出
       「天皇皇后を囲む夕食会から最初に出てこられたのは皇太子夫妻。午後九時二十分ごろのお帰り。その後、秋篠宮夫妻がお帰りになったのは
        五十分も経った午後十時十分ごろだった。なにか共通の話題に花を咲かせておられたのでしょうか」≪週刊文春12/12≫
10月21日 学習院初等科授業参観日に東宮一家3人車登校、1~4時間目の全授業を夫妻で参観≪週刊文春10/31号≫
        「朝8時半前、夫婦揃って姿を見せ、英語劇などを参観」≪女性セブン11/7号/ネット記事≫→ドイツ大使“夫妻”接見は欠席【同日シリーズ
        「国語、家庭科、社会、英語の授業を参観」≪皇室ウィークリー10/26≫
10月22日 ご進講(復興推進委員会委員・東京大学高齢社会総合研究機構特任教授)徳仁のみの予定≪朝日・皇室7days≫→【ドタ出

欠席編集

10月 1日 ご接見(英国王子ヨーク公アンドリュー殿下)(東宮御所)
       「午後1時半ごろ、ヨーク公が御所に到着すると、皇太子さまが笑顔で迎え握手を交わした。」≪朝日新聞10/1≫
       「皇太子さまは1日、英国王室のヨーク公アンドルー王子と東宮御所で約30分間懇談された。」≪皇室ウィークリー10/5≫
        ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
10月 2日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
10月 4日 ご接見(離任ブラジル大使)(東宮御所) 【レイシスト
10月 7日 ご接見(第40回日伯友好経済使節団)(東宮御所)→赴任フランス大使には接見【選り好み
10月 8日 ご接見(赴任大使セネガル兼ガンビア兼ギニアビサウ、ギリシャ、マラウイ、ネパール)(東宮御所)
        ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
        ご鑑賞「FUJI XEROX presents イツァーク・パールマン ヴァイオリン・リサイタル」(サントリーホール・関係者のみの公演)
10月 9日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
10月11日 第13回全国障害者スポーツ大会 東京都選手団激励会(ホテルニューオータニ)
10月12日 ご鑑賞「日本スペイン交流400周年記念公演 プラシド・ドミンゴ コンサート イン ジャパン2013」(東京国際フォーラム)
        江戸川スポーツランド午前中貸切予約→スケートキャンセル
        障スポ開会式には出席する【選り好み】、障スポ競技を観戦せず、愛子の運動会を観戦【同日シリーズ
10月13日 全国障害者スポーツ大会 大会関係者との御昼食(ホテルニューオータニ)→バスケットボール競技は観戦する【選り好み
10月15~16日 八ヶ岳に登山旅行予定が台風で中止か?
      <雅子さま「献身」皇太子さまへの感謝計画は初めての家族3人登山旅行!>
       「9月か10月の連休に長野県の山に1泊2日登山旅行」≪女性自身9/10号≫
       「皇太子が八ヶ岳に来るとか来ないとか。・・・どうでもいっか(´ω`)10月12日 - 0:41」≪ツイッター Part2670-527≫
       「松本奥です。明日、皇太子が登山にいらっしゃるそうです。」≪10/14 11:04 Part2672-376≫
       「明日本当は皇太子さまも八ヶ岳来る予定だったんだけど、台風のせいで中止になったみたいって
        タクシーの運転手さんが言っていた 10月14日 - 23:58」≪ツイッター Part2672-870≫
10月17日 神嘗祭賢所の儀(賢所)
        ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
        ご接見(赴任大使・グアテマラ、カザフスタン、カタール、エチオピア)
10月19日 江戸川スポーツランド午前中貸切予約「今確認した。19日貸切スケートドタキャン」≪10/17 Part2674-21≫
       「東宮一家の貸し切りスケート確定です。」≪9/25 Part2661-580≫
       「江戸川区スポーツランド、アイススケートリンク10月19日(土)に例の×印、午前6時~午後2時まで使用不可」≪9/11 Part2652-914≫
10月21日 ご接見(離任ドイツ大使夫妻)「大使“夫妻”接見」の場合、雅子も出席のはずが欠席、愛子の授業をフル参観【同日シリーズ】【レイシスト
10月23日 ご会釈(勤労奉仕団)
        ご進講(外務省国際情報統括官)(東宮御所)
10月24日 ご接見(赴任大使・ラオス,国際連合教育科学文化機関日本政府代表部)
        ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
        ご臨席(第40回「日本賞」教育コンテンツ国際コンクール授賞式)(NHK放送センター・渋谷区)→【ドタキャン
        「10/24の公務は皇太子単独出席となったが、直前まで雅子妃の出席も検討されていた。」≪週刊女性11/12号≫
10月25~26日 京都府・奈良県「京都御所視察」「第65回正倉院展鑑賞(奈良国立博物館)」徳仁のみの予定≪読売新聞10/18≫
           →台風で訪問中止≪毎日新聞10/24≫
10月28日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
        ご接見(長寿善行者)(東宮御所)≪朝日・皇室7days≫
10月29~30日 石川県行啓「第16回全国農業担い手サミットinいしかわ」徳仁のみ≪産経ニュース10/8≫
        「和倉温泉。明日、皇太子殿下が加賀屋に御一泊されるらしい。温泉街には5日前に通達が突然きたらしい。」≪ツイッター10月28日-15:39≫
        「加賀屋は今日一般客いないらしい…貸し切りなんて、さすがです( ´ ω ` )」≪ツイッター10月29日-19:38≫
        「初日、七尾市和倉温泉の旅館「加賀屋」で開かれたサミット中央交流会に出席」≪北國新聞社10/30≫
10月31日 秋の園遊会(赤坂御苑)→10/25時点で徳仁雅子共に出席予定なし≪朝日・皇室7days≫
        「皇族方では皇太子さまや秋篠宮ご夫妻らが出席された」≪時事通信10/31≫
        「園遊会には療養中の雅子さまは、欠席されました。宮内庁によりますと、11月1日から泊まりがけで、
         東日本大震災の被災地、岩手県を訪問するため体調に配慮したということです」≪TBS系ニュース10/31≫
        「驚いたのは雅子さまのご欠席。ここ十年ほどは適応障害という病名で、体調の不良を理由に春も秋も園遊会には出席されていないようだ。
         日本精神科病院協会のアドバイザリーボードの一員でもあり、精神科の専門医からも色々な話を聞く機会が多い。雅子さまの現状を見ていると、
         病名はともかく、『もしかしてあれは甘えではないのか』という批判が浮き沈みするのも頷けないことではない。(内閣官房参与・飯島勲氏)」≪週刊文春11/28号≫
        <雅子さま決意の「学習院行事」お断り!>「学習院大学で伊勢神宮に関する講演会があるが、
         大学側は皇太子夫妻に臨席を申し込んだのに、公務があるとの理由で断りがあったそうだ」≪週刊女性10/1号≫
        毎年恒例“妹宅でのハロウィンパーティー”
        「(岩手訪問に備えて)毎年妹の礼子宅で開かれる恒例のハロウィンパーティーも今年はしなかった」≪週刊女性11/19号≫
        「ここ数年10月31日、皇太子ご一家は、雅子さまの妹の池田礼子さんのお宅でハロウィンパーティーに参加されています。
         そこで今年は園遊会の後にハロウィンのダブルお出まし、翌日から予定通り岩手県を訪問することも不可能ではありません。」≪週刊女性11/5号≫
        「最近の雅子さまのご体調は絶好調。秋の園遊会に十年ぶりにご出席の可能性も。
         その日はハロウィンですから、妹の池田礼子さんのお宅で恒例のパーティーをなさるかもしれませんね。(東宮職関係者)
         さらに翌日からは泊りがけで岩手県への被災地訪問が予定されている。」≪週刊文春10/31号≫

2013年9月編集

出席編集

8月23日~9月4日 那須御用邸静養(奥志賀はキャンセル)
    26日東宮一家+取り巻きで朝日岳登山後、徳仁のみ帰京。27日公務後とんぼ返り。28日りんどう湖(雅子欠席。徳仁、愛子+取り巻き)
    29日二期倶楽部(雅子欠席。徳仁、愛子+取り巻き)。30日那須どうぶつ王国(東宮一家+取り巻き)≪週刊女性9/17号≫
    <愛子さま のび太くん似のご友人と那須どうぶつ王国を満喫><愛子さま「小学6年生のグッチ」目撃した人たちもざわざわ>
    「同級生数名の家族も同行した。愛子はグッチの4万円新作トートを手に、ボーイフレンドとベッタリで大ハシャギ」≪女性セブン9/19号≫
    【暫定】9/2テディベアミュージアム(徳仁+愛子のみ目撃談)「那須のテディベアミュージアムに皇太子様来てるー!!!かぶった!2013年9月2日16:19 王子様 愛子様もいました^o^」≪Part2646-904≫
9月 9日 ご接見(大阪青年会議所招待外国人等)(東宮御所)
9月11日 秋篠宮紀子妃殿下お誕生日夕食会「秋篠宮邸では両陛下や皇太子一家も集まられて夕食会が開催されたという」≪女性自身10/1号≫
9月12日 ご接見(万国国際法学会代表者)(東宮御所)
      「皇太子妃雅子の父、小和田恒・国際司法裁判所判事(80)も代表者の一人だった。」≪皇室ウイークリー9/14≫
       ご会釈(新任皇宮護衛官)(東宮御所)
9月16日 小和田夫妻が東宮御所に訪問し「小和田会」 【しょっちゅう会ってるシリーズ】     <天皇皇后、秋篠宮ご一家の葉山ご静養には合流せず 雅子さま福島慰問直前 皇太子「小和田会」でのお立場>
     天皇と秋篠宮ご一家が葉山で過ごされていた十六日、東宮御所には雅子さまのご両親である小和田恒、優美子夫妻の姿があった。
     折悪く十六日は台風の関東接近が予想され、一度は参内が見送られたという。
     「結局、小和田夫妻はいらっしゃることになりました。皆さんで軽食を召し上がり、小和田夫妻は、翌日オランダにお帰りになったそうです。
     雅子さまはその席で非常にご機嫌がよろしかったそうです。(東宮職関係者)」
      天皇皇后と秋篠宮ご一家がご静養中に開かれた『小和田会』。この対照的な構図に、千代田関係者は憂いを隠さない。
     「相変わらず、東宮と両陛下の交流は少なく、“途絶状態”は続いています。最近では、皇室や皇位継承者としての在り方について
     両陛下がお伝えになりたいことを、秋篠宮殿下が代弁して皇太子殿下にお伝えしているようです。(千代田関係者)」
     「今回も小和田夫妻との会食ではなく葉山合流を優先すべきだとご決断するのが皇太子の役目です。
      それなのに小和田家の予定を優先させている。まるで小和田家と一体のようです。(別の千代田関係者)」≪週刊文春10/3号≫ 9月20日 ご進講(原子力規制委員会委員長)(東宮御所)
      「皇太子ご夫妻は20日午後、お住まいの東宮御所で原子力規制委員会の田中俊一委員長と面会し、東京電力福島第1原発の
       汚染水問題や除染について約1時間説明を受けられた。ご夫妻が田中委員長から説明を聞くのは初めて。」≪時事通信9/20≫
9月22日 福島県行啓 東日本大震災に伴う被災地(福島県)ご訪問 「郡山市を日帰り慰問」 ≪福島民友トピックス8/28≫
    「宮内庁は13日、皇太子ご夫妻が東日本大震災の被災者を見舞うため、22日に福島県郡山市を日帰りで訪れると発表した。
     同県訪問は2011年7月以来。同庁によると、ご夫妻は仮設住宅で被災者を激励するほか、子育て施設を訪れる。放射線量を測定している研究施設も視察する予定。
     だが、具体的な訪問先については『混乱を避けるため』として事前報道しないよう要請した。」≪朝日新聞9/13≫  
    「9月22日やまびこ59号 東京11:40 郡山12:57 グリーン車予約できません」≪Part2653-865≫
    ★当日のタイムスケジュール「11:40東京発→12:57郡山駅着→1:20駅前でお手振り→1:50ハイテクプラザ到着→2:35ハイテクプラザ視察
     →3:24喜久田町仮設住宅到着(「約25分間声をかけられた」≪読売新聞9/22≫「住民ら約50人に40分ほど言葉をかけた」≪朝日新聞9/23≫)
     →4:30頃ペップキッズ(FNNニュース)4:55ペップキッズ→6:00郡山駅で知事見送り→帰京」≪Part2660-22/160/791≫     <雅子さま 熱望された福島 休日の再訪…「原発禍の子ども励ましたい!」>
    「福島県内には皇族方がお見舞いされていない地域が沢山ある。それなのに、あえてまた2年前と同じ郡山市を選ばれたのは“異例”のこと。
     雅子は子供達の生活を心配していて、多くの子供達が避難所にいる連休の中日にした。
     しかし、連休日の訪問は交通規制による行楽客などへの影響が大きく、受け入れ市町村の役場も休みで敬遠されるのが実情。
    “できるだけ沢山の子供達を励ましたい”と雅子が熱望したことで、今回の“異例のご訪問”が計画された。
     『ある方から伺った話では、皇太子夫妻は“若い世代を育成することが自分達の役割”とお考えなのだそう(OECD事務局マネージャー)』
     那須ではりんどう湖の他にも外出しない日があった。22日に向けてご体調を整えているようだ。」≪女性自身9/17号≫
    <雅子さま「9月22日」福島被災地お見舞いで全快 皇太子さま家族サービスで 雅子さま「福島被災地」お見舞いへ>
    「那須では皇太子がママ友を接待し、家族サービス。福島訪問のために雅子にはゆっくり休んでほしいのでは?」≪週刊女性9/17号≫  ★「多くの子供が避難所にいるから連休に慰問」なはずが、「私立の保育所と幼稚園の子どもと保護者240名招待」しちゃった事件発生★
     <ペップキッズこおりやま クローズのお知らせ>
    「9/22は都合により、ペップアクティブ3回目(午後2時~)4回目(午後4時~)はクローズとなります。」≪Part2656-903≫
    「先ほどペップキッズにて皇太子様と雅子様の視察がありました。縁あってその際に場内で遊ぶことができました。(ツイッター)」≪Part2660-44≫
    「9/22皇太子同妃殿下が郡山市に(‘ jj ’)/ 子供屋内施設を視察されました。
     70名近い子供らが招待され、そのなかに我が子らも。私も付き添いで。」≪Part2660-293≫
    <雅子さま、大いに笑う>「事前に参加申し込みをした約二百四十人の親子が遊ぶ中をご夫妻はぐるりと一周。」≪週刊文春10/3≫
    「9月13日に宮内庁、福島県から各報道機関へ、9月22日の午後、郡山市を御訪問される旨の発表が正式になされました。
     その際、施設利用者等への影響を考慮し、御訪問先については郡山市の『子育て支援施設』とのことであり、具体的な所在地、
     名称等は公表されませんでした。(中略)『ペップキッズこおりやま』を日頃から団体で利用し、市内全域にわたり構成員を持つ
     『郡山市 私立 幼稚園協会』、『郡山市認可保育所長会』、『NPO法人郡山市 私立 保育園連絡協議会』を通じて、
     保護者と子どもを合わせ240名の皆様に、当日御利用いただいたものでございます。(郡山市の回答)」≪Part2664-726/727≫  ★雅子49歳、5分間エアマットで楽しくジャンプし続け、「お父さん、待って!」事件発生★
    「大型室内遊び場『ペップキッズこおりやま』では約240人の親子と交流した。施設関係者が、被災して心に傷を負った子どものケアについて
     『楽しく遊ぶ経験が大事。遊べばおなかも減るし、夜も眠れるんです』と説明すると、雅子さまは『ああすごいですね』とうなずいていた。」≪朝日新聞9/22≫
    「子供たちと交流し、大型エアクッションの遊具では、皇太子さまが『ちょっと中、入ってみよう』と提案され、ご夫妻で体験される場面もあった。
     雅子さまは子供と一緒に跳びはねながら『ジャンプ力がすごい!』と笑顔で声を掛けられていた。」≪産経新聞9/22≫
    「ここではトランポリンのようにはねて遊ぶ遊具に、ご夫妻が親子連れに交じって飛び入りで参加される場面もあり、
    雅子さまは『いい運動になりました』と笑顔で述べられていた。」≪NNNニュース9/23≫
    「テレ朝記者『取材は出来なかったんですが』と前置きし、皇太子さまが雅子さまの手をひいてエアマットに。
     皇太子ご夫妻は5分くらいジャンプしていた。皇太子さまは途中で疲れてやめたが、雅子さまはずっと一人で跳びはねていた。」≪テレ朝モーニングバード9/24≫
    「お二人でエアマットで飛び跳ねる場面もありました。砂場では先に進もうとした皇太子に雅子さまが 『お父さん待って』 と話しかける一幕も。」≪週刊文春10/3号≫
    「トランポリンに飛び入りで参加して十五人ほどの子供とピョンピョン飛び跳ねたりと楽しそうに」≪週刊文春10/3モノクログラビア≫
    「弾力のあるエアマットでできた箱形の遊具『エア・キャッスル』を前に、皇太子さまが『入ってみましょう』と雅子さまに提案。
     お二人は親子づれとともに跳び始めました。目の前で跳びはねる子どもたちに、お二人は『おお、すごいジャンプ力』『おいくつ?』などと話しかけていました。
     皇太子さまがマットの壁に寄りかかり休んでいる間も、雅子さまはしばらく1人でジャンプを続け、遊具から出てくると『いい運動になりました』とにっこり。
     代表取材をしていた記者には『揺れて書くのが大変だったでしょう』と気さくに声をかけました。こんなシーンもありました。施設内の砂場を視察した雅子さま。
     『ペップキッズのまもりごと』という看板を見つけると、先を歩いていた皇太子さまをこう呼んで引き留めました。 『お父さま!』 」≪朝日新聞9/27≫
    「先に進まれようとした皇太子さまを思わず、 “お父さん 待って” と呼びかける場面もあって」≪週刊女性10/15号≫  ★仮設住宅の被災者との時間はたった30分、お声掛けは半分以下で時間切れなのに道路舗装300万円事件発生★
    <雅子さま福島慰問直前 皇太子「小和田会」でのお立場>
     「私の手前でお時間が来て、お帰りになってしまったんです。あと少しだったのですが…(仮設住民)」
      ご夫妻は車で15分ほどの場所にある双葉町の住民が避難している仮設住宅を訪問された。
     「そこではテントの下に高齢者を中心とした住民の約五十名を前後三列に並ばせていました。三連休の中日という事で外出している人も多く、
      接見希望者の人数も少なかったのですが、それでも予定された時間内にお声掛けできたのは五十名のうち半分以下でした。(同行した宮内庁担当記者)」
      今回の慰問は「慌ただしいまま終わったという印象でした。」別の宮内庁担当記者は振り返る。
     「午前十一時に東宮御所を出発され、午後一時に郡山に到着。現地滞在時間が五時間という非常に短いご訪問だったからでしょう。
      どの訪問場所も郡山駅に近いところばかりで“急ぎ足の慰問”という印象は拭えませんでした。
      やはり雅子さまのご体調を最優先に組まれたスケジュールで、被災者中心に考えられたものとは言えない。(同前)」
     「殿下が療養中の雅子さまをお気遣いになるのは素晴らしいことだと存じます。しかし、そればかりになってはいけません。
      次代の天皇として、これまで身に付けてこられた帝王学を大事になさっていただきたい。まるで小和田家と一体のようです。
      被災地慰問にしても、本当に被災地の事を考えるのなれば、妃殿下とお二人での訪問に拘らず、
      皇太子お一人でもいらっしゃればよいのです。(千代田関係者)」≪週刊文春10/3号≫
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    <雅子さま郡山ご訪問で「300万円舗装道路」!?地元住民たちの複雑な思い >
      ~~何度も陳情していた工事が、慰問の約1週間前、突如行われた~~
      原発事故の影響で双葉郡双葉町から避難している人々が暮らす、郡山市にある喜久田早稲原応急仮設住宅。
      ご夫妻は住民に声をかけられた。わずか30分足らずではあったが、皇太子ご夫妻はひとりひとり被災者を励まされていた。
      そんな心温まる慰問の裏で、仮設住宅で暮らす避難者や近隣の郡山市民が、少々首を傾げたくなる出来事が起こっていた。
      皇太子夫妻が訪問される10日前の9月12日のこと。仮設住宅にビラが投函された。それは仮設住宅前の砂利道の舗装工事のお知らせだった。
     「移り住み始めた2年前から、住民側は要望し続けていいました。でもいつも回答は“予算がない。”ずっと後回しにされてきたのに、
      皇太子ご夫妻が来訪される直前になって、いきなり舗装工事を始めるというのは…どこか腑に落ちない思いもあるんです。(仮設住宅関係者)」
     “お知らせ”通り、工事は2日間、急ピッチで行われた。この工事によって仮設住宅前の約130mの砂利道がアスファルトに舗装された。
      この整備された道路は皇太子ご夫妻がお車で通られる部分だった。宮内庁から慰問の打診があったのは訪問のわずか1ヶ月ほど前。
     「工事を請け負った業者は9月10日前後に福島県から突然依頼が入ったそうです。」「工事にかかった経費は300万円前後。」
     「アスファルトになって本当にありがたいです。でも皇太子夫妻が来るから工事するって…本当にお役所仕事だべ。
      まして今回のご夫妻の滞在時間は30分ほど。そのために道路を工事するなんてと思うと…(仮設住宅で暮らす70代女性)」
      宮内庁も行政も、今一度“復興”の本当の意味、そして誰のための“復興”なのか考えるべきではないだろうか。」≪女性セブン10/10号≫
9月25日 ご進講(外務省国際情報統括官)(東宮御所)
9月26日 ご臨席(国際青年育成交流事業第20回記念式典及びレセプション(殿下のみ))(ホテルニューオータニ・千代田区)
       雅子は式典のみ【ドタ出】→式典後のレセプションと勤労奉仕団ご会釈は欠席する【選り好み
     「宮内庁によると、病気療養中の雅子さまがこうした式典で壇上に座られるのは、約4年5カ月ぶり。」≪産経ニュース9/26≫
     「当初は、皇太子さまおひとりで出席される予定でしたが、直前になって急きょ、雅子さまの出席が決まり」≪TBSニュース9/26≫
     「雅子さまは約30分間にわたり式典に出席。側近によると体調は良好だといい、この日は直前に出席が決まった」≪朝日新聞9/26≫
     「20日の会見で小町大夫は雅子さまのご出席について“ご希望はあると思うが、福島訪問もあるので難しい”とのことでしたが、
      出発の1時間前にご出席が決まりました。」≪週刊女性10/15号≫
     「式典には当初、皇太子さまだけが出席されると発表されていたが、病気療養中の雅子さまも急きょ出席
      皇太子『関係者のたゆみない努力に対し、私の妻、雅子と共に深く敬意を表します』」→『My wife Masako』動画≪日テレニュース9/27≫
     「『マイ ワイフ マサコ(私の妻、雅子)』と表現される場面も。」≪皇室ウイークリー9/28≫→【伝書鳩
     「療養中の雅子さまは、式典後のレセプションは欠席された」≪読売新聞9/26≫
     「皇太子さまは式典に続いてレセプションに参加し、若者らに声を掛けて回ったが、雅子さまは出席を見合わせて東宮御所に戻った」≪スポニチ9/26≫ 
    ★同日、両陛下の水俣・初訪問が発表「両陛下が10月に熊本県へ 水俣初訪問、慰霊碑に供花」≪共同通信9/26 18:36≫
     チッソ社長の孫娘である雅子には都合の悪い、この報道を蹴散らす目的の【当たり屋】【ドタ出】【ロケ】の模様
9月28日~29日 第15回日本臨床獣医学フォーラム年次大会2013(ホテルニューオータニ・千代田区)夫妻で私的訪問→【翌日シリーズ
      主催は2007年12月28日、皇太子夫妻を三ツ星レストラン・ロオジエに招待したかかりつけ獣医師の赤坂動物病院・石田卓夫氏
      「28日には同じニューオータニで開かれた『日本臨床獣医学フォーラム』に皇太子さまとお忍びでご出席。
       『震災から2年が経過した被災動物達の現在とこれから』というプログラムを聴講された。」≪週刊女性10/15号≫
      「伴侶動物との同行避難-震災から2年が経過した被災動物達の現在とこれから-シェルターのこれまでと現状,そして今後の課題-
      (15:10‐16:20福島の獣医師)」←当初16:40-17:50のプログラムが、急きょ時間変更された模様≪JBVP年次大会2013≫
      「細胞診による究極のリンパ腫診断: これからはWHO分類を意識して診断を行うべき(16:50-18:00石田卓夫)」と時間が被るので変更か?
      28日「四ッ谷、迎賓館前で皇太子殿下と雅子妃殿下のお車でのお出かけに遭遇。雅子妃殿下は笑顔で手を振って下さいました。28日15時00分」
      「臨床フォーラム終わった!皇太子様が来ててびっくりね!福島の話勉強になった(^O^)/❤ 28日17時11分」≪Part2663-639/644/650≫
      「日本臨床獣医学フォーラムお疲れ様>_<皇太子様居て一緒にお話し聞いたの! 28日19時22分」
      29日「皇太子さんと雅子さん見た!すごいSPだった゜゜(´O`)°゜29日-12:55」「先程、皇太子様と雅子様がご来場されました。29日-12:58」
      「皇太子、雅子様も展示ブースにお見えになられていましたよ。29日14時35分」
      「でもまさかフォーラム来て皇太子様とまさこ様見るとは思わなかった(゚-゚)間近で見ちゃった!! 29日18時12分」
      「昨日、今日と四ツ谷のニューオータニで開催された臨床獣医学フォーラムに参加してきました。いつも雅子さまがお見えになるのですが、
       今回は皇太子さまもご一緒でした。ご体調がよくなられてるのかなぁ。よいことです^^ 29日21時47分」≪Part2664-27/37/313≫

欠席編集

9月 5日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)→前日まで元気に那須で静養翌日シリーズ
       ご接見(青年海外協力隊(平成25年度二本松訓練所第2次隊派遣隊員))(東宮御所)
9月10日 ご接見(東ティモール国民議会議長)(東宮御所)
9月12日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)→父・小和田氏との法学会接見には出席する【選り好み
9月13日 ご接見(青年海外協力隊(平成25年度駒ヶ根訓練所第2次隊派遣隊員))(東宮御所)
9月17日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)→前日には小和田会【翌日シリーズ
9月20日 ご接見(赴任大使(軍縮会議日本政府代表部,バチカン,ベトナム,モロッコ,トルコ))(東宮御所)
       →原子力委員会進講には出席する【選り好み
9月21日 天皇ご一家・粟と陸稲の刈り取り(皇居内・生物学研究所)《両陛下、徳仁、愛子、(雅子のみ欠席)秋篠宮ご一家全員》
9月23日 秋季皇霊祭の儀・秋季神殿祭の儀(皇霊殿・神殿)「秋分の日の23日、皇室のご先祖祭に当たる「秋季皇霊祭の儀」が
       皇居・皇霊殿で、神恩感謝の祭典「秋季神殿祭の儀」が神殿で営まれ、両陛下、皇太子さまが拝礼された。
       秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さま、常陸宮ご夫妻、三笠宮家の彬子さまと瑶子さま、高円宮妃久子さまの長女、承子さま、
       次女の典子さまも参列された。病気療養中の皇太子妃雅子さまはお出ましにならなかった。」≪皇室ウイークリー9/28≫
9月26日 ご会釈(勤労奉仕団)→国際青年育成交流事業・式典には出席する【選り好み】【レイシスト
9月27日 ご鑑賞(日越外交関係樹立40周年記念 本名徹次指揮 ベトナム国立交響楽団2013)(東京オペラシティ コンサートホール(新宿区))≪毎日新聞9/27≫)
      →翌日に獣医学フォーラム私的訪問【翌日シリーズ
9月30日 ご接見(赴任大使(シンガポール,ポルトガル,経済協力開発機構日本政府代表部))(東宮御所)→前日に獣医学フォーラム私的訪問【翌日シリーズ

※ナルちゃんソロ活動編集

9月12日 午餐(トルクメニスタン大統領閣下)ご陪席(宮殿)「天皇陛下・徳仁・常陸宮殿下出席」
9月30日 私的鑑賞「ハーゲン・クァルテット ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会」(トッパンホール・文京区)

2013年8月編集

出席編集

8月 2日 ご接見(離任アメリカ合衆国大使夫妻)(東宮御所)→人事異動会釈とご進講は欠席【選り好み】【レイシスト
8月 6日 ご臨席(第4回「OECD東北スクール」取組発表会)(渋谷区・国立オリンピック記念青少年総合センター)→広島原爆投下の【お慎みの日
     「6日に行う事業計画発表会に皇太子ご夫妻のご臨席が検討されていることが1日、分かった。
      文部科学省関係者によると、ご夫妻は被災地の中高生らとの交流を強く望まれているという。
      雅子さまのご臨席は体調次第だが、実現すれば、生徒らと懇談される時間も設けられる見通し。」≪産経新聞8/1≫
     「メンバーの1人が昨年、元外交官の雅子に『世界中の人々に活動を知ってもらうために、ぜひお越しいただきたい』と手紙を送り、この日の出席につながったという。」≪共同通信8/6≫ →翌日、名誉副総裁を務める赤十字ナイチンゲール授与式は欠席【選り好み
     「新聞で雅子さまが東北の復興に深い関心をお持ちだと知り、「自分たちの活動を知っていただければ」と、手紙をしたためた。この手紙は外務省関係者のはからいで、雅子さまの元に届いたようだ。当日、皇太子ご夫妻の先導役を務めた釣巻さんに、雅子さまは「お手紙、ありがとうございました」と声をかけられたという。≪産経皇室ウイークリー8/10≫
     <雅子さま『真夏の奮起』決意させた、福島女子高生からの『涙の手紙』>「雅子が東北の復興に深い関心を持ちであることを報道で知った釣巻さん(現在京都在住)は、スクールの活動内容や自分の将来の夢などを切々と書き綴ったという。その手紙は当時OECD関連の仕事をしていた雅子の友人に託された。「その後、雅子さまが『ぜひ皆さんをお励まししたいです』と、東京で開催予定だったスクールの発表会への出席を希望されていると伺った。(運営事務局)」8月6日の発表会ご臨席は、雅子さまの強いご希望で実現したご公務だったのだ。」≪女性自身9/6号≫
  <BSジャパン「皇室の窓スペシャル~天皇ご一家とスポーツ~」女子高生インタビューより>
  Q,雅子に手紙を書いたわけ
    「私達の東北スクールの活動は素晴らしいって自分達でも思っているので、そういう活動を実際に見て頂いたり、頑張ってる東北の中高生の姿、被災者という観点を抜きにしても、そういう姿をぜひ見て欲しいという気持ちがあったので私が出来る事なら、という事でお受けしました。」(←※OECDからの指示で手紙を書いた。)
  Q,雅子から返事を頂いて
    「ほんとに、ま、しばらく手紙を出してから、ご出席という事がわかるまで、だいぶ時間があいてたので、『ああ…そういえば、そんな手紙を書いていたな…(笑)』っていう気持ちではいたんですけど。そこでご出席という電話がきて。なんでしょうね、驚き過ぎて、逆に『あ、そうですか』みたいな。」≪11月4日放送 BSジャパン・皇室の窓スペシャル~天皇ご一家とスポーツ~≫
    「来年の八月末、被災地の子供たちは東北復興をPRするイベントをパリで行います。雅子妃殿下はその点に非常に興味を持たれて、『とても素晴らしい取り組みですね』とおっしゃいました。妃殿下が外務省に入られて最初の海外訪問がOECDのパリ本部だったというご縁もある(OECD関係者)来年は国交樹立150周年を迎えるスイスや、OECDパリ大会などがあり、皇太子ご夫妻のお出ましの可能性も高いとみられる」≪週刊文春12/19号≫
8月 9日 愛子の学習院イングリッシュセミナー(霞が関ビル・霞会館)8/6~9日9時~14時初等科生は保護者の付き添いが参加の必須条件
     「9日のイングリッシュセミナーに雅子も出席。愛子が成果発表の入国審査の実技に急きょ選ばれたから」≪週刊文春8/29号≫
     「このセミナーは4年生から受講可で、愛子さまは3年連続で参加。『最終日に受講生たちはグループに分かれて英語劇を披露しました。
      愛子さまたちのグループは“入国審査を受ける家族”という劇でした。愛子さまは審査官に家族を紹介する母親役だったんですが、
      “マイ サン!(my son)”と大きな声で紹介した男の子が明らかに愛子さまより背の高い男の子で、観劇していた他の受講生や
      保護者からは大きな笑い声があがっていました。見学にいらしていた雅子さまもとてもお喜びでしたね』(学習院関係者)」≪女性セブン12/5号ネット記事≫
     →同日、赴任大使接見公務は欠席し私的外出【同日シリーズ】、公務以外の私的外出は控えるべき長崎原爆投下の【お慎みの日】
8月10日【暫定】妹、礼子宅で大東京華火大会鑑賞≪週刊新潮7/11号≫「愛子が楽しみにしている東京湾華火大会」≪週刊女性7/23-30号≫【しょっちゅう会ってるシリーズ
     「麻布 50mおきくらいに警察官立ってる。。。。。?( ^・)何?」≪part2632-853≫→前日の大使接見は欠席【翌日シリーズ
8月12日~16日 須崎御用邸静養「8/12 伊豆急14:30東京発17:24下田着 グリーン車予約できません」≪Part2626-207≫ 
      「5日間程度、御用邸に滞在して海水浴などを楽しまれるということです」≪NHKニュース8/12≫  
      「小町恭士東宮大夫によると、ご一家は終戦の日の15日正午、御用邸内で黙祷した」≪朝日新聞8/16≫私的外出は控えるべき終戦の【お慎みの日】
      「(愛子は)この夏、皇太子と雅子と海岸で毎日楽しく遊ばれて、真っ黒に日焼けされたようだ。」≪女性自身9/3号≫
8月19日 ご覧(神宮式年遷宮の御装束・神宝)(宮殿)
8月20日 宮城県行啓東日本大震災に伴う被災地(宮城県)日帰り訪問→静養三昧批判よけのための被災地【ロケ】疑惑
    「8月20日 こまち31号 10:56東京発12:37仙台着、はやて112号 18:41仙台発20:24東京着 グリーン車予約出来ません」≪Part2627-220≫ <雅子さま、宮城日帰り「被災地慰問」の全内幕 愛子さまの英語セミナーご同行、
   御用邸での計18日間のご静養の一方で、仮設住民との交流予定は10分。短すぎる被災地ご滞在計画の果てに──。>
    「事前の予定によると現地での被災者との接触は車を降りて集会所までの行き5分・帰り5分の計10分。
     日程表を見た宮内庁担当ベテラン記者『形だけのご訪問になるなら、行かないほうがマシだと思います。』
     10分なのは、暑さ等ご負担なのかもしれないが、虚心坦懐に無私の心で被災者と向き合えばそんなこと気にならないはず。
     現地での滞在の短さは暑さを考慮してだというが、この訪問は計18日間の静養の合間を縫ってなので、
     オランダに行ったから被災地にも行かなければという雅子の義務感が透けて見える。」≪週刊文春8/29号≫ <雅子さま 2年ぶり被災地ご訪問に被災者「禁止事項多すぎる」現地では厳戒態勢が敷かれ、役所、警察から次々と指示が>
    「『当日は、仮設の住民以外は絶対に敷地内に入れないでください』『名札を必ず着用してください』『名簿を提出してください』
     『雅子の健康については触れてはならない』『愛子のことも聞かないでください』耳にタコができるほど禁止事項と規制だらけ。
     雅子は須崎静養で体調を整え万全を期した。〆周囲は誰のための慰問か、もう一度考えるべきではないだろうか」≪女性セブン9/5号ネット記事≫
    「体力の消耗が激しいからでしょうか、お病気になられてからの雅子は特に夏の時期のご公務を苦手とされていらっしゃるようです。
     そういった意味でも“奮起”されたといえるでしょう。(宮内庁関係者)」≪女性自身9/3号≫ <皇太子さま、雅子さまご夫妻、2年ぶり被災地訪問の『秋風』>
    「被災地訪問が2年ぶりに実現。だが、現地での滞在時間はわずかな時間だった。被災地訪問日、150世帯360人の内40名が出迎えた。
     滞在40分ほど。ほとんどの時間は集会所で過ごす。懇談した8人は仮設の世話役4人とサポートセンター職員のみ。集会所に入れなかった
     住民らは、時折り小雨が降る中で1時間半近く屋外で過ごした。「一般の入居者は遠くから眺めただけ。ほとんどの被災者がそうでした。
     これでは心に響いてくるものが何もない。他の仮設の住民は敷地に入る事すらできなかった。『同じ被災者なのに』と怒っていました。」
    「近くにいた人や集会所で懇談したのは選ばれた人たち。それでいて『勝手に近づいたり話しかけるな』と注意ばかりされた。
     予定調和というか、最初から完全な出来レースだったんじゃないですか」(入居者)
    「そもそも被災地に行ってからオランダというのが筋。せっかく行かれたのであれば、両陛下のように多くの住民と触れ合うのは望ましかった。(八幡和郎氏)」
    〆須崎と那須の静養の合間を縫っての日帰り訪問。被災者には一抹の淋しさを残したかもしれない。」≪サンデー毎日9/8号≫ <季節はずれの「みそ加工場」視察、被災者にシール…雅子さま被災地慰問“演出”で「復興応援ブログ」大炎上>→【ロケ】
    「胸に貼られたシールで40名の住民を選別。15分足らずと交流時間は短く“流れ作業”のよう。お言葉も同じ内容ばかり。
     帰り際、声を掛けたばかりの住民に今度は逆側から再び声を掛け始めた。『同じ40名にまた話してどうするんだろう?何でだろう?』
    みそ工場ブログへの批判は3日間で300件超。批判コメントを原文ママで転載、『これが一般大衆の包み隠さぬ本心なのか―。』
     『視察の際の服装に対する非難』と『作業への“やらせ疑惑”』。今回の見学は単なる“パフォーマンス”との批判。」≪週刊文春9/5号≫ <多くのお年寄りが肩を落とした「皇太子夫妻」の被災地ご訪問>
    「こういうことなら、いらしていないのと同じじゃないかねえ(70代男性)」≪週刊新潮9/5号≫
8月23日~9月4日 那須御用邸静養(奥志賀静養は断念か。不死鳥8/25~9/8全館貸切予約を7/25頃キャンセル)
    「8月23日から9月初旬まで那須でご静養。須崎5日間と那須の御用邸で計18日のご静養。」
    <雅子さま 宮城日帰り「被災地慰問」の全内幕 愛子さまの英語セミナーご同行、御用邸での計18日間のご静養の一方で、
     仮設住民との交流予定は10分。短すぎる被災地ご滞在計画の果てに――。>≪週刊文春8/29号≫
    「20日前後からの那須静養ではお取り巻き一行が泊まる会員制ホテルに雅子も宿泊する日があり、お酒も飲む予定。【外食】
     雅子はとても楽しみにしている。夏の静養三昧を批判されないためにも被災地訪問を。そのために雅子は現在
     大野医師の指示通り服薬して体調管理につとめている。」<被災地訪問できるの?雅子妃の「夏休み」>≪週刊現代8/17-24号≫
   ★26日東宮一家+取り巻きで朝日岳登山後、徳仁のみ帰京。
   <学習院初等科は「紛糾中」だが…愛子さまが「男の子」と山を歩いた夏休み>→【のび太君】
   「那須ロープウェイ山麓駅前で愛子の友人たちと合流。お昼過ぎに20~30人の関係者を従えた皇太子一家が登ってきた。
    愛子の友人らしき女の子2人と、男の子も1人いた。通常4時間の登山コースを5時間かけて歩いた」≪FRIDAY9/13号≫ 一家の登山のために清水平の木道、清水平の木道にベンチ新設、峠の茶屋ベンチ、鎖場の鎖、道標をすべて新設≪以下・ヤマレコ情報≫
徳仁と雅子はすれ違う登山客と会話≪ヤマレコ8/26≫≪ヤマレコ8/26≫
「しばらく待っていると、警官に続いて、皇太子様、雅子様、愛子様その後30人ほどの隊列が通り過ぎた。雅子様は私の横を通られる際、私に「もう登ってこられたのですか?」とお声をかけてくださった。ドギマギしながら「はい。」と答えると、「どちらまで?」と聞かれたので「あっ朝日岳ですっ。」と答えた。ほんの数秒だったが、雅子様ににこやかにお声をかけていただいたことが、今回の山行の一番のお土産になった。」≪「雅子様にお声をかけられてドッキリ!の那須岳」ヤマレコ8/26≫    ★27日徳仁のみ公務後、那須へとんぼ返り
   ★28日りんどう湖(徳仁、愛子+取り巻き)<皇太子さま 家族サービスで雅子さま福島被災地お見舞いへ>
   スワンボートに乗った徳仁と、別のボートに子供達だけで乗った愛子の写真「雅子は欠席で徳仁がママ友親子を接待。
   『皇太子が皆を引率しているように見えて驚いた(観光客談)』閉園時間(18時)を90分オーバーするまで遊んで帰った」
   ★29日二期倶楽部(徳仁、愛子+取り巻き)「雅子は欠席。お昼過ぎに到着し、二時間ほどゲストルームでご学友やママ友と歓談、
   アート・ビオトープ那須も利用」≪週刊女性9/17号≫「地元の人気ホテルでランチや陶芸を楽しまれた」≪女性セブン9/19号≫
   ★30日那須どうぶつ王国(東宮一家+取り巻き)「7時間かけて園内をくまなく見て回った」≪週刊女性9/17号≫
   <愛子さま のび太くん似のご友人と那須どうぶつ王国を満喫>【のび太君】<愛子さま「小学6年生のグッチ」目撃した人たちもざわざわ>【テファニー】
   「同級生数名の家族も同行した。愛子はグッチの4万円新作トートを手に、ボーイフレンドとベッタリで大ハシャギ」≪女性セブン9/19号≫
   <愛子さま「グッチ騒動」小6に4万円バッグの是非で再び問われる雅子妃殿下の「経済感覚」>「ご一行は愛子のお友達やその保護者、併せて15名ほど。
    朝11時前から閉園後の18時半まで滞在された。猛暑が戻ってきたような蒸し暑さでしたが、愛子は片手にグッチのバックを提げ広い園内を歩き回り、
    雅子もお疲れの様子は全くありませんでした。」≪週刊文春9/19≫(※那須どうぶつ王国営業時間9時~17時)
   【暫定】★9/2テディベアミュージアム(徳仁+愛子のみ目撃談)「那須のテディベアミュージアムに皇太子様来てるー!!!かぶった! 2013年9月2日16:19 王子様 愛子様もいました^o^」≪Part2646-904≫
   「9/4 那須塩原発16時30分 東京着17時44分 なすの278 11号グリーン車が予約不能」≪Part2646-290≫

欠席編集

8月 2日 ご進講(第5回国際デザイン学会連合国際会議 組織・運営委員会委員長,副委員長)(東宮御所)
      ご会釈(人事異動者)(東宮御所)→離任アメリカ大使には接見【選り好み】 【レイシスト
8月3日~4日 【山口県】第16回『日本ジャンボリー』「皇太子は雅子からのお見舞いの言葉も伝えたという」≪朝日新聞8/3≫
8月 5日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
8月 7日 日本赤十字社『第44回フローレンス・ナイチンゲール記章授与式および茶話会』ご臨席(港区・東京プリンスホテル)
      「名誉総裁の皇后さま、名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さま、常陸宮妃華子さま、高円宮妃久子さまもご臨席。
       名誉副総裁で病気療養中の皇太子妃雅子はお出ましにならなかった」≪産経ニュース8/7≫→前日、OECD東北スクールには出席【選り好み
      ご接見(離任スロバキア大使)(東宮御所)【レイシスト
8月 8日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)→翌日、イングリッシュセミナー付き添い【翌日シリーズ
8月 9日 ご接見(赴任大使(ケニア,デンマーク,チェコ))(東宮御所)→愛子のイングリッシュセミナーに付き添い。【同日シリーズ
8月21日 ご接見(赴任大使(モーリタニア,パキスタン,ホンジュラス,エルサルバドル))(東宮御所)
      ご覧(特別展「和様の書」)(東京国立博物館)
8月22日 ご接見(赴任大使(オーストリア,ウガンダ,パラオ,コスタリカ))(東宮御所)→翌日、那須静養へ元気に出発【翌日シリーズ
8月27日 第5回国際デザイン学会連合国際会議8/26~30日(芝浦工業大学豊洲キャンパス)徳仁ひとり26日夕方那須から帰京、27日那須へとんぼ返り
      「26日本日の新幹線予約状況ですが、なすの280号那須塩原駅発18時32分、東京駅着19時44分。グリーン車-:予約できません」≪Part2640-554≫

※ナルちゃんソロ活動編集

8月 8日 【暫定】愛子学習院イングリッシュセミナー(霞が関ビル・霞会館)
      「天皇みちこ様がうちの現場に来ていた。 ? at 霞が関ビル- 52分前」「ビルに皇太子が来るらしい。警察厳重すぎぃー- 1時間前」≪8/8 part2631-858≫

2013年7月編集

出席編集

7月 7日 学習院OB管弦楽団第67回定期演奏会(東京芸術劇場)奇跡の一本松「震災ビオラ」徳仁演奏「演奏会は両陛下も鑑賞される」≪フジ系ニュース7/5≫
      「病気療養中の雅子さまも7日、急きょ出席することになり」≪日テレ系ニュース7/7≫【ドタ出
      「出席の連絡があったのは開演わずか二時間前」≪週刊文春7/18号≫
      「両陛下が鑑賞予定と宮内庁7/1発表、二日後小町東宮大夫『雅子も出席するかも』会見」≪週刊新潮7/18号≫ 
7月 9日 宮内庁楽部演奏会(皇居・桃華楽堂)<両陛下、皇太子夫妻、秋篠宮家眞子さま、常陸宮妃華子さま同席>→同日、愛子水泳授業参観を欠席、岡山公務欠席も公表
      「病気療養中の雅子さまは、7日の学習院OB管弦楽団の演奏会に引き続いて急きょ、当日に出席が決まった。」≪日テレ系ニュース7/9≫【ドタ出
      ご会釈(人事異動者)(東宮御所)→ご接見(離任ラトビア大使)には出ず【選り好み】【レイシスト
7月12日 「菊栄親睦会」晩餐(皇居・御所)→ご接見(離任ドミニカ共和国大使)には出ず【選り好み】【レイシスト
      「両陛下が催され、皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻、眞子さま、常陸宮ご夫妻が出席された。」≪産経皇室ウイークリー7/13≫
7月16日 学習院クラスお食事会 懐石料亭「花がすみ」(赤坂・明治記念館)【外食
      「ついこの間、雅子様から『今年はいつクラスのお食事会があるの?』とお問い合わせがありました。
      とても楽しそうでいらっしゃるので『いっそ雅子様が幹事をなさればいい』とみんな言っているんですよ。(学習院関係者)」≪週刊文春7/4号≫
      「元気そうなご様子でした(居合わせた女性客の目撃談)」1年前には今回と同じ料亭で幼稚園のママ会があったがドタキャン
      「雅子が和食をご希望との事で、昨年3月と6月にある料亭でママ会があったが直前にキャンセル。今回は三度目の正直だった(学習院関係者)」≪週刊女性8/6号≫
7月19日 ご進講(外務省国際情報統括官)(東宮御所)
7月22日 ご進講(復興推進委員会委員長)(東宮御所)
7月28日 『沼津海浜教育』私的見学→同日、【六大行啓】である大分・全国高校総体を欠席【同日シリーズ
      (静岡県沼津市での学習院初等科6年生7/25~30日4泊5日遠泳合宿)「保護者見学日は7/28」≪週刊女性7/23-30号≫
      「愛子様の泳ぎをご覧になりたいとの希望で体調が許せば沼津にいらっしゃる。との発表が19日の東宮大夫会見でありました。」≪週刊女性8/6号≫
      「ご公務の日程調整の関係で愛子さまの水泳の授業が見られなかった。愛子様が雅子様の沼津参観を望んでいる。と小町が会見」≪週刊女性8/13号≫

      「今日は、学習院の子供達が大勢で泳いでおりました。あいこさまがいるとかいないとか…
       学習ですので撮影は禁止。警備の人が何人も座っておりました。(7月26日 沼津個人blog情報)」≪避難所part42-785≫
      「(ツイッター情報)今、うちの近所の学習院の保養所に愛子様と雅子様がいらっしゃった~(^-^) 家族は見てきたって(゜∇^d)!! 2013/07/28 11:37:10
       愛子様と雅子様近所に滞在中~見ずに出掛けて来てしまった!2013/07/28 11:58:56」≪避難所part42-635.640≫   
   
      「宮内庁東宮職によると、午後の水泳練習の様子を2時間近く見守り、愛子さまの同級生の家族や指導する先生と歓談したという。」≪朝日新聞7/28 22時50分≫
      「雅子さまは、愛子さまが平泳ぎやボートからの飛び込みを練習する様子を海岸から約2時間見学した。
       29日は6年生がグループごとに分かれて遠泳をする。」≪時事通信7/29≫
      「雅子さまはほかの児童の保護者とともに、28日午後2時半ごろから浜に出て、愛子さまたちの水泳練習をご覧になったということです。
       今回、皇太子さまは大分県を訪問しているため、雅子さまお一人でのご参観となりました。」≪テレ朝ニュース7/29≫
      「皇太子さまは6日間にわたる岡山、大分県ご訪問の途中で、参観には雅子さまだけで赴かれた。
       病気療養中の雅子さまは、皇太子さまのご訪問への同行は見合わされていた。 」≪産経ニュース7/29≫→公務を堂々病欠し私的遠泳見学【同日シリーズ
      「宮内庁東宮職は宮内記者会に対し、この日の雅子さま参観について、雅子さまが住まいの東宮御所に戻るまで報道しないよう異例の要請をした。
       皇太子さまは高校総体の総合開会式出席のため大分県を訪問中。
       雅子さまは暑さの中での日程的な負担もあり、医師の判断で同県訪問を見送ったという。 」≪スポニチ7/29/魚拓≫
           ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
      「気象庁の過去天気(沼津に最寄の三島)14時 晴れ31.6℃、15時 晴れ30.3℃、普通にカンカン照りで30度超えてます。」≪避難所Part42-930≫
      「70人ほどの保護者が参観していました。この日は、じりじりと焼けつくような暑さだったため、大半の保護者が途中で引き上げる中、
       雅子はサングラスに日傘姿で、最後まで熱心に見学。薄いベージュのジャケットに白いパンツ姿の雅子は、浜辺にある参観場所で、身を乗り出されるようにして
       愛子の泳ぎを見守られた。<雅子さま、サングラスに日傘姿で万感の「校外水泳」参観>≪女性セブン8/15号≫
      「雅子は岡山と大分の公務を暑さを避けるためキャンセル。その代わり近場の活動は活発だ。学習院のコンサート、沼津の遠泳見学など。【同日シリーズ
       私的な活動と公務を一緒にするな。」≪週刊朝日8/16-23号≫
      「ご公務への復帰がままならない中、私的なイベントには足を運ばれる。沼津遠泳の28日は朝9時半に出発し、お戻りが夜9時45分。
       猛暑の中でこのハードスケジュールをこなせるのであれば、ご公務も……。」≪週刊新潮8/15-22号≫
      「私的な行事が増えれば増えるほど、公務よりもそちらを優先していると国民には映ることでしょう。
      それでは皇太子妃として落第だと言われかねません。(陛下のご学友・橋本明氏)」≪週刊新潮7/11≫
7月31日 ご接見(赴任大使(国際連合日本政府代表部))(東宮御所)→国連赴任大使には会い、皇室伝統公務である豆記者には会わず【選り好み

欠席編集

6月30日~7月1日 【山梨県】第28回国民文化祭「富士の国やまなし国文祭」【六大行啓】→前代未聞のドタ出ドタキャン事件発生
     ≪6/4山梨県プレスで徳仁のみ出席と発表→6/28雅子ドタ出発表→6/29夜9時頃ドタキャン発表→6/30異例メッセージ公表≫【伝書鳩
7月 1日 静岡県沼津遠泳保護者説明会を欠席「東宮職も直前までいらっしゃるかどうか分からなかったそうです。」≪週刊文春7/11号≫
7月 3日 ご会釈(人事異動者)(東宮御所)
7月 4日~6日 【福岡県】第49回献血運動推進全国大会【六大行啓】≪6/13福岡県庁プレス≫で徳仁のみ出席と発表
7月 8日 茶会(日本芸術院賞平成24年度受賞者及び新会員等)ご陪席(宮殿)「両陛下や皇太子さま、それに秋篠宮ご夫妻と懇談」≪NHKニュース7/8≫
7月 9日 学習院 水泳授業参観「愛子さま優先から一転、プール参観を控えられてご公務へ」≪女性セブン7/25号≫→後日、この欠席を沼津遠泳への動機に利用 
     ご接見(離任ラトビア大使)(東宮御所)「皇太子は接見+宮内庁楽部の演奏会鑑賞予定」≪週刊女性7/23-30号≫
7月12日 ご接見(離任ドミニカ共和国大使)(東宮御所)【レイシスト
7月24日~26日 【岡山県】独立行政法人航海訓練所 練習船大成丸代船『命名・進水式』「雅子さまは同行されない予定」≪山陽新聞7/9≫
    26~29日の大分公務と連続させ、異例の「6日連続地方公務」を設定、この日程を理由に雅子は計画的に公務を休み愛子の遠泳見学へ
    <皇太子さま、岡山・大分へ異例の「連続」地方公務>
     「宮内庁によると、二つの地方公務が続くのは珍しく、担当侍従や侍医も各県で交代するという」≪朝日新聞7/24/魚拓≫
     「皇太子さまは24日から岡山県を訪問し、26日には大分県へ移動されていた。
      病気療養中の雅子さまは、皇太子さまのご訪問への同行は見合わされていた。」≪産経ニュース7/29≫
     (岡山全日空ホテル泊≪県プレス7/5≫)←「24~26日全館宿泊予約不可&高層階レストラン終日close」≪避難所part40-345.370≫
7月26日~29日 【大分県】全国高等学校総合体育大会『2013未来をつなぐ北部九州総体』【六大行啓
    ※28日総体当日、雅子は 六大行啓公務を「病気療養中」「暑さはご負担」で欠席し、愛子の沼津海浜水泳見学に私的外出→【同日シリーズ
     「皇太子さまは6日間にわたる岡山、大分県ご訪問の途中で、参観には雅子さまだけで赴かれた。
      病気療養中の雅子さまは、皇太子さまのご訪問への同行は見合わされていた。」≪産経ニュース7/29≫
     「雅子さまは暑さの中での日程的な負担もあり、医師の判断で同県訪問を見送ったという。」≪スポニチ7/29/魚拓≫
     (大分オアシスタワーホテル泊)「26日~8/3まで全館予約できません」≪Part2625-441≫
7月30日 明治天皇例祭の儀「陛下は、明治天皇が崩御した日に当たる7月30日、皇居・皇霊殿で明治天皇例祭に臨まれた。
      皇太子さまをはじめ皇族方もお出ましになったが、皇后さまは、首から肩にかけて激しい痛みが出る頸椎症性神経根症に配慮し、
      医師の勧めで控えられた。病気療養中の皇太子妃雅子さまもお出ましにならなかった。」≪産経皇室ウイークリー8/3≫
7月31日 ご接見(第52次本土派遣沖縄豆記者)(東宮御所)→ 沖縄から来た豆記者と会わず、雅子は国連赴任大使のみと接見【選り好み
7月 <雅子さま、次は「愛子さまと7月英国へ!」のハードル>≪女性セブン6/6号≫

2013年6月編集

出席編集

6月 1日 学習院初等科「全校参観日」に夫妻で授業参観
      「皇太子ご夫妻は、1日の学習院初等科の全校参観日に、長女の敬宮愛子さまが授業を受けられる様子をご覧になった。」≪産経皇室ウイークリー6/8≫
      「雅子のお元気そうな様子が保護者の間でも際立っていた。
       雅子ははしゃいだように他のお母さまに『おたくのお子さんって、最近沼津の遠泳に向けて髪を切られたの?お似合いね。』
       などと積極的に話しかけていた。一緒にいらした皇太子はあまりお話しになりませんから、よけいに目立っていました。」≪週刊文春6/20号≫
      「参観後同級生のママ友と児童3組を極秘に東宮御所に招く」≪女性セブン6/20号≫
6月 6日 故寬仁親王喪儀 墓所一周年祭の儀(豊島岡墓地)→【ドタ出
      「当初、欠席の発表だった雅子さまも参列され、先月末に完成した墓所で皇族方は一人一人拝礼し、寛仁さまをしのばれた。」≪日テレ6/6≫
6月 9日 徳仁雅子結婚20周年記念 食事会 <両陛下・秋篠宮両殿下・黒田清子さまご夫妻・池田礼子夫妻・渋谷節子夫妻が出席>【礼節姉妹】【しょっちゅう会ってるシリーズ
6月10日 皇太子スペイン訪問出発 お見送り(東宮御所玄関前)<雅子が報道陣に「昨日はいろいろありがとうございました」と声をかける異例の事件。> 
6月14日 【暫定】雅子が愛子を連れ、頸椎症性神経根症による体力低下で静養する皇后陛下を御所にお見舞い
     「雅子さま、皇后さまをお見舞い=愛子さま伴い、皇居・御所へ」≪時事通信6/14≫
     ニュース映像や画像/拡大画像で黒真珠を身に着けて見舞いに?!と世の常識とかけ離れた雅子の装いに騒然となる。
     「皇后さまへのお見舞いの品として雅子はスープをお持ちに。皇太子がスペイン語訪問中、天皇陛下が葉山ご滞在中のことです。
     御所にお越しになった雅子と愛子は午後6時半頃から30分ほどご三方で過ごされました。(宮内庁関係者)」≪週刊文春6/27号≫ 
     「御所で静養中の皇后さまには娘の黒田清子さまが6/10~15まで6日間付き添われた。大袈裟にしたくないとの皇后さまのご意向で
     皇太子家と秋篠宮家に関しては、お見舞いはまだ実現しておりません。(宮内庁関係者)」≪週刊現代7/13号≫
     ※この現代の記事により、雅子は黒真珠姿で愛子と御所に入っていったが、「見舞いロケだけ」で実は見舞っていない疑惑が浮上。【押しかけ
6月16日 皇太子スペイン訪問帰国 愛子とお出迎え(東宮御所玄関前)<全員が深々とお辞儀する中、愛子一人お辞儀せず事件。>
     →午前中、香淳皇后例祭の儀(皇霊殿)の重要祭祀を欠席【選り好み
6月25日 ご接見(青年海外協力隊帰国隊員)(東宮御所)

欠席編集

6月 3日 茶会(第5回アフリカ開発会議に出席する各国首脳夫妻等)
      ご陪席(宮殿、両陛下・徳仁・秋篠宮両殿下・常陸宮両殿下・三笠宮家彬子女王殿下・高円宮家久子妃承子女王典子女王出席)
6月 4日 学習院初等科修学旅行 愛子見送り欠席
     「ほとんどの保護者が来ていたが雅子は欠席。『昼夜逆転の雅子さまには朝早すぎるのかしら』ともっぱらの噂でした。(学習院関係者)」≪週刊文春6/20号≫
     「愛子さまは4~6日、修学旅行で奈良県を訪問された。法隆寺、東大寺などをお友達と一緒に熱心に見学されたという。」≪産経皇室ウイークリー6/8≫
      「奈良を訪れた愛子さま」≪週刊新潮6/20≫モノクログラビア≫
      ご説明(在フランス大使(フランス大統領閣下及びトリエルヴェレール女史「国賓」来日につき))ご陪席(御所)
      ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
      ご接見(「水と災害ハイレベル・パネル」第1回会合出席者)(東宮御所)
6月 5日 ご鑑賞(ユーリ・バシュメット&モスクワ・ソロイスツ合奏団)(東京オペラシティ コンサートホール)
6月 6日 学習院初等科修学旅行 愛子出迎え「東京駅で集合・解散のため出迎えの保護者が多かったが、雅子はいなかった。」≪週刊女性7/9号≫
      故寬仁親王喪儀 権舎一周年祭の儀(寬仁親王邸)
      「宮内庁によると、療養中の寛仁親王妃信子さま、皇太子妃雅子さまは参列されなかったという。」≪産経新聞6/6≫
      記者会見(スペインご訪問につき)(東宮御所)
6月 7日 歓迎行事(フランス大統領閣下及びトリエルヴェレール女史「国賓」)(宮殿)
      宮中晩餐(フランス大統領閣下及びトリエルヴェレール女史「国賓」)(宮殿)
6月10~16日 日本スペイン交流400周年記念スペイン公式訪問
         <雅子同行画策中≪週刊女性1/29号≫→雅子同行希望≪週刊新潮2/28号≫→5/10徳仁のみと宮内庁発表→5/21徳仁のみで閣議了承>
6月16日 香淳皇后例祭の儀(皇霊殿)→重要祭祀を欠席し、午後、スペイン帰国出迎えにニラニラ登場【選り好み
      「午前中の香淳皇后を偲ぶ命日の例祭に欠席、一方でスペインから帰国した皇太子の出迎えには車寄せに笑顔で姿を見せた。」≪選択7月号≫
      <皇后さま、お疲れ押して宮中祭祀に 雅子さまと愛子さま、ご帰国の皇太子さまをそろってお出迎え>≪産経皇室ウィークリー6/22≫
      「皇后さまは『出るのをやめてしまうと祭祀の伝承が途絶えてしまう』という強い危惧を抱かれており、おでましになった(宮内庁高橋侍従次長)」
      「心配を抱かれる原因は、本来継がれるべき雅子が毎回ご欠席だからなのは明らか。宮中三殿での祭祀に出られたのは、この10年間で2回のみ。」
      「皇后には年14の祭祀がある。未来永劫、今のような祭祀の状態が続いていいはずがない。次世代の皇族方との相談が必要(宮内庁高橋侍従次長)」
      「“継承予定者”のご不在もあり、満身創痍の皇后さまはなかなか後任に委ねることができない。」≪週刊新潮7/4号≫
6月17日 茶会(日本学士院賞本年度受賞者及び新会員等)ご陪席(宮殿)
6月18日 宮城の被災地訪問予定を夫婦でドタキャン 「皇太子ご夫妻、宮城の被災地訪問へ 6月18日軸に検討」≪朝日新聞5/13≫
     「今回ばかりは突然の取り止めなど通用しないケースです。被災地からは批判の声が上がり、感情的なしこりが後々残るのは必至。妃殿下のみならず、
      ひいては皇室のイメージダウンは免れません。」<ご多忙「紀子妃」に負けじと「6・18」初公務ドタキャン厳禁の被災地訪問「雅子妃」の重圧>≪週刊新潮5/30号≫
      「6月18日は 東京発10:56 仙台着12:37 こまち31号グリーン車 仙台発18:12 東京着19:48 はやぶさ14号グリーン車 で決定と思われます。」≪Part2592-821≫
      「訪問10日前に「雅子さまの体調考慮」でドタキャン
       最後の被災地訪問2011年8月から2年間、ご夫妻での被災地訪問は水面下で何度か検討されたが、いずれも延期されている。
       今年になり、被災地訪問延期は4月、5月に続きこれで3度目。」<「雅子さま」想定内のキャンセルに10秒絶句「陛下」の胸中>≪週刊新潮6/27号≫
      「5月のオランダ訪問に先立ち、4月のプランは立ち消え、その後は5月28日、6月18日と具体的なプランが組まれたものの、
       いずれも期日近くになって内々に取り止められてきた。理由はもちろん雅子さまのご体調が思わしくない事に尽きます。
       6月7日に『無期延期』の通達があり、すべて白紙に。(県警関係者)」≪週刊新潮7/25号≫
      「二年前、東宮大夫の定例会見で筆者は野村氏に『皇太子妃は精神疾患を抱え、ほとんどの公務が皇太子単独となっている。
       被災地訪問は夫妻そろってということにこだわっているように見えるがどのようなお気持ちからか』と質問した。大夫は不快そうに
       『殿下御一人でも行けと言いたいのですか。大災害お見舞いという重い勤めは両殿下で、というのは自然なお気持ちではないか』と答えた。
       ほとんどの重要公務や祭祀が皇太子単独で常態化しているだけに違和感を覚えたし、今も違和感は解消されていない。
       今回の宮城県訪問も、野村氏のインタビュー記事が掲載されたのと時を同じくしてキャンセルという皮肉な巡り合わせとなり、
       皇太子単独での訪問という対応もされなかった。この二年間、両陛下や秋篠宮家ほか他の皇族は何度も被災地に足を運んで避難所を訪れたり
       復興・除染作業を励ましたりしているが、皇太子夫妻は一度も現地入りしていない。」 ≪選択7月号 皇室の風 岩井克己≫
6月19日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
6月20日 ご接見(外国大使(ボスニア・ヘルツェゴビナ,エルサルバドル,ネパール,ロシア,マリ,ベナン,ブルネイ,イラン,パキスタン))(東宮御所)
6月25日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
6月26日 ご接見(外国大使(ペルー,バングラデシュ,コソボ,ブルガリア,キューバ,トンガ,リトアニア,タイ,英国,ボツワナ,ガーナ))(東宮御所)
6月27日 ご接見(マンスフィールド研修員)(東宮御所)「体調が良ければお出になろうとしたけれども結局お出ましになれなかった行事があった(中略)
      マンスフィールド研修員との御接見です。(東宮侍従)」≪山梨県庁・行啓記者会見6/30≫→【ドタキャン】【行啓主務官】
6月28日 ご接見(第42回技能五輪国際大会日本選手団)(東宮御所)
      ご会釈(人事異動者)(東宮御所)
6月30日~7月1日 【山梨県】第28回国民文化祭「富士の国やまなし国文祭」【六大行啓
     <6/4山梨県プレスで徳仁のみ出席と発表→6/28雅子ドタ出発表→6/29夜9時ドタキャン発表→6/30異例メッセージ公表
     →前代未聞の【六大行啓】 2日前にドタ出発表、前日ドタキャン事件発生 <山梨県・県勢概要御聴取後の東宮職との共同記者会見>より
東宮職「多分、私個人の感想になってしまうかもしれませんが、妃殿下としては、何とか行かれたいというお気持ちが非常に強くしてらっしゃったと思います。それで何とか今の状況の中で行けないかということに、いろいろと考えて何とかできないか、というお気持ちが強かったので、お医者様と相談の上でありましたが、ちょっと今回は無理というご判断があった時に、こういうことだけでもお伝えしたいという気持ちがあったのではないか、そういうお気持ちで殿下にお伝えになったと思います。」
記者「ここ数日間体調が優れないというのは、特にお風邪とかではなくて普段の体調の波の中でのことですか。」
東宮職「私、実はこの数日間お会いしてないので詳しいことは分からないのですが、恐らくお風邪とかではないと伺っておりますので、そういうご体調の状況によるのだと思います。この数日間で、体調が良ければお出になろうとしたけれども結局お出ましになれなかった行事があったので、お出掛けとかではなく、御所内の御接見などですが、ベストコンディションではいらっしゃらなかったのだと思います。」≪山梨県庁・行啓記者会見6/30≫【行啓主務官】 <【東宮崩壊】 富士山世界遺産に水を差す-雅子さま山梨ご訪問“前日ドタキャン”の深刻度>≪週刊文春7/11号≫
  「いらっしゃれないんだったら、最初から来るなんて言わなきゃいいんですよ!(山梨県関係者)」 <異例の弁明を発表した「雅子妃」に一言ある人-山梨公務キャンセル!>≪週刊新潮7/11≫
  「ご公務のドタキャンだけならば、特に驚かない方もいるかもしれない。
  しかしこのほど雅子妃は、皇太子さまを通じその『弁明』を発表されたのである。
  だから只事ではなくなった。異例のお振る舞いに対して、識者たちの一言とは――。」  直前になって急きょドタ出発表したにもかかわらず、「この数日体調がすぐれず」という矛盾した欠席理由をしたためた
 雅子のメッセージのメモを山梨県知事に対し読み上げたという徳仁は、その間抜けぶりに 【伝書鳩】 の異名を得るハメに。
雅子のメッセージ全文
  今回の山梨県への訪問には、できれば殿下とご一緒したいと思い、楽しみにしておりましたが、
 この数日体調がすぐれずお医者様と相談の上、残念ながら失礼することになりました。
  せっかくの機会をいただきましたのに、皆様のお気持ちにお応えすることができず、大変心苦しく、また残念に思っております。
 また、改めまして、山梨県を訪問できます日を楽しみにしたいと思います。
 そして、今回の国民文化祭やまなし2013のご成功を心よりお祈りしております。

※ナルちゃんソロ活動編集

6月19日 学習院で芸術鑑賞行事あり、愛子はお友達とSPとで電車乗り継ぎ。雅子はいなかったが、いない割には警備はピリピリムード。
      同日、徳仁は学習院に居たので自分の用の合間に顔を出した。≪週刊女性7/9号≫
6月22日 私的鑑賞 第70回 学習院大学史料館講座「音を創る・音をつなぐ―製作者でもなく、演奏家でもない“楽器”が主役のコンサート―」(学習院創立百周年記念会館正堂)講師…松下敏幸 演奏…浦川宜也、石井いずみ、兎束俊之、岩崎淑、クヮルテット・ヒムヌス
  「最近数回の史料館講座に比べても、観客が多い。皇太子殿下のご臨席があるかと思っていたけれどありました。今回は2階最前列にご着席。(中略)皇太子殿下をこの史料館講座でお見かけするのは今回で5回目。」≪学習院大卒業生Blog 2013年6月22日

2013年5月編集

出席編集

4月28日~5月3日 オランダ訪問 
(4月30日 新国王即位式・記念集合写真撮影・レセプションには雅子出席)
  「ご夫妻はその後、王宮で各国の王族とともに新国王夫妻を囲み、記念撮影。引き続き行われたお祝いのレセプションにも出席し、
  午後5時ごろにホテルに戻った。」≪時事通信4/30≫
  「16.30-18.00 Reception for royal and foreign missions, 中略 in the Royal Palace Amsterdam.」≪オランダ王室公式HP即位式式次第ページ≫
5月 1日 ホテルオークラアムステルダムでの夕方の在蘭邦人27名との懇談は欠席したが、
  懇談終了後に外務省先輩の国際刑事裁判所判事・尾崎久仁子氏と、知人ハープ奏者長澤真澄氏とだけは別室懇談【選り好み
  18時頃小和田恒・優美子夫妻がホテルオークラアムステルダム訪問、22時過ぎまで共に水入らずで過ごす【同日シリーズ】【しょっちゅう会ってるシリーズ
5月 6日 ご挨拶(オランダご訪問からご帰国につき,天皇皇后両陛下にご挨拶)(御所、夕食会付き)、朝日新聞5/6と毎日新聞5/6は愛子が後から御所訪問したと報じる
5月22日 特別展「グレートジャーニー 人類の旅」を徳仁同伴で私的鑑賞(国立科学博物館、17時閉館後の模様)→同日、外国大使接見は欠席【同日シリーズ
  「東宮職は「私的な訪問」を理由に、現地で取材しないよう求めた。」≪スポニチ5/22≫
5月24日 ご進講(外務省国際情報統括官)(東宮御所)→ご説明(外務省欧州局長)は欠席【選り好み
  「24日には、ご夫妻で外務省国際情報統括官から進講を受けられた。」≪産経皇室ウイークリー5/25≫
5月26日 ご臨席(学習院幼稚園再開園50周年記念式典)(学習院創立百周年記念会館)
  「雅子さまは来賓席、制服姿の愛子さまは友人たちと卒園生席で式典を見守った。」≪時事通信5/26≫
  「(雅子は)体調を考慮し、壇上の皇太子さまとは別に会場の客席に座った。愛子さまは卒園生として参加した。」≪産経新聞5/26≫
5月31日 ご進講(復興推進委員会委員長)(東宮御所)→青年海外協力隊への接見は欠席【選り好み

欠席編集

(4月29日 オランダのベアトリックス女王陛下主催晩餐会(オランダ国立美術館)) 
(4月30日 ヴィレム=アレクサンダー新国王水上パレード、新国王王妃主催晩餐会)→同日、即位式、写真撮影、レセプションのみ出席【選り好み
5月 1日 即位式翌日朝食会
      オランダ在住邦人27名との懇談(宿泊先であるホテルオークラアムステルダム)→内、友人2名だけ呼び出し別室懇談【選り好み
5月GW 恒例の東宮一家御用邸静養の予定が入っておらず≪週刊文春4/18号≫
5月 7日 オランダご訪問からご帰国につき,賢所皇霊殿神殿に謁するの儀(宮中三殿)
5月 8日 全国赤十字大会(明治神宮会館、皇后陛下・秋篠宮妃殿下・常陸宮妃殿下出席)
5月 9日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
5月11日 江戸川区スポーツランド・スケートリンク5月土日の開放予定で13時~(通常は10時~)徳仁愛子出席≪女性セブン5/30号≫
5月13日 ご覧(特別展「グレートジャーニー 人類の旅」)(国立科学博物館、月曜休館日)
       ご接見(外国大使(ラオス,南アフリカ,シンガポール,アルメニア,ニュージーランド,ポーランド,オランダ,イタリア,マーシャル))(東宮御所)
5月15日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
       ご接見(離任大韓民国大使)(東宮御所)【レイシスト
5月17~19日 【三重県】第24回全国「みどりの愛護」のつどい等≪4/26三重県庁プレスが徳仁のみと発表≫【六大行啓
5月20日 ご覧(特別展「国宝 大神社展」)(東京国立博物館(平成館))
5月22日 ご接見(外国大使(デンマーク,コートジボワール,ベラルーシ,ルーマニア,トルコ,オーストリア,ウルグアイ,インド,カナダ))(東宮御所)
5月23日 ご接見(ドイツ連邦参議院議長)(東宮御所)
       ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
       ご接見(タイ首相)(東宮御所)
5月24日 ご説明(外務省欧州局長)(東宮御所)
5月27日 ご覧(「ラファエロ」展)(国立西洋美術館)
5月28日 宮城被災地訪問予定を夫婦そろってドタキャン
      <雅子さま、美智子さまに決意のご報告「次は5月28日、被災地・宮城へ!」>≪女性自身5/28号≫
      「5月のオランダ訪問に先立ち、4月のプランは立ち消え、その後は5月28日、6月18日と具体的なプランが組まれたものの、
       いずれも期日近くになって内々に取り止められてきた。理由はもちろん雅子さまのご体調が思わしくない事に尽きます。(県警関係者)」≪週刊新潮7/25号≫
       ご接見(赴任大使(グルジア))(東宮御所)
       ご鑑賞(ヴィオラスペース2013)(上野学園石橋メモリアルホール)
5月30日 ご進講(早稲田大学文学学術院教授)(東宮御所)
       ご接見(青年海外協力隊(平成25年度駒ヶ根訓練所第1次隊派遣隊員))(東宮御所)
       ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
       ご接見(皇宮警察本部長表彰の永年勤続功労者)(東宮御所)
5月31日 ご接見(青年海外協力隊(平成25年度二本松訓練所第1次隊派遣隊員))(東宮御所)

※ナルちゃんソロ活動編集

5月 1日 シーボルトハウス見学予定だったのをドタキャン、宮内庁は認めず≪週刊女性5/28号≫
5月 2日 アムステルダムの海洋博物館視察
5月 8日 「学習院の学生さんのツイート2013/05/08 14:03 初めて皇太子さまに会いました(笑)しかも、まさかの生協で(笑)SPの多さに唖然(笑)」≪避難所Part25-454≫
      「2013/05/08 14:10 只今、皇太子殿下が学習院大学を御行幸されております。」≪避難所Part25-455≫
5月25日 「皇太子様が我が家の近くの道を通られるらしく。警察がそこら辺で駐車してる車とか散らしてる 18:24 5月25日(土) 」≪Part2594-254ツイッター≫
      「目白通り歩いてたらランプONの覆面PCを先頭にPCとか白バイの5台くらいの車列が過ぎてった。
       なんかものものしげだったけどなんかあったんかしら。お巡りさん信号操作してるの初めて目撃した。21:43 5月25日(土) 」≪Part2594-847ツイッター≫

2013年4月編集

出席編集

4月 1日 ご会釈(人事異動者)(東宮御所)
4月 5日 ご会釈(人事異動者)(東宮御所)→ご会釈(勤労奉仕団)とご接見(日独学士会)には出ず【選り好み
4月 7日 極秘扱いで東宮一家が御所訪問し両陛下と食事会、4月末オランダ訪問について雅子意思確認のため?≪週刊文春4/18号、女性セブン4/25号≫
4月10日 天皇皇后両陛下結婚記念夕食会(東宮御所、両陛下・東宮一家・秋篠宮ご一家出席)≪毎日新聞4/10、FNN4/10≫
4月11日 ご進講(外務省国際情報統括官)(東宮御所)にドタ出ご会釈(勤労奉仕団)には出ず【選り好み
  「11日午後には外務省国際情報統括官を住まいの東宮御所に招き、急きょ雅子さまも出席して2人で説明を受けた。」≪スポニチ4/11≫
4月14日 オール学習院の集い
4月23日 ご接見(ベルギー王女アストリッド殿下)(東宮御所)にドタ出、車寄せでの出迎えは徳仁のみ)
  「皇太子ご夫妻も同日夕、東宮御所で王女と懇談された。宮内庁によると、当初、懇談は皇太子さまのみの予定だったが、雅子さまも加わられた。」≪読売新聞4/23≫
4月26日 オランダ訪問前の両陛下へのご挨拶→ご参拝(宮中三殿)には出ず【選り好み
4月28日~5月3日 オランダ訪問
4月28日~5月3日 オランダ訪問 
4月30日 新国王即位式・記念集合写真撮影・レセプションには雅子出席→同日、水上パレードと晩餐会には出ずという外交上失礼の極みな【選り好み
5月 1日 ホテルオークラアムステルダムでの夕方の在蘭邦人27名との懇談は欠席したが、懇談終了後に
  外務省先輩の国際刑事裁判所判事・尾崎久仁子氏と、知人ハープ奏者長沢真澄氏とだけは別室懇談【選り好み
  18時頃小和田恒・優美子夫妻がホテルオークラアムステルダム訪問、22時過ぎまで共に水入らずで過ごす【同日シリーズ】【しょっちゅう会ってるシリーズ
  蘭ベアトリクス女王退位・ヴィレム=アレクサンダー王太子即位式(4/30)等、雅子同行希望≪週刊新潮2/28号、女性セブン3/7号≫→雅子予定なし≪女性自身3/19号≫
  「来月30日に予定されているオランダの新国王即位式について、宮内庁の小町恭士東宮大夫は29日の定例会見で、オランダ側から外交ルートを通じ、
  皇太子ご夫妻を招待したいとの打診があったことを明らかにした。小町東宮大夫は「意向は承知しているが、(出席は)まだ決まっていない」とした。」≪北日本新聞3/29≫
  「宮内庁の小町恭士東宮大夫は29日の定例会見で「正式な招待状は届いていない」としたが、宮内庁関係者によると、
  大使館などの外交ルートを通じ「皇太子ご夫妻でお越しください」との趣旨のお招きがすでにあったという。」≪MSN産経皇室ウイークリー3/30≫
  「日本から皇太子ご夫妻を招きたいとの打診がオランダから外交ルートを通じて来ていることを、
  宮内庁の小町恭士東宮大夫が29日の記者会見で明らかにした。正式な招待状はまだ届いていないという。」≪朝日新聞3/30≫
  週刊女性4/16号<雅子さま 6年ぶり「オランダ」より2年ぶり「被災地」優先のご決断>
  「この(4/5東宮大夫定例)会見では、ご夫妻で訪問されるかどうか、結論が出ていないことが明らかにされた。正式な招待状は、今週前半(4/1-3)に届いたという。
  病気療養中の雅子さまがご訪問できるかについての検討に当たっては、東宮職医師団も加わっているとした。」≪MSN産経皇室ウイークリー4/6≫
  山本宮内庁次長4/8定例会見・風岡宮内庁長官4/11定例会見で、「(雅子と二人揃って東宮夫妻が4月末訪蘭するかどうか)一刻も早く決めていただきたいと強くお願いしている」と揃って異例発言、訪蘭の件が4/12・16閣議に上らず
  4/17(水)宮内庁定例会見も閣議もないのに、徳仁雅子訪蘭の「見通し」「方針が固まる」「最終調整」「閣議の了承を経て」と、本決まりでない段階で広くマスコミ報道
  4/19(金)閣議了解。「井上暁東宮侍医長のほか、雅子さまの適応障害の治療を担当する東宮職医師団の精神科医・大野裕氏も随行する。」≪産経新聞4/19≫
4月28日~5月3日 オランダ訪問 
4月30日 新国王即位式・記念集合写真撮影・レセプションには雅子出席
  「ご夫妻はその後、王宮で各国の王族とともに新国王夫妻を囲み、記念撮影。引き続き行われたお祝いのレセプションにも出席し、午後5時ごろにホテルに戻った。」≪時事通信4/30≫
  「16.30-18.00 Reception for royal and foreign missions, 中略 in the Royal Palace Amsterdam.」≪オランダ王室公式HP即位式式次第ページ≫

欠席編集

4月 3日 神武天皇祭皇霊殿の儀(皇霊殿)
       皇霊殿御神楽の儀(皇霊殿)
4月 4日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
       ご接見(平成24年度富士章受章代表スカウト)(東宮御所)
4月 5日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
       ご接見(日独学士会)(東宮御所)
4月 8日 午餐(メキシコ大統領閣下及び同令夫人)ご陪席(宮殿、両陛下・徳仁・秋篠宮両殿下出席)
4月11日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
4月12日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
       ご接見(赴任大使(ベネズエラ,カナダ兼国際民間航空機関日本政府代表部,ウルグアイ))(東宮御所)
4月16日 ご接見(アウン・サン・スー・チー氏)(東宮御所)
       ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
4月17日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
4月18日 園遊会(赤坂御苑)
4月19日 ご鑑賞(オペラ「魔笛」)(新国立劇場オペラ劇場)
4月20日 江戸川区スポーツランド・スケートリンク4月土日の開放予定で13時~(通常は10時~)→4/18午前キャンセル
4月23日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
4月24日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
       ご接見(行政官長期在外研究員)(東宮御所)
       ご会釈(宮内庁新規採用職員)(東宮御所)
4月26日 オランダ訪問前の宮中三殿拝礼≪女性自身5/7号で雅子欠席予定と記載≫
4月29日 オランダのベアトリックス女王陛下主催晩餐会(オランダ国立美術館)
4月30日 ヴィレム=アレクサンダー新国王水上パレード、新国王王妃主催晩餐会
4月 週刊女性4/16号<雅子さま 6年ぶり「オランダ」より2年ぶり「被災地」優先のご決断>→オランダ訪問を優先し、被災地訪問を夫婦でキャンセル

※ナルちゃんソロ活動編集

4月13日 オール学習院OB管弦楽団リハーサル≪Part2556-344・346画像付きツイッター「今日はオール学習院 皇太子様と共演」≫
4月15日 「いま皇太子さまとすれ違ったんだけど笑 本買ってたし。spすご笑 お目にかかれて光栄です。@学習院の書店 2013.04.15 14:01」≪避難所part18-648ツイッター≫

2013年3月編集

出席編集

3月 5日 米ニューヨークへ出発する徳仁見送り(東宮御所玄関前)
3月 8日 米ニューヨークから帰国した徳仁出迎え(午後5時頃東宮御所玄関前、愛子おらず)
3月11日 ご黙祷(東日本大震災発生から2年目に当たり)(東宮御所)→愛子も黙祷していたと12月になって後出し報道≪愛子12歳誕生日文・朝日新聞12/1≫
3月18日 ご鑑賞(音楽大学卒業生演奏会)(桃華楽堂、皇后陛下・徳仁雅子・秋篠宮殿下・高円宮家承子女王・典子女王出席)
3月26日奥志賀スキー静養移動の東京駅・長野駅で、雅子が「税金泥棒!」等と大声をかけられる事件発生。雑誌記事にまでなる。→【KZD】参照
3月26~29日 奥志賀スキー静養
  「列車確定。2013年3月26日火曜日東京長野新幹線グリーン車予約できませんは1本に絞られました。あさま 521号 11:44-13:23 7号車グリーン予約できません 8号車も予約できず。」≪Part2526-788≫
  「また東京着18時34分だね。3月29日あさま540号」≪Part2526-928≫、「03 月 29 日 長野 → 東京 あさま 540号 16:50 18:32  該当する席はありません。または予約できません」≪Part2526-931≫
  「長野駅周辺 交通規制の看板なし」「2010年の看板 今年はこの場所に看板が出ていない 東口にも見当たらなかった」≪Part2538-442・458≫
  「・・前略・・でも、コインロッカーが全て「調整中」で使えなくなっていて、イヤホンを付けた人が立っていたから、たぶん行くだろうって。」≪Part2540-723≫
  「それまでのご練習の成果もあり、上級者向けコースにも挑戦なさるなど、スキーが随分と上達なさいました。」≪愛子12歳誕生日文・朝日新聞12/1≫【優秀伝説

欠席編集

3月 3日 ご鑑賞(今井信子「憧れ」~70歳記念ヴィオラ協奏曲コンサート~)(東京オペラシティ コンサートホール)
  「今井信子70歳記念コンサート 演奏には満足ですが、2階中央がすべて招待。皇太子が来たため。来るのは構いませんが、
  チケット買って来てる客をバカにしてる。一般客を容疑者扱いするSPやらホールの案内係も非常に不快。」≪Part2528-56ツイッター≫
3月 4日 ご接見(国際オリンピック委員会(IOC)関係者)(東宮御所)≪猪瀬直樹東京都知事3/1定例記者会見≫
  猪瀬都知事会見では当初「皇太子殿下妃殿下ご夫妻と、まあお話をする、これは1時15分から、20分ぐらいです。」だったのが、
  会見終盤「先ほどの皇太子殿下ならびに妃殿下と申し上げましたが、IOC調査団が東宮御所、赤坂御用地、赤坂の御所の中で表敬するのは皇太子殿下、ということです。」と訂正。
       アメリカ合衆国ご旅行につき,賢所皇霊殿神殿に謁するの儀(宮中三殿)
       ご挨拶(アメリカ合衆国ご旅行につき,天皇皇后両陛下にご挨拶)(御所)
3月5~8日 徳仁が国連「水と災害に関する特別会合」のため米ニューヨーク訪問(私的旅行)
       雅子同行検討中≪女性自身1/29号≫→同行断念≪女性自身3/5号≫
3月 9日 アメリカ合衆国ご旅行からご帰国につき,賢所皇霊殿神殿に謁するの儀(宮中三殿)
       ご挨拶(アメリカ合衆国ご旅行からご帰国につき,天皇皇后両陛下にご挨拶)(御所)
3月12日 ご接見(青年海外協力隊(平成24年度二本松・駒ヶ根訓練所第4次隊派遣隊員))(東宮御所)
3月13日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
3月14日 午餐(スリランカ大統領閣下及び同令夫人)ご陪席(宮殿、両陛下・徳仁・常陸宮両殿下出席)
       ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
3月15日 ご接見(赴任大使(ウズベキスタン,エジプト))(東宮御所)
3月16日 江戸川スポーツランド・スケートリンク3月土日の開放予定で13時~(通常は10時~)→10時からに変更・キャンセル
3月19日 ご接見(第9回ヘルシー・ソサエティ賞受賞者)(東宮御所)
3月20日 春季皇霊祭・春季神殿祭の儀(皇霊殿・神殿)
3月21日 ご進講(外務省国際情報統括官)(東宮御所)
       ご接見(バーレーン皇太子殿下)(東宮御所)
3月22日 ご臨席(第1回「日本医師会 赤ひげ大賞」表彰式及びレセプション)(帝国ホテル)
3月21~24日 学習院初等科「5年雪の学校」(湯ノ丸高原、3泊4日)
  「学習院初等科5年生の愛子さまは、春休みに入ってから、長野県で4日間行われた学校主催の行事に参加し、冬の自然について学んだり、雪遊びを楽しまれたりしたということです。」≪NHK3/26、雅子同行情報なし≫
3月23日 江戸川スポーツランド・スケートリンク3月土日の開放予定で13時~(通常は10時~)→10時からに変更・キャンセル
3月 東日本大震災被災地訪問予定≪女性自身1/29号≫→結局徳仁雅子どちらも被災地訪問せず
『女性自身』2013年1月29日号<母娘“自立の新春”秘話! 雅子さま(49) 愛子さま(11)3泊4日“お独り旅行”の背中を押した「母の覚悟/」 新幹線も“お独り”で!ご両親と離れて長野・奥志賀スキーへ――>
p.47ページより引用
実はこの3月には、雅子さまがご出席を検討されているテーマもあるという。
 ある東宮職関係者によれば、
「1つは3月11日に発生から2年を迎える東日本大震災の関連行事へのご出席や、その前後での被災地ご訪問です」
 雅子さまは昨年12月の49歳のお誕生日のご感想も、
<東北の被災地は2度目の寒い冬を迎えています。被災された方々の一人でも多くが、十分に温かい住まいで、人々の心の温かさに包まれてこの冬を過ごすことができますように心から願っております>
 と、締めくくられている。
 雅子さまの被災地の人々への思いは強いのだ。
 雅子さまは昨年、ご公務での地方ご訪問はされなかった。しかし今後は愛子さまを東京に残されて、皇太子さまと地方ご公務をすることも見据えていらっしゃるのだろう。

2013年2月編集

出席編集

2月 2日 ご鑑賞(平成25年2月民俗芸能公演「東日本大震災復興支援 東北の芸能Ⅱ [宮城]伝承の技,つながる心」)(国立劇場)雅子【ドタ出
  「当初は皇太子さまお1人の予定だったが、雅子さまも体調を勘案して同行された。」≪産経新聞2/2≫
  「療養中の雅子さまの出席は、体調や負担を考慮して当日に決まった。」≪朝日新聞2/3≫
2月 3日 第28回東京私立小学校児童作品展(銀座松屋デパート)≪週刊新潮2/14号 雅子さま愛子さまの毎年恒例! 松屋デパート貸し切りショッピング≫【デパ地下
  愛子の友達&その家族も行ったが、どのタイミングで合流したかは不明。
  「銀座のマツヤで皇太子とまさこさまと愛子さまいた!!!目の前通った!!!やっばい! 2013/02/03 10:47:11 JST」≪Part2510-604≫
  「松屋銀座の東光試飲会、諸事情によりラスト2日11時からとなりました。 2013年2月3日 - 9:47」≪Part2510-651≫
2月 4日 夫妻揃って授業開始前の8:30から午前中学習院初等科授業参観≪女性セブン2/21号≫→同日、ご聴講(日本アジア協会年次総会特別講演)には出ず【同日シリーズ
  「4日午前は愛子さまの授業参観のため、ご夫妻で今年初めて、学習院初等科(新宿区)にお出ましに。理科、算数、図工の授業をご覧になった。」≪MSN産経皇室ウイークリー2/9≫ 
2月 6日 ご接見(国連難民高等弁務官(UNHCR))(東宮御所)→ご接見(離任ウクライナ大使)には出ず【選り好み】【レイシスト
2月 8日 ご説明(前復興庁事務次官)(東宮御所)→ご会釈(勤労奉仕団)には出ず【選り好み
  峰久幸義・復興庁前事務次官が徳仁ご進講予定、雅子ドタ出可能性を東宮大夫定例会見発表≪週刊新潮2/14号≫
  「小町東宮大夫によると、ご夫妻は説明を熱心に聴かれ、1時間の予定だった説明時間は約30分間オーバーしたという。」≪MSN産経皇室ウイークリー2/16≫
2月27日 ご接見(国際連合大学学長夫妻)(東宮御所)
  徳仁がB型インフルエンザ理由で25日~公務取り止め、この国連大学接見公務のみ雅子出席。
  「雅子さまは、27日の午後、お住まいの東宮御所に、離任を目前にした国連大学の学長と夫人を招いて、およそ1時間半にわたって懇談されたということです。」≪NHK3/1≫

欠席編集

2月 4日 ご聴講(日本アジア協会年次総会特別講演)(英国大使公邸) →同日、愛子の授業参観へ【同日シリーズ
2月 5日 ご鑑賞(オペラ「タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦」)(新国立劇場オペラ劇場、最終日公演の全3幕合計4時間15分)
2月 6日 ご接見(離任ウクライナ大使)(東宮御所)【レイシスト
2月 7日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
       ご接見(赴任大使(スロベニア,キルギス,マダガスカル,スイス兼リヒテンシュタイン))(東宮御所)
       ご接見(国際移住機関(IOM)事務局長)(東宮御所)
2月 8日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
2月12日 お話ご聴取・午餐(総務大臣始め知事等)ご陪席(宮殿)
       開館20周年記念特別展「尾張徳川家の至宝」鑑賞(江戸東京博物館)
2月14日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
       ご接見(スペイン外務・協力大臣)(東宮御所)
2月17日 祈年祭の儀(宮中三殿)
       徳仁53歳誕生日発表映像画像撮影会、雅子愛子登場せず≪朝日新聞2/23等、愛子は「インフルエンザ」で学校欠席期間≫
2月20日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
2月22日 ご接見(赴任大使(カンボジア,ルワンダ,ブルキナファソ))(東宮御所)
2月23日 徳仁53歳誕生日諸行事、「療養中の雅子さまは体調が優れず、予定していた一連の行事への出席を取りやめた。」≪毎日新聞2/23≫
  スケートお楽しみキャンセル
  「江戸川スポーツランド、1・2月の土日の開放予定では2月23日(土)が13時~になってる。(通常は10時~)」≪Part2504-106≫
  「夜分遅くなりましたがご報告です。2月23日、江戸川区スポーツランド全館貸切は昨日キャンセルとなりました。」≪Part2519-420≫
2月25日 東京国立博物館平成館での書道展鑑賞予定があったが徳仁インフルエンザにより取り止め≪共同通信2/25≫、雅子に動きなし
 この週(~3/1金)徳仁公務取り止め≪毎日新聞2/25、朝日新聞2/25、読売新聞2/25等≫
2月26日 赴任大使との接見(東宮御所)予定があったが徳仁インフルエンザにより取り止め≪共同通信2/25≫

※ナルちゃんソロ活動編集

2月 7日 ご進講(国連「水と衛生に関する諮問委員会」委員)(東宮御所)
2月18日 ご説明(国連「水と衛生に関する諮問委員会」委員)(東宮御所)
2月21日 徳仁53歳誕生日記者会見収録(東宮御所)
2月22日 ご説明(国連「水と衛生に関する諮問委員会」委員,同特別顧問)(東宮御所)

2013年1月編集

出席編集

1月 1日 新年挨拶参内には東宮一家3人で赴く、マスコミカメラが入らない皇族限定祝賀の儀には出席(その他祝賀の儀は欠席)【選り好み
1月 2日 新年一般参賀(5回お出まし)(宮殿)
       ご昼餐(宮殿、天皇皇后両陛下・徳仁雅子、秋篠宮両殿下)
       年始行事(御所、徳仁雅子愛子)
       皇居のライトアップ見物
  「宮内庁東宮職は、皇太子ご一家が1月2日、年始行事で御所を訪問した帰りに車の中から皇居・二重橋付近で実施していたライトアップをご覧になったことを明らかにした。」≪MSN産経皇室ウイークリー1/12 愛子さま、お友達と3泊のスキーご旅行 雅子さま、4年半ぶりの「ご会釈」≫
1月10日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)に当日出席を決めドタ出→講書始の儀とエジプト・ツタンカーメン展には出ず【選り好み
  「小町恭士東宮大夫は11日の記者会見で、皇太子妃雅子さまがお住まいの東宮御所(東京都港区)で10日、
  勤労奉仕に訪れた青森県の高校生28人と面会したことを明らかにした。時間は5分程度で、皇太子さまと一緒に活動をねぎらったという。」≪毎日新聞1/11≫
  「当日になって、ご体調を勘案して決められたとのことでした。」≪週刊新潮1/24号≫
1月31日 国連大学での「地球システムガバナンス東京会議2013」の専門家による議論を徳仁雅子が私的聴講、雅子は約2時間遅刻してドタ出
  「雅子さまは途中から皇太子さまに合流し、気候変動問題をテーマとする議論を約1時間聴講した。」≪毎日新聞1/31≫
  「雅子さまは約2時間後に合流し、1時間半ほどご滞在。「気候変動問題の将来に関する議論」を聴講された。側近によると、雅子さまのお出ましは直前に決まったもので、非常に興味深そうな様子で聴講されていたという。」≪MSN産経皇室ウイークリー2/2≫

欠席編集

1月 1日 マスコミカメラ入り・各国大使ら出席の新年祝賀の儀
       ご昼餐《天皇皇后両陛下・皇太子さまはじめ皇族方》(宮殿)
1月 3日 元始祭の儀(宮中三殿)
1月4~7日 愛子が友達と3泊4日奥志賀スキー旅行≪MSN産経皇室ウイークリー1/12 愛子さま、お友達と3泊のスキーご旅行 雅子さま、4年半ぶりの「ご会釈」≫、翌8日は3学期始業式
  「リゾートスキーしてます♪ 愛子さまがそろそろ来るらしいよ、まぁでもすぐは滑り出さないだろうから見れないと思うけどw 11:23 1月4日(金) 」
  「東京駅で新幹線待ってたらやけに周りにSPぽい人がいた。長野に行く愛子さまが目の前を通って行きました。 2013/01/04 08:52:03」
  「今日、目黒の交差点で信号待ち。ずいぶん赤が長いと思っていたら、黒スーツの男性が寄ってきて「まもなく皇太子様が通られるので信号が長くなっています。申し訳ありません」と。(後略)2013/01/05 21:38:24」≪Part2496-694・696ツイッター≫
  「東京駅の新幹線乗り場に10人くらいSPのバッチをしている屈強な男達がいた。新幹線には愛子様が乗っていた。。。 at: 2013/01/04 09:00:09」≪Part2496-868ツイッター≫
1月 7日 昭和天皇祭皇霊殿の儀(皇霊殿)
       昭和天皇祭御神楽の儀(皇霊殿)
1月 9日 ご進講(外務省国際情報統括官)(東宮御所)
1月10日 講書始の儀(宮殿)
       ご覧(「エジプト考古学博物館所蔵 ツタンカーメン展 黄金の秘宝と少年王の真実」)(上野の森美術館、開催期間2012/8/4-2013/1/20)
1月16日 歌会始の儀(皇居宮殿)
1月17日 ご接見(第2回コチア青年三世研修訪日団)(東宮御所)
1月24日 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
1月25日 ご覧(三の丸尚蔵館第61回展覧会「明治十二年明治天皇御下命「人物写真帖」 -四五〇〇余名の肖像」)(三の丸尚蔵館)
1月    黒田清子さんが特別研究員である玉川大学教育博物館企画展「石に描かれた鳥たち--ジョン・グールドの鳥類図鑑」に徳仁雅子結局赴かず(1/14両陛下・1/22秋篠宮両殿下ご覧、展示期間2012/12/1-2013/1/27)
1月30日 孝明天皇例祭の儀(皇霊殿)
       ご接見(平成24年度「世界青年の船」参加青年代表)(東宮御所)

※ナルちゃんソロ活動編集

1月中旬 天皇陛下と徳仁が二回、皇位継承・雅子の病気・公務等について二人だけで1時間程度の会談≪女性セブン2/14号 皇太子さまへ!天皇陛下がついに言葉にされた「懸念」≫
1月12日 学習院大学にてアンサンブル練習「帰る途中にSPに守られて中央棟から出てくる皇太子殿下に遭遇したww圧巻w 2013年1月12日 - 18:59」≪Part2500-646ツイッター≫
1月19日 「19日に学習院キャンパスの施設を借りて、(補足:学習院OB)オーケストラのアンサンブルがあった。身内などを招いたごく内輪のもの。その練習のために前の週の連休も、オケメンバーで集まったと聞いている」≪週刊文春1/31号≫
1月23日 ご講義(学習院女子大学国際文化交流学部の「日本文化演習Ⅱ,Ⅳ」・「国際コミュニケーション演習Ⅱ,Ⅳ」・「海外研修B」及び同大学大学院国際文化交流研究科の合同授業)(学習院女子大学)
  「そしてその後パーティーに呼ばれて皇太子様とお話しした(((o(*゚▽゚*)o))) こんなの人生で二度とないだろう」
  「・・前略・・全部で学生は15人くらいいたんだけど1年生は私含めて3人であとは全員3,4年生だったから話のレベルが違かった(笑)」≪Part2506-721ツイッターまとめ≫

※確認待ち
1月??日 学習院初等科父母会総会


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia