Fandom

Dosuko Wiki

ミレナリオ療法

642このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

文藝春秋』2006年3月号「核心リポート雅子妃その悲痛なる決意友納尚子記事)」や『AERAアエラ』2006年2月20日号などで報じられた、皇太子妃の適応障害に対する治療方法の一つ。

文藝春秋』2006年3月号<「皇室不適応宣言」「離婚説」の全真相 雅子妃その悲痛なる決意>友納尚子(ジャーナリスト)

p.117より引用
 また、<東宮職医師団の見解>文書にもあったが、雅子妃は遊ぶことや楽しむことを罪悪と感じる傾向があり、うまく気分転換できないことがあった。そこで気晴らしやリラックスする方法を身につけることも、課題として設定されている。
 乗馬をはじめ、スキー、テニス、スケートといった運動や、親族と会われるなどの私的外出は、単なる楽しみのためではなく今後の生活を潤滑にするための治療の一環として行われている側面がある。雅子妃ご自身は、公務を休んでいる状況での私的外出に抵抗を示されたが、医師のすすめに従って取り組まれている。
「昨年十二月二十四日丸の内のイルミネーション『ミレナリオ』を見に、ご家族でドライブに出かけたことが批判されましたが、これも、御所という限られた空間だけでなく、外の環境や雑踏に慣れるためのものでした。
 また、妃殿下は強い光にたいして恐怖感があり、公務のときも報道陣にカメラのフラッシュを控えていただく状況なので、あらためて光の美しさを知り、慣れるという行動療法のトレーニングの一つでもあったのです。これまでの『嫌だ』という記憶を、『良い』と感じられるよう塗り替えることが課題なのだそうです」(東宮職員)

雅子夫人の数ある負担の中に「暗闇と光」がある。「暗闇」が負担であるが故に宮中祭祀ができず、「光」が負担であるが故に取材カメラのフラッシュに耐えられないということで、後者の光に対する負担を治療する為に2005年12月24日、丸の内にて開かれていた光の祭典ミレナリオをドライブの車中から眺めた。これは上引用記事によるとあくまで治療であって、決して決して決してミーハー気分のお楽しみではないとのこと。
ミレナリオ療法効果のおかげか分からないが、2006年3月には上野動物園や東京ディズニーシー&ランドや鴨川シーワールドへのお出かけが可能になるなど(但し鴨川行きは予定し東宮職に準備をさせていたが3月14日にキャンセルとなった)、相変わらずご会釈は出来ないものの大変活発な行動をしている。

なおこのミレナリオ療法の前日2005年12月23日天皇誕生日夕食会において、天皇陛下に3時間近くの待ちぼうけを喰らわせ、スレ住民奥様の一人から雅子に「江頭2:47」の称号が与えられる事件が発生している。

2007年12月21日夜には、東宮一家が恵比寿ガーデンプレイスのクリスマス・イルミネーションを見物するというニュースが報じられた。その中で読売新聞はこの見物行為を「プライベートで毎年楽しまれているイベント」と言い切り、TBSは「治療の一環」&愛子の社会勉強だとのいかにもご立派めいた主張をしている。ミレナリオ見物が療法の一つであると主張していた友納尚子の見解が待たれるところであり、雅子擁護派のマスコミにおける勢力図を示しているとも言える報じ方である。

ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071221ic25.htm
皇太子ご一家、東京・恵比寿でクリスマスイベント鑑賞
 皇太子ご一家は21日夜、東京・恵比寿ガーデンプレイスを訪れ、クリスマスのイルミネーションを鑑賞された。
 イルミネーション鑑賞は、ご一家がプライベートで毎年楽しまれているイベント。ご夫妻はこの日、赤いセーター姿の愛子さまの手を引き、巨大なシャンデリアの前で記念写真を撮ったり、ベビーカーを押した母親に話し掛けたりして、リラックスした一時を過ごされた。
(2007年12月21日22時13分 読売新聞)
ttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20071222/20071222-00000015-jnn-soci.html
皇太子ご一家がイルミネーション鑑賞
 皇太子ご一家は、東京の恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーションを鑑賞されました。
 イルミネーション見物は毎年この時期に行っているもので、雅子さまの病気治療の一環、そして、愛子さまの社会体験という側面もあるということです。
 ご一家はイルミネーションをバックに記念撮影をした後、訪れた親子連れに話しかけるなどリラックスした様子で、クリスマス前のひとときを楽しんでいました。(21日21:32)

[22日9時28分更新]


参照語彙:【マンモス療法】、【治療の一環

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki