FANDOM


『週刊女性』の記事で主張される雅子夫人の行動の一つ。
2006年1月12日毎年恒例の皇室歌会始を欠席した雅子夫人が全く同じその1月12日に皇居馬場で乗馬をしたその理由は、夫婦して仲良くコウノトリを歌会始発表和歌に詠んだ秋篠宮同妃両殿下への抗議の意味合いによるものということ。事の真偽はともかく、一般人としても全くもって理解に苦しむワケワカメな振る舞いである。

『週刊女性』2006年2月14日号

p.29より引用
「3年前の5月の愛子さま公園デビュー事件を思い出す」
と語るのは、皇室事情に詳しい[[>旧宮家関係者]]。
「あのときは皇宮警察音楽隊の創立記念演奏会の日。皇族方はそろって出席されたが、皇太子ご一家は欠席された。皇后などは、大変不満に思われたと聞いている。なぜ、そういう行動をとられたか?あれは一つの意思表示だったといわれているんです」
当時、愛子さまは1歳6ヶ月。第2子(男子)出産のプレッシャーが頂点にあったころのことだ。じつは、あの日の皇太子ご夫妻の行動は、それへの拒否の意思表示でもあったと指摘する関係者も少なくない。
一見非常識とみられる行動には、常に深い意味がある。あの日は、歌会始で“子づくり宣言(?)”とも思われるような歌を秋篠宮ご夫妻が詠まれた。今回はたとえば、そんなことが関係しているのかもしれませんね」(同前)
そもそも雅子さまが乗馬を始められたのは、'99年の流産後、医師のすすめからだったといわれている。そんな経緯を考えると、今回の乗馬事件は意味深なものがある。雅子さまの、ある種の“抗議”の意思表示では……と、この関係者は推測する。


注:下線部あれとは、「2006年1月12日歌会始を欠席して同日皇居で乗馬」を指す。


参照:【同日シリーズ】、【コマツナ】、【抗議の公園デビュー】、【示威行動】、【引き馬

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki