Fandom

Dosuko Wiki

指差し恫喝

642このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

1987年(昭和62年)12月18日、当時24歳の小和田雅子が目黒区小和田家近くの路上にて取材カメラマンに対し、かなり厳しい言葉を発し指差し恫喝をするという事件が勃発した。1987年12月19日付の日刊スポーツで報じられ、複数の雑誌・書籍にてその事件が記されている。

時は流れ、雅子の一人娘敬宮愛子ちゃんが学習院初等科不登校状態だと2010年3月5日に会見まで開いて発表されたが、その関連報道で愛子が同級生らに対して「胸倉掴み」などといった非常に乱暴な他害行為に及んでいることが伝えられている。

こんな乱暴な雅子と愛子の振る舞いについては、水俣病被害者に対し「死んだ魚を食べる乞食がカネせびりに来たな」「腐った魚を食べるから汚い病気にかかる。伝染るから近づくな」「(株主総会で一株株主で参加した水俣病患者達に向かって)庶民が何を言うか!」「黙れ貧乏人が!」と恫喝したチッソ社長母方(曽)祖父・江頭豊の血がなせる業かとも言われている。

関連項目:【胸倉掴み

1987年12月小和田雅子によるカメラマン指差し恫喝事件記事集編集

『フォーカスFOCUS SPECIAL』1993年1月22日号<「皇太子妃内定」7年の大逆転>pp.6-7より引用
右の写真は、「どの社ですか、名刺を出しなさい」とカメラマンを一喝する雅子さん。仲々の迫力でありました。
’87年12月18日、自宅付近でカメラマンを叱る雅子さん
PHOTO 清水潔

『FOCUS』1999年(平成11年)12月22日ミレニアム増大号<フォーカス20世紀のベストショット 「ご懐妊」雅子妃が本誌カメラマンを一喝した瞬間> pp.54-55より引用
「どこの社ですか。名刺を出しなさい!」
 いまから12年前の、’87年12月。浩宮のお妃候補として名前が急浮上した雅子さまは、突然、マスコミに追いかけられるお立場になった。本誌も東京・目黒区の実家を張り込んだが、出勤のために姿を現した彼女は、冒頭のように毅然としてカメラマンを一喝。写真は、その瞬間を撮らせていただいたショットである。
『FOCUS別冊永久保存版 ANTHOLOGY1981-2000』 ROYAL皇室の素顔より引用
「どこの社ですか。名刺を出しなさい!」。’87年、「お妃候補」として名前が急浮上し、連日マスコミに追い掛けられることに。取材攻勢には少々おかんむりの御様子で、本誌カメラマンを叱る。東京・目黒区の実家近くで。
『FOCUS』1988年(昭和63年)1月1・8日新春増大号<最強の「浩宮妃候補」登場――東宮に招かれた「女性外交官」――>pp.4-5より引用
本文中に小和田雅子指差し恫喝事件についての記述はないが、【ウインナー炒め】画像に添える形で当日画像を掲載。
『週刊新潮』1988年3月3日号<特集「頂上が見えた」というご発言で絞られる浩宮妃候補>記事 p.135より引用
 皇室ジャーナリストの河原敏明氏も、かつては小和田雅子さん本命説をとっていたが、今では「芽はつぶされた」という。
 一つは、先述した父親・恒氏のOECD大使への赴任と、雅子さん海外研修の一件で、
もう一つは、取材陣に対して、彼女が“あなたたちどこの社なの。名刺を出しなさい”と、強い態度で応対している点です。これはスポーツ紙に報道されたんですが、お妃選考者たち、特に東宮職の幹部などは、“これは手強い女性だな。温厚な浩宮様が、ダイアナ妃に振り回されるチャールズ皇太子の二の舞を演じなければよいが”と、きっとそう思うはずです。(以下略)」
『皇太子妃 雅子さま』河原敏明、講談社1993年4月27日発行pp.20-22より引用
私は昭和六十二年十二月中旬、まだどこの社も雅子さんをお妃候補として活字にする前に、外務省に出勤する雅子さんを見に行ったことがある。くるっとした大きな瞳、知的で容姿端麗、そして活発そうな印象だった。英語はもちろんフランス語、ドイツ語など語学も達者。ハーバード大学を優秀な成績で卒業し、東大在学中に外交官試験にパス、お父さんも外務省の高官、という経歴も申し分なかった。
それらの経歴はすでに取材ずみだったので、いまご本人をみてお妃にはうってつけの女性だと直感した。背がちょっと高すぎるようなきはしたが。
これまで、特定の女性と何度も会うことなどない慎重派の皇太子が、雅子さんだけはつづけてお会いになっていたという事実に、私も「これは……」という思いをますます強くしたのだった。
ところが、この年の瀬も押し詰まった十二月十九日付で「日刊スポーツ」が、
「浩宮妃候補急浮上・二十四歳の外交官小和田雅子さん」
として大きく報道してしまった。
私が同紙に、三、四日後まで記事にしない条件で(雅子さんの写真だけを今のうちに撮しておくよう、と)取材経過を話したのだが、何かの手違いですぐ記事にしてしまったのだった。
ところが翌二十日の同紙の続報をみて、私は雅子さんはむずかしくなるかな、と思った。十九日の“スクープ”によって、二十日の朝には別の三社のカメラマンたちも小和田邸に集まった。その時雅子さんは、カメラマンに対してかなり強くやめるように主張したそうである(二十日付同紙)。
こういうしっかりした態度は仕事をしている人にとって当然かもしれないし、若い女性が雅子さんを支持するゆえんであるようだ。
しかしこの気丈さに、次の皇后さまこそぜひとも旧華族や常磐会から、と意気ごむ人たちや一部の保守層が反発するだろうことは、美智子さまの例をみるまでもないからである。
『消えたお妃候補たち』小田桐誠著 p.143「マスコミが小和田雅子をキャッチ」より引用

 同年(注:1987年)12月21日発売の『週刊女性』(88年1月14日号)が店頭に並ぶ二日前の19日、『日刊スポーツ』が「浩宮妃候補に急浮上」と「ハーバード大卒のスーパーレディ」小和田雅子浮上の背景とその人となりを伝えた。
(中略)
 同紙が発売されると、東京・目黒区南にある小和田邸に取材陣が殺到。19日朝には小和田父娘と取材陣との間でこんなやりとりもあった。
 自宅を出てきた小和田雅子の前方に、早朝から張り込んでいた写真週刊誌などマスコミ4社のカメラマンが群がり、一斉にフラッシュをたいた。彼女は顔をこわばらせ、
「なんですか、あなたたちは。やめなさい」
と抱えていたバッグで顔を隠した。カメラマンたちは構わずシャッターを押し続ける。
「あなたたち、どこの会社なの。名刺を出しなさい」
と憤りをあらわに二の矢を放った。それでも取材攻勢はやまない。このため彼女は自宅に駆け戻り、息を切らしながら「お父様ァッ、お父様ァーッ!」と叫んだ。

『SPA!』1993年2月10日号 田中康夫 神なき国のガリバー
(『言いたいこと、言うべきこと~神なき国のガリバーvol.3~』田中康夫 扶桑社1994年7月20日初版発行 pp.36-39に再録)
 「日出ずる国の象徴」なる座に将来、就くことを運命づけられた人物の妻となる彼女(=小和田雅子)が最も彼女らしく見える髪型なり服装なり化粧なりを、本人、あるいは周囲が的確に会得していることは、当然、求められて然るべき、だ。
 であれば、これらの点に関して報道する際“自己規制”など些かなりともマスメディアは行うべきではなく、また、忌憚なき論評こそがそこで繰り広げられるべき、と僕は考える。
 仮に幸いにして彼女に、何れの場面(シチュエイション)に於いても自身の持つ魅力を十二分に引き出せる術が具わっていたとしても猶、だ。況して、改善すべき点がある場合に於いてをや、であろう。
 思うに、クラウンプリンス・ナルが数年来、魅力を感じていた要素の一つだったであろう“彼女らしさ”の中には、「婚約」発覚後、大分の変化を来たした部分がある。例えば、自宅前で激写(フォーカス)された際、舌打ちしながら明らかに「馬鹿野郎」と呟き、「どこの社(プレス)よ、名乗りなさい」と気丈な反応を見せた魅力を、今の彼女の中に見出すことは、難しい。
『噂の真相』1993年3月号 マスコミが絶対書けない 皇太子妃・小和田雅子逆転決定に見る“現代の生贄”の検証
p.27より引用
 実をいうと、小和田雅子が妃に決定したことを一番意外に感じたのも、6年前から彼女のことを追いかけ続けてきた皇室記者の面々だった。
「昨年暮れに小和田さんが再浮上しているとの情報を聞いても、最初は信じられなかったほどです。我々の間ではとっくの昔に“メがない”と考えられていましたから。たしかに彼女は新しい時代のお妃に相応しいキャリアの女性ですし、皇太子も彼女にこだわっていることは知っていました。しかし、肝心の小和田サン自身にまったくその気がないことが、取材すればするほど明らかになってきたんです」(皇室担当記者の一人)
 実際小和田雅子はお妃になる意思のないことを自ら表明してもいる。オックスフォード大留学中の89年9月、日本から追いかけてきたマスコミ数社を前に即席の会見を開き、「わたくしはお妃問題には関係していません、ずっと外務省職員として生きていく」と語ったのはよく知られた話だが、実は、彼女はこの公になっているコメント以外にもっと強烈な台詞を発したこともあるという。
「一時たりとも活字になっていませんが、小和田さんは留学前の88年、ある新聞記者の執拗な取材に声を荒らげて『あんな家にはいかない』と答えてるんです。ちょうど報道陣に『名刺を見せなさい』と詰めよるなど、取材攻勢に神経を尖らせていた時期ですから、ついホンネが出ちゃったんじゃないですか。当時、この発言は記者連中の間でもかなり話題になりましたね」(もと宮内庁詰記者)


指差し恫喝する小和田雅子AA編集

この小和田雅子の指差し恫喝姿は古本屋でも比較的入手が容易な『FOCUS永久保存版1981-2000』2000年(平成12年)12月18日号の28ページでもばっちり確認でき、またAAにもなっている。

                       ,..--.,/ ̄`'ヽ-、. 
                    /´         `ヽ、 
                   (    /《 《ヾ、     ヽ 
                    ソ   /  `ツ ヾ、     ヾ 
                    (   / ̄`   ─、       ヽ 
                    | / -=゙ノ  -゙=-ヾ     ヾ 
                    `ソ   、::.     ヾゞ    ) 
                     |    ´      ト-,  ノ 
                     .|   - ー、      イ-、/ 
                   / ̄ヽ   ̄     / ゙=゙  
                 //  | ー-ー   /ヾヽ 
           _,..-ー´T゙/<__  | `ー-   /  ヾヽ, 
          /´    / /  |  ゙ヾ|     /´   |   ゙̄ー、. 
        /       |/   |   ヾ|    />⌒`ー'  \   `ー-、 
        /      /    |   |`ー--/´ ノ /    \  / ヽ 
       /      /´    |  i ヽ  / ´ /       \..   | 
       /     /      |  ! ヽ._/ ゙´ / __ ,.-、_    ,>   | 
            \      |  ー    / ( (  ,.:: : ´ヽ /   | 
                    |      /_,,.-`ー:`ー-゙´  .!     | 
                    |     / !:_, !:::゜____,.::  i     | 
                     |     |     ! ::゜:..     iヾ    | 
                      |.    |    || !`ー--'   ! `ヽ   | 
                     |   |     |`ヾ゜::  ノ/|      | 
                      |   |     ヽ ゙ー=゙゙ 

                     / ̄  ヽ、 
               / ̄ i´       \ 
              /   ハ ハ、ヽ\ 丶 ヽ 
                { / /  リ \ \ヽ    ', 
              i   /=;、  ,;=ヾ ヽ   ヽ ', 
               l. / ,rェ;ァ〉  ,rェ;ュ\     i. ', 
                 l i   / 丶     ヽ i ノ } 
                   `i.  ヾ-^'       レ‐ラ/ 
                |   ィ_‐-- 、    こ〃 
                 _>、   ̄´   / 厂i 
               / /  lヽ_ ,. - '´ / l |、 
          _/ /     |`¨ ‐‐ ''´/  l  ヽ __ 
        _,/l |   ̄| ̄ヽ|      /___,」   i    ̄ヽ、 
    _,. -''´  //     |   |!     .//   /   .l        \ 
   /      | |     |   }ト、   //   /   /      / i 
   /      |/     |   ヽヽ .//   /  /      /   | 
  ./      /       .l    ヽ∨/   /./ ̄ ̄`ヽ   /    八 
 /      /       ',     y    /〈,_  ____ ノ 〉、/  /   ヽ 
 !      ヽ      ヽ         /r‐¨´{   __/  ヽ ´     ', 
. l        \      \     / ー-┐ r' ̄    l          l 
./         \        ',     i     i ーr‐‐  ,ノ!       | 
                \       l   /    ヽ  └--  / }\      | 
        i      \    l   i    ./ \ _//  \    .| 
        |        \    |  /    /    ` 「 ̄        ̄  | 
        ∧         \  | /  /       ヽ           | 


両親小和田恒優美子による、長女雅子がやらかした指差し恫喝行為に対する言い訳編集

1993年1月の婚約内定発表後『文藝春秋』1993年3月号にて、小和田恒優美子夫妻がインタビューに応じ、長女雅子のカメラマン指差し恫喝事件について次のような言い訳をしている。

文藝春秋』1993年3月特別号 娘・雅子が決意した日(小和田恆・優美子) pp.118-119より引用
「名刺を出しなさい」事件の真相(小タイトル)
――そういう努力を重ねて外交官としてスタートを切られたわけですが、今回皇太子殿下とご婚約され、雅子さんは再び全く新しい世界へ旅立つことになりました。これからは、少し、このたびのご婚約の経緯などについて聞かせて下さい。記者会見でも、いろいろなことがあり、ご本人もお二人も悩んだ時期もあったとおっしゃっておられましたが。
小和田 そのあたりのことについては、申し上げることを差し控えさせていただきたいことも多々ございますので……。
――現在、さまざまな報道が氾濫し、噂や正確とは思えない諸情報も流布されているようです。その幾つかについて、これから聞かせていただきたいと思います。まず、皇太子殿下がはっきりとした意思表示をされ、小和田家に正式な打診のようなものがあったのは、八七年の十二月だと思われます。雅子さんが外交官試験に合格した八六年十月、東宮御所で開かれたスペイン・エレナ王女の歓迎レセプションで初めて殿下と会われ、それから幾度かの出会いを経て翌年の末に正式な申し込みがあった……。
小和田 当時、私たちとしましては、そうしたお妃選考の過程で雅子の名が上がっているなどということはまったく存じておりませんでした。たしか八七年の十二月二十日過ぎだったと思います。突然わが家の前にカメラマンの方々が二、三十人現れたのです。雅子は、いつものように外務省に出かけようとして玄関に出たのですが、びっくりして慌てて家の中に駆け戻ってきました。「お父様、お父様」と息を切らしているものですから、「どうしたの」と聞きましたら、何だか分からないけれど、玄関のところにカメラマンの方が沢山いて、写真をパチパチ撮られたと言うのです。私の方も何が起きたのかまったく分かりません。どうしたのだろうと思いましたが、娘ももう社会人のはしくれですし、集まっている人たちに「どうしたんですか」と自分で聞いてみたら、と気軽に申しました。それで雅子は、勇気を奮ってもう一度出て行って「どこの方ですか」と訊ねたんですね。
 それが、後になって「名刺を出しなさい、名前を名乗りなさい」と言い放ったという話になって、「皇室評論家」と称する人などから、気の強い女性であるといった歪められた話になって伝えられてしまったのです。


果たしてこの指差し恫喝画像に相応しいのは

小和田恒が主張する「どこの方ですか」
・“雅子が気の強い女性であると歪められた話として報じた「皇室評論家」と称する人”=皇室ジャーナリスト河原敏明氏が主張する「名刺を出しなさい、名前を名乗りなさい」

のいずれであろうか、それはソース画像を目にした人間が各自判断できることであろう。

小和田雅子によるカメラマン胸倉掴み恫喝事件/タートルネックで顔隠し事件/記者が差し出した名刺を目の前で破り捨て事件編集

この手の振る舞いはてっきりこれだけかと思っていたら、『週刊文春』2006年3月16日号にて、駅のホームにいた雅子が向かいのホームから撮影され、向かいホーム上のその記者を見つけた彼女は階段を駆け上り下りまでしてやってきて記者の胸倉を両手で掴み揺すぶって「フィルムを出してください!」と叫んだ事件が紹介された。

『週刊文春』2006年3月16日号 悲劇のプリンセス「不適応」の理由 雅子さま友人・恩師・同僚…50人の証言<上> p.40より引用
 自宅前に張り込んだ(12)元写真誌記者C氏は、反省をにじませながらこう話す。
「自宅から駅に向かう雅子さまにぶら下がって話を聞こうとしたことがあります、ところが『マスコミは嘘ばかり!』とおっしゃったので、私もしつこく『どの辺りが嘘でしょうか?』とお聞きしたんですが、何もお話いただけず、駅に着いてしまいました。
 雅子さまは満員の上りホームに立っていらした。私はこの取材で初めて雅子さまにお目にかかったんですが、あまりに美しかったので、『何とか写真に収めたい』と反対側の下りホームに行って、レンズを向けたのです。
 撮った瞬間に雅子さまが気づかれました。すると全力疾走で上りホームと下りホームをつなぐ陸橋を駆け上って、私のほうにまっすぐ向かって来られたんです。そして私の胸倉を両手でつかんで揺すぶって
『フィルムを出してください!』
 と抗議されました。その勢いに私は一言も口が利けず、フィルムをどうしたかも忘れてしまいました」
 
※(12)とは、記事中証言者の登場番を示す。
『月刊THEMISテーミス』2004年11月号 懸念は払拭されたのか皇太子ご一家ビデオ公開は裏目に出た pp.32-33より引用
雅子さまの「マスコミ嫌い」は、結婚前から有名だった。お后候補報道が過熱した当時、雅子さまの一挙手一投足は連日、各社のカメラマンにマークされた。外務省の元同僚によると、雅子さまは「マスコミってウジ虫みたい」とこぼしたという。
小和田番だった大手新聞社のカメラマンは、「駅のホームで電車を待っていた雅子さまを撮ろうとしたら、タートルネックのセーターの襟を伸ばして顔を隠されました。そこまで神経質な人が、皇室に嫁いで大丈夫かなと心配になった」と述懐する。
Part2714-473 可愛い奥様 sage 2013/12/28(土) 12:28:27.99 ID:eN5QF4xu0
会員誌「選択」2014.01号
日本のサンクチュアリシリーズ
東宮 皇室危うくする雅子妃
 
以前は自由に出入りできた宮内記者会所属記者も今は原則立ち入り禁止。毎週金曜の定例会見も「妃殿下は記者が大勢来ると思うだけでご負担」として
皇居の本庁記者クラブで開かれている。
 
雅子妃のメディア嫌いは御妃候補として追い回されたころから。
帰国後も続く取材攻勢に、40代の温厚なベテラン記者が差し出した名刺を目の前で破り捨てた。
 
最近は女性誌まで契約カメラマンを相次いで解雇、大手出版社に必ずいた皇室専門カメラマンもとうとう“絶滅”。
続く


マスコミの取材に神経質になる気持ちは理解できなくもないが、20代の素人女性が成人男性を指差し恫喝したり胸倉を掴むといった行為はそうそうできるものではない。また、いくら心を許した同僚相手でも「ウジ虫みたい」とこぼしたり、タートルネックを伸ばして顔隠しというのも、エリートキャリア官僚を自認している割にはあまりに子供っぽい振る舞いだろう。自分の倍近い年齢の男性記者が差し出した名刺を目の前で破り捨てるというのも、小和田雅子の攻撃的な性格が恐ろしいほど如実に表れている事件である。

雅子の「指差し」行為について編集

直接人や物を指で示すのは、庶民世間一般でも品があるとは言い難い振る舞いであるが、雅子夫人が頻繁にやる仕草の一つである。掌全体を使って品良く示すことが雅子には全くできないらしく、無意識レベルで自然にやらかしてしまっている行動と思われる。この傾向は一緒にいることの多い夫徳仁皇太子にも伝染しているようである。

1994年10月23日 三重県訪問第9回国民文化祭みえ'94、宿泊先ベランダで夫婦揃って何かを指差す画像
1994年11月、中東4カ国公式訪問にて、バーレーンのサフリア宮殿でハマド皇太子と会見している際の雅子夫人画像
1994年11月13日 同上バーレーンのハマド王太子と会見の雅子トンデモ画像が、後に『サンデー毎日緊急増刊 新宮ご誕生。敬宮愛子さまお健やかに』毎日新聞社2001年12月28日発行p72に掲載されることに。
1995年1月25日アラブ首長国連邦訪問にてドバイクリークの説明を受けている折の雅子指差し画像
同月17日阪神淡路大震災後に強行した中東訪問である)
1998年3月26日スペイン・フェリペ皇太子を鎌倉案内
1998年3月26日同じくスペイン・フェリペ皇太子を鎌倉案内、ここでも指差しする雅子
2005年5月7日天皇皇后両陛下ノルウェーご訪問につきお見送り(東京国際空港)
2006年6月15日、天皇皇后両陛下東南アジア公式訪問お出迎え前の羽田空港ガラス越し画像、雅子が指差す先は着陸しようとしている両陛下が乗られている飛行機
2015年9月17日 芝浦水再生センターを徳仁雅子が視察、品のない風体で何かを指差す髪の毛もじゃもじゃ雅子(17日午後、東京都港区で)=栗原怜里撮影

プライベートでやるだけならともかく、公務先、更に他国公式訪問して要人相手や来日した王族相手、また両陛下の搭乗しておられる飛行機に指差し行動をしており、彼女自身この指差し行動はコントロールが利かないものであると考えられる。
皇太子妃候補に小和田雅子の名前が出だした時期の1987年12月「指差し恫喝」事件も、雅子が指差し行為を安易にそして頻繁にする習性を持ち合わせていたからこそ発生したものと言えよう。

おまけ:雅子と愛子大量指差し画像集

参考:2007年11月27日、守屋武昌前防衛事務次官の収賄疑惑騒動の中、まるで元外務事務次官(1991年8月~1993年7月)小和田恒の長女・小和田雅子の指差し恫喝事件を連想させるような、守屋前防衛事務次官長女のやらかした事件ニュース 編集

守屋家の和服放水娘「名刺出せ」…カメラマン流血
ttp://www.zakzak.co.jp/top/2007_11/t2007112827_all.html
 
 守屋武昌前防衛事務次官と妻は28日午前、東京地検特捜部の出頭要請を受け、東京・神楽坂の自宅から港区内の法務省分室に向かった。守屋氏が自宅を出た瞬間、自宅前に集まった約80人の報道陣が、守屋氏が乗るタクシーに殺到し、現場は大混乱となった。一方、連日の過熱報道に苛立つ、家族らの怒りも爆発した。
 これまでも、過熱する報道に不快感を露わにしてきた守屋家の人々。イライラが頂点に達したのは、27日夜だった。午後9時45分ごろ、額賀福志郎財務相との宴席同席問題で、証人喚問の召喚状を手渡すため、守屋氏宅を訪問した参院事務局職員と報道陣に対し、30代とみられる長女がホースを握り、玄関前を約5メートルに渡って水をまき散らした。「高そうなコートを着たテレビ局の記者が全身水浸しになっていました」(現場の記者)
 このトラブルのため、召喚状は深夜になって参院職員が守屋氏本人に手渡すこととなった。
 守屋家の前では、疑惑がささやかれ出した先月下旬から報道陣が連日待機し、家人の中でも特に同居する長女の苛立ちが目立っていた。「名刺出しなさい。あなたどこの記者ですか」と威嚇。報道機関に電話で抗議するなど報道陣に対し、ひとり戦いを挑んでいた。「ある時は、手伝いに来ていた親族の女性に制止されるほどの興奮ぶりだった」(現場の記者) 約4メートルの脚立を組むテレビ局のクルーに「何やっているんですか!」と怒鳴りつけたり、道路上に“場所取り”のため張ったビニールテープに対して猛抗議をしたり、警察が駆けつける騒ぎになるなどトラブルが頻発していた。このため、所轄の牛込署から警察官が常駐し、規制線が張られるなど、異例の厳戒態勢が敷かれてきた。
 長女が出かける際はいつもしっとりとした和服姿。大学では長唄を専攻し、「年齢以上に大人びて、落ち着いている」というのが近所の評判だ。
 この日も長女の怒りは爆発した。自宅を出る守屋夫妻に連れ立ってマスクに帽子姿で現れた長女は夫妻が乗る個人タクシーの前を誘導。殺到する報道陣の前に両手を広げて抵抗した。タクシーが去った後は報道陣に対し、ひとりひとり「どこの社か」と詰めよった。
 混乱を極めた現場では警備に来ていた警察官がタクシーと接触して救急車で搬送され、カメラマンが頭から血を流す場面もあった。
ZAKZAK 2007/11/28

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki