Fandom

Dosuko Wiki

愛子さまが怖いと言ったら怖いんだ

641このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

2010年3月5日大々的に公式会見発表された敬宮愛子ちゃん不登校の理由について、野村一成東宮大夫が語ったとされる諸々の台詞を端的にまとめた表現。

「困った、困った。愛子さまが、怖いと言っている」
「ご本人(=愛子)が怖いと言われるんだからしょうがないじゃないか」
「愛子さまは、怖いと思う度合いが強いのだから」
「愛子さまがそう言っている話なんだから、しょうがないじゃないか」
「普通の子なら危険と思わないことを、愛子さまは危険と思ってしまうんだよ」

…といった野村東宮大夫の言葉が、外務省つながりでもある波多野敬雄・学習院院長取材記事にて紹介された。

要するに「愛子が『○○が怖い』と感じたということにすれば、何でも粛清し放題」という恐ろしい可能性も示しているわけであり、東宮家の無軌道ぶりを象徴している表現であると言えよう。

参考:愛子様をお察し申し上げるスレ160(c)2ch.net
174 可愛い奥様@無断転載は禁止 sage 2017/03/31(金) 05:12:16.63 ID:P46muRV60
先日テレビで知的障害ありの自閉症の子が出てたんだけど嫌な事を怖いって言ってた
怖いって言うとそれ以上強要されないって身についちゃった女の子
愛子様が怖いって言ったら怖いんだを思い出したよ


『週刊朝日』2010年3月19日号<愛子さま欠席騒動に学習院院長が胸中を吐露「ご家庭で直していただかないと…」>編集

当記事はニフティにもWeb記事として掲載され、元URLは既に落ちているが、魚拓にて閲覧可能である。

学習院院長が胸中を吐露
「ご家庭で直していただかないと…」
(週刊朝日 2010年03月19日号配信掲載) 2010年3月12日(金)配信
元記事1ページ目(リンク切れ)h ttp://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20100312-02/1.htm
1ページ目魚拓 http://megalodon.jp/2010-0313-1504-53/news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20100312-02/1.htm
2ページ目魚拓 http://megalodon.jp/2010-0313-1506-02/news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20100312-02/2.htm
3ページ目魚拓 http://megalodon.jp/2010-0313-1507-36/news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20100312-02/3.htm
4ページ目魚拓 http://megalodon.jp/2010-0313-1508-28/news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20100312-02/4.htm

国内のみならず、海外メディアまでが、重要ニュースとして追った愛子さまの欠席騒動。発端は愛子さまが数日学校を休んだ“原因”を、皇太子ご一家を支える宮内庁の東宮大夫が会見で発表したことだった。学習院の波多野敬雄院長(78)が、東宮大夫とのやり取り、愛子さまの教育や東宮サイドへの思いまで、胸中を吐露した。
 
「困った、困った。愛子さまが、怖いと言っている」
 野村一成東宮大夫(69)から、そう電話があったのは3月に入ってからでした。
 野村も僕も外務省出身で、彼は後輩。だから野村とは昔からよく話す仲です。野村が、この件を発表したのは5日の金曜日ですが、その前に野村は2度、この件で僕に電話をくれていたんです。
 愛子さまは、2月の最後の週は微熱が続き、お休みされていました。翌週も3月2日の火曜日以外の4日間はやはり休まれた。火曜日は、4時限目の国語のみ授業を受け、給食の前に下校したのです。
 ところが、愛子さまが学校から戻ってきて、やはり「怖い」と口にする。そして次の日から行かなくなったという。
 野村東宮大夫や学習院側の説明によると状況はこうだ。愛子さまが昇降口の靴箱に差し掛かった際に、隣の組の男子生徒が教室から飛び出してきてすれ違い、以前の「暴力行為」を思い出したので、学校に行けない状態である、と。
 子どもたちが急いでいたのは事実らしい。でも、僕は疑問を感じて、野村にこう投げかけた。
「靴箱ですれ違って、怖くなるのは変じゃないか」
 それでも野村は、
「学校から帰ってきて、ご本人が怖いと言われるんだからしょうがないじゃないか」
 と言う。東宮サイドでも、甘やかすのはよくないと行かせることにしたんでしょうね。でも愛子さまが、「学校に乱暴な子がいて、怖いからいやだ」と首を縦にふらない。
 愛子さまがご両親へ理由を話したのか、お供へ話したのかは、わかりません。確かなのは、東宮職の人間が7、8人のお友達に電話で確認したということです。
「問い合わせたところ、他の子どもも、乱暴な子がいて危険だと思っている」
 そう東宮職は言うんです。
「サンデー毎日」(09年10月4日号)で記事になったように、昨年6月に初等科で、騒ぎが起こったのは事実です。隣の組で男の子が女の子の顔を鉛筆で突き、芯が彼女の顔に入ってしまったというものでした。だが、この事件は愛子さまの不安にはつながっていないようです。
 騒ぐ児童がいるというので昨年、学習院常務理事の東園基政が初等科を見に行きました。東園から受けた報告によれば、確かに暴れん坊が2、3人おり、それに追従して騒ぐ子どもが数人います。しかし、その男の子らが愛子さまや他の子どもをターゲットにしていないことは確認済みですし、野村も認めています。それに愛子さまが思い出して不安を感じた「暴力行為」といっても、誰かを殴ったり、泥棒をしたわけではない。
「廊下を走る、大声でしゃべる、かばんを投げる、という子どもは、世間ではどこにでもいるんだよ」
 そう、野村にも話したし、他の子は休んでいません。野村も苦しい立場なのでしょう。しょうがないじゃないか、と繰り返すばかりでした。
「他の子はそういう状況に接しているかもしれないが、愛子さまは接していない。愛子さまは、怖いと思う度合いが強いのだから」
 たとえそうであっても、いろんな経験をなさるのは愛子さまにとって悪いことではないと彼には伝えました。
 愛子さまを学習院にお預かりする際、皇太子さまは、はっきりこうおっしゃいました。
「愛子に対して特別扱いはしないでほしい」
 同時に僕も同じ考えだとお話ししました。
 愛子さまに対する乱暴な行為が現実に存在するのならば問題ですが、違うようです。静かな子ばかりを集めて囲まれているのはかえってよくない、と思うのです。
 3年次にあがる4月にクラス替えがあります。愛子さまは「乱暴な子と同じクラスになるのではないか。お友達と離れたらどうしよう」と、不安に思ったかもしれません。他の子の場合ならば──クラス替えの配慮は普通はしません。特別扱い、と言われればそうかもしれない。初等科に指示するつもりはありません。しかし、愛子さまは、あれだけ不安を抱えている。個人的な思いで言えば、クラスを別にという配慮はあってもいいのではないかと思うのです。
 今回の騒動は東宮大夫の発表で始まった。なぜ数日間の欠席が発表されたのか。
 毎週金曜日の東宮大夫の定例会見では、「愛子さま、○曜日は風邪で欠席」などと皇太子ご一家の動静が必ず記者に伝えられる。
 愛子さまは前の週は風邪で休んだ。今週は火曜日は登校していて風邪では無理があるし、嘘になる。野村の立場では説明せざるを得なかったのでしょう。
 野村東宮大夫は会見の場で、対象の児童を特定し非難するような表現を用いた。
〈同じ学年の別の組に、乱暴なことをする児童たちがおりまして、宮さまを含め、ほかの児童に乱暴していることが原因であるということが判明しました〉
 この表現には波多野氏も違和感を抱いたという。
 この文言で発表しますという内容の文書が、東宮の侍従職から僕の自宅にファクスで送られてきました。僕がそれを目にしたのは、野村の会見当日、5日の朝でした。
 僕らは文章を直すという立場にはなく、一方的に受け取るだけ。ですが、僕も初等科も、それを見て、少なからず東宮職に失望を覚えた。なぜなら、あの文章の印象では、愛子さまを含め他の児童が乱暴を受けている、と受け取られてしまうからです。
「あの表現はちょっと変じゃないか」と異を唱えましたが、野村は、困ったように話すばかりでした。
「愛子さまがそう言っている話なんだから、しょうがないじゃないか」
「乱暴な児童」と言われた子どもも、心に負担を感じているに違いないと思います。
 会見での発表に至る経緯について、どこまでが野村の発意で、どこまでが違うのか。真実はわかりません。ただ、野村が勝手にやっているだけではないでしょう。野村は、こうも話していました。
「波多野さんが言うみたいに、普通の子と同じようにしてくれ、とは確かに皇太子さまも言った。しかし、普通の子なら危険と思わないことを、愛子さまは危険と思ってしまうんだよ。そういうふうに育っているんだから」
 愛子さまは、本当にいい子ですよ。頭も運動神経もいい。礼儀も正しいし。まあ、ちょっと、人にすぐに頭を下げないとか、ニコッと笑わないなんてことを口さがなくいろいろ言う人はいるのでしょうね。 そういうのも、野村はすごく意識している。だから、「ありがとうございました」はすぐに言うといい、など愛子さまを気にかけている。
 波多野氏は、「野村東宮大夫には何度もこう伝えている」と慎重に言葉を選ぶ様子を見せながら、続けた。
 愛子さまが、怖がるとか怖がらないという問題は、これは東宮サイドで是正してもらわなければ……。
 わんぱく坊主を見て怖がっちゃうような環境で育てられているわけですから、それは学校が直すというよりも、ご家庭で直していただかないといけない。それに合わせて、愛子さまが登校できるようにこちらも協力していきます。
 僕もずっと学習院で、今の陛下の二つ上の学年です。陛下もいろいろな環境になじんでいったんですよ。高等科のとき、全校生徒が野球の試合の応援に駆り出された。そのときに上級生が、陛下をあだ名でもって、
「チャブ、ちゃんとやれよ」
 としかり飛ばしていた。
 愛子さまは直系の皇族だけに、他の内親王方より不自由な面は多いでしょう。しかし、異なる環境で違う体験をするのは、彼女にとってもよい人生経験になると思うのです。
構成 本誌・永井貴子

『女性自身』2010年10月5日号<独占真相!続くご欠席…雅子さま知人に東宮御所で打ち明けた「2学期の不安!」――愛子さま 始業式当日にあった“トラウマ”体験「観光バスの人たちに見つめられ、怖くなったの…」>編集

pp.37-39より引用
部分登校と欠席を繰り返されている愛子さま。実は2学期始業式の日に、愛子さまをさらに怯えさせる事件が起きていた。初めて明かされた不登校の理由は――
 
「皇宮警察官や、所轄の四谷署の警察官たちも、困惑しているようでした。
 愛子さまがなかなかご到着されないので、何度も時計を確認している人もいましたね」(皇室担当記者)
 9月16日、2学期で5日目の欠席をされた愛子さま。
 この日は、3時限目をめどに登校される予定があったようで、その1時間ほど前から初等科の前には警護のための人員も集まっていたのだが、結局、愛子さまはいらっしゃらなかった。
 愛子さまのご通学状況は、1学期よりも不安定になっている。
 ある学習院関係者は語る。
「9日、10日と愛子さまは欠席されました。宮内庁の発表によれば、夏風邪をひかれたからだそうです。
 しかし、土日を挟んで13日、14日と欠席され、15日は3時限と4時限目に出席されたものの、16日はまたお休みに……。
 愛子さまが初等科にいらっしゃるときは警備がしかれます。
 警官が集まっているので、登校されるかと思えば欠席されたり、お迎えの車が現れたので、お帰りになるかと思えば、その後も学校にしばらく残られたりと、ご登校状況は非常に不安定ですね。
 夏休み中、愛子さまはご静養先でお元気に過ごされていたとお聞きしていましたから、私どもとしても期待していたのですが、本当に残念なことです」
 不安を抱えながらスタートした新学期。だが、雅子さまは愛子さまの2学期の始まるのを待って、ご自身のご公務への復帰を考えていらしたようだ。
 愛知県の地元紙記者によれば、
「今月11日と12日、皇太子さまがご公務のために愛知県にいらっしゃいました。私が警察関係者に取材したところ、『皇太子さまと雅子さまお2人でいらっしゃるので、警備計画もお2人用で進めている』と言っていたので。ご夫妻でいらっしゃると思ったのですが……
 愛子さまのご登校と雅子さまのご公務。“W復帰”は皇太子ご一家の秋の目標だったに違いない。
 
愛子さまが感じられた圧力
 9月6日の始業式の朝、愛子さまは登校への不安を訴えられ、雅子さまはお付き添いを決意されたという。
 しかし、実は始業式の通学路で、愛子さまの恐怖心をさらに増幅させる事件が起こっていたのだ。
 本誌の取材に、東宮関係者は次のように明かした。
「愛子さまを心配した皇太子ご夫妻のお知り合いの方が、2学期スタート後に東宮御所に参内しました。
 愛子さまはその知人に、始業式の日に起こった出来事をお話しになったのです」
 当日の下校時、愛子さまは校門から100メートルほど歩いてお迎えの車に乗られた。
 車は初等科と道路を挟んだ迎賓館の前で待機していたが、その20メートルほど離れたところに観光バスが止まっていたという。
 バスは迎賓館周辺の観光のために来ていたのだが、そのなかの観光客たちが、愛子さまに付き添われていた雅子さまたちに気づいたのだ。
 東宮関係者が続ける。
「雅子さまと愛子さまには東宮侍従や東宮女官、それに皇宮警察官らもついており、確かに人目にはつきますからね。バスの観光客たちは、愛子さまのほうを注目し、携帯電話やカメラで写真を撮り始める人々もいたのです。
 突然のことだからということもあったのでしょうが、愛子さまは、観光客たちの様子にとても驚かれたそうです。
『バスの人たちに見つめられて怖くなったの……』
 愛子さまは、そのときの胸中を、皇太子ご夫妻の知人にそう打ち明けられたのです。
 愛子さまは大勢の人たちに囲まれたり、注目されることに恐怖心を抱かれるそうです」
 その後の2学期の連続ご欠席の陰には、このときのトラウマ体験もあったようだ。
 夏休み中の9月1日、栃木県・那須塩原駅に帰京される皇太子ご一家をお見送りするために、地元の人々が数百人集まっていた。皇太子ご夫妻は、愛子さまにご挨拶を促されたのだが、愛子さまはこのとき車の陰に隠れてしまわれたのだ
「皇太子ご夫妻のお知り合いの方は、このとき車の陰に隠れた理由も、愛子さまにお尋ねしたのです。
 すると愛子さまは『……だって、怖かったの……』とお話しになったそうです。
 そのうえ学校では“同級生男児に再び乱暴を受けるかもしれない”という不安を感じていらっしゃることも明かされたそうです」
 初等科で男子児童たちに恐怖を感じられて以来、愛子さまは、非常に傷つきやすくなっていらっしゃるのだ。
 不登校問題にも詳しい、『大井町こころのクリニック』理事長で精神科医の磯部潮さんが語る。
「もちろん愛子さまご自身は“学校に行かなくてはいけない”という気持ちを持っていらっしゃるでしょう。
 皇太子さまや雅子さまのご心配や東宮職員たちの期待も感じ、さらにご自分の登校状況が国民から注目されていることもご存じで、大きなプレッシャーを受けていらっしゃるのだと思います。
 [優秀伝説[|聡明なお子さん]]だけに、有形無形の圧力を敏感に感じ取られ、大勢の人たちからの視線に恐怖感を覚えられるのです。
学校で受けた暴力や悪口もいまだ心の傷として残っているのでしょう。
 愛子さまの置かれている状況を思いますと、とても痛々しいですね……」
 
「必要なのはサリバン先生
 学習院初等科に子供を通わせている保護者は言う。
「愛子さまが恐がっているという男子児童たちの素行は、残念ながらいまもけっして改善されていません。
 愛子さまは昨年、紅白リレーに出場されていますが、そのとき一緒に代表選手に選ばれた上級生のお姉さんたちとも仲よくなったのです。
 それなのに、運動会の練習は学年単位で行われますから、今年は乱暴な男の子たちに会うのを怖がって練習にすらご参加できないそうです。愛子さまにとっては、とてもお寂しいことでしょう。
 3年生の学年競技は「棒引き」です。すでに学校内では、本格的に運動会の練習が始まっていますが、愛子さまはやはり参加されていないようです。
 それだけに10月9日の運動会が終わるまで、愛子さまの登校状況は落ち着かれないかもしれませんね」
 こうした状況を美智子さまも大変心配されているが、なかなかゆっくりと愛子さまとお話しになる機会ももてず、辛い思いをされているという。
 宮内庁関係者によれば、
「天皇陛下と美智子さまは、9月15日から葉山御用邸で静養されましたが、合流されたのは秋篠宮ご一家だけです。始業式直前の9月4日には両陛下と皇太子ご一家のご昼食会の計画もありましたが、美智子さまはご体調を崩されて、昼食をともにされることも叶わなかったのです。
 しかしごく最近、美智子さまと長年の親交のある女性が、東宮御所に参内し、皇太子ご夫妻にお会いしたそうです。
 東宮御所を訪れた美智子さまのご友人女性。本誌は彼女に話を聞いた。
「愛子さまは、身長が伸びたからかもしれませんが、以前に比べると、お痩せになった印象ですね……。
 いまの愛子さまにはご家族以外でも、24時間一緒にいてくれて、心を癒すような人が必要なのだと思います。
 たとえば、ヘレン・ケラーにとってのサリバン先生のような親身になってくれる存在ですね。
 学習院初等科も、児童や保護者たちが、愛子さまの心の傷を理解させるような場を作るべきだと思うのです。
 クラス全体で愛子さまをお迎えできるような雰囲気作りが大切なのです」
 心に傷を負い、登校すらままならない愛子さまに対して、学習院の対応は、1学期と変わらない。
 だがいっぽうで、元気なお姿を待ち望み、尽力し続ける人たちも大勢いる。
 早く愛子さまに笑顔が戻ってほしい――。

編集

編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki