Fandom

Dosuko Wiki

マジックフレーズ

641このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

雅子夫人の「仕事はしたくない&遊びたい」理由を成立させる魔法の言葉。要するに、これさえ言っとけば何でもアリになるということ。
代表的なものに「治療の一環」がある。

『週刊新潮』2006年9月14日号

p.31より引用
▼雅子さま「ご病状」は回復に向かう?
 オランダでご静養中の雅子さまは、とびきりの笑顔を見せていた。精神科医の町沢静夫氏はこう語る。
「これまでの雅子さまの笑顔には、どこか硬さを感じさせるものがありました。しかし、オランダ静養中や、帰国直後に車の中で見せた笑顔は、皇室に入って一番でした。たった2週間でここまで病気が良くなるとは、私は思いもしませんでした」
 雅子さまには、よほど外国生活が性に合っているのだろう。しかし、宮内庁の中には、雅子さまに対して懐疑的な見方もある。
「最近では、“治療だから”とか“適応障害だから”のマジックフレーズがあって、ご自身の希望をそうした理由で押し通そうとしているような印象を受けます。ご公務のできない状態はまだ続くでしょう。しかし、一方で、ご自身のやりたいと考えている国連大学の活動などは積極的に行っているのですから、妃殿下はもう正常心に戻っていると思いますよ」(宮内庁幹部)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki