Fandom

Dosuko Wiki

甲の肉

638このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

雅子夫人のパンプスから時々はみだし盛り上がっていることが認められる身体部位。袖口折り返しでも分かるように、雅子夫人には自分の身体のサイズに合っていないものを身に着ける傾向があり、特に外国ブランド(欧米人は東洋人に比べ甲が薄い)の既製品靴を履いたときに、このような肉はみだし現象が起きてしまうのではと考えられている。
むくんだ足には辛いことだろうし、必要ならオーダーメイドも当然できる立場でありながら、そこまでして合わない靴を履こうとするところが不思議でならない。

参考:【ふっくら】、【袖口折り返し】、【ストラップ

雅子の甲の肉画像集編集

1995年1月27日 阪神淡路大震災を尻目に強行した中東訪問・ヨルダンからの帰国前、クイーン・マリア空港にてサルワット妃と
2000年5月10日 全国赤十字大会にご臨席の女性皇族方全身像。姿勢の悪い雅子。甲の肉の盛り上がりも顕著 / 同画像、靴と甲の肉に注目
2001年10月16日 スウェーデンのビクトリア王太子を東宮御所玄関前にてお出迎えの東宮夫妻(但し雅子は妊娠中なので浮腫みが出るのは仕方ないことではある)
2002年1月1日 愛子(生後半月程度)初正月の新年ご一家画像、前年12月20日東宮御所にて撮影。足の浮腫みのためかパンプスから甲の肉がはみ出してる雅子
ttp://legacyeditorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=1536742&cdi=0 2002年6月2日 ベルギーのフェリペ王太子とマチルダ妃の来日を迎える徳仁雅子]
ttp://legacyeditorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=1536745&cdi=0 2002年6月2日 ベルギーのフェリペ王太子とマチルダ妃の来日を迎える徳仁雅子、パンプスの上がひどく盛り上がっている雅子]
2007年5月3日 御料牧場静養移動の宇都宮駅前での東宮一家
2007年5月21日 両陛下訪欧ご出発に際しタラップ下見送りに移動する東宮夫妻
2007年6月1日 みどりの愛護のつどい式典出席で長野県行啓、松本駅前で手を振る徳仁雅子
2007年9月22日 一家で大相撲秋場所観戦、昨年に続き今年も出迎えの北の湖理事長に挨拶できずシャネル足の愛子。雅子も袖口折り返し&甲の肉はみ出しシャネル足
2008年6月16日 WashingtonTimesで紹介されている徳仁ブラジル訪問出発東宮御所玄関前見送り光景。お手手つなぎで隠れるような素振りの愛子に、甲の肉はみだしにガサガサ手の雅子など、いろいろ見えてしまう巨大画像
2008年11月20日 ホテルニューオータニでのPTA60年式典より退出する夫妻。雅子のスーツの袖が長すぎてぶかぶかの皺皺、胴回りの太さに合わせて海外既製品を買った結果であると推察できる。甲の肉もパンプスから盛り上がりはみ出し
2009年7月3日 両陛下カナダ・米ハワイ州ご訪問出発お見送り、甲の高さが合わない・踵部分がカパカパな靴を履いてる雅子
2010年6月17日 スウェーデン王室結婚式参列に出発する徳仁を東宮御所玄関で見送る雅子。甲の肉がパンプスから盛り上がっている状態
2010年8月16日 那須御用邸静養移動での那須塩原駅前での東宮一家スリーショット。フェンディのバッグを手にしている雅子は股間にズボンが食い込んだ格好で、靴も小さすぎるのか、甲の肉はズボン裾で見えないが、足指がくっきり浮き出ている有様。愛子は真っ直ぐ立てずシャネル足テファニー
ttp://cache.daylife.com/imageserve/06oc36WaIe6a3/x1000.jpg 2012年6月25日 東南アジア3か国公式訪問出発前の東宮御所玄関前見送り、東宮夫妻全身ショット。雅子の白パンプスから甲の肉がもりもりっと盛り上がり、表面革に足指凹凸が浮き出ている状態(daylife大画像)]
週刊新潮 2013年12月12日号<両陛下ご出立に参じた「雅子妃」の気がかりな足もと>モノクログラビア
週刊新潮 2013年12月12日号<両陛下ご出立に参じた「雅子妃」の気がかりな足もと>グラビア足もと部分切り抜き
サンデー毎日 2014年7月6日号<NEWS CLIP しめやかにお別れ>カラーグラビア徳仁雅子部分
2015年11月12日 秋の園遊会、三笠山横並びを終え招待客の方へ歩き始める天皇皇后両陛下と徳仁雅子、雅子のパンプス甲の肉がもりっと盛り上がっている。雅子はこの後30m(テレ朝報道ステーション)ばかり歩いて中抜け
2015年10月31日 国民文化祭開会式出演者の学校生徒たちに声をかける雅子と、その足元拡大画像。パンプスからもっこり盛り上がっている甲の肉に注目
週刊新潮 2015年11月26日号<ほんの一瞬>園遊会冒頭だけ顔出ししてすぐ退出する雅子モノクログラビア
週刊新潮 2015年11月26日号<『皇后の真実』書評(工藤美代子)>上智大学教授碓井広義氏書評、「江戸末期に十手を持つ捕り方だった小和田家」という記述あり

週刊新潮 2015年11月26日号<ほんの一瞬>園遊会冒頭だけ顔出ししてすぐ退出する雅子モノクログラビアより、甲の肉がパンプス縁から盛り上がっている雅子の右足切抜き画像
2016年7月21日 神武天皇陵に到着し出迎えの関係者と挨拶する徳仁雅子愛子、参拝用の衣装・制服に着替える前。雅子の表情とパンプス甲の肉盛り上がりが凄いことに(gettyimages) / 雅子の甲の肉切り抜き画像
2016年8月10日 第1回「山の日」記念全国大会出席などのため松本駅に到着した徳仁雅子愛子、雅子の甲の肉盛り上がりで影ができていることが分かる=10日午後、長野県松本市(代表撮影)(時事通信社)

雅子の甲の肉を態々フューチャーした『週刊新潮』2013年12月12日号<両陛下ご出立に参じた「雅子妃」の気がかりな足もと>記事編集

 53年ぶりにインドを公式訪問される天皇、皇后両陛下のお見送りに11月30日、皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻ら皇族方が、羽田空港の滑走路にお出ましになった。
 微笑まれる雅子さま(49)の表情からは、懸案のご体調が快復しつつある印象を受けるが、
「直前に、空港の貴賓室で行われたご出発の行事に、他の皇族方は出席されていましたが、雅子妃は欠席されています。加えて気になったのが妃殿下の足もとです。これまでになくむくんでいるように拝察されました」(宮内庁担当記者)
 足元に“異変”が起きているという。確かに、紀子さまらと違い、靴から甲がはみ出している。念のため、2007年当時(左下)と比べても、盛り上がりは際立っている。
「これでは、普通は痛くて歩けないですよ。よほど足がむくんでいるのか、何年か前に買った靴で、太ってサイズが変わってしまったのか。でも皇室の方がそんな古い靴を履くでしょうか……」
 と、都内の靴専門店で働くシューフィッターは訝る。
 一方で、婦人科に詳しい小西醫院の小西公麿院長は、12月9日で50歳となる妃殿下の年齢に注目して言う。
「お年を考えると、女性ホルモンの減少の結果、更年期障害で、足がむくんでいる可能性があります」
 更に、精神科医で京都大学非常勤講師の片田珠美氏は、一般論と前置きした上で、
「更年期障害の鬱症状に比較的よく処方されるスルピリドという薬は、神経を和らげる働きがあります。しかし、その副作用で食欲が増進し、結果として太ってしまうことがままあります」
 と懸念する。いずれにしろ、
「この靴の状態では外反母趾にもなりやすい」(前出シューフィッター)
 思わぬ心配の種が、妃殿下の足もとに撒かれていた。

参考女性自身記事:婚約発表に際し靴を注文するものの、靴デザイナー河村龍介氏にそれまで履いていた既製品靴を渡して製作させ、後に「靴のフィッティングがぴったりいっていないように思われますが」と文句をつけるおかしな雅子編集

婚約内定発表に際し靴を注文するものの、靴デザイナー河村龍介氏にそれまで履いていた既製品靴を渡して製作させ、後に「靴のフィッティングがぴったりいっていないように思われますが」と文句をつけるおかしな雅子。靴の採寸最中に飼い犬ショコラをうろちょろさせる非常識ぶりも(『女性自身』1993/12/7号より)ショコラ

『女性自身』1993/12/7号<「お妃の靴」をデザインした河村龍介さんにインタビュー 雅子さまの靴の秘密を明かす!>グラビア記事より引用

 靴デザイナーの河村龍介さんが、雅子さまの靴をデザインするきっかけとなったのは、皇太子さまとのご婚約だった。記者会見でお召しになる黄色い服に合わせた靴を、晴れの日に間に合わせるために、河村さんに白羽の矢が立った。
そのときは急なことでしたので、雅子さまの靴を1足お借りして、それをもとに作ったんです
 木型も目白にある河村さんの工房に用意してあるもので間に合わせた。その後も何足かご注文をいただいたが、「靴のフィッティングがぴったりいっていないように思われますが」というご指摘を受けて、「もしお許しいただけるなら、雅子さまのおみ足をじかに測らせていただけないでしょうか?」と申し出て、目黒の小和田家で計測をする運びとなった。
「通常ストッキングをはいた上で計測するので、雅子さまにもそうしていただきましたが、足形をなぞるペンが緊張で震えてしまったのを覚えています」
 そんな緊張をほぐしてくれたのが愛犬のショコラ。「私の前にちょこちょこやってきて、顔をのぞきこんだり、なめようとしたりするのを雅子さまが『ショコラ、いけませんよ』とたしなめられましてね」


1992年3月15日 海部元首相長男正樹氏と外務省同僚・児島優子さんとの結婚式披露宴に出席、隣で挨拶する父恒とほぼ同じ大きさと思われる小和田雅子の脚(FOCUS 1992/3/27号)
1993年6月9日 結婚当日家族と挨拶を済ませ車に向かう雅子、上目遣いでとにかく笑顔の表情。横から見た白いパンプスを履いた脚が巨大


編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia