Fandom

Dosuko Wiki

抗議の公園デビュー

639このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

『週刊女性』の記事で主張される皇太子妃の行動の一つ。
東宮一家が2003年5月~7月に数度一般人親子も来る公園にお出まししたのは広く知られている話であるが、第1回目の公園へのお出ましは2003年5月23日皇宮警察音楽隊創立50周年演奏会を欠席(他皇族は出席)してまで行ったという異様な側面がある。そこまでして何故公園デビューに拘ったのか、その訳は「幼い愛子さまの発育をめぐる心ない囁き」に抗議する意味合いがあってのことと、『週刊女性』にて「旧宮家関係者」が主張している。
他に皇太子妃の似たような行動として「抗議の乗馬」がある。

参照:【抗議の乗馬】、【示威行動】、【不本意


『週刊女性』2006年6月20日号
pp.28-29ページより引用
 じつは、雅子さまの心をもっとも傷つけたのは、誕生後の幼い愛子さまの発育をめぐる心ない囁きだった。その一部は外国メディアで報道されたりもしたが、こうしたことが皇室周辺で囁かれたのは、ご夫妻が第2子(男子)を事実上、断念されたといわれる時期のことである。
「あれはお世継ぎの男子を産まない雅子妃への嫌がらせのようなもの。たわいもない中傷だとしても、母親としては耐えがたいこと。皇太子の告発発言後、お世継ぎ出産が最優先で外国訪問もできない環境が雅子妃を追い詰めたと報道されたりしたけど、現実問題はそんなきれいごとだけではない。それだけに、その心の傷は今も癒されない深いものがあるんじゃないでしょうか」(旧宮家関係者
'03年5月、1歳の愛子さまの公園デビューは、そんな心ない囁きへの反論だったともいわれる。この日は、皇宮警察音楽隊創立50周年演奏会が開かれ、美智子さまをはじめ皇族方が出席されたが、それを休んでのことだった。
 愛子さま公園デビューという微笑ましい出来事の背後には、ご夫妻、とりわけ雅子さまの悲痛な叫びが隠されていたのだ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki