Fandom

Dosuko Wiki

死海

642このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ヨルダンとイスラエルの国境に存在する、世界的に有名な観光名所の湖。塩分濃度が高く人の身体が沈まないことでも知られる。
阪神大震災が起こり途中で日本に戻ったため、死海は見られなかったので、また行きたいです」徳仁発言が広く知られており、東宮夫妻が日本の阪神淡路大震災と大好きな海外訪問のどちらを重視しているかがよく分かるエピソードに関わる湖でもある。

参考:【外国行かせろ会見】、【ジョルダン

「阪神大震災が起こり途中で日本に戻ったため、死海は見られなかったので、また行きたいです」編集

http://www.47news.jp/CN/200508/CN2005082601003570.html
皇太子さま、万博から帰京 死海の水のプールを見学
 皇太子さまは26日、愛知万博(愛・地球博)の長久手会場を訪問、ポルトガルやモロッコなど7つの外国パビリオンを見学、夕方に新幹線で帰京された。  今回の訪問で、各国政府や国際機関、企業などが出展した80以上のパビリオンのすべてを、天皇、皇后両陛下と皇族方が訪れたことになる。  万博の名誉総裁を務める皇太子さまは、9月25日の閉会式にも出席する。  午後に訪れたヨルダン館では、塩分濃度が高く人が入っても沈まない「死海」の水のプールを見学。1995年の同国訪問に触れ、案内役の関係者に「阪神大震災が起こり途中で日本に戻ったため、死海は見られなかったので、また行きたいです」と話した。
2005/08/26 09:55 【共同通信】

1995年1月17日阪神淡路大震災と、20日~徳仁雅子中東3カ国訪問、その後の徳仁誕生日記者会見や被災地慰問編集

平成7年(1995年)1月17日 阪神淡路大震災発生
平成7年(1995年)1月18日 ご挨拶(皇太子同妃両殿下(中東3か国ご訪問につき))(御所)
 : 『女性セブン1998年6月28日号別冊 皇太子さま雅子さまご結婚5周年記念 素顔のプリンセス』小学館1998年6月発行 p.128より引用
 '94年の11月5日から15日までの日程で皇太子さまと雅子さまは、サウジアラビア、オマーン、カタール、バーレーンの中東各国を歴訪された。
・・中略・・
 さらに、おふたりは翌95年1月20日か1月30日までの予定でクウェート、アラブ首長国連邦(UAE)、ヨルダンの3か国をご訪問。各地で熱烈な歓迎を受けられた。
 しかし、ご出発の3日前、全世界が悲しみに暮れた大惨事が起きる。阪神・淡路大震災である。
 淡路島付近を震源とするマグニチュード7.2のこの直下型大地震が発生したのは、'95年1月17日午前5時46分ごろ。とくに兵庫県南部や淡路島は、各地で建物の倒壊や火災が相次ぎ、死者約5500人、負傷者約3万7000人、倒壊家屋約21万戸、焼損面積約65万ヘクタール。戦後最大の被害(当時)を受けたのだった。
 テレビなどを通じて伝えらえる震災の状況をご覧になるにつけ、このようなときに、日本を離れてもいいものか――おふたりはこの2度目の中東ご訪問を予定通り進めることに、ためらいを見せられたという。ある皇室記者はこう話す。
「とくに、皇太子さまは、東宮侍従たちに、“スケジュールを変更したほうがいいのでは”と何度も確認されたようです。しかし、クウェートとアラブ首長国連邦への訪問をイラクのクウェート侵攻とそれに続く湾岸戦争、イラク情勢の緊迫などによって過去2回延期していることなどを理由に、外務省が予定通りの訪問に固執し、それに宮内庁も押し切られる形で強行されたと聞いています」

大震災の3年後に発行されたムック本で語られている東宮夫妻の「ためらい」は果たして真実だったのか、それは当該訪問光景画像やその後来日したダイアナ妃との対面、現地慰問等々とを総合して考えるべきであろう。
 :
平成7年(1995年)1月20日~28日 皇太子夫妻中東3ヶ国(クウェート・アラブ首長国連邦、ヨルダン)訪問
  阪神淡路大震災発生3日後に予定が立てられていたからと外国訪問決行、ヨルダン側の好意のもと同国での行事日程をキャンセルしてしぶしぶ日程を2日間短縮して28日帰国。各国首脳主催晩餐会では、阪神大震災へのあたたかい見舞いスピーチが毎回述べられた。
・参考その1:『女性自身』1995年2月7日号表紙
ああ夫よ!母よ子よ!!関西大震災総力特別取材特別号
雅子さま中東へ! 被災者に“後ろ髪”ひかれて
・参考その2:『女性自身』2001年2月6日号カラーグラビア記事
この2回目の中東ご歴訪の旅のご出発日は('95年)1月20日。ちょうどその3日前に、阪神淡路大震災が発生した。…中略…ヨルダンの故・フセイン国王のお勧めもあって、予定を2日早めて帰国なさったのだった。
[1995/01/21 阪神・淡路大震災後4日後、祝福の色紅白に身を包みクウェート訪問
1995/01/21 クウェートジャピル首長を表敬訪問
1995/01/22 クウェート国立博物館でもてなしの菓子を口にする薄ピンク色スーツの雅子。グラビア記事末尾に当中東訪問について「ヨルダンの故・フセイン国王のお勧めもあって、予定を2日早めて帰国なさったのだった。」と記載
1995/01/22 クウェートサアド皇太子兼首相主催の晩餐会
1995/01/23 アラブ首長国連邦訪問ムシュリフ宮殿で移動中
1995/01/23 同上アラブ首長国連邦迎賓館にて、ピンク色ドレス姿でだらしない座り姿
1995/01/24 アラブ首長国連邦にて遺跡見学、鼻の下をみよーんと伸ばした変表情雅子:2007/01/07放送の「皇室日記」から
1995/01/24 遺跡見学中、落ち着きなくカメラをいじりながら鼻の下を伸ばした変顔雅子連結画像
1995/01/24 アラブ首長国連邦のアル・アインにてラクダレースを観戦
1995/01/24 ラクダレース見物中、貴賓席で雅子に話しかける徳仁とあまり熱心に相手をする様子のない雅子:2007/01/07放送の「皇室日記」から
1995/01/24 同上ラクダレース観戦、雅子の顔色をずっとうかがっている徳仁と、それを一貫して無視し、下品に笑っている雅子連結画像
1995/01/24? アラブ首長国連邦訪問ハリファ皇太子とサッカー観戦
1995/01/25 アラブの伝統的木造船(ダウ船)でドバイ・クリークを見学
1995/01/25 同上ドバイ・クリーク見学での指差し姿指差し
1995/01/25 同上アラブ首長国のムハマド皇太子との会食・会談、果物いっぱいのゴージャスなもてなしを受ける皇太子夫妻。砂漠の国では最上級の歓待
1995/01/26 阪神淡路大震災から9日後、ヨルダンで満面の笑みを浮かべる雅子
1995/01/26 ヨルダン王国訪問、晩餐会前にサルワット妃と談笑
1995/01/26-27 ヨルダン王国バスマン宮殿のハッサン皇太子・サルワット妃主催晩餐会にて、皇太子ヨルダンの援助に感謝の言葉を英語でスピーチ/ヨルダン北部の遺跡「ウンム・ケイス」を見学
1995/01/27 ハッサン皇太子ご一家とヨルダン・ペトラ近郊の古代遺跡を見学:「阪神大震災への配慮からヨルダンでの日程は2日間短縮」と説明あり
1995/01/27 ヨルダンからの帰国前、クイーン・マリア空港にてサルワット妃とムッとした表情の雅子。パンプスから甲の肉がはみだしている甲の肉
 :
1995/01/31 阪神淡路大震災から2週間後に被災地に向かわれた天皇・皇后両陛下
 :
1995/02/08 ダイアナ妃が単身震災見舞いに来日。雅子はダイアナ妃とバッティングしている、瓜二つそっくりスーツ姿で出迎える(『女性自身』2/28号「あっ!同じコーディネート!」とキャプションが添えられたグラビア)雅子のお召し物当たり屋シリーズ
ダイアナ妃は震災現地視察慰問を希望していたが、この時点で東宮夫妻は未訪問。他国皇太子妃に先を越されるわけにはいかないので彼女の希望を断ることに。
参考:2012年5月18日 テレビ朝日「やじうまテレビ」にて、阪神大震災直後に来日したダイアナ妃と皇后陛下の秘話として『女性自身』2012/3/20号記事を紹介
『女性自身』2012/3/20号記事を紹介:阪神淡路大震災被災地か日本赤十字を訪問したいと打診したダイアナ妃側に対して、日赤の近衛社長からは丁重にお断り。松崎敏哉氏の説明では、日本の皇室からまだ誰も行っていないからなのが理由ではないか。そのことを知った美智子さまが近衛社長に電話。自分のことは心配せず、ダイアナ妃を迎えてあげて下さいと。結果、ダイアナ妃の日赤訪問が実現。その様子が世界中に配信された。雅子の「順序が違うのではありませんか」の対極。
 :
1995/02/22 徳仁誕生日会見収録(翌23日内容公表)

皇太子殿下お誕生日に際し(平成7年)
問1 今回,5千人以上もの尊い命を奪った阪神大震災が起きました。こうした大災害が起きたときに,皇室として何ができるとお思いですか。また,何をしたいとお考えですか。
皇太子殿下
天皇陛下は常に象徴として国民とともに苦楽を共にするという精神的な立場に立つと言っておられます。
近年では,雲仙の普賢岳の噴火の折,そして,北海道南西沖地震の折被災地を訪れられ,お見舞いをされました。また,この度の大震災の折には地震の発生の直後からできるだけ早い時期に被災地を訪れられることを希望されつつ,交通が途絶し,救援物資の調達もままならない現地の状況を気遣われ,救援活動を何よりも優先させなければならないとのお気持ちで,よい時期に現地を訪れることを希望され,先日お見舞いをなされました。
また,地震の発生直後から格別のご心痛をもって被災地の状況をお聞きになり,お見舞いの意を表され,また,お見舞いの言葉,そしてお見舞金を賜られました。私も天皇陛下のこのようなお気持ちを体し,この度の大震災で亡くなった方々に心から哀悼の意を表すとともに,被災者の方々がこの困難な状況を一日も早く克服されることを心より祈っておりますし,また,今回の震災の甚大さとその規模に鑑み,現地の状況を見,現地を訪れ,被災者の方々を少しでもお励ましできればと思っております。
また,避難所であるとか,復旧作業の現場ですとかそのような場所を訪れ,避難所におられる方々や救援・復旧活動に当たっておられる方々を少しでもお励ましできればと思っております。
 
・・中略・・
 
<関連質問>
問1 先の震災の中での中東の訪問に殿下は行かれる前にしのびない気持ちであるということをおっしゃっておられましたが,実際,帰ってくるまでの間にですね,宮内庁の方に講義があったり,マスコミ等でなぜこの時期にという反対の論調がですね,繰り広げられたということが事実だと思うのですが,お戻りになってその反対抗議というようなことがあったことをお聞きになって,今の中東訪問に行かれた判断についてのお気持ちを伺いたいのですが。
皇太子殿下
このことについては,出発前にも申し上げましたとおり,私としては非常にしのびない,日本を離れるのは,非常にしのびない気持ちではあったわけですけれども,政府の方針に従って中東地域を訪問したわけであります。それで,ヨルダンにあっては日程を,これは政府の方針で日程を短縮して,そして日本に戻ることになったわけですけれども,いずれも私のこういう公式な外国訪問につきましてはすべて政府の閣議了解を経なければいけないという事情がありますので,その辺の訪問については政府の方針に従ったわけであります。
 
問2 中東訪問はですね,日程短縮するかたちで28日にご帰国されましたけれども,その後ですね,今度の日曜日に神戸に行かれる予定ということなのですが,この間,どういうことをなさっていたんでしょうか。
皇太子殿下
この間,帰国しましてからは被災状況についての話を伺う機会がありましたし,それからまた,日を追って被災地の状況などをニュースそれから新聞等でもって見る機会がございました。私としましては今,どういうことができるか,いろいろ考えていたところでありますけれども,今度,現地に行きまして少しでも被災者の方々をおなぐさめすることができればと思っております。
また,先程の質問に追加させていただきますと,中東を訪問している最中もやはり,ひとときもこの神戸の被災地で亡くなられた方々,そして苦しい生活を送っておられる方々のことは頭を離れることはありませんでした。
 
問3 先日,両陛下が被災地を訪問なさった様子は報道でご覧になっていると思いますけれども,それについての印象とそれから今回被災地を訪問されることについて,両陛下と何かお話されたことがあったら,また,雅子様とどのようにお話されているか教えていただきたいのですが。
皇太子殿下
私も先日の両陛下のご訪問の様子はテレビや新聞等で見ましたし,それからまた,両陛下からもいろいろお話を伺う機会がございましたけれども,先程も申し上げましたように,救援活動を何よりも優先させなければいけないというお気持ちで,そして,現地でよい時期に現地を訪問したいというお気持ちを強く持っておられてこの度のご訪問がなったわけですけれども,現地において両陛下が親しく被災者の方々を励ましておられる様子を私も拝見し,ほんとうに両陛下もとても大変でいらっしゃったと思いますけれども,大変,その辺を立派になさっておられるように拝見いたしました。
それからまた,両陛下からも具体的にどういう話ということは申し上げられませんけれども,被災地でのことをいろいろ伺うことができました。
 
問4 雅子様とは,今度のご訪問でどのようにして人々を励ましたいとか,そういったお話はなさっていますか。
皇太子殿下
まだ具体的には,私,二人の間ではいろいろ今後考えていくことだと思いますけれども,両陛下のなさりようを拝見しながら行く先々でどういうふうに被災地の方々を励ましていくか,私達としてまた考えていきたいというふうに思っております。

震災発生から1ヶ月以上経過した時点においても「二人(=徳仁と雅子)の間で今後考えていくことだと思う」というgdgdぶりである。
 :
1995/02/26 東宮夫妻、震災後初めての現地訪問視察 http://www.youtube.com/watch?v=SQF_mXEXcgY

1/31 天皇皇后両陛下自衛隊大型輸送ヘリコプターから降り立ちご視察、避難所となっている体育館でジャンパー姿で跪き目線を同じにして被災者を語らう天皇陛下、瓦礫だらけの被災地に皇居から持参した水仙の花束を供えられる皇后陛下、バス車窓から手話で「がんばってください」のメッセージを送られる皇后陛下
2/26 東宮夫妻視察、横から見ると身体に随分肉がついていることが分かるふっくら雅子避難所の小学生にメッセージを求められ「がんばってください」とスケッチブックにマジックで書く徳仁
3/12 秋篠宮両殿下大阪府被災地ご視察
4/30 紀宮殿下淡路島被災地ご視察
5月 常陸宮両殿下兵庫県被災地ご視察
……以上、視察順を見て分かるように上位者が先に現地入りしていることが分かる。誰かがぐずぐずしていたら、その分後ろの順番の人間がそれだけ遅くなるということを意味している。

 :
1995/03/05 まるで取り繕うかのように二度目の訪問、兵庫県宝塚市・宝塚スポーツセンターにて阪神淡路大震災避難所を慰問する東宮夫妻
 :
 :
 :
平成15年(2003年)4月25日 兵庫県淡路島北淡町(現・淡路市)震災記念公園を訪問し献花するが、当時の被災者たちには対面せず。
2003年4月25日 兵庫県淡路島北淡町(現・淡路市)の震災記念公園を訪問、阪神大震災慰霊碑に供花する東宮夫妻。唇の端に薄ら笑みを浮かべているような表情の雅子
2003年4月25日 兵庫県淡路島北淡町(現・淡路市)の震災記念公園を訪問、段差ができた野島断層を熱心に見学する東宮夫妻 h ttp://mainichi.jp/area/kyoto/news/20081106ddlk26070595000c.html
毎日新聞京都府版 2008年11月6日
洛書き帳:皇室報道に接する度… /京都
 皇室報道に接する度、思い出すことがある。皇太子ご夫妻が03年、兵庫県・淡路島を訪れた時のこと。宮内庁幹部と知事の会見で、記者から「なぜ阪神大震災の被災者とお会いにならなかったのか」と質問が出た▼「日程の都合」とだけ答える知事に記者は食い下がる。場がピリピリしてきた。次にテレビ局の記者は「ご夕食のメニューは?」。さまつな質問にずっこけた▼だが、それ以後、皇室のニュースを見ると不思議と食事のことが気になるように。皇室への関心は高く、今ではその質問は当然と思う。ちなみにその時の宮内庁の答えは「私生活にかかわるので……」。機会があれば、ぜひ、また尋ねたい。【熊谷豪】
 :
 :
平成17年(2005年)8月26日 愛知万博ヨルダン館にて徳仁「阪神大震災が起こり途中で日本に戻ったため、死海は見られなかったので、また行きたいです」発言

1995年阪神淡路大震災を尻目に強行した中東訪問で、アラブの現地では入手できないリドヴォー(ris de veau 仔牛の胸腺)を食べたいと我侭を言いパリのフォションまで買出しに行かせた?書き込み編集

Part2038-620 可愛い奥様 sage 2011/03/13(日) 17:16:02.08 ID:ZYyLVLSk0
阪神淡路大震災発生後。

『女性自身』1995/2/28号<なぜ?雅子さまが「関西大震災被災地」へ行けない理由!
ttp://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20080213141244.jpg

日本を見舞ってくれたダイアナ妃。このときナルマサがまだ訪問していなかったので、
被災地訪問を断念せざるを得なかった。(しかもこの時衣装ストーカー
ttp://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20080128151651.jpg

ようやく2月末になってから避難所訪問。
子どもたちからスケッチブックとペンを渡され、ナルが書いたのがコレ↓
ttp://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1265441730844.jpg
ttp://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1265446567892.jpg

637 可愛い奥様 sage 2011/03/13(日) 17:50:07.45 ID:99GfLCxK0
>>620
この頃からすでになんだかんだ言ってけっこう公務をサボってたんだね。
ふっくらと」とか、中東でさんざん飲み食いしてきたからだろうけど、
本質はいまと同じ。ぶれないねw>雅子さん

675 可愛い奥様 sage 2011/03/13(日) 18:50:53.89 ID:yIqv3t9v0
>>637
中東で太りもすると思う。
現地でリドヴォーが食べたいと言い出し、アラブで入手出来ず
緊急でパリのフォーションまで、肉一片の為に飛行機で買出しに行ったと
当時現地駐在の商社マンから聞いた。

 

『週刊文春』2013年3月7日号 友納尚子ザ・プリンセス雅子妃物語 第30回 喜びと哀しみの中東訪問>、言い訳たらたら、都合の悪いこと隠蔽しまくり編集


皇室御一行様避難所 part15
206 :可愛い奥様@避難所生活:2013/02/28(木) 07:59:36 ID:CggGDI2U
今週のプリババ。転載お願いします
1994年5月12日の「海外日系人大会」でめが泣き腫らしたように腫れていたことがきっかけで、
「皇太子ご夫妻がけんかをしたようだ」「会話をされておられない」などといった噂がマスコミに流れた。
<雅子様の「朝寝」と「競馬(wwwwwww)」お二人が変えた宮廷慣習>(微笑94年6月25号)

曽我東宮侍従は会見で雅子の「朝寝」に対して「お風邪を召したときはともかく、そういう事実はない」と否定。
当時の東宮職の広報体勢は貧弱。プライバシーを大切にしたい夫妻の意向もあり、記者との関係は上手く言ってなかった。
しかし、不仲説は根拠の無いものばかりだった。皇太子ご夫妻は本当に仲が良かった(原文ママ)
雅子は懐妊を望めないと思い悩みすぎ、皇太子との関係が悪くなる事をおそれた。
雅子は気持ちを切り替えて公務に邁進していたが、ふとした瞬間に落ち込んでいたのに、東宮職はそれをわかっていなかった。
6月16日、結婚後初めて東京都青梅市の高山三山を登る。これが公務とはなれた初めてのプライベートの旅行(その前の、御用邸で散々やった静養は????)
1時間ほど登った所にある常福院龍学寺のお守りは子宝に恵まれるご利益があるときき、住職に貰ったものを大切にしたそうだ。(一緒にお菓子も貰った)
「手をつなぐことこそありませんが、足場の悪い所では殿下が妃殿下に常に気を遣っていた。湧き水でのどを潤している所はとても仲睦まじく
微笑ましかった(同行記者)。」昼食は大膳課が用意したお弁当を岩茸石山の頂上で。職員たちも離れ、二人っきりの時間に。
皇太子はこれをことのほか喜んだ。「結婚後はじめての登山が出来て非常に嬉しく思います。非常に楽しい登山になりました」
6月25日、東宮職から宮内記者に、25日に開催される「日米大学野球開会式」は、夫妻で出席出来なくなったと発表。
「日程の都合が付かないから」ということで、納得のいく説明は無かったという。後日このことは雑誌に「ドタキャン」とか彼た。
実はこの日は以前からの別のご予定があったのだ。(続きます)

207 :可愛い奥様@避難所生活:2013/02/28(木) 08:09:38 ID:CggGDI2U
(続き)
別の予定があったのにそれを把握しないまま東宮職が予定を入れてしまったのだが、東宮職の説明不足も事実に基づかない憶測(不仲説)を
生むことにつながったのである。この次期6月27日、松本サリン事件が発生した。翌年3月のオウムへの強制捜査後、
天皇陛下を暗殺する計画や皇太子ご成婚パレードに炭疽菌を散布するという計画があったことが分かった。
政治も激動していて、社会党の6月30日に村山富市首相が誕生していた。
7月6日午後、新居の新東宮御所が完成して、皇太子ご夫妻は引っ越しをされた。荷物運送中の4日から6日まではゆっくり葉山御用邸で過ごし、
最終日の午後に新東宮御所に到着。完成された新語所をご覧になった皇太子夫妻はとても嬉しそうだった。改修工事費用は
3億800万円。部屋数はプライベート部分の奥私室だけで22室。運び込まれた荷物は2トントラック60台。その費用だけで300万。
仮御所が手狭だったことから倉庫に保管されていた雅子の嫁入り道具も一緒に運ばれることに。
「殿下の歴史のご研究資料は大切に殿下ご自身が整理され、段ボールに入れられたそうです(宮内記者)」
(続きます。)
目を皿のようにして原文確認したんですが、結局25日の夫妻の別の予定についてはな~んも書いてませんでしたwwwwww

208 :可愛い奥様@避難所生活:2013/02/28(木) 08:20:21 ID:CggGDI2U
7月9日、両殿下は北海道の登山旅行に行った。知床最高峰の羅臼岳。5泊6日。
ようやく山頂に到着すると5人が立てるかどうかの狭い大地でカメラに応えた。
そのとき、足下が悪かったことから「ちょっと、危ない」と人前で初めて雅子妃の手首に手を
添えられたという(原文ママ)。雅子妃が「落ちちゃったりして…」とおどけ、周りから笑い声が上がった。
皇太子ご夫妻は人前で手を添えられたりお互いに仲睦まじく話しかけたりする姿は敢えて見せない。
自然なあるべきお姿をお示しになっているようだった。

同年11月5日、ご夫妻は初めての外国訪問に出発。サウジ、オマーン、カタール、バーレーンだった。

オマーン婦人協会主催の歓迎レセプションでは雅子妃は淡いピンクの着物姿だった。雅子妃の控えめな装いは目立っていた。
古都の似ず輪では純血アラブ種の4歳牝馬が雅子にプレゼントされるサプライズがあった。皇太子妃としての
初めての外国訪問をつつがなく終えられた。
帰国後雅子は31歳の誕生日を迎えたが、昨年に続き誕生日会見は見送られたが、感想を東宮侍従を通じて寄せた。
「長く思い出に残る旅行になりました」。皇室に入られてから過密スケジュール(どこが…?)で公務をこなし
風邪が長引いた雅子妃だったが、完治されてからのやく7、8ヶ月は最もお幸せな時期を過ごされていたのではないか。

続きます~

209 :可愛い奥様@避難所生活:2013/02/28(木) 08:29:02 ID:CggGDI2U
年が明けた1月17日、阪神淡路大震災が発生。

しかし、外国訪問が。外国訪問は相手国からの招待で準備等に時間をかけて調整していく関係から
皇族の碁石のみで簡単にキャンセルする訳にもいかない。
雅子妃
「国内でこういうことが起きている直後に国を離れることは大変忍びない。そういう気持ちでございますが
あちらに降りましても国内の方々のことを忘れずに一刻も早く立ち直られることを日々祈っています」
皇太子ご夫妻の出発の日、搭乗される雅子妃の手にはいつものブーケは無く、地味な深いグリーンの
ロングコートを着ていた。11日間の予定だったご訪問先では日本の文化の話題に花が咲く。
だが、皇太子ご夫妻は常に日本の被害状況を気にかけておられ、日を王ごとに険しい表情に。
そして28日の晩餐会をヨルダン国王は一日半繰り上げ、昼の午餐会に変更。これにより予定を2日繰り上げて
帰国することが出来たのだった。結果ヨルダン国王の厚意と皇太子夫妻の強いご希望、関係方面の努力によって
訪問は短縮されたが「国民の声に背を向けた」という批判が宮内庁に多く寄せられた。
この震災と外国訪問を巡る問題は一面で、皇族の置かれた不自由で困難な立場を如実に表していた。
取り急ぎレポしました。
詳細は本文確認して下さい。

『週刊文春』2013年3月14日号 友納尚子ザ・プリンセス雅子妃物語 第31回 阪神大震災と「不妊」>、輪をかけて言い訳たらたら、都合の悪いこと隠蔽しまくり編集

皇室御一行様避難所 part15
986 :可愛い奥様@避難所生活:2013/03/07(木) 08:05:40 ID:EkHG7HPQ
今週のプリババレポです。
(今週も蒸し返し&言い訳のオンパレード。本当に酷いです。1回最後まで通して読むだけで心が折れそうになりました。)

1995年、1月28日予定より二日早く中東から帰国された夫妻だったが、すぐに阪神大震災の慰問には行けなかった。
二人は帰国したその日に被害状況を資料や新聞記事で確認。2日後の30日には日本赤十字社から報告を受けた。
宮内庁にも帰国を早めるように希望し、すぐにでも現地でお見舞いをしたかったのになぜ出来なかったか?
それは皇室には守らなければならない「順」というものがあったからである。

(元東宮職)「まず天皇皇后両陛下が被災地を訪問されてから、両殿下の予定が決まる」
被災後はすぐに両陛下は葉山の静養を中止と発表。被災地に向かわれたのは1月31日。
2月6日にはダイアナ妃が一人で来日し、被災地入りをご希望。しかし皇太子夫妻がまだ訪問前だったので適わなかった。
その間、ダイアナ妃は小児病院や福祉施設をはじめ英連邦戦死者墓地など精力的に回った。
これは5人程度という警備の簡素さと、柔軟に予定を組み込む対応の素早さが皇室の公務とは違ったため。
当時雅子妃とダイアナ妃は国際的な活躍を期待されていた。福祉や国際親善にご関心があることは共通だった。
しかし、雅子妃はダイアナ妃を目指されていた訳ではない。英国王室とは違うし、雅子妃はご自身が前に出て積極的に国際親善などを
行うよりも、皇太子妃として皇太子のお役に立つことが出来れば良いというお気持ちが強かったという。
雅子妃は問題意識としては国内外に関心を強く持っているが、妃殿下という立場を積極的に誇示するご性格ではなかったのだ。
続きます


987 :可愛い奥様@避難所生活:2013/03/07(木) 08:06:45 ID:EkHG7HPQ
(続き)
2月8日、ダイアナ妃は東宮御所を訪問。両殿下は通訳無しで30分近く歓談。雅子妃は初対面だったが、
皇太子と同じくオックスフォード大に留学していたことから、3人でアルバムを見ながら英国の時を懐かしんだ。
皇太子夫妻が被災地を訪ねたのは約1ヶ月後の2月26にちのことだった。
神戸の小学校へむかった二人は職員に勧められたスリッパを断り館内へ。
「はやる気持ちを抑えられないという感じで。両殿下の気さくなお人柄に被災者たちも感銘を受けていた」(同行した記者)

被災者が多かったためお二人は別々に行動されることに。雅子妃は一瞬不安そうな様子だったが、次々と声かけ。雅子妃の激励に
笑顔を見せる女性や涙する老人。いつの間にか集まった子供たちの輪が出来て、その中心に雅子妃がいた。その光景を見て
東宮職「こういう自然な雰囲気をお造りになるのが妃殿下の魅力なんですよ(原文ママ)」
あまりの熱心さに予定時間オーバー
「雅子様は責任感の強いお方。皇太子様とはなれてお一人で激励をされることになり、より務めを果たさねばと考えられたのでは」(元宮内庁関係者)
「控えめではあるけれども、一度決断したら完璧にこなされるというご性格そのまま」(雅子妃の友人)

はあ…続きます。目が滑って。


988 :可愛い奥様@避難所生活:2013/03/07(木) 08:11:21 ID:EkHG7HPQ

(続き)
3月5日、淡路島の避難所訪問。20日地下鉄サリン事件。こうした治安の面と大震災のお慎みから夫妻は外出を控える。
しかし東宮御所内で接見やご会釈をこなす。空いた時間は散歩やサイクリング。テニスをした。
雅子妃は両陛下とテニスをされる時は、軽食を手作りされ、持参することがあった。
これは両陛下に召し上がって頂ける楽しみがあったから。(初耳だな…それ。)
雅子妃は自分がどのようなことで役に立てるのかを考えていた。それを宮内庁に相談したら
「考えるべきことは世継ぎのことで、公務のことは必要ない」とういう返答。雅子妃は黙り込んだ。
公務は必要ない、その方向性は宮内庁の中で具体化。4月4日まで1ヶ月公務が無かった。
これは成婚3年目というのにいまだお子様が出来ないので東宮職がゆったりとした環境作りを考えるようになったから。
雅子妃に求められているのは公務よりもお世継ぎを生むことであった。ご公務に積極的な雅子妃を抑えるような動き。
だがなかなか懐妊せず。周囲はその原因は雅子妃にあるのではないかと見るようになってくる。
「一般に子供が出来ないと原因は妻にあると思われがちで、当時の宮内庁も同じだったのでは?」(宮内庁関係者)
雅子妃が世継ぎの重要性を自覚していないという歪んだ話が宮内庁の中に広がり始める。
宮内庁御用掛の坂本医師を筆頭に雅子妃の体調は逐一両陛下の千代田に報告された。懐妊しないことは夫妻は悩んでいた。
二人の真意は医者も東宮職も汲み取ることは出来なかった。一歩踏み込むことは難しいが、周囲の放置がより雅子妃を追いつめていった。
95年、7月ごろ天皇のお言葉に、雅子は直接異を唱えた。
「国民みんなが待ってるからね」「私の友達にそんなことをいう人は一人もいません
これらの記事では天皇に口答えした雅子妃という像が描かれているのだが、人づてに伝わるうちに悪意で強調された典型的なケース。
そんなことをいう人はいません」ではなく懐妊出来ない理由を両陛下に受け入れて頂きたかっただけで、
その旨を両陛下に説明していたのではないだろうか。
続きは後ほど、レポします。読んでるだけで心が折れそうな言い訳駄文です。今週号は本当に酷かった。


皇室御一行様避難所 part16
11 :可愛い奥様@避難所生活:2013/03/07(木) 12:20:46 ID:EkHG7HPQ
転載お願いいたします。
プリババレポ続きです。
「国民みんなが待っているからね」
「私の友達にそんなこと言う人は一人もいません」
このエピソードから浮かび上がるのは、「天皇に口応えした雅子妃」というよりもむしろ、
その深刻な悩みを理解されていないという思いであり、雅子妃の孤独ではないだろうか。
しかし雅子妃が懐妊されていないことは皇位継承に大きな影響ををもたらすのは事実だった。
那須御用邸帰京後9月22日、故橋本龍太郎通産大臣が小泉純一郎を大差で破り自民党の新総裁となった。
2日前にドイツ新聞の記者から天皇制についての質問が投げかけられた。
「将来的に女性の天皇を認める考えはあるか?」
小泉「私は女子が天皇陛下になられるのも悪くないと思う。男子直系には拘らない。皇室典範は改正しても良い」
記者からどよめきが起きる。
橋本「歴史的に女帝の礼はある。国民が認めるなら直していけないという問題ではない。ただし、男子がいる中では
急いで改正する必要はない」
宮内庁には激震が走った。

続きます。

13 :可愛い奥様@避難所生活:2013/03/07(木) 12:32:01 ID:EkHG7HPQ
(レポ続き)
10月15日、雅子妃はこの年初めての私的外出をする。母校の同窓会。婦警の他3人の女官が同行。
同窓生は久しぶりにお目にかかった雅子妃を見た印象は「お痩せになった…」。
とても心配した同級生の一人が声をかける。
「この夏に、痩せたみたい」と雅子は語る。実は妊娠しやすいように体重を落としたと言われている
挨拶の言葉で「皆さん、仕事をされてる方、育児をなさっている方、それぞれの道で頑張って下さい。
私も頑張ります」と笑顔を振りまいた。しかし同級生たちは「同世代の様子を見聞きし、
妃殿下は吹っ切れたような、それでいてどこか悲しそう」な印象を受けた。
11月。皇太子夫妻は御料牧場で静養。オマーンから贈られた馬と再会する話があり、両殿下と馬の良い写真が
撮れることを記者たちは希望。しかし許可が出たのは黒塗りの車で通り過ぎる所だけ。記者たちから不満の声。
12月9日。雅子の32歳の誕生日だったが、この年も会見はなかった。
「3年目は雅子妃が世継ぎ問題等を質問されることを拒まれていたのでは?と言われていた。
東宮職も雅子妃のお気持ちがわからず、記者会見を開くよう推し進めるのは無理だった。
まるで腫れ物に触るような感じ(宮内記者)」
雅子妃の素顔は次第にベールにつつまれていった。で、〆です。次回は休載だそうです。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki