Fandom

Dosuko Wiki

マサコズ・ワールド

637このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

文藝春秋』2007年3月号の岩井克己(朝日新聞編集委員)&福田和也(文芸評論家・慶應大学教授)対談記事「天皇家の亀裂 雅子妃の孤独」にて、岩井氏発言に出た単語。
雅子が支配者であり法律である世界、それが「マサコズ・ワールド」であり、そこにおいては公務も説明責任も無きに等しいものであると察せられる。

『文藝春秋』2007年3月号<天皇家の亀裂 雅子妃の孤独>
pp.112-113より引用
福田 皇太子殿下は、徹底的に伴侶の味方をするという基本姿勢を打ち出していますし、「医師団の専門的な判断を尊重する」と会見で述べていますね。
岩井 お医者さまも苦しい立場なのではないかと思います。雅子妃の信頼を得ることは難しく、現在の主治医である[[大野裕 ]慶応大教授までに、何人かの医師が交代しているようです。問題は、そのために医師が雅子妃の論理のなかにつかり込んでしまい、いわば「マサコズ・ワールド」の住民になってしまっているということではないか……。
福田 事実ならば、非常によくない状況ですね。しかし患者に信頼されなければ、治療を始めることすらできないのも事実です。
岩井 病気というプライベートな領域でも、公務に差し障る場合は明確に説明するのが、これまでの皇室では当然のことでした。しかし雅子妃の主治医は「ご病気の性質上、説明はできません」といって会見せず、ペーパーを出すだけですませてしまっている。これも、医師が雅子妃の嫌がることはできないからではないでしょうか。しかし、説明責任をはたさないから、公務の出欠が急に変更されたり(ドタキャンドタ出参照)、公務を欠席して私的な活動ばかりが目立つ(同日シリーズ・翌日シリーズ参照)ことに理解が得られず、軋轢がおきています。
福田 雅子妃に反対意見を言える人はいないのですか。
岩井 側近も同様でしょう。かつて皇太子に添い寝するほど近くで仕えた老人が、「いったいどうしてしまったのか。東宮御所にうかがったら、側近はみな、妃殿下の顔色ばかりうかがってピリピリしている。あれでは駄目です」と悲嘆にくれていましたから。(後略)


そしてその翌月、『文藝春秋』2007年4月号では友納尚子が早速というか、この「マサコズ・ワールド」について実に敏感な反論記事を著している。

文藝春秋』2007年4月号<核心リポート 雅子妃その回復を阻むもの>友納尚子
p.195より引用
 あらためて言うまでもないが、適応障害は雅子妃の自覚だけでは治らない。主治医の指導の下で適切な治療が必要なのだ。そして心の病は、自分が抱えている気持ちを話さなくてはならないので、医師との信頼関係が最も重要である。
 主治医の大野医師が設立に関った日本認知療法学会に所属する、最新治療に詳しい精神科医は、こう解説する。
「たとえ皇太子妃という公的な立場の方であっても、患者のことは口外しないという考えがあるのでしょう。特に雅子さまは、ご懐妊や流産といったデリケートな話を口外されるなど、医師に対して非常に悩んできた時期が長いと思われます。大野先生にも心を開くまでに時間がかかったのではないでしょうか。
 今はしっかり信頼関係を結ばれていると思いますが、その理由は、医師が口外しないことが基盤となっていると思います。それは、先月の『文藝春秋』の記事にあった『医師が雅子妃の論理のなかにつかり込んでしまい、いわば“マサコズ・ワールド”の住民になってしまっている』などといった関係ではない。精神科医として患者を守る、という当たり前のことを行っているのでしょう。(後略)」

「口外するなよ!絶対に口外するなよ!!」という、公人としての説明責任を果たすつもりはやはりこれっぽっちもないということが窺える内容である。

なおこの世界の名付け親である岩井克己氏については、便本騒動で千代田から出された抗議書簡において、「長年皇室報道を専門としてきた或る老練な新聞記者」と皇室ジャーナル業界では完全に特定されたも同然の表現で、その記事の高い信頼性を裏打ちされている。
ちなみに元女湯盗撮カメラマンフリージャーナリスト友納尚子については、野村一成東宮大夫にすらその存在を認識されていない程度の取材態度が、『WiLL』2009年10月号<雅子妃問題緊急対談 雅子妃のご病気と小和田王朝 橋本明・西尾幹二対談記事>にて語られている。
実に対照的な両者である。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia