Fandom

Dosuko Wiki

原田治明

637このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

2007年2月の『便本』騒動によって明らかになった、小和田雅子が接点のあった追っかけ対象のプロ野球選手のこと。

読売巨人軍・ジャイアンツの原田治明氏情報編集

 

1986~1987年 巨人軍 原田治明氏と小和田雅子、六本木バーでの2ショット画像原久美氏提供・便本掲載】
 


Part792-626 可愛い奥様 sage 2007/02/19(月) 17:22:19 ID:UJD6+o9j0
原田 治明(昭和22年・1947年生まれ)
ttp://www.home.cs.puon.net/fuku-chan/umare.htm
1965年 日体大荏原の選手として夏の甲子園に出場(18歳?)

日本コロンビア→三菱ふそう川崎野球部
ttp://www5c.biglobe.ne.jp/~mori95/khb/sub/kh1965sub.htm

1972年~80年(?) 巨人に外野手として入団(73年に公式戦初出場)
ttp://www.giants.jp/G/museum/history/zaiseki/batter12.html

引退後は巨人のスカウト、編成室長などを務める
 
この写真が昭和61年頃だとすれば原田氏は38歳


参考リンク:読売巨人軍公式サイト>集えおやG>海外視察で“九死に一生”体験~原田治明さん(WebArchive記録)


代打要員で出番が多いとは言えない地味な存在ではあるが、'70年代前後のジャイアンツ知識のある人になら名前を知られている選手である。現役引退後も2007年に定年退職するまで長年にわたりチームの裏方としての仕事をしていた。

小和田雅子と野球、巨人の高田繁選手について編集

小和田雅子と野球との関わりについてはは婚約当初から
「巨人の高田繁選手のファンだった」
「野球好きが嵩じて伝蓋ソフトボール同好会(後に部となる)を設立するに至った」
といったエピソードが広く知られていた。

『FRIDAYフライデーSPECIAL』1993年6月26日増刊号<明るくお茶目で面倒見がいい 雅子さまクラスメートと共有する「青春の日々」>記事・グラビアその1 / 記事・グラビアその2 / 記事・グラビアその3
p.17より引用
美術の時間に多摩川土手に写生に行ったとき、雅子さまが、途中で巨人軍のグラウンドに、練習を見に行ってしまったのを覚えています。休み時間にも、プロ野球の話をよくしていましたね」(伊藤美雪さん)
『素顔の雅子さま』取材編集/週刊女性皇室取材班、主婦と生活社1993
p.35より引用
そんな雅子さまが中学時代に熱中したのがソフトボール。
「小学校時代の雅子さまはどちらかといえば、もの静かな生徒でした。はしゃぐこともなく、落ち着いた子だったという記憶がございます。活発になられたのは中学生になられてからだと思います。ソフトボールの練習帰りにお会いした雅子さまは、いつも日に焼けた真っ黒な笑顔で挨拶されていましたね」
と、小学校時代の恩師は振り返った。
まず、同好会をつくり、中学2年生で晴れてクラブに昇格。3年生の夏に出場した世田谷区大会では優勝という、輝かしい記録も残している。
野球が好きな友人たちと、学校の近くにあった巨人軍の練習グラウンド(注:旧・巨人軍多摩川グラウンドのことである)をよく見に行っていたことがそもそものきっかけ。
お目当ては高田選手(当時)だった。
「みんなは、大人気だったフィンガーファイブのほうがいい、という感じでしたが、オワは“かっこいいじゃない”と聞かれるたびに笑っていました。なんでも優しそうな顔が好きということで、下敷きにはポートレートをはさんでいたぐらいです」
と、同級生は振り返った。
 
同、p.42より引用
「好きな仲間でつくったソフトボールの同好会を先生と交渉して、クラブに認められたのもオワがいたからできたことでした。練習は週3回、放課後3時ごろから夕方の5時、6時ごろまでやりましたが、マラソンをしながら巨人軍の多摩川グラウンドへ行き、練習中の高田選手をじっと見つめていた姿が忘れられません
ソフトでオワがジャージに縫いつけていた背番号は高田選手と同じ“8”でした。同じ背番号だった広島の山本浩二選手が好きな子もいて、“8”はちょっとした争奪戦だったのですよ」


便本』記述と原田治明氏と小和田雅子編集

雅子の巨人軍高田選手追っかけ(ちなみに大洋ホエールズの長崎啓二選手も一時期贔屓にしていたこともある、後掲)は多くの雑誌書籍等で報じられスレ住民の間ではほぼ常識であったのだが、便本で初めて登場した「Haruaki Harada」はコアな皇室マニアもいるであろう皇室御一行様スレッド住民奥様方の中でも、誰一人として雅子との関わりを知っていた人間はいなかった。
宮内庁から抗議書簡を送られ多くの間違いを指摘されている便本ではあるが、しかしこの小和田雅子と原田治明氏との関わりの事実については2ショット写真が存在しているだけに否定のしようがない。なおこの2ショット写真は伝蓋時代の親友である原久美氏によって提供されたものである。

しかし、やはり間違いがある。写真説明で「Teenage heart-throb(=十代のときめき)... Masako enjoing a drink at a Roppongi night-club with her baseball idol Haruaki Harada.」と書かれているが、髪形や服装から1986~1987年の時期ではないかと推察がなされている。

参照:
1979年渡米前の画像=雅子当時15歳
1979年12月在米時期の画像胡坐寿司)=雅子当時16歳
1980年1月の画像新弟子検査
1980年5月の画像
1981年8月の画像=雅子当時17歳
1986年4月(前年6月帰国)の画像=雅子当時22歳
1986年12月の画像=雅子当時23歳
1987年夏の画像
1987年12月の画像指差し恫喝)=雅子当時24歳
1988年の画像
1989年2月の画像=雅子当時25歳
1990年7月の画像=雅子当時26歳

また上述の“背番号8の争奪戦”についても、便本では原田治明選手が「8」番だったと記しているが、原田選手が背番号「33」であった事実とも異なる(高田繁選手の背番号と混同している)。

情報の食い違いはあるがこれまで完全に隠されていた雅子と原田氏との関わりが明らかになって、そして皇太子妃としては明らかにマイナス材料にしかならないこのような情報・写真を態々オーストラリア人記者に提供した原久美は果たして雅子の親友といえるのか、またその思惑はどこにあるのか等々、事態の推移が今後も非常に注目される。
2015年1月現在に至るまで、便本騒動について宮内庁の対応等を取り上げた雑誌は硬派どころから女性誌まで複数あるが、そのどれ一つとして原田氏と雅子について触れたところはない。マスコミにとってはよっっっぽどのアンタッチャブルなネタであることが容易に推察される。

原田氏については小和田雅子と関わりを持ったばっかりに人生の後半にきて妙なことで注目をされることになり、ある意味法則発動しているのかもしれない。

巨人の原田治明選手のみならず大洋の長崎啓二選手まで食っちゃった? 田雙時代の友人原久美に向かって「こちら大洋の長崎さん」と彼女気取りな雰囲気で紹介する小和田雅子(当時15歳程度)編集

『週刊文春』2001年12月13日号
総力取材雅子妃ご出産 初めて明かされるとっておきの十大秘話

p.49より引用
密かに応援していた選手 原久美
 雅子妃と「オワ(雅子さまの学生時代の愛称)」「クミ」と呼び合う田園調布雙葉時代からの親友。ボサノヴァ歌手。
「仲良くなったのは中学生の時です。ふたりとも巨人ファンで、よく多摩川に練習を見に行きました。妃殿下が巨人の高田選手のファンだったことは有名な話ですが、実は一人で密かに大洋(当時、現横浜)の長崎選手の応援にも行ってたんです。ある日突然、『ちょっとつきあって』と川向こうの大洋のグラウンドに連れていかれたのですが、『こちら大洋の長崎さん』と紹介されて、驚きました。そんな行動力もある方でした。


長崎啓二選手(後に慶一と改名)は1950年生まれ、1963年生まれの小和田雅子より13歳年長である。

『週刊文春』2012年8月30日号より、昼休みに多摩川河川敷グラウンドに出かけ巨人軍の練習を見ながらお弁当と食べたことがあったという友納尚子プリババ記述、昼休みに学校←→多摩川グラウンド往復&お弁当を食べるだけの時間があったのか?編集

Part2416-616 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:07:54.30 ID:M9qbrgnt0
ぶたぎり続きでごめん
今日遅ればせながら文春買ってきたのね、猫の表紙につられて。
で、ここで話題のトモノウ連載を見たんだけど「雅子さんたちソフトボール部のメンバーは昼休みにこっそり裏門から抜けて、近くの近くの多摩川河川敷まで行き、巨人軍の練習を見ながらお弁当を食べることがあった。」
これ片道20分じゃ無理だろう、って誰も突っ込まなかった?既出ならごめん。
あの距離昼休み往復は普通ナイ。午後も出てないよね。


620 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:10:38.17 ID:difRfJsu0
>>616
昼休み中に戻ってきたと明言してないから
午後の授業もさぼったとお察ししてよいかと
思いますよw


622 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:14:58.86 ID:eplc02Ne0
>>620
雅子が属していたのは真面目で大人しい生徒のグループではなかった、とは書いてましたね。



626 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:20:23.34 ID:M9qbrgnt0
>>620
昼休み終了5分前に教室に滑り込んだと明記してあるのよ、それが。


627 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:20:51.51 ID:qnOGmoPcI
ユミコ婆は、雅子を大人しくて引っ込み思案な設定にしたがってるのに
トモノウの筆が止まらなかったのかw


628 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:22:52.47 ID:75KWJSff0
ぐぐる地図でルート検索したら、
田フタから多摩川グラウンド(といっても入り口)まで徒歩14分
と出た。
実際は、信号もあるし、選手見に行くまでにはもう少しかかったでしょうね。


630 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:25:10.61 ID:eplc02Ne0
>>626
まさか翌日の昼休み・・・


631 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:26:55.72 ID:cj1f3Tes0
とにもかくにもマサ丼厨房時代は優等生ではなかった
ようなエピばかりだね。いたずらに熱中したとか、暇だったんだね。
外務省職員時と変わらなかったんだね。


632 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:27:35.03 ID:AnDXrHkD0
>>620
>昼休み終了5分前に教室に滑り込んだと明記してあるのよ

( ゚д゚)ハッ! 午前の授業を抜けだしたんだ!w


634 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:32:51.00 ID:6XU7Ds020
みなさま健全な学生生活だったのね
行きか帰りにタクシー相乗りしたに決まってるわよ


635 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:35:47.75 ID:pbG0z41x0
>>628
田フタから多摩川までは急な坂になっているので、
行きは徒歩14分でも帰りは倍かかりますよ。


643 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 14:59:56.40 ID:5nRpC0yd0
>>616
女子高生がプロ野球の練習ながめながらお弁当って聞いたことないなあ。
多摩川グラウンド周辺では普通なの?


645 可愛い奥様 sage 2012/08/27(月) 15:06:27.69 ID:75KWJSff0
>>643
普通じゃないってw
中抜けは、休み時間中であろうと校則で禁止されてるはず。
雅子さんの時代じゃ、受験に向けて時間割に空きが出来るのって高3からだろうし、
中学校~高2までは、中抜けは基本禁止だったかと。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia