Fandom

Dosuko Wiki

池田さん

639このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

岡山藩の当主だった池田家(旧侯爵)に嫁いだ、昭和天皇第四皇女:順宮(よりのみや)厚子内親王→池田厚子さんのこと。「いけだ・あつこ」からダァーツ子、ダーツ子さんとも呼ばれる(なお「ダーツ目」とは無関係である)。昭和6年(1931年)生まれで、今上天皇のすぐ上の姉君にあたられる。夫君の池田隆政氏は岡山畜産界に貢献され、ご結婚後に開園した「池田動物園」の経営者でもある。

順宮殿下=池田厚子さんについては、昔から何らかの障害をお持ちの「ごゆっくり」さん?との噂が根強く、敬宮愛子ちゃんもしもそうだったら一体どうなるのかという議論のときしばしば引き合いに出される。しかし実際のところ、順宮の皇女時代はもちろん、降嫁された後も、何らスキャンダルに巻き込まれること無く、穏やかにお暮らしになっていらっしゃる。子供時代からご挨拶も普通にできるし、愛子のような「逆さバイバイ」現象も見られず「不登校」も起こさなかったことから、愛子と一緒に考えるわけにはいかない、比較対照にするのも失礼だという声が多い。

昭和63年(1988年)に神宮祭主に就任され、老齢となった現在でも、日本のためにお務め下さっている。神宮祭主は単なる名誉職ではなく、例祭・新嘗祭などの神事では装束をまとって祈りを捧げる。それ以外でも、きちんとした格好(ローブモンタントの場合も有)で行事に出席されている。神宮祭主は、最近では3代続きで元・内親王が務めており、内親王・女王の将来を考えた上で無視できないポジションである。

関連項目:【島津さん】- 昭和天皇の第五皇女
雅子実妹「池田礼子」については【礼節姉妹】の項目を見られたい。

参考資料編集

  • 皇籍から離れられた昭和天皇の皇女殿下

第一皇女:照宮成子内親王(てるのみや しげこ、1925年12月6日 - 1961年7月23日) - 盛厚王妃、皇籍離脱後は東久邇盛厚夫人
第二皇女:久宮祐子内親王(ひさのみや さちこ、1927年9月10日 - 1928年3月8日)
第三皇女:孝宮和子内親王(たかのみや かずこ、1929年9月30日 - 1989年5月26日) - 鷹司平通夫人
第四皇女:順宮厚子内親王(よりのみや あつこ、1931年3月7日 - ) - 池田隆政夫人、神宮祭主
第一皇子:継宮明仁親王(つぐのみや あきひと、1933年12月23日 - ) - 第125代天皇・今上天皇
第二皇子:義宮正仁親王(よしのみや まさひと、1935年11月28日 - ) - 常陸宮
第五皇女:清宮貴子内親王(すがのみや たかこ、1939年3月2日 - ) - 島津久永夫人

1931年11月04日撮影 順宮厚子内親王を抱く洋装の香淳皇后と照宮成子内親王
1931年  白い産御召姿の順宮厚子内親王
1933年4月14日 順宮厚子内親王(2歳)を胸に抱き、孝宮和子内親王(4歳)、照宮成子内親王(7歳)に囲まれて微笑む良子皇后(30歳)。この時はご懐妊中で、年末に継宮明仁親王をご出産
左から昭和天皇第四皇女・順宮厚子内親王(池田隆政夫人)、第三皇女・孝宮和子内親王(鷹司平通夫人) 、第一皇女・照宮成子内親王(東久邇宮盛厚王妃) トプカプ宮殿
1934年 順宮厚子内親王(3歳)
1934年撮影? 昭和天皇ご一家。お子さま方は左から、照宮、孝宮、継宮、順宮
1935年撮影か、袿袴を着用した三内親王殿下(左から、孝宮・照宮・順宮)、「昭和11年1月1日 大阪朝日新聞 宮内庁御貸下」のキャプションあり
1935年撮影か、継宮殿下と姉の三内親王集合写真
1936年前半頃? 昭和天皇ご一家。左から孝宮殿下、香淳皇后と義宮殿下、順宮殿下、昭和天皇と継宮殿下、照宮殿下
1936年12月 昭和天皇ご一家。左から継宮殿下、昭和天皇、照宮殿下、順宮殿下、香淳皇后と義宮殿下、孝宮殿下
1937年 鶴をあしらった柄のお着物姿の孝宮和子内親王7歳
1937年3月29日 呉竹寮にて袴姿の三内親王(右から、孝宮・照宮・順宮)
時期不明 学習院の運動会で走る順宮厚子内親王
1941年12月7日 日米開戦前日の昭和天皇ご一家。左から照宮殿下、継宮殿下、昭和天皇、香淳皇后、義宮殿下、清宮殿下、孝宮殿下。順宮殿下は写っていない
昭和天皇ご一家 第四皇女・順宮厚子内親王(池田隆政夫人)、第一皇女・照宮成子内親王(東久邇宮盛厚王妃)、第三皇女・孝宮和子内親王(鷹司平通夫人) 、第五皇女・清宮貴子内親王(島津久永夫人)
1946年夏 那須御用邸静養に訪れた内親王方。左から清宮さま7歳、順宮さま15歳、孝宮さま17歳
1946年8月 那須御用邸のお庭の内親王方。清宮さま7歳、順宮さま15歳、孝宮さま17歳
1946年8月 那須御用邸の台所で炊事をされる内親王方。孝宮さま17歳、順宮さま15歳、清宮さま7歳
1947年5月4日 住まいにしている御文庫前の吹上御苑の庭で、初孫を連れて里帰りした長女・東久邇成子さん母子とともに記念撮影する昭和天皇ご一家。左から清宮貴子内親王(8歳)、良子皇后(43歳)、皇太子・継宮明仁親王(13歳)、義宮正仁親王(11歳)、昭和天皇(46歳)、順宮厚子内親王(16歳)、孝宮和子内親王(17歳)、東久邇宮盛厚王(30歳)、成子内親王の長男信彦王(2歳)、東久邇宮妃成子(照宮成子内親王、21歳)。東久邇宮家はこの年10月に皇籍離脱している
1947年頃の昭和天皇ご一家。左から厚子内親王、正仁親王、昭和天皇、貴子内親王、香淳皇后、和子内親王。写真に写っていない明仁親王が撮影したと思われる。
1947年8月30日 那須御用邸に滞在中、曝陽亭で撮影された記念写真。香淳皇后に御髪を直され思わず笑顔がこぼれた昭和天皇、隣に継宮・義宮らお子様方も。右上のキャプションに「昭和21年」とあるのは「人間宣言」についてのもので、写真撮影時期とは異なる
同上那須御用邸ご静養の天皇ご一家
1947年9月28日 女子スポーツ振興のため、東京女子高等師範学校(後のお茶の水女子大学)で開かれた第2回関東女子排球(バレーボール)選手権大会に3人の内親王とともにご臨席、観戦される皇后陛下(香淳皇后)。右から、孝宮和子内親王殿下(17歳)、順宮厚子内親王殿下(16歳)、清宮貴子内親王殿下(8歳)(
1947年10月28日 東京・日比谷公会堂で開かれた第16回音楽コンクール(毎日新聞社主催、後の日本音楽コンクール)第1日ピアノの部をご鑑賞の皇后陛下(43歳)、孝宮さま(18歳)、順宮さま(16歳)、清宮さま(8歳)。ご自身もピアノを演奏される良子皇后は、楽譜を目で追いながら鑑賞されている
1950年3月 ご婚約の決まった孝宮和子殿下と鷹司平通氏を私邸で囲む妹清宮貴子殿下・順宮厚子殿下
1950年頃 枝に咲く花を笑顔で愛でている順宮厚子内親王
1951年1月2日 御花御殿(?)でミシンをかける順宮厚子内親王殿下と見守られる良子皇后陛下
1952年10月10日 池田隆政さんと順宮厚子内親王のご結婚、内親王として初めて地方へのお輿入れで“牧場の花嫁”と言われた。結婚の儀に昭和天皇が風邪のためご欠席されたのが今でも残念という。
2000年7月25日 香淳皇后斂葬の儀、秋篠宮同妃両殿下、池田厚子ご夫妻、島津貴子ご夫妻。女性は黒いヴェールを着用
2016年4月25日 「岡山後楽園 春の園遊会」、レッドカーペットを歩いて移動中の池田厚子さん
2016年4月25日 「岡山後楽園 春の園遊会」、着席された池田厚子さん
2016年4月25日 「岡山後楽園 春の園遊会」にて記念撮影をする池田厚子さん(前列左から3人目)。伊原木隆太知事(同2人目)らが囲んだ=岡山市北区後楽園
2016年5月25日 <秋篠宮ご夫妻、神社本庁創立70周年記念式典に出席される>FNNニュース連結画像、秋篠宮同妃両殿下と総裁を務める天皇陛下の姉・池田厚子さんがご臨席


昭和天皇の皇女たち
関連リンク:Wikimedia Commons>Emperor Showa's children

順宮さまの婚約を伝える当時の岡山畜産新聞(復刻版)
http://okayama.lin.gr.jp/tikusandayori/s2608/tks02.htm

2004年12月17日 伊勢神宮で祭祀に臨まれる池田厚子さん
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1249387845912.jpg

御馬に人参を与える池田厚子祭主(写真)
http://www.isejingu.or.jp/news/miuma041.jpg

池田祭主初のお木曳き(大きな写真有)
http://www.sengu.info/news/005-000050.html

2015年6月29日ご成婚25周年=銀婚に際し公表された秋篠宮同妃両殿下対談形式のご感想<結婚にむけた準備>より、「1989年の9月に公表するに至りました。これはいわゆる結納に当たる正式な婚約ではなく、皇室会議の議を経て婚約が内定したということを発表する機会でした。服喪中のこうした発表は異例なことと思った人がいたようですが、1951年7月の順宮(現池田厚子)様の発表は貞明皇后の崩御から約2ヶ月後で、しかも当時参考としていた旧皇室服喪令によると、私たちの発表時期より一段階重い服喪期間中でしたので、手続きを終えたという発表は前例にもあり問題ないと宮内庁は判断したわけです。」編集

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/03/kaiken/gokanso-h27-gokekkon25.html

  • 文仁親王同妃両殿下ご結婚満25年に際してのご感想

・・前略・・
<結婚にむけた準備>
文仁
少し時計の針を進めましょう。私が大学を卒業したのが1988年ですが,その年の夏から暫くの間英国に滞在しました。この間,昭和天皇のご不例と崩御があったことから,しばしば日本に帰ることになりました。日本にいる間は,諸行事に参列するためだったのですが,そのおりに,将来のことについていろいろと話す機会にもなりました。そして,1989年の9月に公表するに至りました。これはいわゆる結納に当たる正式な婚約ではなく,皇室会議の議を経て婚約が内定したということを発表する機会でした。服喪中のこうした発表は異例なことと思った人がいたようですが,1951年7月の順宮(現池田厚子)様の発表は貞明皇后の崩御から約2ヶ月後で,しかも当時参考としていた旧皇室服喪令によると,私たちの発表時期より一段階重い服喪期間中でしたので,手続きを終えたという発表は前例にもあり問題ないと宮内庁は判断したわけです。
そして,私たちの結婚の時期についてです。秩父宮両殿下のご婚儀が1928年9月末で,昭和天皇の即位の礼が同年の11月初旬。その間は2ヶ月もなく,大変だったことを両陛下が聞いていらしたそうです。そのようなことから,私たちのときには,結婚から同じ年の11月予定の即位の礼までにある程度の時間があったほうがよいとのことで,私が帰国した直後に式がおこなわれることになりました。
紀子
とてもありがたい思し召しを賜り,感謝申し上げております。
文仁
話が少し前後しますが,昭和天皇の一周年の行事が終わり,私は1990年の1月から6月にかけては英国に滞在していたわけですが,その間,新たに住む家については,あなたに任せきりでした。もっとも,改築の平面図を見てもイメージすることができない私より,多少は空間認知に優れているあなたが見る方がよかったのは明らかでしたが。
今のは自分にとって都合のよい言い訳なのですが,実際のところ帰国したのが6月21日で,6月29日の結婚式までは約1週間しかなかったことを考えれば,新居での生活の準備は完全にあなたへ依存していたわけで,このことについては申し訳なかったとしか言いようがありません。
紀子
いいえ。むしろ,英国よりのご帰国を待っていたのかのように,式までの約1週間,宮中行事の習礼しゅらいをはじめ,関係者とのこまかい打ち合わせが多くおこなわれましたが,時差がある中,大変ではありませんでしたか。
文仁
幸いなことに,私は一般的に言われていることとは逆で,若いころは東へ向かうほうが時差の影響が少なかったため,それで大変ということはなかったと思います。
紀子
新しい生活にむけての準備や支度は初めてのことばかりで,新居について,相談をしたいと思いましても,当時は連絡手段としてメールはまだ普及していなくて,電話やファクシミリで,英国との時差もあり,すぐには連絡がとれない状況でした。式までに考えるべきこと,決めるべきことがたくさんあり,大学院の講義も受けていましたので,時間が経つのが早く,準備を終えられるか心配でした。
そのような中,宮内庁の職員が,改築や内装をはじめ,よく考え,提案してくれました。そばにいらしてくださったら,どんなに心強いかしら,と思うことはありましたが,いろいろな人の助けを借り,用意をある程度進めることができました。
帰国されたときは,本当にうれしく,それまでの不安もどこかにいってしまうくらいでした。
・・後略・・

貞明皇后崩御と順宮厚子内親王の婚約内定発表について編集

wikipedia【池田厚子】より引用:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E5%8E%9A%E5%AD%90
1951年(昭和26年)5月2日、中国四国地方を訪問した際に岡山市の後楽園荒手茶寮にて池田隆政と面会。その後、6月末に正式に見合いの場が設けられて婚約が内定。仲人にあたったのは松平康昌。
同年5月17日に貞明皇后が崩御してから2ヶ月足らずの時期であったが、昭和天皇は、第1期の服喪期間の50日間が過ぎた7月10日、田島道治・宮内庁長官に命じて順宮厚子内親王と隆政との婚約が内定した旨を公式に発表させた。なお、1947年(昭和22年)に廃止された皇室服喪令をその後も踏襲しているとすれば、祖母である貞明皇后に対する厚子内親王の服喪期間は150日であった(最長は昭和天皇などで1年間となる)。服喪期間中に、さらには皇族会議も経ず、昭和天皇自らの裁可による婚約発表は異例であった。

編集

編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki