Fandom

Dosuko Wiki

反応

637このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

2006年3月6日月曜休園日に東宮一家&敬宮愛子ちゃん友人親子数名が上野動物園お楽しみをされたことについて、TV番組のインタビューに答える案内役の上野動物園園長がしきりに「(愛子ちゃんが)~に反応した。~にも反応した」とコメントしたことにより、スレ住民に印象付けられている単語。さすが動物飼育の専門家らしい表現だとスレで話題になった。
愛子ちゃんの最も顕著な反応は、モンゴルマーモセットの前で「朝青龍」の名前を口にした時とのこと。
その他にペンギンの前で釘付けになり動かなくなったので特別にペンギンを出して一緒に歩かせたり、猿山で競ってミカンを投げた(もちろん一般人の餌やりは厳禁)などの、「普通の子と同じように」とは到底かけ離れた露骨な特別扱いエピソードがあった。

その約2週間後の2006年3月21日、皇太子メキシコ・カナダ訪問からの雅子夫人&愛子ちゃんによる東宮御所玄関前帰国お出迎えについて、ヤフーUKで以下のような写真ニュースが流れた。

ttp://uk.news.yahoo.com/21032006/46/photo/princess-aiko-reacts-father-crown-prince-naruhito-car-mother-crown.html

↑上記URLでの写真ニュースだったが既に削除、この画像についてのものであった。
Tuesday March 21, 12:13 PM
Princess Aiko reacts to her father Crown Prince Naruhito, left, getting out of a car as she and her mother Crown Princess Masako welcome him upon arrival at their residence Togu Palace in Tokyo Tuesday, March 21, 2006. Japan's Crown Prince Naruhito returned home following a trip to Mexico and Canada. Others are unidentified. (AP Photo/Koji Sasahara)

react to ~ ”は「~に反応する」という意味のイディオムである。

この徳仁帰国出迎え場面から3年半が経過した2009年10月17日、学習院初等科2年生となった愛子ちゃんが「M字開脚うんこ座りでエキサイト姿=光ポーズ」を全世界に披露した事実は多くのスレ住民奥様方に多大なショックを与えたが、その問題の写真に対するロイター通信の説明は以下の通り。「ガッツポーズ」などとヨイショ記事にしたてあげている日本のマスコミとの違いがよく分かるだろう。

http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009101701000283.html

愛子さま、リレーでガッツポーズ 学習院初等科の運動会
 学習院初等科の運動会のリレーで出場した南組が1位となり、ガッツポーズで喜ぶ愛子さま=17日午前、東京都新宿区
 皇太子ご一家は17日、長女愛子さま(7)が通う学習院初等科(東京都新宿区)の運動会に参加された。愛子さまはご夫妻が見守る中、リレーなどに出場した。
 ご夫妻は皇太子さまが宮中祭祀に参列した後、運動会に途中から合流。
 2年南組の愛子さまは黄色い鉢巻き姿。リレーの第3走者として2位でバトンを受け取り、トラック1周を駆け抜けた。雅子さまは拍手、皇太子さまはビデオカメラを構えて応援。南組が1位でゴールすると、愛子さまはガッツポーズした
 午前の競技終了後、いったん初等科を離れる際に雅子さまは「無事に終わって」と、記者団に笑顔で話した。
2009/10/17 12:51 【共同通信】

海外ヤフーニュース「Japan's Royal Family」2009/10/17M字開脚興奮愛子掲載画面

Japan's Princess Aiko reacts as she takes part in an athletic festival at Gakushuin Primary School in Tokyo October 17, 2009.
REUTERS/Toru Hanai (JAPAN ROYALS)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia