Fandom

Dosuko Wiki

御宿かわせみ

641このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

山階鳥類研究所に勤務し、カワセミ調査に携わっていた当時の紀宮清子内親王殿下について、長兄の妻・雅子と、次兄の妻・紀子妃殿下の接し方の違いを如実に反映する事件。『週刊文春』2005年12月29日号記事サブタイトルに用いられていた文言に由来する。平岩弓枝氏に同タイトルの時代小説があるが、当小説はこの事件と全く関わりない。

『週刊文春』2005年12月29日号<雅子さま「誕生日の乱」 皇太子ご夫妻への風当たり
▼紀子さまがサーヤを感激させた「御宿かわせみ事件
pp.28-31より引用
紀子さまは「いつでもどうぞ」
 清子さんは赤坂御用地に生息するカワセミの研究をされていましたが、カワセミの観察は明け方になるため、朝、御所から行くわけにいかず、当初、東宮御所に部屋を借り一泊していたんです。ところが二回か三回 拝借したところで、「今回はちょっと……」と断られてしまった。清子さんにはそれが大変なショックで、「もう頼まない」とおっしゃっていたそうです。以来、秋篠宮邸に宿を頼むようになったのですが、秋篠宮家のほうは翌日に外国に出発される時でも、紀子さまが「いつでもどうぞ」と気前良く泊めてくださるので、清子さんは感激して、もっぱら秋篠宮邸に泊まることになったそうです。


東宮御所と秋篠宮邸、両者を比較すれば広さも人員も前者が圧倒的にゆとりがあるのにも関わらず、以前同じ東宮御所に長年住んでいた義妹に部屋一つ貸すのも拒絶するという東宮家のお粗末ぶりが明らかになった記事である。
部屋はいくらでもあるのにどうしてサーヤに一つ貸してやらないのか?という疑問については、【しょっちゅう会ってるシリーズ】でお馴染みの雅子係累小和田優美子礼節姉妹が入り浸っているから?とか、ヤフオクトプカプ宮殿事件が示すように調度品を売り払い内装が変わってしまっているから?とか、はたまたせんべい関連仏壇を置いてるから?なんて憶測まで飛んでいる。

結婚前からサーヤには分かっていた? 義妹となる紀宮殿下が平成5年誕生日発表文書にて、秋篠宮妃となった川嶋紀子さんの時と比較して、明らかに小和田雅子に対し距離を置いたクールな態度を取る事件編集

Part530-20奥様ご紹介、扶桑社『皇室Our Imperial Family』第29号平成17年冬紀宮殿下ご結婚記念号より

  • 川嶋紀子さんに対して(平成2年4月16日、21歳お誕生日の記者会見より)

「川嶋さんは本当にすんなりと私たち家族のなかに溶け込まれて、このたびのお二人のご婚約は、大変自然なもののように感じました。川嶋さんとお会いになった方は、あの温かな雰囲気に心が和むのをお感じになると思いますが、同時に、芯に大変しっかりしたものをお持ちになり、物事を慎重に深く、お考えになる方だと思います。これからご一緒に両陛下をお助けしながら仕事をしていく上でも、これからの生活の上でも、私が川嶋さんから教えていただくものがたくさんあることでしょうし、また、私の方でも何かお役に立つことがございましたならば、喜んでしたいと思っております」


  • 小和田雅子に対して(平成5年4月18日、24歳お誕生日の文書ご回答より)

「(雅子さんとは)まだゆっくりとお話をする機会はございませんが、自分をしっかりと持っていらっしゃり、ユーモアのある楽しい方のように拝見しております。頼もしい姉二人を持つことが出来て大変心強く思っております」

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki