Fandom

Dosuko Wiki

氷の団欒

642このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

皇室ご一家(両陛下・皇太子一家・秋篠宮ご一家・紀宮殿下)映像、それも元旦公表用に撮影された新年ご一家映像について、なんとも寒々しい光景を表わす言葉。Part11スレにて、2004年元日発表画像・映像における敬宮愛子ちゃんの一貫して笑わず無表情・人ではなく物に反応といった様子に関心が集まり、続くPart13スレスレで、この語が定着した。

この状態にさすがに徳仁雅子もヤバイと感じていたのか、2005年12月の新年映像撮影時には、本来場の同席を許されない身分の出仕である福迫美樹子を愛子取り扱い要員として、天皇陛下の反対意見を無視する形で同伴強行している。

関連項目:【マコオタ画像集(新年ご一家画像)】、【開き紙】、【福迫美樹子】、【もうしょうがないね

2003年編集

皇室ご一行様★アンチ編スレ誕生以前の2003年元日発表の画像でも、眞子殿下佳子殿下が愛子に付き合わされてカーペットの床に直座りし、椅子に腰かけてらっしゃる両陛下を始めとする大人たちの目前で大量のおもちゃを並べるという異様な光景が展開されていた。愛子は全く笑顔がなく無表情であり、笑顔を何とか引き出すためか今度は両親徳仁雅子までがカーペット床直座りで愛子の相手を始めることに。特に革靴を履いたままカーペットの上にべったり座っている大人2人(徳仁雅子)が異様であり、膝を閉じてまるで女子のようなぺたんこ座りするナルちゃんの様子が「乙女座り」だと評判に。
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20071217234955.jpg

2004年編集

2004年元日発表映像のオリジナルバージョンは12分間。愛子の相手をさせられている眞子・佳子両内親王殿下の当惑や間の持たない雰囲気が痛ましい。映像はかなり編集されていたが、振ると音の出るカラフルな積み木を使って何とか愛子を笑わせようと皆で努力しても、とうとうその笑顔を引き出せなかった寒々しさが伝わってくる。
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070723140618.jpg

http://web.archive.org/web/20040404141440/http://www.nishinippon.co.jp/news/2004/koushitu/
西日本新聞社 ■新年の天皇ご一家]] (Windows Media形式のみ)
↑動画はかなり編集されているが、愛子をはじめ子供達の表情のアップが少ないことに着目されたい。

2005年編集

翌2005年元日ご一家映像は寒々しさに益々拍車がかかり、「粉雪の団欒」「ブリザード」との表現まで生まれ、氷から更にパワーアップしている。
3歳になった愛子を相手する為に眞子&佳子両内親王だけでなく秋篠宮妃殿下までがカーペット座りに参加させられる羽目になったものの(徳仁は椅子座りになった)、愛子のコミュニケーション力の覚束無さに、皇室御一行様スレッド住民奥様方は色んな意味で不安を新たに抱くことになった。
なお週刊誌情報では当映像撮影は2004年12月10日(金)夕方に予定されていたが、いつも風邪をひく雅子のせいで14日(火)に延期されたとのことである。
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3ji/img-box/img20070722213143.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/mako/src/1214236544650.jpg

Part147-932 名前:可愛い奥様 :05/01/01 13:20:41 ID:/tlVB0TA
(前略)
氷の団欒から 一年たって 粉々の 雪の団欒ですね


http://www.toonippo.co.jp/douga/koushitsu/news2005/20050101.html
東奥日報2005年1月1日(土) ■皇室特集 ■新年を迎えられた天皇ご一家

2006年編集

2006年元日ご一家映像(2005年12月16日御所での夕食会当日撮影とのこと)では椅子の前にテーブルが置かれ、革靴床座りという事態はなくなった。しかし「折り紙が得意」と宮内庁発表された4歳の愛子が、雅子の差し出す紙飛行機に全く興味を示さずテーブル上の折り紙の束をぱらぱらしたり、一旦折った物をまた開いてしまう(【開き紙】参照)といった調子で、「優秀伝説」大本営発表の信用の無さを浮き彫りにする結果となった。
動画キャプチャや週刊文春等白黒グラビアで発表された写真で、愛子一人だけが能面を超えた完全な無表情なことも大きな話題になった。

なお当映像撮影時に、東宮側が福迫美樹子出仕の同行を希望、天皇陛下は「愛子ももう大きいのだから」と難色を示されるもそれを無視する形で同伴を強行している。これは翌年も繰り返され、「もうしょうがないね」事件へと繋がることになる。
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20071001082917.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1267891382164.jpg

http://www.toonippo.co.jp/douga/koushitsu/news2006/20060101.html
東奥日報 2006年1月1日(日) ■皇室特集 ■「戦争の犠牲忘れずに」/即位17年、新年迎える天皇ご一家

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki