Fandom

Dosuko Wiki

ワゴン車

637このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

小和田雅子と徳仁の逢引に利用されたワゴン車編集

1992年10月3日皇太子徳仁親王が小和田雅子と新浜鴨場逢引デートするときに用いられた乗り物。車体の色はあずき色だった。この逢引は一部の東宮御所職員の目すらだまくらかすような隠密ぶりであり、なんともいかがわしい行動である。
現在における東宮家のgdgdっぷりは、全てこのあずき色のワゴン車が齎したと言っても過言ではないだろう。

『6月のプリンセス―雅子さんと皇室記者の2000日』読売新聞社社会部編、読売新聞社1993年5月初版

p.49より引用
それにしても、その情報は驚くべき内容だった。
―天皇・皇后両陛下が山形国体の開会式出席などのため羽田をたった十月三日の昼前、皇太子さまは、後部座席を黒いフィルムで目隠ししたあずき色のワゴン車に身を隠し、赤坂御用地の巽門を出た。運転していたのは側近の職員。門を守る皇宮警察の護衛官も、皇太子さまが乗っていることには気づかなかった。ワゴン車の後ろには山下和夫東宮侍従長のマイカー、ベージュの「カペラ」が続き、高速道路を経由して千葉県市川市に向かった。やがて二台の車は、新浜鴨場に到着した。
そこで待ち受けていたのが、小和田雅子さんだった。ここはふだん、外交団などの鴨猟接待に使われる。皇太子さまは雅子さんと一緒に昼食を取り、野鳥が泳ぐ池の周りを散歩したり、輪投げをしたりして過ごした。そして最後にプロポーズをしたようだ。
(注:文章中では何度も「例のあずき色のワゴン車」と繰り返し登場している)

『昭和天皇に魅せられて 天皇番記者の秘話』元時事通信社編集委員・宮内記者会会員 稲生雅亮 三心堂出版社、1997年11月25日初版

p.263より引用
二回目のデートが千葉県市川市にある宮内庁の新浜鴨場。再開から一か月後の十月三日にお二人だけに設定されたデートだった。この時は東宮御所の側近がワゴン車を運転して、鴨場までお運びするといった徹底した警戒ぶり。のちにこの運転手さん、「報道の皆さんに見つからないようにするのには苦労しました」と明かしてくれた。ついに詳しいことには触れることはなかったが、この方もつい先日帰らぬ人になってしまった。

『週刊文春』2012年12月20日号<ザ・プリンセス雅子妃物語 第23回 鴨場のプロポーズ>記事友納尚子)【プリババ

pp.40-42より引用
5年ぶりの再会を果たした後、皇太子からはしばしば雅子さんの家に電話がかかって来たという。その真摯な思いに打たれ、雅子さんはもう一度皇太子に会うことを決めた。

 宮内庁新浜鴨場(千葉県市川市)の正門。高さ約三メートルの鉄扉が、左右にゆっくりと開いた。
 鴨場は宮内庁が管理する施設で、主に十一月中旬から翌年の二月中旬までの鴨の狩猟期間に、駐日大使や国会議員を接遇する場所として使用されている。この年(一九九二年)、期間前の十月三日に正門が開いたのは、異例のことだった。
 雅子さんが皇太子殿下とお会いするため、一足先に到着したのは、午前九時過ぎ。秋晴れの清々しい朝だった。雅子さんは、車で開いた門をくぐった。
 その時、運命は大きく動き出そうとしていたのだった――。
・・中略・・
 雅子さんが乗っていたのは、仲介役の元外務次官・柳谷謙介氏が運転するマイカーだった。後部座席の雅子さんの隣には、柳谷氏の妻が座り、一見家族に見えるようにカモフラージュされていたかのようだった。
 宮内庁職員が運転する車に先導され、二台の車は土曜日の朝の閑散とした道路を走り抜けて到着したのだった。
 一方、皇太子は午前九時に東宮仮御所をご出発された。このことは、宮内庁幹部と身の回りの世話をする内舎人の数人しか知らなかった。
 “雅子さんプロジェクト”は、情報管理による秘密保持が最重要であり、この日の“デート”もマスコミに絶対知られてはならなかった。この日は宮内記者に「殿下は、外出など特別な用事はなくゆっくりと仮御所で過ごされる」と予定を発表していた。実は一カ月半前の八月十六日、皇太子と雅子さんが宮内庁長官公邸で五年ぶりに再会したときも、菅野弘夫東宮大夫は「殿下は午後からテニス。外出される予定はない」と発表した。実際に再会の場に向かう車にテニス用具を持ち込むほどの周到ぶりだった。
 秘密保持は対マスコミだけではなく東宮職員に対しても徹底していた。この日も、日中だれもいない皇太子の部屋にラーメンや果物を運び込んで、あたかもずっと在室しているように偽装する念の入れようだったという
皇太子の食事時間は決まっているので、この日は支度をする大膳課に時間の変更を事前に報告していたようです。外出したことが知られてしまうため、注意をはらったようです」(宮内庁記者)
 仮御所の裏扉から出てきた皇太子は軽装で、誰にも気付かれないように小豆色のワゴン車の後部座席に素早く乗りこんだ。乗車したのは、皇太子ただひとりだけ。藤森昭一宮内庁長官は、天皇皇后両陛下に随行して、山形国体に行っていた。
 内舎人がハンドルを握り、静に走りだした車の窓には目隠しがされていたが、赤坂御用地の門を出入りするときだけは皇太子は毛布を被り身を隠された。
 ワゴン車の後ろには、ポロシャツに茶色のセーターという軽装の山下和夫東宮侍従長(故人)のベージュ色のマイカー、カペラが走っていた。
 通常、皇太子の外出時には黒塗りのハイヤーが使われる。前後に皇宮警察の護衛と警視庁の警備担当が同行して、通過地域や地元の警察が周辺の警戒にあたるのだが、この日は警備関係に連絡をまったくしていない。異例中の異例だった。
 赤坂御用地で車の出入りがチェックされれば記録が残り、いずれマスコミに流れる可能性があるため、雑務などで使う小さなワゴン車が使われたのだった。まるでスパイ映画さながらだが、交通事故など予測がつかない事態に巻き込まれる危険性もないではなく、警備がいないところで何かあったら――、山下侍従長と内舎人は一日中緊張が解けなかったことだろう。ご結婚に向けて、この日は重要と見定めたからこその決断だった。
 皇太子が鴨場に到着すると。先に待っていた雅子さんと柳谷夫妻の一行が出迎えた。車を降りた皇太子は、にこやかだったという。雅子さんは、狭いワゴン車にまで乗り込まれて会いに来てくださった皇太子の熱意に、胸を打たれた。
 二人は、前回の五年ぶりの再会のときよりも、打ち解けた様子だった。一行は目の前に広がる池を見ながら歩いた。雅子さんが後ろに少し下がると、皇太子は横に並んで歩くよう声を掛けられたそうだ。皇太子が望んだのは、一歩下がってついてくる女性であることより、楽しく会話をしながら、いっしょに歩を進めることができる女性だった。
 左手に、明治時代に建てられた木造の食堂と談話室が見えてきた。ここで同行した人たちと別れて、皇太子と雅子さんは二人でそのまま池の周りの歩道を真っ直ぐに進んでいった。
 皇太子は、雅子さんに皇室のことを少しでも理解してもらうため皇族の生活や諸行事などをお話しされたという。鴨猟の話になると、皇太子もまだ一度も見たことはないということだった。飛び立つ鴨を一瞬にして捕らえる技は見事なもので、実に美しいものだと言われている。この話がきっかけとなったのか、十二月十日、皇太子は紀宮さまと再度、外交団の接待のために、鴨場を訪れられたのだった。
 以前は、猟の後は捕えた鴨とネギを焼いた鉄板料理に舌鼓を打つというのが習わしだったが、二十年ぐらい前に批判が出てからは、捕った鴨は放して、食用の合鴨を賞味するようになった。
 二人が歩いている途中、モグラが巣を作るときに排除した残土が盛り上がる「モグラ塚」を見つけた。動物好きの雅子さんは懐かしがり、幼いころにモグラ塚を見つけたときの話や、以前住んでいた米国・ベルモントの自宅前が国立公園で、リスやタヌキが出没した思い出を語ったと言われている。皇太子もこの保全地区にはタヌキが生息していることなどをお話しになったといわれ、会話は尽きなかったという。
 昼食後は、広い芝生の上で童心に返って輪投げをされた。笑い声が聞こえるなど楽しそうなご様子だったという。
 しばらくして、皇太子は表情を引き締められ雅子さんに語りかけた。
「私と結婚していただけますか」
 だが、雅子さんは、まだ決心がつかなかった。やっと次のように返事をした。
「……お断りすることがあっても宜しいでしょうか」
 皇太子は穏やかなご様子は変わらなかったが、しかし諦めずに、
「外交という分野では、外交官として仕事をするのも、皇族として仕事をするのも国を思う気持ちに変わりはないはず」
 と言葉を強く述べられたと言われている。そして、
「雅子さんが皇室に来てくれたら嬉しい」
 と素直にお気持ちを伝えられたのだった。
・・後略・・


席次がおかしすぎる東宮家のワゴン車編集

東宮夫妻が敬宮愛子ちゃんと一緒に移動するときに使用される頻度の高い乗り物。2006年4月からの学習院幼稚園登園(園舎建物入り口横付けという異例の措置あり)用に、新たにワゴン車が新配備されている。
2006年8月オランダ静養に同行した記者が「愛子さまもご一緒ならワゴン車を使ったはず」とコメントしていることからも、取材記者にとって愛子=ワゴン車という関連性は強く認識されていることが窺える。

『週刊ポスト]』2006年9月8日号 雅子妃「破顔一笑」と「2人だけのお出掛け」

pp.42-43より引用
「一瞬、雨が止んで晴れ間がのぞいた午後2時ごろ、ヘッド・アウテ・ロー城から4台の車が出てきました。警備関係らしき車を先頭に、パトカー、続いてセダンが2台。3台目に皇太子ご夫妻が乗っていました。愛子さまの姿は見えませんでした。愛子さまもご一緒ならばワゴン車を使ったはずです。パレード見物に行くのかと思ったら、車列は猛スピードで郊外に走り去っていったのです」(同行記者)


またワゴン車内における東宮一家の席順についても、最高位たる皇太子一人だけが一番後ろの席に着くという異常なスタイルが、2006年7月那須静養のあたりから定番となっている。
2006年7月24日那須御用邸静養に向かう東宮一家、那須塩原駅前からワゴン車で移動。開けた窓から一番よく見えるワゴン車2列目には愛子と雅子のみ。
2007年3月11日(仏滅)体調を崩された美智子皇后陛下のお見舞い※ではなく16日からのスキー旅行前の挨拶に向かう東宮一家(左2枚と右上画像)と、前日10日にお見舞いに行った秋篠宮妃と子供たち(右下)のTV報道からの画像
ttp://megalodon.jp/?url=http://www.ji ji.com/jc/p%3fid%3d20070311155805-5084127&date=20070312084903 時事ドットコムのキャッシュ:皇后さまのお見舞い※のため皇居に入る皇太子さま(奥)と雅子さま。関係者によると、ご一家は両陛下と昼食を共にしながら、約2時間半過ごしたという(11日午前)【時事通信社】]
ttp://megalodon.jp/?url=http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/photojournal/news/20070312k0000m040014000c.html&date=20070312104815 毎日新聞社キャッシュ:皇后さまのお見舞い※のため皇居に入る雅子さまと愛子さま=皇居で11日午前11時52分、馬場理沙撮影](注:“奥”の皇太子は全く写っていない)
※『週刊文春』2007/03/22号にて、「この皇太子ご一家との御昼餐は以前から決まっていたもので、医務主管の会見を受けての“急遽のお見舞い”ではありません。十六日からのスキー旅行前の両陛下へのご挨拶だったようです。お見舞いの順番に大きな意味合いはないはずです」と千代田関係者証言。


│┏━━━━━┓
│┃ 皇太子  ┃
│┃        ┃
│┃愛子  雅子  ←東宮ワゴン、窓を開けてお手振り
│┃        ┃
│┃運転手. SP┃
↓┗○━━━○┛
前方

AAにするとこのような配置になっている。なおこのニュースは皇室御一行様スレッド以外にも2ちゃんねる各ニュース板で大きな話題になったが「一番後ろが一番の上席!」とひたすら主張し続ける雅子擁護レスが存在した。しかし衝突や追突から最重要人物を守らなければならないセオリーからして、「皇太子(奥)が上席」説は非常に説得力に欠けるものである。「カメラが負担」と喧伝される雅子夫人が、態々窓を開け最も目立つ席を陣取っていることも理解に苦しむと言わざるを得ない。
そしてこのスキー前挨拶の5日後である3月16日、東宮一家は奥志賀スキー行きを決行、東京駅10:44発新幹線あさま517号グリーン車で長野駅に到着。ここでもワゴン車に乗り込み奥志賀ホテルグランフェニックスまで移動することになった。11日の「皇太子さま(奥)」画像が世界中に出回ってしまったことを反省したかどうかは定かでないが、この場においては下記AAの席位置となっている。

・16日当日のSBC信越放送動画より:一番後ろにいたのに夫を追い越してワゴン車に乗り込む雅子→愛子→そして徳仁の順
そして徳仁の後、最後にワゴン車に乗り込む愛子養育係・福迫美樹子女史(髪をシニヨンにまとめた後姿の女性)と、それをじっと見つめる愛子の画像
│┏━━━━━┓
│┃雅子 福迫 ┃
│┃         ┃
│┃愛子 皇太子   ←東宮ワゴン、窓を開けてお手振り
│┃         ┃
│┃運転手. SP┃
↓┗○━━━○┛
前方

夫を差し置いて車に乗り込むのが当たり前、皇族女性らしい振る舞いができない雅子の姿は相変わらずと言えるだろう。

参照:【(奥)】、【福迫美樹子

編集

編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia