Fandom

Dosuko Wiki

637このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

元女湯盗撮カメラマンにしてフリージャーナリストを肩書とする雅子擁護ライター友納尚子によって主張される、雅子夫人の体調不良を喧伝するアイテム。

『雅子妃の明日』友納尚子 文藝春秋(2006年7月16日初版発行)
pp.196-197より引用
 ここで雅子妃がどのような報道にさらされてきたかに改めて触れておこう。
 雅子妃への批判的報道の多くは「適応障害」でご静養中の雅子妃に対し、「ワガママ病」「皇太子妃としての自覚がない」と批判するものだった。すでに書いたことだが、雅子妃は、二〇〇三年に長期静養に入られてから、文字を集中して読むことは治療上好ましくない、と医師に指導されていた。ところが、二〇〇五年秋ごろには、体調が良いときは新聞などをご覧になるまでに回復されてきたという。そのため、こうした記事が、雅子妃の目に触れてしまったのだ。
 ある東宮職員は肩を落として言う。
「批判記事を読んだ妃殿下はたいへんショックを受けられ、寝込まれるほどだったと聞いています」
 憂慮すべきは、単に雅子妃が受ける精神的ショックだけではない。こうした精神的ショックが、「適応障害」の治療そのものの妨げになりかねないことだ。
 長期ご静養に入られて三年目。ご体調は回復傾向にあるものの、未だに行事を欠席せざるを得ない不安定な状態だ。公務に完全に復帰されるにはまだ時間がかかるという。
 カメラにむかって微笑む雅子妃からは想像がつかないが、体調がすぐれないときは“別人”のようだという。
 雅子妃にお会いしたご学友が明かす。
「ご体調の良いときと悪いときの波が激しく、悪いときは全体につよい倦怠感があって力が入らないため、目覚めても起き上がれないといいます。ご病気前はあれだけきちんと身の回りのお支度をされていた雅子さまが、お化粧もお着替えになるのも億劫だというのは、よほどおつらいのでしょう。
 愛子さまとお過ごしの時も、立っているのがやっとという日があって、壁に寄りかかるようにしながら愛子さまの様子を見守っていらっしゃいます。それでも、周囲に気を使われるご性格のせいか、つらい、と弱音は決しておっしゃらずに微笑まれるのです。しかし、声はか細く、目に力のないご様子を見ておりますと、ご回復にはまだ時間がかかるかもしれないと思いました。
『週刊文春』2013年10月10日号<ザ・プリンセス雅子妃物語 第56回 「オランダ静養」をめぐる攻防>友納尚子プリババ

pp.39より引用
 ご夫妻は公務の合間に、できるだけ愛子さまに関わろうとされてきた。
「子どもに食事を与えたり、散歩に連れて行ったり、一緒に遊んだり、お風呂に入れたりすることなどを通して、子どもとの一体感を感じています。子どもも自然と母親に求めることと、父親に求めることとが異なってきているようで(中略)母親は側にいてくれるもので、父親は遊んでくれるものとの認識が子どもにはある」(○四年の皇太子の会見)
 皇太子は陛下から学んだように愛子さまにも木登りやボール遊びなどを教えられたし、雅子妃は、ご体調の悪い時でも壁に寄り掛かりながら愛子さまの遊ぶ姿を見守られていた

『週刊文春』2015年4月23日号<ザ・プリンセス雅子妃物語 最新版 「11年半ぶり園遊会」への期待感高まる>友納尚子プリババ

p.138より引用
「睡眠のリズムが整わずに夜眠れなかったり、反対に朝は起きられなかったりしたそうです。とにかくお疲れがたまり、日中も寝込まれることが多く、愛子内親王殿下が遊んでいるときも壁に寄りかかって見守られるほどでした」(元職員)


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia