Fandom

Dosuko Wiki

マコオタ画像集(雅子関係)07

642このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

◆雅子関係画像集(2006年1月~3月TDR行楽&メキシコ見送り~4月愛子入園~8月東宮一家前代未聞のオランダ静養旅行~9月鼻くそほじり大相撲観戦&やめろよ愛育病院お見舞い~11月11日愛子内親王の着袴の疑もとい着袴の儀~12月)

2006年1月編集

2005年12月16日新年ご一家映像撮影会に、東宮側が愛子おむずかり対策要員として『(福迫美樹子)出仕を同行させてもよろしいでしょうか』と千代田側に伺いを立てる。陛下が『愛子ももう大きいのだから』と仰ったにも関わらず、それでも東宮側は『どうしても』と福迫出仕を連れて来てしまう事件発生。これは翌年にも尾を引くことに。【もうしょうがないね】参照
2006年元日 新年ご一家画像。中央無表情で口半開きの愛子(4歳)の表情に(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル となる人続出。福迫出仕を同席させてもこの表情が精一杯だと分かる
2006年元日 新年ご一家画像撮影動画キャプ。動画でも周囲の動きに無関心で、無表情のまま固まっている愛子。後ろでヘラヘラ笑っている徳仁
2006年元日 雅子の膝の上に身体の大きな愛子が乗せられているVer.新年ご一家画像
2006年1月1日 新年のご挨拶に皇居へ参内する車中の雅子と愛子、愛子は赤い着物を着て左手に張子の犬(この年の干支)を持って「お手振り」優秀伝説
//img526.imageshack.us/my.php?image=2006010220060117je3.jpg 2006年1月2日 新年一般参賀(全7回中3回出席)に「アイボリー色(=象牙のような白色)」のドレスで登場の雅子。このドレスは前年11/15紀宮結婚式当日に着てきた非常識ドレスと同じ物である]【雅子のお召し物当たり屋シリーズ
2006年1月2日 新年一般参賀、アイボリードレスの雅子
2006年1月2日 新年一般参賀、アイボリードレスの雅子。寸胴ぶりがよくわかるシルエット
2006年1月2日 新年一般参賀、陛下と東宮夫妻。手を振りながら、お喋りが止まない様子
2006年1月2日 新年一般参賀、並んだ東宮夫妻。例によって指○ん○んの徳仁
2006年1月2日 新年一般参賀、並んでお手振りする東宮夫妻
2006年1月2日 新年一般参賀、並んでお手振りする東宮夫妻、下唇を突き出すような笑顔の雅子
2006年1月2日 新年一般参賀、右隣の常陸宮殿下と話し出す雅子、それを見やる常陸宮妃殿下
女性自身 2006年1月17・24日合併号<雅子さま願い続けた「海外ご公務」ご夫妻早春の新たな“旅立ち” / 雅子さま回復へのあゆみ2年間全記録>表紙・目次復帰
週刊女性 2006年1月17・24日合併号<雅子さま復活への歩み「女帝問題」と「メキシコ訪問」>表紙復帰
2006年1月10日 講書始の儀、「雅子さまは欠席される」との字幕スーパー入りTBSニュース映像キャプ、淡いピンクのモンタント&トーク帽の秋篠宮妃殿下と黄色モンタント&トーク帽の常陸宮妃殿下
2006年1月12日 歌会始の儀、雅子欠席
FRIDAYフライデー 2006年1月20日号<オールスター'06新春大ワイド!ニッポンの人気者20人「絶対明かせないホンネ」みのもんた・小泉首相・安倍晋三・杉村太蔵・松井秀喜・清原和博・亀田興毅・宮里藍・琴欧州・雅子妃・ホリエモン・レイザーラモンHGほか>表紙
2006年1月16日 四代目坂田藤十郎襲名披露 壽初春大歌舞伎ご鑑賞、人間国宝坂田藤十郎より挨拶を受ける徳仁
週刊新潮 2006年1月26日号<激震走る「雅子妃と皇室」>記事国連大学】【江頭2:47】【ポイ】【コマツナ
週刊女性 2006年1月31日号<「離婚説」までとび出した 雅子さま“イジメ”の正体!>表紙
女性自身 2006年1月31日号<皇太子殿下のご学友を東宮御所に招き、愛子さまもご一緒に“私的な集い”雅子さま3年ぶり「新年会」出席 殿下と幼稚園談議“希望の笑顔”>表紙
女性セブン 2006年2月2日号<小和田家の決断 皇太子妃雅子さま「いまのまま御所にいたら…」母が皇太子さまに駆け込んだ>表紙・目次小和田優美子
2006年1月28日 第61回国体スケート・アイスホッケー競技会(第61回国民体育大会冬季大会「氷都とまこまい国体」)のショートトラック競技観戦のため、北海道苫小牧市・白鳥アリーナをひとりぼっち訪問。関係者に出迎えられ、有名AAそっくりの表情で大口を開け笑う徳仁。「静養中」の雅子は欠席八大行啓】【AA
週刊現代 2006年2月4日号<愛子内親王の養育係VS.女官「平成の宮中魔女事件」>表紙
週刊現代 2006年2月4日号<愛子内親王養育係VS.女官「平成の宮中魔女事件」の深刻 女帝誕生への政治的動きのウラで教育方針を巡り対立>記事
週刊ポスト 2006年2月3日号<追跡!歌会始欠席の午後に…宮内庁が蒼くなった雅子妃「皇居で乗馬」事件>表紙
週刊文春 2006年2月2日号<雅子さまメキシコ訪問断念でも国連大学で勉強したい! 愛子さまのお弁当は大膳が準備 「ライフワーク」への強い執念>記事国連大学】【大膳】【ライフワーク
週刊新潮 2006年2月2日号<追い詰められた「皇太子殿下」>記事

2006年2月編集

週刊新潮 2006年2月9日号<女系天皇は「陛下のご意思」と放言した武部幹事長「不敬な政治利用」>記事
ttp://img185.imageshack.us/my.php?image=450x6002007050900011lm9.jpg 週刊文春 2006年2月9日号<激震走る平成皇室のいま>目次]
週刊文春 2006年2月9日号<激震走る平成皇室のいま>web目次
「雅子さま、それでも『離婚はない』三つの理由」
「雅子さまの主治医がすすめる『開き直り術』」
「皇族の集まりは敬遠沈黙を続ける小和田家の本音」
「存在感増す秋篠宮、サーヤの大親友の縁談もまとめていた」
「「愛子さまのご生育は年齢相応」東宮大夫発言の真意」
「買い物にSP二人黒田清子さんの主婦生活」
週刊現代 2006年2月11日号<2・23にピリピリ 皇太子「離婚問題への爆弾発言」>表紙
週刊現代 2006年2月11日号<2・23にピリピリ 皇太子「離婚問題への爆弾発言」>記事
週刊文春 2006年2月9日号<激震走る平成皇室のいま>記事その1 / 記事その2
2006年2月3日 「東京-ベルリン/ベルリン-東京」展(六本木・森美術館)鑑賞、デービット・エリオット(David Eliot)館長の説明に耳を傾ける徳仁。左下は故・岡本太郎氏の作品
週刊アサヒ芸能 2006年2月16日特大号<雅子妃「離婚報道」飛び交う皇太子一家の「深刻孤立」>表紙

2006年2月7日、秋篠宮妃紀子殿下に第3子ご懐妊の兆候が発表される。これを境に露骨な雅子のお出ましと愛子のマスコミ露出が目立ちだす編集

コマツナ】参照

週刊文春 2006年2月16日号<ワイド「皇室典範」コテンパン ▼小泉チルドレン83会「すでに反対が30人」 ▼寛仁さまの義兄・麻生太郎に続く反対大臣リスト ▼「皇室も改革だ!」小泉首相不敬言行録 ▼ロボット学者が牛耳る「有識者会議」って何様? / 仰天社説 寛仁さまに「黙れ」と命じた朝日新聞論説委員のワイドショーでお馴染み「実名」と「見識」>新聞広告一部
文藝春秋 2006年3月号<「皇室不適応宣言」「離婚説」の全真相 雅子妃その悲痛なる決意(友納尚子)>記事その1 / その2 / その3友納尚子】【負担】【ミレナリオ療法
文藝春秋 2006年3月号<昭和天皇は女系を望まれるか(福田和也)>記事その1 / その2 / その3
文藝春秋 2006年3月号<白熱の論争 危機の皇室三つの謎 (櫻井よしこ/篠沢秀夫/高橋紘/竹田恒泰/保坂正康/松崎敏彌対談)>記事その1 / その2 / その3 / その4
2006年2月10日 韓国人指揮者チョン・ミュンフン夫妻を東宮御所に招き東宮夫妻が英語で歓談、愛子も一緒に記念撮影
AERAアエラ 2006年2月20日号<皇室 紀子さま 秋篠宮家の決意 人格否定発言を批判した頃から準備/「3人目のお許し」を出した天皇家の意思 / 東宮 雅子妃はどうなるのか 離婚説まで取りざたされていた中、ご病気回復のきっかけになるだろうか / 将来 私はこう思う 皇太子夫妻の生きる道/田原総一朗、和田秀樹、倉田真由美、海原純子、八木秀次ら8氏の見方 / 政界 男女判明後の小泉vs.男系派バトル>表紙
AERAアエラ 2006年2月20日号<東宮 雅子妃はどうなるのか 離婚説まで取りざたされていた中、ご病気回復のきっかけになるだろうか>記事復帰
週刊女性 2006年2月14日号<ご公務回復プランは「児童福祉」に!?雅子さま「輪投げ」「ヨーヨー釣り」のひととき>表紙
女性自身 2006年2月21日号<「女系天皇問」題混迷のなか…雅子さま(42)「東宮側近不在」ご一家だけで〝入園準備〟>表紙
週刊女性 2006年2月21日号<皇室の危機!雅子さま「離婚」「別居」では何も解決しない!>表紙
女性セブン 2006年2月23日号<皇后美智子さま 極限のストレスに追い込んだあの言葉 / 秋篠宮妃紀子さま「満願のご懐妊」と皇太子妃雅子さまの「ご心情」>表紙
女性セブン 2006年2月23日号<皇后美智子さま 極限のストレスに追い込んだあの言葉>記事
女性セブン 2006年2月23日号<秋篠宮妃紀子さま「満願のご懐妊」と皇太子妃雅子さまの「ご心情」>記事
週刊アサヒ芸能 2006年2月23日号<緊急6P大特集 「紀子妃懐妊」で揺れる「小泉政権」「宮内庁」「皇室典範」の○ 皇太子VS秋篠宮の兄弟皇位継承応○>表紙
FRIDAYフライデー 2006年2月24日号<紀子さま懐妊 ますます孤立する雅子さまの「胸中」>表紙
週刊現代 2006年2月25日号<懐妊発表「秋篠宮妃、笑顔を!」 / 「揺れる天皇家と小泉」 (1)皇太子VS.秋篠宮「皇位継承で対峙する」 (2)「小泉純一郎は皇室観ゼロ!」呆れた資質 (3)三笠宮寛仁「天皇に皇室典範改正の意思なし」 (4)〈緊急200人アンケート〉半数近くが「女性&女系天皇の違いがわからない」 (5)皇室典範問題は「紀子妃懐妊」でピリオド「沈む小泉」と「昇る安倍」>表紙
AERAアエラ 2006年2月27日号<皇室 祝賀一色報道への違和感 600人調査「そこまでして男子」「お膳立て」への女のまなざしと男女で大違いの共感度>表紙
AERAアエラ 2006年2月27日号<皇室 祝賀一色報道への違和感 600人調査「そこまでして男子」「お膳立て」への女のまなざしと男女で大違いの共感度>記事
女性自身 2006年2月28日号<紀子さま第三子懐妊「おめでとう」 / 第三子ご懐妊 両陛下がいま秋篠宮さまにお与えになった「お許し」の真意 紀子さま(39)「お心」決めた「12月23日天皇誕生日」雅子さま(42)思い“涙した夜”>表紙
週刊女性 2006年2月28日号<おめでとう第3子をご懐妊 紀子さまスマイル全開!12年ぶりの秋篠宮家に春 眞子さま佳子さまご誕生記念ショットからプレーバック / テレビ、新聞が報じない!ご懐妊秘話紀子さま「第3子決断」と「男の子生み分け」 雅子さま報われなかった「辛苦」の歳月>表紙
週刊女性 2006年2月28日号<新聞テレビが報じないドラマチックな紀子さまご懐妊と雅子さま報われなかった「辛苦」の歳月>記事
週刊文春 2006年2月23日号<総力21ページ大特集 紀子さまご懐妊 宮中(奥)全情報 二人のプリンセスお世継ぎをめぐる12年 ご懐妊直前 紀子さまが雅子さまの前で流した涙 ▼学習院のママたちに「おねえさま」と甘える紀子さま ▼「サーヤと勘違い」石原伸晃「ノリコと読んだ」岡田前代表 ▼愛子さまご出産にも立ち会った紀子さま担当女医 ▼「ゼッタイに男」ってホント!? 「男女産み分け」最新事情 ▼ご懐妊の記事をボツにした中国「人民日報」 ▼「第三子誕生の前に改正しよう」小泉首相と有識者会議の「密談」▼寛仁さまに「黙れ」と命じた朝日社説「豹変」の赤っ恥 ▼川嶋家は築36年マンション、小和田家は主なき豪邸 ▼「第三子即位」皇居に住むのは雅子さま、紀子さま? / 愛子さまか第三子か / 林真理子「やっぱり」と叫んだ私 / 紀子さま、そして雅子さま>表紙・目次
週刊文春 2006年2月23日号<紀子さまが雅子さまの前で流した涙>記事江頭2:47】【私の友達にそんなことを言う人は一人もいません】など内容盛りだくさん
週刊新潮 2006年2月23日号<紀子さま「ご懐妊」の裏ドラマ 雅子妃の大逆転!「第2子ご誕生作戦」進行中>記事産む産む詐欺
2006年2月16日 当初徳仁単独出席予定だったのが唐突に雅子も参加の「第80回国風盆栽展」(上野の東京都美術館)鑑賞、盆栽を観るだけなのに謎の笑顔をやたらと振りまくストライプスーツ雅子裕次郎ファッション】【ドタ出
2006年2月16日 盆栽展鑑賞「春遠からじ」とタイトル。大口笑いで「実は付けるのですか?」と質問する雅子(女性自身3/7号)
2006年2月16日 盆栽展鑑賞、TV報道連結画像(Youtubeより)
参考ようつべ:皇太子ご夫妻盆栽展ご鑑賞 http://www.youtube.com/watch?v=t6I8ykXavYQ
1分10秒過ぎ位から、盆栽鑑賞しているだけなのに派手な笑顔が目立つ夫妻。「花が沢山咲いていますね 実はなるのですか」という雅子の言葉紹介も。
2006年2月23日 徳仁46歳誕生日発表写真、東宮御所庭での東宮一家と飼い犬ピッピとまり。1匹の犬に2本リードをつけ、それを雅子と愛子がそれぞれ手にしているというダブルリードピッピとまり】【ダブルリード
2006年2月23日 徳仁46歳誕生日発表写真、東宮御所庭での一家と飼い犬ピッピとまり、座ったショット
2006年2月23日 徳仁46歳誕生日発表写真、一家と飼い犬2匹。ダブルリードが変ではあるが、この撮影では愛子もいい笑顔が出ている
週刊ポスト 2006年3月3日号<緊急寄稿―森暢平 皇太子と秋篠宮「ふたりの妃と宿命」紀子妃懐妊で急展開>表紙
女性自身 2006年3月7日号<雅子さま“45日ぶり”笑顔の理由 皇太子さま「男の子を…」の決意新たに 愛子さまは“五輪フィギュア”をテレビ観戦 / 「春」遠からじ雅子さま─45日ぶりのご公務はご回復を感じさせる笑顔で─ / 昭和38年42歳同世代識者(岩井志麻子、香山リカ、辰巳渚、島村洋子)からの応援メッセージ いまこそ雅子さまに幸せになってほしい! / シリーズ人間 嫁して16年紀子さまの「お立場」 いま、紀子さまバッシングは間違っている。(勝谷誠彦)>表紙
女性自身 2006年3月7日号<「春」遠からじ雅子さま─45日ぶりのご公務はご回復を感じさせる笑顔で─>盆栽鑑賞グラビア記事
女性自身 2006年3月7日号<シリーズ人間/嫁して16年紀子さまの「お立場」 いま、紀子さまバッシングは間違っている。(勝谷誠彦)>記事
女性自身 2006年3月7日号<昭和38年42歳同世代識者(岩井志麻子、香山リカ、辰巳渚、島村洋子)からの応援メッセージ いまこそ雅子さまに幸せになってほしい!>記事
週刊女性 2006年3月7日号<ご懐妊発表から2連続!雅子さま紀子さまそれぞれの「苦悩」逆転したご兄弟皇太子さま秋篠宮さまの「評価」!>表紙
週刊文春 2006年3月2日号<皇太子と雅子さま夫婦別々の食卓 東宮御所オクの奥 紀子さまご懐妊報道から九日後、皇太子ご夫妻は七カ月ぶりに揃って公務にお出ましになった。だが、東宮御所の中ではスレ違いの生活が続いている―/紀子さまの従兄弟が「違法建築」で告訴された!>中吊り
週刊文春 2006年3月2日号<皇太子と雅子さま夫婦別々の食卓 東宮御所のオクの奥>記事食卓】【あとよろ
週刊アサヒ芸能 2006年3月2日号<46歳「誕生日会見」では明かされないホンネ 皇太子を悩ます「男子出産待望論」「離婚圧力雅子妃」の重大局面!>記事大膳
週刊ポスト 2006年3月3日号<●皇室典範改正つぶしは計られていた「ANAの乱」が火をつけた小泉倒閣の包囲網 / 紀子妃懐妊で急展開!皇太子と秋篠宮「ふたりの妃との宿命」●緊急寄稿 森暢平>中吊り
AERAアエラ 2006年3月6日号<皇太子一家の遠き春 「徹底した癒やし和み路線」だった皇太子さま誕生日会見。その舞台裏では / 皇后 宿命の母子46年の葛藤 / 教育 愛子さま 日本一の早期教育の全貌 / 財産 高松宮邸がマンションになったわけ>表紙
AERAアエラ 2006年3月6日号<日本一早期教育の全貌>記事優秀伝説
週刊朝日 2007年3月9日号<明治学院大原武史教授が読み解く 皇太子47歳の誕生日会見で浮かび上がった 雅子さまの回復が進まぬ本当の理由>表紙・目次
女性セブン 2006年3月9日号<皇太子さま会見の裏側 秋篠宮妃紀子さまご懐妊を支え続けた「奥の女」>表紙・目次

2006年3月編集

2006年3月3日 学習院幼稚園ひな祭でプレ体験、車内でハクションさんの方ばかり向いてしまって後ろ頭しか写ってない愛子ハクションさん
2006年3月3日 学習院幼稚園ひな祭でプレ体験入園に向かう雅子と愛子
2006年3月5日 東京ドームにて世界野球選手権ワールドベースボールクラシック日韓戦を観戦に現れた雅子、太った身体ではジャケットがきついのか前ボタンを開けっ放し
2006年3月5日 東京ドームにてワールドベースボールクラシック・アジアラウンド(日本-韓国)野球観戦で読売新聞社社長・内山斉氏(注:ナベツネこと渡邉恒雄が相手ではない)相手に実に深々としたお辞儀をする雅子ガッテシー
参考画像:2005年11月27日 黒田夫妻結婚祝いの茶会にて、両陛下ご登場に際し深々と礼をする秋篠宮夫妻と、お辞儀拒否の徳仁雅子の4コマ 参考ようつべ:黒田慶樹さん清子さんご夫妻のご結婚をお祝いするお茶会 http://www.youtube.com/watch?v=dJkTnUsU8GA
2006年3月5日 WBC観戦、下からのアングルで写された二人
2006年3月5日 WBC観戦、お手振り場面を下からのアングルで撮影、顎周りの肉がどちらもたぷたぷしている徳仁雅子
2006年3月5日 WBC観戦、徳仁の口元が爬虫類っぽく写っている画像
週刊現代 2006年3月18号<皇室コンフィデンシャル 慈父・小和田恒氏のメール 東宮御所の誕生日パーティ/雅子妃両親の“お忍び”帰国/実家で座り込んだ雅子妃/国連大学と小和田家の関係>記事小和田恒】【国連大学
週刊女性 2006年3月14号<皇太子さま誕生日会見で―雅子さまを支える!「決意」と美智子さまの紀子さまご懐妊をめぐる「苦渋の決断」>表紙
女性自身 2006年3月14日号<皇太子さまお誕生日東宮食事会を紀子さま直前の“キャンセル” 雅子さま新たな「ご公務」へ “弾む”お姿 殿下初めて語った「離婚否定発言」 / 黒田清子さん「若奥様のジーンズ姿」目撃撮>表紙・目次
週刊文春 2006年3月16日号<悲劇のプリンセス「不適応」の理由 雅子さま50人(友人・恩師・同僚…)の証言(上)>記事1 / 記事2
週刊新潮 2006年3月16日号<特集 雅子さま「追っかけ日誌」>記事影武者
2006年3月10日 メキシコ公式訪問前の記者会見にて「雅子と一緒に外国を行ける機会が早く来ることを願う」と、嫁の願望を宣伝する皇太子('A`)
文藝春秋 2006年4月号<紀子妃ご懐妊の衝撃、そして第二子計画 皇太子と雅子妃苦悩の決断(友納尚子)>記事その1 / その2 / その3友納尚子】【スケート】【長い目
文藝春秋 2006年4月号<女性たちよ、平成皇室を語れ>記事集その1 / その2 / その3 / その4
皇室と女たちの健全さ(林真理子) / 女性キャリアと結婚(片山さつき) / 日本文明からの逆襲(櫻井よしこ) / 雅子妃と紀子妃の距離(香山リカ) / 男子誕生の確率高し(竹内久美子) / 皇太子妃の人格とは(池田晶子) / 英国のみたご懐妊(秋島百合子) / おいたわしや天皇家(佐藤愛子)
文藝春秋 2006年4月号<皇太子と秋篠宮 現代版「壬申の乱」への危惧(高橋紘)>記事その1 / その2高橋紘

2006年3月13日東宮一家+準皇族w池田礼子一家が東京ディズニーリゾートお楽しみ編集

画像・概要は【TDR】参照。

週刊女性 2006年3月21日号<愛子さまご入園にふくらむも 雅子さま「第2子決意」報道の“真相”と本当の“ご胸中”>表紙産む産む詐欺
女性自身 2006年3月21日号<学習院幼稚園の、ひな祭りへ…ご入園までご夫妻の愛あふれる“イベント”づくし 愛子さま“ミッキー”と春休み 雅子さま宮中「教育改革」の波紋>表紙
週刊女性 2006年3月28日号<ご回復の兆しも…野球観戦や動物園、ディズニーランドに…雅子さま“なぜ?”止まらぬ批判>表紙
女性自身 2006年3月28日号<雅子さま「園ママ」準備で揺れる“母心”愛子さまと「いちご狩り」の歓声>表紙
週刊文春 2006/3/23号<Catch Up 愛子さま、初めてのディズニーランド>モノクログラビア
週刊文春 2006/3/23号<雅子さま愛子さまディズニーランド丸秘全行程>記事
2006年3月13日 ディズニーランド訪問の東宮一家カラーグラビア「今回の訪問には、雅子さまの妹・礼子さん(39)と愛息(2)も同行」(女性セブン 2006年3月30日号グラビアより)
2006年3月15日 徳仁メキシコ訪問見送り、東宮御所車寄に登場した東宮一家三人
2006年3月15日 徳仁メキシコ訪問見送り東宮御所玄関前、徳仁が車に乗り込む前、雅子に左手首を掴まれ、もう一方の手で背中を押され強制お辞儀させられる愛子
2006年3月15日 徳仁メキシコ訪問見送り東宮御所玄関前、徳仁が車に乗り込む前、雅子に左手首を掴まれ、もう一方の手で背中を押され強制お辞儀させられる愛子gif動画
2006年3月15日 メキシコ訪問出発見送り、東宮御所玄関前での徳仁雅子愛子。愛子が右手に持っているのは13日TDRのパスポートである
2006年3月15日 メキシコ訪問出発見送り最後、父親の乗った車の進行方向とは真逆を向いたままで完全無視の愛子と、笑ってごまかそうとでもいう表情の雅子連結画像
2006年3月15日 TDRチケットを右手に持ったまま、車で出発する徳仁パパも見ず完全余所見の愛子、それをたしなめることもせずただ手を振って夫にバイバイ見送りをする雅子
参考Youtube:皇太子メキシコ訪問雅子愛子見送り http://www.youtube.com/watch?v=zC-wc_NhcLE
週刊文春 2006/3/16号<悲劇のプリンセス「不適応」の理由 雅子さま友人・恩師・同僚…50人の証言(上)>雅子が駅ホームで写真誌男性記者の胸倉を掴んだ事件等掲載指差し恫喝
週刊文春 2006/3/23号<悲劇のプリンセス「不適応」の理由 雅子さま友人・恩師・同僚…50人の証言(下)>記事
▼公務では皇太子よりおしゃべり ▼昼も夜もワインを2本 ▼天皇を不快にさせた香淳皇后葬儀ご欠席 ▼記者に「自己PR文」を提出させた ▼小和田家の別荘で呟いた一言……
p.48より引用:98年10月、皇太子ご夫妻は長野県蓼科高原にある「ホテルハイジ」で静養されていた。経営者の東伏見韶俶(ひがしふしみ あきよし)氏が思い出を語る。
皇太子殿下がお酒がお強いのは有名ですが、雅子さまも同じペースでした。フランス料理にあわせてお出しした赤と白のワインを、昼も夜も1本ずつ召し上がり、夕食後にはロビーでコニャックを召し上がっておられました。『雅子さまもずいぶんお強いな と感心したものです。」
p.50より引用:元宮内庁関係者I氏は話す。
ベルギーのご出発前に基礎体温が上がるなど、ご懐妊の兆候があったのですが、そのことを両陛下に報告されずにベルギーに行かれたと聞きました。ようやく外国へ行く機会が出来たのに、いま報告すれば止められるのではないかと東宮側が恐れたというのです。
 さらに後でわかったのですが、ご夫妻はこれまで外国へ訪問できなかったことをベルギー王室の方々にお話しになり、しばらくして王室関係者から皇居のほうに伝わったようです。天皇皇后がご不快に思われたのは想像に難くありません」
2006年3月16日 メキシコにて、ボートで水路めぐりをする徳仁。笑顔の徳仁に対し、臨席の案内役の怪訝な表情に注目
2006年3月16日 メキシコ・ソチミルコ地区にあるドローレス・オルメド・パティーニョ美術館(Dolores Olmedo Patiño Museum)の中庭を歩くナルちゃん
2006年3月16日 メキシコ・ソチミルコ地区にあるドローレス・オルメド・パティーニョ美術館(Dolores Olmedo Patiño Museum)の中庭でを歩くナルちゃん。同美術館は、女流画家フリーダ・カーロと親交があった富豪ドローレス夫人が収集した、フリーダ作品のコレクションで知られている
2006年3月16日 「世界水フォーラム」パーティにて乾杯のスピーチをする当時日本水フォーラム会長・橋本龍太郎(2006年7月1日死去)と徳仁
FRIDAYフライデー 2006年3月24日号<愛子さま「学習院入園」の全貌 雅子妃の決意>表紙決意
2006年3月17日 メキシコシティ・バナメックス・センター 第4回世界水フォーラム全体会合開会式にて、国内委員会のクリストバル・ジェークス(Cristobal Jakes)事務局長の指差す方向を見て、揉み手をしているかのような徳仁
2006年3月17日 メキシコシティ、第4回世界水フォーラム全体会合にて、ジェークス事務局長の説明を聴きながら手が空中に浮いている徳仁
2006年3月17日 メキシコシティ・バナメックス・センター 第4回世界水フォーラム全体会合にて基調講演する徳仁
2006年3月17日 第4回世界水フォーラム全体会合にて基調講演する徳仁
2006年3月17日 第4回世界水フォーラム全体会合にて基調講演する徳仁
2006年3月17日 第4回世界水フォーラム全体会合にて基調講演する徳仁
2006年3月17日 第4回世界水フォーラム全体会合にて基調講演する徳仁
2006年3月17日 第4回世界水フォーラム全体会合にて基調講演する徳仁
2006年3月17日 第4回世界水フォーラム全体会合の基調講演で得意げな表情の徳仁
2006年3月17日 メキシコシティ、第4回世界水フォーラム全体会合に出席中の徳仁
2006年3月18日 メキシコ・ユカタン州のウシュマル遺跡を視察する徳仁
2006年3月18日 メキシコ・ウシュマル遺跡を視察する徳仁
2006年3月18日 メキシコ・ウシュマル遺跡を視察する徳仁
2006年3月19日 メキシコ・ユカタン州にて、ピンク・フラミンゴの生息地として知られるリア・セレストン生物圏保護区(Ria Celestun Biosphere Reserve)を視察するナルちゃん
2006年3月16日 メキシコ・ユカタン州にて、リア・セレストン生物圏保護区(Ria Celestun Biosphere Reserve)内を、カメラ片手にお手振りしながら歩く徳仁
2006年3月16日 メキシコ・ユカタン州にて、リア・セレストン生物圏保護区(Ria Celestun Biosphere Reserve)でボートに乗りカメラを抱えた徳仁
2006年3月19日 メキシコ・ユカタン州にて、リア・セレストン生物圏保護区(Ria Celestun Biosphere Reserve)でボートに乗ったナルちゃん
2006年3月19日 メキシコ・ユカタン州にて、リア・セレストン生物圏保護区(Ria Celestun Biosphere Reserve)でボートに乗り、風に前髪があおられているナルちゃん
2006年3月19日 メキシコ・ユカタン州にて、リア・セレストン生物圏保護区(Ria Celestun Biosphere Reserve)で、ピンク・フラミンゴを撮影するナルちゃん
2006年3月19日 メキシコ・ユカタン州にて、リア・セレストン生物圏保護区(Ria Celestun Biosphere Reserve)にて、水辺で泳ぐ子どもたち?を見て笑っている徳仁
2006年3月20日 メキシコ訪問の帰路立ち寄ったカナダのスタンレーパークにて、留学生たちと皇太子
2006年3月20日 メキシコ訪問の帰途立ち寄ったカナダ・バンクーバーのグランヴィル・アイランド・マーケット(Granville Island Market)で、路上パフォーマンスの芸人にカメラを向ける徳仁
2006年3月21日 皇太子メキシコ訪問からの帰国お出迎え東宮御所玄関前で喜びの表情を見せる愛子
2006年3月21日 皇太子メキシコ訪問からの帰国お出迎え、東宮御所車寄で徳仁に頭を撫でられ微笑む愛子。しかし父娘の視線は合っていない
2006年3月21日 皇太子メキシコ訪問からの帰国お出迎え、東宮御所車寄で報道陣に向かい微笑む東宮夫妻、カメラの方を見ず、足と体をぐにゃりとさせた愛子。徳仁のスーツ上下があり得ないほどシワシワである
2006年3月21日 皇太子メキシコ訪問からの帰国お出迎え東宮御所玄関前、「うれしい!恥ずかしい!おしゃべりな足元」の愛子シャネル足
2006年3月21日 皇太子メキシコ訪問からの帰国お出迎え東宮御所玄関前 別画像
2006年3月23日 聖路加国際病院小児総合医療センターを見学する雅子、右は出迎えた日野原重明理事長
2006年3月23日 聖路加国際病院小児総合医療センターを見学、宙を見上げる雅子
2006年3月23日 聖路加国際病院小児総合医療センターを見学する雅子、まるでネックカラーみたいなハイネックセーターに、太ってボタンがはめられないのか開け放しで着用の袖口折り返しジャケット。乳幼児健診に来た夫婦に「だんなさん」発言もしたりするだんなさん
画像手前で雅子の方に顔を向け案内しているのは日野原重明理事長。雅子はこれまで同病院小児病棟を3回私的に訪れ「病気の子供たちに心寄せて」いたが、当日案内した日野原理事長の言葉「私が見る限り雅子さまはまったく普通でしたよ。周囲が病人にしてしまっているような気がしますね」が週刊文春2006/4/6号に掲載され、以降雅子の聖路加訪問はぱったりと止む。
女性セブン 2006年3月30日号<入園前にビックなプレゼント 初めての東京ディズニーリゾート 夢の国へ行ってきま~す / おそるおそるミッキーと握手・皇室のみなさまはディズニーが大好き / 動き出した皇室の女性たち 美智子さま 雅子さま 愛子さま>表紙
女性セブン 2006年3月30日号<入園前にビックなプレゼント 初めての東京ディズニーリゾート 夢の国へ行ってきま~す>カラーグラビア
女性セブン 2006年3月30日号<おそるおそるミッキーと握手・皇室のみなさまはディズニーが大好き>カラーグラビア
女性セブン 2006年3月30日号<動き出した皇室の女性たち 美智子さま 雅子さま 愛子さま>記事
FRIDAYフライデー 2006年3月31日号<皇太子一家inディズニーリゾートとっておき写真>表紙・目次TDR
女性自身 2006年4月4日号<雅子さま(42)美智子さま受け継ぐお手製「通園バッグ」「45歳までに弟妹を」の決意>表紙決意
週刊女性 2006年4月4日号<雅子さま消えない「孤立感」と「小和田家へのブーイング」 愛子さま「ミッキーと対面」お楽しみも…>表紙
週刊女性 2006年4月4日号<雅子さま消えない「孤立感」と「小和田家へのブーイング」 愛子さま「ミッキーと対面」お楽しみも… / 愛子さま初めてのミッキーミニーにご対面に思わず・・・ママの手をギュッ>カラーグラビア
週刊女性 2006年4月4日号<雅子さま消えない「孤立感」と「小和田家へのブーイング」 愛子さま「ミッキーと対面」お楽しみも…>記事
女性セブン 2006年4月6日号<独占撮!黒田清子さん(36)ご新居マンション2LDK内覧5時間妻の微笑み / 皇太子妃雅子さま(42)ご一行ディズニーの休日異聞「眞子さま(14)佳子さま(11)は?」と警備1000人の波紋 / 皇太子ご一家 黒田清子さん 天皇家に訪れたそれぞれの春>表紙TDR
週刊女性 2006年4月11日号<雅子さま“がんばり過ぎ”の背景と“愛子さま人気”に困惑の声 / 雅子さま聖路加病院で4か月ぶりのご公務>表紙・目次
女性自身 2006年4月11日号<殿下帰国のお出迎え、病院ご視察、入園準備…めざましいご回復の理由 雅子さま両陛下から葉山御用邸3日間の励まし「お泊まり」公務復帰へ“母の笑顔”>表紙・目次
2006年3月27日 葉山御用邸静養に向かう車中の皇太子一家、無表情な愛子に、当たり前のように左手お手振りの雅子左手
週刊文春 2006年4月6日号<美智子さま「流産」ご静養の地で雅子さまと「雪解け」の予感 葉山御用邸に同時ご滞在>表紙・目次
週刊文春 2006年4月6日号<葉山御用邸に同時ご滞在 美智子さま「流産」ご静養の地で雅子さまと「雪解け」の予感>記事
女性セブン 2006年4月13日号<「うれしい!恥ずかしい!おしゃべりな足元」「リボンのついた白い靴下の足元にこんな豊かな表情が見えた」とまでキャプションがつけられている愛子東宮御所玄関前出迎えカラーグラビアシャネル足
2006年3月30日 葉山御用邸静養を終え帰京する車中の皇太子一家三人
FRIDAYフライデー 2006年4月14日号 表紙・目次・徳仁雅子愛子静養移動車内の画像一部

2006年4月 愛子学習院幼稚園入園編集

週刊現代 2006年4月15日号<皇太子夫妻が天皇・皇后と開いた“家族会議”の中身―鴨川旅行をドタキャンして葉山御用邸へ>記事ドタキャン
読売ウイークリー 2006年4月16日号<愛子さまの幼稚園ライフ お弁当、お勉強、そして気になるご学友>表紙・記事
週刊女性 2006年4月18日号<雅子さま葉山ご静養で心配される両陛下との“距離” / 愛子さま『学習院幼稚園』のトリビア14連発 / 皇太子ご一家 早春の葉山へ>表紙・目次
女性自身 2006年4月18日号<愛子さま「野球ごっこ」「いちご狩り」笑顔の葉山ご静養は両陛下と“別行動”に心残り 雅子さま「新時代公務」支える東宮大夫に“外交プロ”実夫同僚就任へ!>表紙

  • 2006年春、このあたりの時期からショートにしていた雅子の髪が徐々に長くなりだす。「まさか秋篠宮家に宿った第三子に対する呪詛?!」とも囁かれるが、髪型変化にも注目して以下ご覧ください。

女性セブン 2006年4月20日号<生活も激変 皇太子妃雅子さまは大丈夫!?専門医が警鐘「適応障害は4月が危険!」>表紙
2006年4月11日 愛子学習院入園式、皇太子一家3人登園光景
2006年4月11日 学習院幼稚園の入園式に向かう愛子と徳仁と雅子。雅子にガッチリ手を掴まれてお口半開きのポカン顔の愛子(時事)
ttp://www.sankei.com/images/news/141118/lif1411180001-p11.jpg 2006年4月11日 徳仁雅子と一緒に学習院幼稚園の入園式に向かう愛子=東京都豊島区、平成18年04月11日]
2006年4月11日 午前9時43分撮影、愛子学習院幼稚園入園式に向かう東宮一家新聞記事
2006年4月11日 皇太子一家の後ろに養育係福迫美樹子女史(カメラ目線)福迫美樹子
2006年4月11日 愛子の通園バッグ
2006年4月11日 愛子の全身画像、皇太子に瓜二つの顔立ち
2006年4月11日 雅子の股間に黒いバッグが突き刺さっているように見える仕草股間バッグ
2006年4月11日 股間にバッグを当てて歩いている雅子のTVキャプチャ画像
2006年4月11日 雅子がバッグ股間挿しするに至った過程連結画像
左→右でご覧ください。【股間バッグ
1行目 最初愛子と皇太子が手をつないでいた(愛子左手から右手につなぎ替え)
2行目 雅が愛子と手をつなごうとする(マスコミカメラを意識してか?、雅子黒クラッチバッグは左手持ち)
3行目 愛子と雅子の手つなぎ成功(愛子誰かの方を向いてニッコリ、雅子バッグ持ち替え)
4行目 左手で持っていたバッグを右手でしっかり持ち直すために股間に挿す雅子
2006年4月11日 雅子股間バッグ直後の愛子の表情。鼻の下をもごもご、びろーんと伸ばす癖は母親ゆずり
2006年4月11日 幼稚園玄関手前での三人。横から見た雅子の身体の厚みに注目
2006年4月11日 幼稚園玄関前にて小山久子園長先生にご挨拶ができない愛子。後にこの小山園長が退職直後、愛子養育専門女官にすったもんだで就任することになる。小山久子
参考ようつべ:入園卒園入学-愛子さま http://www.youtube.com/watch?v=IwqzUMFr1-c
2006年4月11日 TVインタビューで入園式における愛子を「ごく  自  然  で素晴らしいお嬢様です」と評する謎の老婦人自然
女性自身 2006年4月25日号<愛子さま「さくら組」25人お友達と「手作りお弁当」に弾ける“笑顔”>表紙
週刊新潮 2006年4月20日号<桜の木の下で>入園光景グラビア、娘の髪を整える雅子と、視線を合わせようとしない愛子と、何故かカメラ目線の養育係福迫女史福迫美樹子
週刊新潮 2006年4月20日号<雅子妃「幻の一泊公務」と愛子さま「御入園ストレス」>記事ポイ
週刊文春 2006年4月20日号<雅子さま「愛子さま最優先」の入園式 重要公務をドタキャンされた>表紙・目次
週刊文春 2006年4月20日号<重要公務をドタキャンされた雅子さま「愛子さま最優先」の入園式>記事ドタキャン】【八大行啓
女性セブン 2006年4月27日号<地方はやっぱり中止の波紋皇太子妃雅子さまのご公務>表紙・目次
女性セブン 2006年4月27日号<地方はやっぱり中止の波紋皇太子妃雅子さま(42)のご公務 「1日10分のお出ましから」高橋紘・静岡福祉大学教授 「感情抑えず疲れたサインを」海原純子・医学博士 「両陛下のご負担と皇太子さまのお立場」神田秀一・皇室ジャーナリスト>表紙高橋紘】【ご会釈
2006年4月16日 オール学習院講堂内の三人、パンフレットの変わった持ち方をしている愛子、すぐ後ろにいる二人の女性の目が笑ってないところが印象的
2006年4月16日 「オール学習院大合同演奏会」を鑑賞する東宮一家、舞台を指差す徳仁、無表情の愛子連結画像
2006年4月16日 「オール学習院大合同演奏会」を鑑賞する東宮一家、ぽかん顔で舞台を見下ろす愛子と、それをにらにら笑顔で見つめる徳仁雅子
2006年4月16日 「オール学習院大合同演奏会」を鑑賞、興味を持たせるように舞台を指差しながら何事かを話しかけている徳仁とその先を睨みつけるような目つきで凝視する愛子2ショット
2006年4月16日 「オール学習院大合同演奏会」を鑑賞、お口半開きのぽかん顔で舞台を見下ろす愛子TVニュースキャプチャ
2006年4月16日 オール学習院にて出し物鑑賞が終わり建物外に出てきた皇太子一家、予定外のヨーヨー釣りで大人二人の分まで含めた3個ゲト('A`)。ハクションさんが付き添っていてヨーヨー釣りの針を差し出しているのが分かるハクションさん
2006年4月21日 愛知県行啓にて排ガス浄化自動車部品製造の日本ガイシ本社工場視察、防塵スーツ姿がペンギンっぽい皇太子
2006年4月21日 同上別画像
週刊女性 2006年5月2日号<人間ドキュメント 皇太子さまの「苦悩」と「誤算」! 「このままだと、倒れてしまう…」 / 愛子さま祝・ご入園!~ふれあい成長アルバム~>表紙
週刊ポスト 2006年4月28日号<雅子妃の愛馬空勇が宮内庁職員を蹴り上げた腸破裂の重症理由>記事引き馬
週刊現代 2006年4月29日号<学習院幼稚園入園でいよいよ決断 雅子妃「愛ちゃん憲法」を作る>記事
女性自身 2006年5月2日号<雅子さま初の「保護者会」へ 担任は“泥だんご先生”>表紙
週刊ポスト 2006年5月5・12日GW合併特大号<記録公開 雅子妃と東宮女官「かくも長き軋轢」>表紙
週刊女性 2006年5月9・16日号<愛子さま まだ見えぬ“将来”と雅子さまの“不安”>表紙
女性自身 2006年5月9・16日号<紀子さま(39)マタニティブルー涙した理由 雅子さま(42)秋篠宮家「お茶会」で励まし ―眞子さま(14)佳子さま(11)は愛子さま(4)の自転車コーチを…縮まりはじめた“両家の距離”>表紙
女性自身 2006年5月9・16日号<紀子さま(39)マタニティブルー涙した理由 雅子さま(42)秋篠宮家「お茶会」で励まし ―眞子さま(14)佳子さま(11)は愛子さま(4)の自転車コーチを…縮まりはじめた“両家の距離”>記事補助輪付き自転車
2006年4月27日 春の園遊会、2月にご懐妊発表のあった紀子妃殿下とまともな病状発表のない雅子が欠席
ttp://img128.imageshack.us/my.php?image=20060429fnnannwn8.jpg 2006年4月29日 第35回日本車椅子バスケットボール選手権大会を観戦の皇太子夫妻、雅子の目尻の皺とつんつるてんなスーツ袖丈に注目]
2006年4月29日 第35回日本車椅子バスケットボール選手権大会を観戦、選手に声かけする東宮夫妻
2006年4月29日 第35回日本車椅子バスケットボールの選手に声かけする東宮夫妻、袖口折り返し、二重になった裾の始末がシワシワな安っぽいスーツの雅子

2006年5月編集

週刊女性 2006年5月23日号<愛子さま入園の裏で…美智子さまが抱える「3つの不安」! / 皇室御用達の逸品図鑑>表紙
女性自身 2006年5月23日号<雅子さまに「美智子さまの教え」“園ママラウンジ談義”で芽生え始めた「自信」>表紙
2006年5月12日 第20回オリンピック冬季競技大会(トリノ冬季五輪)入賞選手等を招いた茶会で懇談される秋篠宮殿下、奥に徳仁・天皇陛下・皇后陛下・常陸宮同妃両殿下が見える。雅子欠席、紀子妃殿下も御懐妊中のため欠席(gettyimages)
2006年5月12日 第20回オリンピック冬季競技大会(=トリノ五輪)入賞者等招待の慰労茶会、雅子欠席。徳仁との会話についてのスピードスケート岡崎朋美選手証言「愛子さまがスケートの格好をして マネをしてですね そういうしぐさをしてましたということを言われましたので ぜひじゃあスピードスケートを将来やっていただきたいなということを言ったんですけど…やはり今フィギュアスケートをおやりになっているそうで」
スピードスケートの岡崎朋美選手と皇太子が会話、その中で岡崎選手が「愛子さまに将来スピードスケートを」と社交辞令を述べたところ「やはり今フィギュアスケートをおやりになっているそうで」=要約すれば皇太子にスピードスケートなんぞ目じゃないとあしらわれたとのこと。
2006年5月16日 新宿御苑の遠足に手つなぎで向かう雅子と愛子のロケ撮影、愛子の口が半開き状態シート】【ロケ

週刊女性 2006年5月30日号<雅子さま 愛子さまの“お弁当づくり”でますます生活に弾み!?>記事
女性自身 2006年5月30日号<愛子さまと“手作りお弁当”持って春の遠足は新宿御苑へ 雅子さま“ご実家頼り”に美智子さま宮中でふと漏らされた「ご心配」>表紙
女性セブン 2006年6月1日号<衝撃証言 人格否定発言から2年 雅子さまを苦しめる毎月のデリケートな体調と就寝の確認>表紙・目次
週刊女性 2006年6月6日号<雅子さまと一緒の初遠足!愛子さまお友達とにっこりスナップ撮影!!>カラーグラビア
週刊女性 2006年6月6日号<雅子さま〈新たな〉不安! 愛子さま幼稚園「休みがち」で囁かれる「戸惑い」!>記事
女性自身 2006年6月6日号<雅子さま 殿下と「幼稚園」に出された“特別なお願い”>表紙
サンデー毎日 2006年6月4日号<優しさに包まれて>5/16遠足カラーグラビア、全く長さ調節していないリュックサックと水筒ストラップに注目ストラップ
「(傘が)ふたつあるから、ひとつ貸してあげましょう」
「(カメラマンの)みんな寒いところで待っていてくれるから、ワンちゃんの手を振ってあげましょう」
ン十年前のセンスでひねくりだしたとしか思えない奇妙な台詞で流布される「優秀伝説」。
いかにも初の幼稚園遠足が成功裡に終ったかのような雰囲気で書かれているが、当日遠足現場では雅子がシートを敷くことすらままならず、雨が降り出しても傘も差さないため周囲の母子が遠慮して傘を差せず濡れるがまま、という事件が発生したと伝えられる。
2006年5月25日、赤十字大会にご出席の皇后陛下と妃殿下方。雅子は相変わらずの欠席。誰を真似たのか久子妃のバックストラップシューズと前にスリットがあるスカートに注目恒久子
週刊新潮 2006年6月1日号<お茶の時間>モノクログラビア
週刊新潮 2006年6月1日号<特集 学習院幼稚園で「雅子さま」を取り巻く親衛隊グループ>記事
女性セブン 2006年6月8日号<本誌だけが知っているデビューの困惑 皇太子妃雅子さま(42)が!さくら組ママたちの逡巡>表紙
女性自身 2006年6月13日号<「全国赤十字大会」は3年連続のご欠席…39度発熱の愛子さまをご夫婦で3日間看病を 雅子さま異例の「医師団」発表“ご公務禁止”の正念場!>表紙
週刊女性 2006年6月13日号<雅子さま ご公務復帰の障害は「ご歓談!?」“引きずられる”皇太子さまの苦悩 紀子さま活発お出かけの一方で…>表紙
週刊女性 2006年6月13日号<雅子さま ご公務復帰の障害は「ご歓談!?」“引きずられる”皇太子さまの苦悩 紀子さま活発お出かけの一方で…>記事

2006年6月編集

女性セブン 2006年6月15日号<深まる困惑 皇太子妃雅子さま(42)赤十字大会ご欠席してテニスの波紋>表紙
女性セブン 2006年6月15日号<皇太子妃雅子さま(42)赤十字大会ご欠席してテニスの波紋>記事同日シリーズ】【OWD
週刊女性 2006年6月20日号<6月9日、13回目の結婚記念日を――雅子さま「挫折の軌跡」と「今のご胸中」>表紙
2006年6月8日 東京国際空港貴賓室での天皇皇后両陛下シンガポール&タイご歴訪お見送り式典の皇太子。雅子は式典欠席で、タラップ下見送りのみ参加
2006年6月8日 両陛下東南アジア訪問のご出発にて羽田空港お見送りの光景
2006年6月8日 両陛下東南アジア3ヶ国お見送りの空港での雅子。後日この笑顔の理由がオランダ旅行決定であることが判明する。インナーに何を着たのか袖口を押し込まれたような袖の中に注目
2006年6月8日 両陛下東南アジア訪問のご出発にて羽田空港お見送りの雅子、肌が弛みきっていることが分かる。首の皮膚もひどい状態に
2006年6月8日 同上両陛下東南アジア訪問のご出発にて羽田空港お見送りの雅子、画像修正してないと首が象の皮膚のごとき状態になっていることが分かる
2006年6月8日 両陛下東南アジア訪問のご出発にて羽田空港お見送りの雅子
2006年6月8日 両陛下東南アジア訪問のご出発にて羽田空港お見送りの雅子
2006年6月8日 両陛下東南アジア訪問のご出発にて羽田空港お見送りの雅子
2006年6月8日 両陛下東南アジア訪問のご出発にて羽田空港でお見送りの雅子。首の肌がアトピー痕で酷く荒れて黒ずんでいる(Getty Images)
2006年6月8日 両陛下東南アジア訪問のご出発にて羽田空港でお見送りの雅子。首の肌がアトピー痕で酷く荒れて黒ずんでいる(Getty Images)
2006年6月8日 両陛下東南アジア訪問のご出発にて羽田空港お見送りまとめ
2006年6月15日 「ほら、あれ」とでも言いたげな、両陛下東南アジアご訪問からの帰国お出迎えの皇太子夫妻と秋篠宮、雅子はここでも指差し
女性自身 2006年6月20日号<紀子さま「第三子は男の子」説広まるなか、皇室典範改正の動き再び 愛子さま「一代女性天皇」へ 雅子さまご結婚14年目に“光”が見えた>表紙
週刊文春 2006年6月22日号<愛子さま幼稚園泣きべそ事件とお弁当秘レシピ>記事
2006年6月18日 皇太子学習院幼稚園の父親参観に出席、登園時の愛子はフグのごとく頬を膨らましプップクプー表情授業参観
2006年6月18日 傘を差しながらもガッチリ手つなぎで登園する皇太子と、この時は口半開き表情の愛子
2006年6月18日 傘を差しながらも娘愛子とガッチリ手つなぎで登園する徳仁と、この時は口半開き表情の愛子(朝日新聞社)
2006年6月18日 徳仁と手つなぎで頬を膨らませたプップクプー表情愛子。頬を膨張させる感覚を楽しんでいる一人遊びと推察される
2006年6月18日 海外にまで配信されてしまった愛子プップクプー表情画像
2006年6月19日 新開発の電気自動車Eliica(エリーカ)東宮御所試乗会、せっかくの車を前にしているのだが、雅子はマスコミカメラでも気にしているような余所見表情
2006年6月19日 東宮御所にて新開発の電気自動車Eliica(エリーカ)試乗会、著しい目の下弛みが目立つ雅子の表情アサリ
2006年6月19日 東宮御所玄関前で電気自動車Eliica(エリーカ)を前にしている東宮夫妻ら
2006年6月19日 東宮御所玄関前で電気自動車Eliica(エリーカ)を前にしている東宮夫妻ら
女性自身 2006年6月27日号<宮中祭祀や公務ご欠席に批判高まるなか、皇太子さまも「ご公務」激減の理由 雅子さま ふと漏らされた“将来の不安”に殿下が動いた!初めての「決断」>表紙決意
週刊女性 2006年6月27日号<6月8日両陛下お見送り 雅子さま悲願の「海外訪問」への道のり>表紙
週刊文春 2006年6月29日号<「香淳皇后例祭」欠席翌日に雅子さま「オペラ鑑賞」で再燃した宮中からの批判>記事翌日シリーズ
女性セブン 2006年6月29日号<国会で異例の論争「皇室報道に敬語なし」と批判した文科大臣が語る壊れる日本語>表紙
女性自身 2006年7月4日号<美智子さま海外ご訪問を機に久々肉声 雅子さま復帰への「宿題」 / 黒田清子さん110㎡億ションローン残高3千万円の「やりくり」生活>表紙
週刊女性 2006年7月4日号<雅子さま“完全復活”の微笑み!? / 紀子さま“男子出産”説の「なぜ」と愛子さまの将来>表紙(雅子顔写真使用)復帰
女性自身 2006年7月11日号<雅子さま前例なきオランダご静養 覚悟の夏>新聞広告オランダ静養】【決意
週刊女性 2006年7月11日号<雅子さま、耐え難い宮中祭祀の苦悩と愛子さまに落とす影!ほぼ皆勤賞の両陛下と比べると…重要なのは祈りの気持ち>表紙
週刊女性 2006年7月11日号<雅子さま、耐え難い宮中祭祀の苦悩と愛子さまに落とす影!ほぼ皆勤賞の両陛下と比べると…重要なのは祈りの気持ち>記事
週刊文春 2006年7月6日号<雅子さまオランダご静養「東宮の変」再び>目次オランダ静養
女性セブン 2006年7月13日号<ご両親が暮らすオランダで2週間の夏休み 皇太子妃雅子さま前例なき海外ご静養で背負うもの>表紙・目次

2006年7月編集

サンデー毎日 2006年7月16日号<皇太子ご一家オランダ静養で囁かれる雅子さま「ご病状悪化」の懸念>表紙・目次オランダ静養
週刊女性 2006年7月18日号<雅子さま“異例”といわれるオランダ海外ご静養に美智子さまは…>表紙・目次
週刊文春 2006年7月20日号<ワイド再チャレンジの明暗 雅子さま東宮御所で開く愛子さま「子供の会」>記事
週刊新潮 2006年7月20日号<笑わない愛子さま>記事
週刊ポスト 2006年7月28日号<大騒動追跡 それは愛子さまの「ヨーヨー釣り」大パニックで始まった 雅子妃を悩ます学習院幼稚園と東宮の大ゲンカ!>中吊り
週刊ポスト 2006年7月28日号<大騒動追跡 それは愛子さまの「ヨーヨー釣り」大パニックで始まった 雅子妃を悩ます学習院幼稚園と東宮の大ゲンカ!>記事シート
 雅子妃と愛子さまを乗せた車は学習院の正門を入り、奥にある幼稚園入り口まで進み、そこで愛子さまは車から降りるのだが――。
「皇太子殿下も秋篠宮殿下も黒田清子さん(旧・紀宮)も、登園には車を使っていました。しかし、正門前で車を降り、そこから先は美智子様に手を引かれて園内に入っていきました。他の園児と同じように自分の足で歩かせたい、という美智子さまのお考えだったと聞いてます。正門から幼稚園の入り口までわずか数十メートルですが、そんなところも“特別扱い”と見る母親もいるんですね」(ベテラン皇室ジャーナリスト)
女性セブン 2006年7月27日号<妹・礼子さん(40)心境告白皇太子妃雅子さま(42)ご回復の壁と小和田家の掟>表紙礼節姉妹
女性自身 2006年8月1日号<24日からご一家で 那須住民のお出迎え“交流”に宮内庁が自粛要請再び 雅子さま 地元住民とふれあいなき「寂しい」那須ご静養の夏>表紙
女性セブン 2006年8月3日号<雅子さまもうひとつの病名 脳神経外科の権威が指摘>表紙負担
女性セブン 2006年8月3日号<妃殿下の苦しみの根源、それは体のある部分に…皇太子妃雅子さま 脳神経外科の権威が指摘するもうひとつの病名 / 富山でご公務中の秋篠宮さま。そのときお顔から笑みが消えた 秋篠宮妃紀子さま弟3子は“はじめて”の帝王切開!>表紙・目次
週刊ポスト 2006年8月4日号<紀子妃 皇室初の帝王切開で囁かれる「8月男児誕生」その時、オランダ静養中の雅子妃は…>表紙
週刊女性 2006年8月8日号<皇太子ご夫妻は東洋のダイアナとチャールズ 雅子さま衝撃ドキュメント出版と相変わらずの“心なき囁き”>表紙
女性自身 2006年8月8日号<雅子さま“孤立”さらに深まる夏東宮大夫と侍従長の“不和”に困惑!>表紙
週刊文春 2006年7月27日号<天皇皇后と雅子さま「水入らず葉山ご静養」中止の真相 オランダ行き最優先「東宮の暴走」で…>中吊り
週刊文春 2006年7月27日号<天皇皇后と雅子さま「水入らず葉山ご静養」中止の真相 オランダ行き最優先「東宮の暴走」で…>記事ホタル鑑賞会】【野村一成
 七月一日の夕方六時前。時折小雨の降る中、皇太子ご一家と秋篠宮ご一家が続けて半蔵門をくぐられた。両陛下が主催された「ホタル狩り」に天皇ご一家がお集まりになったのだ。黒田夫妻も含めた四家族は久しぶりに揃ってのご会食をされた後、御所の小川に飛び交うホタルを楽しまれた。
「会も終わりに近づき、まだ小さい愛子さまがお休みになるために皇太子ご一家が一足先に東宮御所へお帰りになろうとされた。その帰り際、突然、皇太子殿下が両陛下に直接、『葉山の件ぜひよろしくお願いします とお話しされたのだそうです。ですが、その時点で両陛下は侍従長からすでにお断りしているものだとお思いでしたから、困惑されてしまった。それでも両陛下は『今回は…… と言葉を選んで、やんわりとお断りされたそうです。ところが、それをお聞きになった雅子さまはよほど落胆されたのか、それとも驚かれたのか、顔色を変えられて横を向かれてしまったそうなのです」(皇室関係者)
 その雅子さまの落胆の色をご覧になった両陛下は心を痛められ、ご自分たちが葉山に行かれることを躊躇され、御所でご静養されることにしたというのが真相だったのだ。
2006年7月24日 那須御用邸静養に向かう那須塩原駅前に現れた東宮一家、お手手がパーの徳仁、黒ストライプスーツの雅子、手をつながれぼんやりした表情の愛子裕次郎ファッション
2006年7月24日 那須塩原駅前にて、横目表情で手をつなぐ雅子と愛子、手を振る徳仁(Getty)裕次郎ファッション
2006年7月24日 那須御用邸静養に向かう那須塩原駅前に現れた東宮一家、愛子クローズアップ画像
2006年7月24日 那須御用邸静養に向かう那須塩原駅前に現れた東宮一家、仁王立ちであらぬ方向をぼんやり見ている愛子、愛子の顔を必死に覗き込む雅子
2006年7月24日 那須御用邸静養に向かう那須塩原駅前の東宮一家。後ろ向きの愛子を覗きこむストライプスーツの雅子
2006年7月24日 那須御用邸静養に向かう那須塩原駅前にてワゴン車に乗り込む直前の愛子。右手を雅子につままれている
2006年7月24日 那須御用邸静養に向かう那須塩原駅前にてワゴン車に乗り込む皇太子一家、皇太子は何故か一人だけ(奥)に座り、雅子は目立つ窓際席で左手お手振り左手】【ワゴン車
参考Youtube:皇太子ご一家 那須ご静養ご到着 '06  http://www.youtube.com/watch?v=l-73tOxWPO4
ワゴン車に乗り込む際、雅子が足で夫徳仁皇太子に「早く乗るよう」指示するという場面が(0:29~)【足蹴
2006年7月24日 同上那須塩原駅前から那須御用邸静養に向かうワゴン車に乗った雅子・愛子。奥の皇太子は写ってさえいない(奥)】【ワゴン車
2006年7月24日 那須塩原駅前の三人、バッグを持った右手で愛子の左手も持つ雅子
2006年7月24日 鼻を触る愛子
2006年7月24日 鼻を触る愛子キャプチャ連結画像
2006年7月24日 こめかみのあたりを指で触る愛子キャプチャ
2006年7月24日 乗り込んだワゴン車内から、お口プクプクの表情で、手を振るようなしぐさを見せる愛子
参考動画:Youtube「20060803愛子さま初めてのお買いもの」
2006年7月or8月 那須ステンドグラス美術館に徳仁&愛子来館、当時の記念写真が飾ってある。2007年07月20日付けブログに掲載なのでこの静養時期と推察される
2006年7月or8月 那須静養時撮影の雅子・愛子。挨拶されても反応なし、お口ぽかーんの表情でワンボックスカーに乗る愛子
週刊文春 2006年8月3日号<「昭和天皇メモ」の衝撃 小泉首相それでも行くか「8・15靖国参拝」識者7人の審判 ×石田衣良○櫻井よしこ×保阪正康△上坂冬子○養老孟司 / 雅子さまも心配された紀子さまの「前置胎盤」の危険性>表紙・目次
週刊新潮 2006年8月3日号<「雅子さま」那須御用邸入りで噴出する「御静養しすぎ」バッシング>記事

2006年8月編集

週刊女性 2006年8月15日号<雅子さまがますます遠のく…オランダ静養での“懸念”>表紙
2006年8月3日 那須御用邸静養からの帰京の那須塩原駅前にて、更に大きくなった愛子をまたも駅弁抱っこする力持ちの雅子の姿が一般人により撮影され複数ブログ・mixiで紹介駅弁抱っこ
女性セブン 2006年8月17日号<転地ご静養??皇太子妃雅子さま ご両親緊急帰国!不穏なオランダ国民感情>表紙
女性セブン 2006年8月17日号<海外ご静養の緊張 皇太子妃雅子さま ご両親緊急帰国!不穏なオランダ国民感情>表紙・目次オランダ静養
2006年8月3日 雅子による愛子駅弁抱っこが女性自身8/22・29合併号でも画像掲載
2006年8月4日 石川県珠洲市りふれっしゅ村鉢ヶ崎にて開催の、ボーイスカウトイベント・第14回日本ジャンボリー(会期=8月3~7日)を視察する徳仁
2006年8月4日 第14回日本ジャンボリー会場を視察する徳仁
2006年8月4日 石川県珠洲市第14回日本ジャンボリーにて、子供たちがやっている作業を後ろから見ている徳仁
2006年8月4日 石川県珠洲市にて開催の第14回日本ジャンボリーで挨拶する徳仁。一見開会式のように見えるが、開会式はこの前日3日であり、何の式典でもないスピーチ場所を徳仁のためこしらえた模様
東宮一家は7月24日から那須静養、徳仁のみ7月29日に帰京、雅子&愛子はそのまま静養続行し8月3日帰京。
一人那須静養から帰京した徳仁は7月31日~8月2日まで高校総体のため大阪訪問、一旦帰京し、第14回日本ジャンボリーのため8月4~6日石川県訪問。第14回日本ジャンボリー会期は2006年8月3~7日。開会式もなければ閉会式でもない、中途半端な時期に出かけて挨拶している。
参考:宮内庁HP 2006年7~9月東宮夫妻日程ページ
週刊新潮 2006年8月17・24日号<特別読切 「雅子さま」を陰で操る「皇室のラスプーチン」 「突然のオランダ静養」「御所と小和田家にできた壁」すべてはこの医師が「元凶」だった!>目次
週刊新潮 2006年8月17・24日号<「雅子さま」を陰で操る「皇室のラスプーチン」──「突然のオランダ静養」「御所と小和田家にできた壁」すべてはこの医師が「元凶」だった!>堀端七海署名記事大野裕
週刊文春 2006年8月17・24日号<宮中奥レポート 妃殿下を見守る両家の流儀「小和田家」と「川嶋家」>目次
週刊文春 2006年8月17・24日号<宮中奥レポート 妃殿下を見守る両家の流儀「小和田家」と「川嶋家」>記事
週刊ポスト 2006年8月18・25日号<総費用はなんと1億円超―雅子妃オランダ静養行は「一般機」「医師」「警護」で大モメ!>表紙
週刊ポスト 2006年8月18日・25日合併号<総費用はなんと1億円超―雅子妃オランダ静養行は「一般機同乗」「医師出張」「警護態勢」で大モメ!>記事
週刊女性 2006年8月22・29日合併号<もうすぐオランダへ― 復活への道のり 雅子さま「ピラティス」で体力作り!>表紙
週刊女性 2006年8月22・29日合併号<もうすぐオランダへ― 復活への道のり 雅子さま「ピラティス」で体力作り!>記事
2006年8月13日 オランダ旅行に出かける前、両陛下にご挨拶と昼食会に出向く一家。撮影ポイントであるにも関わらずカメラに背を向ける愛子

2006年8月17-31日東宮一家が前代未聞の海外・オランダ静養へ。概要・画像は【オランダ静養】を参照編集

2006年8月17日 オランダ静養出発見送り光景連続画像、挨拶という行為を理解していない様子の愛子のくねくねと、最後に指しゃぶりか鼻ほじりをしようとして雅子に止められる動きもありシャネル足
2006年8月18日 オランダ王室馬車庫、ベアトリクス女王陛下のすぐ前で足元がくねくねくねくねし続ける愛子まとめ画像シャネル足
2006年8月18日 オランダ王室馬車庫にて雅子に掌のツボ押しをされてクネクネしながらイヒヒ笑いをする愛子連結画像
2006年8月18日 オランダ王室馬車庫にて、雅子に掌のツボ押しをされてイヒヒ笑いをしながらグニャグニャしまくる愛子を見て笑うご一家=2006年8月18日、オランダ・アペルドールン市、代表撮影
女性セブン 2006年8月24・31日号<オランダ静養に重大証言「雅子さまは帰国しない」宮中の蒼白 / 変わらぬ時代に/9月6日ご出産予定 嫁がれて16年――『控えめ』『優等生』とは別の意外な素顔―― 秋篠宮妃紀子さま流自己実現>表紙
女性自身 2006年9月5日号<雅子さまオランダご静養笑顔の陰で… 野村東宮大夫が漏らした〝辞意〟の暗雲>表紙
女性セブン 2006年9月7日号<オランダ現地取材 雅子さま心を開く ベアトリス女王「夫君のうつ」 愛子さまもはじめての笑顔>表紙
女性セブン 2006年9月7日号<オランダ現地取材 雅子さま心を開く ベアトリス女王「夫君のうつ」 愛子さまもはじめての笑顔>記事
女性セブン 2006年9月7日号<愛子さま4歳 初の海外旅行 楽しくて楽しくて>カラーグラビア
週刊現代 2006年9月9日号<専門医が警鐘「オランダの雅子妃」本当の病状>表紙
女性自身 2006年9月12日号<雅子さま帰国後新たな「孤立」… 美智子さま心配される「治療生活」>表紙
週刊女性 2006年9月12日号<愛子さまの笑顔を手放しで喜べない 「お世継ぎ問題」の行方 「どんなに可愛くても、彼女は天皇にはなれない」>表紙
週刊女性 2006年9月12日号<愛子さまの笑顔を手放しで喜べない 「お世継ぎ問題」の行方 「どんなに可愛くても、彼女は天皇にはなれない」>記事

2006年9月 10日東宮一家大相撲秋場所観戦、愛子鼻くそほじり披露編集

週刊ポスト 2006年9月15日号<〝2人の妃殿下〟のそれぞれの夏 紀子妃 ご出産と 雅子妃 サル公園の笑顔>表紙
参考:WiLL 2006年11月号<オランダ人記者匿名座談会 オランダ女王を袖にした雅子妃>ベアトリクス女王ヨットクルーズドタキャンについての記事部分ドタキャン
C 今回の日本の皇太子一家滞在でも女王の力の入れようはすごかった。彼女は「緑の竜」という木製ヨットを持っています。船体の長さは十六メートル程度、一本マストの端正な姿の艇で、王女時代の国民からの贈物なのですが、彼女はとても大切にしていて、よほど親しい人物でないと乗せません。
  今回はこれを自ら操縦して、(ウィレム)皇太子とマキシマ妃にアマリア、そして日本の皇太子を乗せ、六時間近くアムステルダム沖を帆走しました。船内はダイニングキッチンに寝室、シャワー、トイレがある程度の狭い空間だから、昼食なんかも本当に家族的雰囲気でしょうね。女王は雅子妃たちに、とてもリラックスした時間をプレゼントしたかったと思う。
A ところが肝心の雅子妃とプリンセス愛子は招かれていたけれど来なかった。多分、当日朝、とても体調が悪かったのじゃないですか。
B うわぁ、それは知らなかった。女王のヨット招待を休んじゃったの……。
 (皆、複雑な表情になり口をつぐむ)
A それは……、やっぱり女王には堪(こた)えたでしょうね…。雅子妃は一人で古城に残っていたのかな。
C 前夜は三殿下は小和田邸でディナーでしたね。
『現代』2006年9月号<外務省「犯罪白書」4 私が手を染めた「白紙領収書」作り>(起訴休職 外務事務官)佐藤優記事(1/2)
『現代』2006年9月号<外務省「犯罪白書」4 私が手を染めた「白紙領収書」作り>(起訴休職 外務事務官)佐藤優記事(2/2)
p.174より引用
 「外務省『犯罪白書』」の内容について、筆者が想像するよりもはるかに大きな反響があった。そのうちいくつかを読者に紹介したい。かなり本格的な警告が外務省幹部と関係をもつ報道機関幹部から入ってきた。二つの筋(いずれもモスクワで勤務歴のある記者)から流れてきたが、中心となるメッセージは同一だ。
 <『現代』の連載は外務省として看過できる限界をはるかに超えている。「佐藤優もついにここまで堕ちたか」というのが外務省幹部のコンセンサスだ。外務省も組織だ。しかも国家機関だ。甘く見ているとどうなるか、よく考えておけ。特に野村一成前ロシア大使(現東宮大夫)に触る記述をした場合、どうなるかよく考えておいたほうが身のためだ。「菊のタブー」がどういうものか、佐藤も思い知ることになろう。ちなみに山手線や地下鉄に乗るときは、あまり線路寄りに立たないことだ。健康に注意されたい。
 この種の話は実に不愉快であるが、一部外務官僚の体質をよく現しているので、読者に説明しておきたい。
2006年9月2日 オランダ静養からの帰国報告のため、両陛下のもとへ参内する東宮一家
女性自身 2006年9月19日号<グラフ&大特集!紀子さまが乗り越えた「4つの壁」松崎敏弥「皇室ジャーナリスト」特別手記 秋篠宮殿下が“泥酔”した夜 / 紀子さま「新宮ご誕生」東宮と秋篠宮両家がこれから歩む「それぞれの道」とは。美智子さま願う新しい「家族の絆」雅子さま「喜び」「葛藤」へのご心配>表紙
週刊女性 2006年9月19日号<雅子さま「ご帰国」紀子さま「ご出産」でも尽きぬ美智子さまの“憂慮”>表紙

2006年(平成18年)9月6日、秋篠宮家第三子、悠仁親王殿下ご誕生編集

日刊スポーツ 2006年9月6日<紀子さまご出産41年ぶり男子皇位継承第3位/天皇陛下「サンキュー」札幌訪問先で米国人祝福に応え沿道には会釈 / 皇太子さまも「おめでとう」 雅子さまコメントなしも喜びの様子>記事
2006年9月8日 テレビ朝日が「ワイド!スクランブル」で悪質な情報操作を行う。皇位継承についてのテレゴングアンケートでやらせ発生が確認され、2ちゃんねるニュー速系板で大騒ぎに。テレゴング
文藝春秋 2006年10月号<総力特集 紀子妃ご出産と皇室の運命 白熱の大討論 平成皇室の危機は去ったのか / ドキュメント皇孫誕生 緊迫の愛育病院医療チーム(奥野修司) / オランダ静養の全真相 雅子妃「はじける笑顔」の裏側で(友納尚子)>表紙
文藝春秋 2006年10月号<総力特集 紀子妃ご出産と皇室の運命 白熱の大討論 平成皇室の危機は去ったのか(櫻井よしこ/篠沢秀夫/高橋紘/保阪正康/松崎敏彌/江森敬治座談会)>記事その1 / その2 / その3 / その4 / その5オランダ静養
文藝春秋 2006年10月号<オランダ静養の全真相 雅子妃「はじける笑顔」の裏側で(友納尚子)>記事その1 / その2 / その3友納尚子】【オランダ静養
2006年9月10日 大相撲観戦、国技館貴賓席にて身を乗り出す愛子と夫妻と、案内役である北の湖理事長
2006年9月10日 北の湖理事長の案内で大相撲秋場所を観戦する愛子、雅子、徳仁=2006年9月10日、東京都墨田区の国技館、代表撮影
2006年9月10日 皇太子一家大相撲秋場所観戦、貴賓席で大口開けて喜んでいる愛子
2006年9月10日 皇太子一家大相撲秋場所観戦連結画像
2006年9月10日 雅子と愛子が笑顔で見詰め合っているように見えるが……
2006年9月10日 愛子は雅子の向こうにいる人を見ているのでは
2006年9月10日 国技館貴賓席の向かって右側最前列(画面右下隅)に愛子養育係・福迫美樹子の姿が福迫美樹子
2006年9月10日 別角度からの愛子視線検証画像
2006年9月10日 『週刊新潮』9/21号に掲載された愛子鼻糞ほじり姿
週刊新潮 2006年9月21日号<肩の荷が…>愛子鼻くそほじりを含むモノクログラビア
秋篠宮家に悠仁親王殿下が誕生した2日後の9/8、東宮夫妻は「世界の巨大恐竜博」見学。
また更に2日後の9/10、東宮一家は国技館へ大相撲秋場所観戦に。その貴賓席で愛子が肘付き観戦&鼻糞ほじりをしていたことが明らかになる。単に鼻をほじっていただけならともかく、すぐ隣にいる両親・徳仁と雅子どちらも注意する素振りを見せず。
参考:鼻をいじる愛子の姿(左:2006/9/10大相撲観戦貴賓席で鼻糞ほじりの愛子 / 中2枚:2006/7/24那須御用邸に向かう那須塩原駅前 / 右:2007/10/6学習院幼稚園運動会 2006年9月10日 相撲観覧後、雅子が愛子の手を引いて夫皇太子を尻目に勝手にさっさと歩き出し、出口を間違える図参考:【足蹴
2006年9月11日 秋篠宮第三子親王誕生で愛育病院にお見舞いに、車中の皇太子と愛子の表情
ttp://img117.imageshack.us/my.php?image=20060911xp7.jpg 2006年9月11日 愛育病院お見舞いに向かう車中、上唇周辺が濡れている愛子]
2006年9月11日 愛育病院お見舞い、パパの背に隠れようとする素振りを見せる愛子 / 同高解像度画像(Getty images)
2006年9月11日 秋篠宮第三子親王誕生で愛育病院にお見舞いに訪れた徳仁雅子愛子。報道陣を嫌がり顔をゆがませて徳仁の背に隠れようとする愛子。それを笑って誤魔化す徳仁と雅子
2006年9月11日 愛育病院お見舞い、挨拶を促されるが、嫌がってパパ徳仁の背後に隠れる愛子 / 同ロゴなしバージョン
2006年9月11日 愛育病院建物に入る直前、取材陣に対し激しく表情を歪ませ、「チャッキー」とも評された愛子の表情の変化。チャッキー
2006年9月11日 愛育病院お見舞い、両親に手を繋がれたまま、取材陣に向かって何かを叫んでいる愛子(Getty images)
2006年9月11日 愛育病院お見舞い、愛子表情アップ連結画像、何かを喚いている口の動きである。やめろよ
参考:日テレHPにこにこアルバム動画2006/9/11
参考ようつべ:[[皇太子ご一家 紀子様悠仁様お見舞い(NNN) http://www.youtube.com/watch?v=xXcsojSR7AE
参考:2006年9月11日東宮一家愛育病院にお見舞い映像(高画質版)http://www.youtube.com/watch?v=Q_dkZLxnBk8
上映像より抜き出した愛子gif動画:「やめろよ」と言っているような形で動く口元に注目。明らかにマスコミに対し非友好的な態度である

週刊文春 2006年9月21日号<総力取材新聞・テレビが報じない「男子出産」10のタブー ▼紀子さまご出産 そのとき雅子さまは「お誕生日席」で… ▼主治医から飛び出した「紀子さま第4子」発言 ▼速報スクープ合戦 勝者は日テレ ▼新宮の子供部屋は8畳、母乳は「冷凍保存」 ▼帝王学なしで愛子さまは「田園調布雙葉→東大」か ▼女帝推進「ロボット学者」の自宅は愛育病院前 ▼テレビ報道特番コメンテーターNG発言集 ▼ネットオタクが眞子さま佳子さまに「萌え~」 ▼全国から山盛り「贈答品」はどうなる? ▼新婚旅行もまだ37歳サーヤの「おめでた」はいつか / 新宮ご誕生で「皇室」はどうなる 瀬戸内寂聴・片山さつき・中西輝政・柴門ふみ・篠沢秀夫・室井佑月・岸田秀・鹿島茂>表紙・目次
FRIDAYフライデー 2006年9月22日号<「孤立する皇太子と雅子妃」兄弟確執は深刻化の危惧>表紙
週刊ポスト 2006年9月22日号<男子誕生で急転する天皇家兄弟 皇太子・秋篠宮の宿命 ●母・美智子皇后、雅子妃の心中は… 「新宮に帝王学」「愛子内親王は降嫁」「両家の予算配分」ほか>表紙
女性自身 2006年9月26日号<祝特集グラフ 紀子さま(40)男の子は重たいですね 友人・恩師語るご一家の素顔 殿下“安産”祈った沖縄聖地 / 雅子さま(42)“第二子”の新たな夢を… 愛子さま(4)「将来」思い“3つの選択”>表紙
週刊女性 2006年9月26日号<決まりかけた“愛子さま天皇”はなぜ消えたか>表紙
週刊女性 2006年9月26日号<紀子さま 41年ぶりの親王ご出産 コウノトリと喜び舞う それぞれの9月6日>モノクログラビア
週刊女性 2006年9月26日号<決まりかけた“愛子さま天皇”はなぜ消えたか>記事
2006年9月13日 山形県と秋田県にまたがる鳥海山を登山する皇太子ら一行、天候急変のため登頂は断念した
2006年9月13日 山形・秋田県境の鳥海山に登る皇太子、天候急変のため登頂果たせず
週刊新潮 2006年9月21日号<これからどうなる「皇太子と雅子妃」20の謎>目次・記事一部
「あまり、おおっぴらには言えませんが」
 と前置きして、ある民放の幹部が解説してくれた。
「雅子さまとの”コミュニケーション”の一環として、皇室担当記者は、愛子さまの誕生日にプレゼントをお贈りするといったこともしています。もちろん、何千円というケチな金額では済みませんよ。(以下略)」
週刊文春 2006年9月21日号<秋篠宮家に財政的サポートを 片山さつき 衆議院議員>記事
2006年9月18日 皇太子トンガ訪問出発の東宮御所玄関前お見送り、両手を掴まれ激しく身体をくねらせる愛子、そして雅子のツボ押し
2006年9月18日 皇太子トンガ訪問出発の東宮御所玄関前お見送り、徳仁と雅子に両側からがっちり両手を掴まれてお出ましの愛子
2006年9月18日 徳仁と雅子に両側からがっちり両手を掴まれて落ち着きなく身体をくねらせる愛子
2006年9月18日 両側からがっちり両手を掴まれて、まるでダンスでも踊っているかのような奇妙な格好で身体をくねらせる愛子
2006年9月18日 皇太子の乗った車を手を振り見送る愛子だが、その視線と顔の向きが車の移動と……
2006年9月18日 皇太子の乗った車を手を振り見送る愛子。もう一方の手をがっちり握り込みニラニラ笑顔の雅子
2006年9月18日 愛子の手を握る雅子の手と愛子のお手振りとの関係についてツボ押し
2006年9月18日 東宮御所玄関前お見送りの雅子と足をクロスさせている愛子(Getty images)
2006年9月18日 皇太子の乗った車を見送りを終えた後の雅子と足首が交差した立ち姿の愛子シャネル足
2006年9月18日 皇太子の乗った車を見送りを終えた後の雅子と、まっすぐ立てず足首が交差していく瞬間の愛子gif動画
2006年9月19日 トンガの首都ヌクアロファにて国王タウファアハウ・ツポウ4世の葬儀に参列、ツポウ5世と握手する徳仁 / 同ロゴ無し画像
2006年9月19日 トンガの首都ヌクアロファにて、国王タウファアハウ・ツポウ4世の葬儀に参列、花輪を捧げる徳仁
2006年9月19日 トンガの首都ヌクアロファにて、故・国王タウファアハウ・ツポウ4世の未亡人ハラエヴァル・マタアホ(Halaevalu Mata'aho)王妃に語りかける徳仁
2006年9月19日 トンガの首都ヌクアロファにて、ツポウ5世の母マタアホ王妃、ツポウ5世、英国グロスター公爵夫妻らと、ツポウ4世の葬儀に参列する徳仁
2006年9月19日 トンガの首都ヌクアロファにて、マラエクラ墓地に到着、薄ら笑いを浮かべながら参列者の前を歩く徳仁
週刊現代 2006年9月23日号<総力ワイド全16ページ(祝)41年ぶりの皇室男児出産/独占独白 最愛の伯母「おめでとう!私たちの紀子ちゃん」 / 姑美智子皇后、兄嫁雅子妃、紀子妃のこれから / うつ病報じた『タイムズ』東京支局長直言 / フォトドキュメント今上天皇ほか親王誕生、その時日本は…>表紙
週刊現代 2006年9月23号<祝・親王誕生 独占独白伯母佐藤豊子さん「おめでとう!私たちの紀子ちゃん」 秘話満載!思い出の山荘で、もっとも親しかった“おばちゃま”がすべて語った / 男児出産でも決着しない宮廷の暗闘劇第二幕 姑美智子皇后、兄嫁雅子妃、紀子妃のこれから / 雅子妃は懐妊をあきらめない>全5ページ記事
週刊現代 2006年9月23号<祝グラフ 9・6ドキュメント「41年ぶりの男児誕生」>モノクログラビアその1 / モノクログラビアその2 / モノクログラビアその3 / モノクログラビアその4
週刊現代 2006年9月23号<祝グラフ 9・6ドキュメント「41年ぶりの男児誕生」>全4ページモノクログラビア
週刊新潮 2006年9月28日号<「やはり皇太子に皇統を継がせたい」と漏らされた美智子皇后のご心痛>目次
週刊文春 2006年9月28日号<あなたは雅子さま派、紀子さま派? 主婦1000人アンケート / サーヤもご懐妊?紀子さまご出産直後に「極秘入院」していた黒田清子さん>記事
女性セブン 2006年9月28日号<祝親王さまご誕生 お父さまとお母さまの思い出ショット 悠仁さまに早く会いたい 小さいころから社会性をーそれが紀子さま流 / 秋篠宮妃紀子さま 両陛下感極まって… 弟宮家での前例なき悠仁さま天皇への子育て 皇后美智子さま白いベビー靴に託された思い 愛子さまと新宮さまとの微妙な関係>表紙
女性セブン 2006年9月28日号<弟宮家での前例なき悠仁さま天皇への子育て 皇后美智子さま白いベビー靴に託された思い 愛子さまと新宮さまとの微妙な関係>記事
週刊朝日 2006年9月29日号<雅子さまと愛子さま 増えてきた「笑顔と外出」>表紙
2006年9月25日 元チッソ社長であり雅子母方祖父の江頭豊死去で小和田家を弔問する徳仁・雅子・愛子の3人 / 同高解像度画像(Getty images)
2006年9月25日 江頭豊死去による弔問、愛子の手を取ろうとした雅子の手を振り切って、父親徳仁の手を求める愛子
2006年9月27日 江頭豊葬儀に参列、関係者の出迎えを受ける東宮夫妻
2006年9月27日 江頭豊葬儀に出席の皇太子夫妻、皇太子は薄笑いを浮かべているような表情
2006年9月27日 江頭豊葬儀に出席の雅子の表情アップ
2006年9月27日 江頭豊葬儀TVニュースからの連結画像、「天皇皇后両陛下」からの供物と、「皇太子皇太子妃両殿下」からの白菊供花、「秋篠宮」からの供花画像あり神饌料
WiLL 2006年11月号<オランダ人記者匿名座談会 オランダ女王を袖にした雅子妃>表紙・目次
WiLL 2006年11月号<オランダ人記者匿名座談会 オランダ女王を袖にした雅子妃>記事
WiLL 2006年11月号<オランダ人記者匿名座談会 オランダ女王を袖にした雅子妃>ベアトリクス女王ヨットクルーズドタキャンについての記事部分ドタキャン
『美智子與雅子:日本民間女入宮秘辛(美智子と雅子:日本の民間女性が入内することの秘密)』齊濤(著)、台灣商務印書館、2006年10月初版(改訂版2008年2月)発行 表紙
週刊ポスト 2006年9月29日号<雅子妃「紀子妃・悠仁親王への見舞いが遅い」の大波紋>表紙
週刊現代 2006年9月30日号<悠仁親王誕生は「皇室の危機」の序曲 皇太子VS.秋篠宮“兄弟の力学”>表紙
週刊女性 2006年10月3日号<『愛育病院』ご退院、はじめまして、悠仁さま / 紀子さま悠仁さまご出産で─心がかりな雅子さまの見えてこないご胸中とお立場 お見舞い直前に『ディズニー・アート展』へ>表紙・目次
週刊女性 2006年10月3日号<紀子さま 悠仁さまご出産で─心がかりな雅子さまの〈見えてこない〉ご胸中とお立場 お見舞い直前に『ディズニー・アート展』へ>記事
女性自身 2006年10月3日号<紀子さま悠仁さまご退院の喜び / サーヤ思い出の柿の木坂幼稚園廃園?? / 雅子さま連日外出「お心」に余裕で 殿下「弟宮と歩み寄り」新展開>表紙
サンデー毎日 2006年10月1日号<「長く久しく」悠仁さま健やかに>カラーグラビア
サンデー毎日 2006年10月1日号<祝!新宮さま命名 悠仁さまは美智子さまの“祖母力”で育てる! 異例中の異例「ベビー靴の花かご」 / 紀子さまの伯母が贈った子守唄「夢のお国」 / 「皇太子さまと秋篠宮さま」公務“逆転”の裏事情 / 悠仁さまと愛子さまが「相撲」を取られる日>記事
週刊朝日 2006年10月6日号<「また海外に行きたい…」雅子さまご発言に宮内庁困惑>表紙
週刊ポスト 2006年10月6日号<天皇・皇后が“急遽”主賓 紀子妃欠席、雅子妃出席「親王誕生祝い(宮中夕食会)」の(ファミリー)構図>表紙
週刊女性 2006年10月10日号<悠仁さま誕生で、どうなる? 両陛下と愛子さまの微妙な“距離” / 皇太子さまトンガへ 愛子さま玄関先で手を振って>表紙・目次
女性自身 2006年10月10日号<雅子さま 殿下が明かした劇的「ご回復」「ベルギーご静養」案急浮上>表紙
週刊文春 2006年10月5日号<「雅子さま第二子」皇太子の意味深長なご発言>記事
 だが、その一週間後に訃報が飛び込んできた。二十四日未明、雅子さまの母方の祖父・江頭豊氏が他界したのだ(享年九十八)。・・中略・・
 江頭家近隣の主婦が話す。
「(豊さんは)油絵がお上手で、個展を開かれたこともあります。すばらしい風景画をいくつも拝見したことがありますが、雅子さまが皇室に入られてから、雅子さまの写真を見ながら、肖像画を描かれたこともあるそうです。お元気な頃はご夫婦で東宮御所へお呼ばれして、雅子さまにお会いになるのを何よりも楽しみにしておられました。ご成婚直後は雅子さまの映っている番組を録画して、何度もご覧になったり。愛子さまが初めてお里帰りされたときも家族全員でお迎えして、本当に嬉しそうでした」
女性セブン 2006年10月12日号<享年98祖父江頭豊さん死去 皇太子妃雅子さま 誰もいなくなったご実家 段ボールいっぱいのマーちゃんの記事 / いま明かす ふたりのプリンセスの宿命>表紙・目次チッソ

2006年10月編集

週刊女性 2006年10月17日号<雅子さま 9月27日 祖父江頭豊さん(享年98)葬儀に参列 思い出胸に最後の別れ>モノクログラビア記事チッソ
週刊女性 2006年10月17日号<祖父・江頭豊さん死去に続き 雅子さまに影を落とす小和田家と皇室の溝!>記事
女性自身 2006年10月17日号<雅子さま「祖父と軽井沢」の“夢”叶わず 愛子さま最後に送った「歌声」 ―「マーちゃん」ビデオを毎週末楽しみに…故・江頭豊さんの今だから明かせる“愛情秘話”―>表紙チッソ
女性自身 2006年10月17日号<雅子さま「祖父と軽井沢」の“夢”叶わず 愛子さま最後に送った「歌声」 ―「マーちゃん」ビデオを毎週末楽しみに…故・江頭豊さんの今だから明かせる“愛情秘話”―>目次
2006年10月4日 江頭豊喪中、両陛下へのご挨拶に向かう車中でお手振りする雅子左手
ttp://img81.imageshack.us/my.php?image=20061004jz9.jpg 2006年10月4日 河川・水運「水」研究がライフワークで、隅田川や東京港など東京のウォーターフロントを水上バスで視察する皇太子]
週刊ポスト 2006年10月20日号<苦難のプリンセス 学習院側の「撮影OK」に東宮職も緊迫!雅子妃「喪中の運動会」でカメラ解禁の大波紋>表紙
女性セブン 2006年10月19日号<皇太子妃雅子さま「まっすぐ帰らない」に学習院ママたちの風当たり>表紙・目次
2006年10月8日 愛子学習院幼稚園運動会、大玉ころがしで馬鹿笑いの皇太子夫妻
2006年10月8日 学習院幼稚園運動会大玉ころがし / 同 別画像
2006年10月8日 学習院幼稚園運動会で走る愛子、左手人差し指だけが何故か真っ直ぐ伸びている
2006年10月8日 幼稚園運動会、走る愛子別画像
2006年10月8日 幼稚園運動会、大笑いの徳仁白黒画像
2006年10月8日 幼稚園運動会、雅子の表情大きめ画像、右目だけが三重まぶたの明らかな変わりようであるアイプチ
2006年10月8日 幼稚園運動会、大笑い東宮夫妻の別画像
2006年10月8日 幼稚園運動会、雅子の隣に派手な顔をした結構な美人が座る
文藝春秋2006年11月号<皇后美智子さまとの対話―人がいまだ歩まぬ道を―(小池政行)>記事その1 / その2 / その3 / その4
「結婚の相手は皇太子自身が決めたこと」赤十字教授が伺った家族のこと、国民への想い
女性自身 2006年10月24日号<愛子さま幼稚園初めての運動会で、母娘揃って「大玉ころがし」の笑顔を― 雅子さまいまだ消えぬ“第二子”の重圧に殿下お顔しかめた「複雑なご心境」>表紙
週刊女性 2006年10月24日号<雅子さま11月山口県ご公務復帰の正念場で 皇太子さま極限の苦悩>表紙復帰
週刊文春 2006年10月19日号<愛子さま運動会詳報「鳩ポッポ体操」から「フラフープリレー」まで>表紙・目次
女性セブン 2006年10月26日号<愛子さま初運動会 どちらも頑張りました>カラーグラビア
女性セブン 2006年10月26日号<雅子さま困惑はじめての運動会 愛子さま「ママがいないと・・・」>記事
2006年10月14日 幼稚園の行事として学習院初等科運動会見学に来た愛子と、パンツスーツ姿でバッチリカメラ目線を決める雅子。自分たちが主役でもないのにちゃっかりその場面を撮らせるべくマスコミカメラを呼びよせ一部で問題視されたものである。右の拡大画像では、雅子のパンツ左腿にシミができているのを確認できるロケ
2006年10月14日 学習院初等科運動会見学に向かう場面ロケ撮影の雅子&愛子、雅子は顔と尻を突き出した格好。量が多い髪の毛をきちんとセットしておらず、もじゃっとしている状態である。
2006年10月14日 学習院初等科運動会見学に来た雅子と、6年生佳子さまご参観にいらした秋篠宮紀子妃殿下。これは運動会最中の隠し撮りが女性誌グラビアに掲載されたものである
2006年10月14日 学習院初等科運動会にお成りの紀子妃殿下と、運動会見学に来た雅子(後ろ姿)
女性自身 2006年10月31日号<地方「ご公務」再び断念!愛子さま(4)「友達の輪に入れない」 雅子さま(42)のご心配>表紙
週刊女性 2006年10月31日号<新たな皇室危機!お世継ぎ問題が「愛子さま・悠仁さま問題」になる>表紙
ttp://img253.imageshack.us/my.php?image=20061018hf7.jpg 2006年10月18日 埼玉県江南町に学習院幼稚園遠足芋掘りの雅子と愛子]
週刊文春 2006年10月26日号<雅子さま またも地方公務「キャンセル」で年内復帰なし 運動会では満面の笑顔も一転して体調不良に…>表紙・目次ドタキャン】【復帰
女性セブン 2006年11月2日号<皇太子妃雅子さまお悩み救う超敏感肌向け化粧水>表紙・目次
女性セブン 2006年11月9日号<雅子さま 愛子さま 秋の遠足でお芋掘りへ 足元からワクワク / 愛子さまは直前中止 雅子さま 皇后美智子さまお誕生日祝い欠席の裏に 宮内庁内対立>カラーグラビア・記事ドタキャン
2006年10月26日 第58回正倉院展閉館後見学公務のため奈良県訪問、駅構内を歩きながらお手振りする雅子と徳仁
2006年10月26日 奈良県訪問、第58回正倉院展閉館後見学公務する顔の染みがすごいことになっている雅子。案内の学芸員に「これは中国の犬ですか?」などとも質問も(POLFOTO)これは中国の犬ですか
2006年10月26日 第58回正倉院展閉館後見学の東宮夫妻、目を見開いて顔を突き出す徳仁、横目で笑う雅子
2006年10月26日 第58回正倉院展閉館後見学の夫妻、横から見た雅子のもじゃもじゃヘアスタイルの後ろ髪がぴょんとはねている
2006年10月26日 雅子が第58回正倉院展に来たことについて号外を出す読売新聞(当展の特別協力として読売新聞社が社名を出している)
2006年10月26日 奈良でナンチャッテ公務した後、京都御所へ向かう徳仁雅子。撮影したのは外人観光客と思われる

2006年10月28日 2006年ノーベル平和賞受賞者であるバングラデシュの経済学者ムハマド・ユヌス氏が来日、広島原爆慰霊碑に献花する花輪を抱えて移動中その後ろで関係者と談笑している小和田恒(gettyimages, Date Created: 28 Oct 2006 12:00AM)
ttp://media.gettyimages.com/photos/hiroshima-japan-2006-nobel-peace-prize-winner-and-founder-of-the-picture-id72288072
2006年10月28日 広島市原爆ドームを背景に、2006年ノーベル平和賞受賞者であるバングラデシュの経済学者・グラミン銀行のムハマド・ユヌス氏と同じ紅白花輪を首にかけ並んで記念撮影する小和田恒と優美子ら。シャツの襟立てに優美子なりの拘りがあるらしい光景
週刊ポスト 2006年11月10日号<ロイヤルファミリーで祝う「美智子皇后誕生会10.20」に おふたりの姿だけがなく……「愛子さまも欠席」で囁かれる雅子妃の覚悟>表紙
週刊ポスト 2006年11月10日号<ロイヤルファミリーで祝う「美智子皇后誕生会10.20」に おふたりの姿だけがなく……「愛子さまも欠席」で囁かれる雅子妃の覚悟>記事決意
 実はこの日、皇后の「誕生日の行事」を欠席したのは雅子妃だけではなかった。誕生したばかりの悠仁さまを除くロイヤルファミリーが久々に顔を揃えたなかで、愛子さまの姿もなかったのである。
 19日の野村東宮大夫の会見で、「公式祝賀行事には皇太子殿下と愛子さまは出席する」と発表されていたにもかかわらず、当日になって突然キャンセルされた。
「理由を質問したところ、東宮サイドはすぐには答えられず、2時間後に『愛子さまは幼稚園での疲れがお出になった と説明をした。しかし、これにはみんな首を捻りました」(皇室記者)
 なぜなら、愛子さまは皇后の誕生日当日も元気な姿で幼稚園に登園していたからだ。
 10月14日、秋篠宮家の二女・佳子さまが通う学習院初等科の運動会が開かれた。プログラムの中に幼稚園年長組による遊戯もあったため、愛子さまら年少組の園児も見学や応援に参加した。
 保護者のひとりが語る。
「運動会での愛子さまの様子が他の園児たちと少し違って見えました。小学4年生の短距離走が行われた時、園児席の他の子供たちはきちんと座っていたのに、愛子さまを含めた3人の園児だけが立ち上がっていたんです」
 雅子妃が保護者席に座っており、隣にいないため落ち着きをなくしているのではと受け取る保護者もいた。
 周囲にうまく溶け込めない様子は、18日の親子遠足でも見受けられた。
「雅子さまと愛子さまだけが他の園児や保護者から離れ、ふたりきりで芋掘りをしていました。他の子供たちは一緒にはしゃいでいたのに、なんだか寂しそうに見えました」(参加した保護者)

2006年11月編集

週刊文春 2006年11月9日号<雅子さま「お出かけの法則」3年ぶりの「リハビリ公務」 雅子さまが品川駅で消えた!>表紙・目次
週刊文春 2006年11月9日号<雅子さま「お出かけの法則」3年ぶりの「リハビリ公務」雅子さまが品川駅で消えた!>記事ゴキブリ
2006年11月2日 山口県行啓、宇部蒲鉾工場見学の徳仁
2006年11月4日 山口県行啓、防府市中関幼稚園ご覧の徳仁
女性セブン 2006年11月16日号<20年の長きにわたり皇室に仕え、両陛下からの絶大なる信頼を得た「恩人」「皇太子ご夫妻案じ…」育ての親浜尾実さん無念の死 / 皇太子妃雅子さま約3年ぶりのお泊まりご公務再スタートのほほえみ>表紙・目次浜尾実
2006年11月6日 皇居宮殿・連翠の間にて文化勲章受章者と文化功労者を招いた茶会、俳優の高倉健さんと歓談する徳仁

2006年11月7日愛子着袴の儀習礼、11日着袴の儀当日東宮御所車寄せ前にて謎のピンクイエロー装束を着せられた愛子が舌べろれろれろ表情を全国放送で披露編集

女性自身 2006年11月21日号<3年ぶりの「ようこそいらっしゃいました!」雅子さま“覚悟”の「園遊会欠席」に秘めた「完全ご回復」への誓い>表紙復帰】【決意
2006年11月7日 ハクションさん&福迫美樹子女史の着付けで「着袴の儀」習礼=リハーサルの愛子(11/11の本番と紛らわしい形でニュースにされている)ハクションさん】【福迫美樹子】【着袴の儀
2006年11月7日 着袴の儀習礼(リハーサル)、ハクションさん(手前)と福迫美樹子出仕(奥)に装束の着付けをされる愛子大きめ画像
2006年11月7日 習礼での養育担当出仕・福迫美樹子女史福迫美樹子
2006年11月7日 習礼で装束の着付けをされた愛子、この画像の「濃い紫色の袴と赤い袿(うちき)」は両陛下から贈られたものだが、本番当日である11日東宮御所玄関前で披露したピンク色衣装は両陛下とは関係なし
2006年11月7日 習礼で装束の着付けをされる愛子、まるで何も理解していないかのような愛子の目線、表情に注目
2006年11月7日 習礼にて「深海のコンブ?」「ゴルフのスイング?」と評されるぐんにゃりお辞儀のような瞬間の愛子連結画像。衣装の重さと着慣れなさから膝の力が抜けた様子でもある
2006年11月7日 習礼での愛子アイプチ疑惑(?)画像、日テレにこにこアルバム動画よりアイプチ
週刊朝日 2006年11月17日号<雅子さま、皇太子さまが考えていた皇籍離脱>表紙
週刊朝日 2006年11月17日号<雅子さま、皇太子さまが考えていた皇籍離脱>中吊り
女性セブン 2006年11月23日号<ファーストレディーからプリンセスへ それは環境にもやさしい名産品。殿下は早速お買い求めに。皇太子妃雅子さまへ昭恵さんが皇太子さまに託した“日本一”の贈り物>表紙・目次
2006年11月9日 秋の園遊会、雅子は相変わらず欠席
2006年11月11日 着袴の儀の当日東宮御所玄関前の皇太子一家、愛子は謎過ぎる蛍光ピンク色の装束着袴の儀
2006年11月11日 お口が開いてる愛子と、笑ってごまかしているかのような表情の雅子
2006年11月11日 お口が開いてる愛子、また雅子のジャケット袖口折り返しがはっきり確認できる袖口折り返し
2006年11月11日 東宮御所玄関前にてマスコミ撮影中、れろんと舌を出す愛子顔部分切り抜き画像
2006年11月11日 東宮御所玄関前マスコミ撮影の場で、舌をレロレロさせる蛍光ピンク色謎装束姿の愛子gif動画(2006年11月11日NHK NEWS 7より)
2006年11月11日 謎のピンク装束姿で東宮御所玄関前にて、口と舌をれろれろさせる愛子少し大きめgif動画(夜7時のNHK NEWS 7より)
2006年11月11日 お口をちょっと尖らせて小鼻が膨らんだ表情の愛子
2006年11月11日 雅子を見上げる愛子、珍しく母親と目線が合っていると話題になった姿である
2006年11月11日 その一方顔を近づける雅子を、視線も合わせず避ける愛子の姿も
2006年11月11日 顔を近づける雅子の視線を避け、横目で反対方向をにらんでいる愛子
2006年11月11日 玄関前にてくるりと後ろを向きさっさと屋内に戻ろうとする愛子と、それを押しとどめるポーズの雅子
2006年11月11日 玄関前にて、くるりと後ろを向き、さっさと屋内に戻ろうとする愛子と、それを笑って誤魔化しながら押しとどめようとする雅子と徳仁
参考画像:2011年11月3日秋篠宮家悠仁殿下「着袴の儀」「深曽木の儀」後のご一家画像、女性お三方は和服をお召し/2006年11月11日東宮御所玄関前の東宮一家、ただのスーツ姿の雅子
着袴の儀お昼のニュース http://www.youtube.com/watch?v=UAD6FvdRqN4
着袴の儀夕方のニュース http://www.youtube.com/watch?v=oLl6N198Sis補助輪付き自転車

週刊現代 2006年11月25日号<独占リポート ありがとう殿下、ありがとう愛子さま 雅子妃「私の本当の気持ち」(友納尚子)>表紙
週刊現代 2006年11月25日号<独占リポート ありがとう殿下、ありがとう愛子さま 雅子妃「私の本当の気持ち」>友納尚子署名記事友納尚子
週刊現代当号は2006年11月13日(月)発売。発売前日12日(日)愛子着袴の儀内祝の様子を描写している、お馬鹿な友納尚子捏造記事である。
参考:皇后さまと子どもたち 毎日新聞社(2008年)における、着袴の儀のため贈られた扇が掲載されない愛子、代わりに犬張子写真使用着袴の儀女性自身 2006年11月28日号<愛子さま初のおひとり「宮中祭祀」雅子さま七五三祝いで母の輝く笑顔 / 黒田清子さん結婚1周年突っぱり棒510円やりくり生活>表紙
女性セブン 2006年11月30日・12月7日号<着袴の儀 お宮参り 愛子さま 悠仁さま ごきげんの秋>表紙・目次着袴の儀
2006年11月17日 学習院幼稚園多摩動物園遠足、雅子に手を引かれお口プップクプーな愛子。雅子が縫いぐるみや絵本など売店での買い物(合計22,106円)内容も紹介
2006年11月17日 学習院幼稚園多摩動物園遠足、お口がぽっかり開いてしまっている愛子
2006年11月17日 学習院幼稚園多摩動物園遠足、園児ママたちと一緒の雅子白黒グラビア、白コートが“柔道着”っぽいと話題に柔道着
2006年11月17日 学習院幼稚園多摩動物園遠足、白コートの雅子に手を引かれて歩く愛子(Getty images) / 同別ショット(Getty images)
2006年11月17日 学習院幼稚園多摩動物園遠足、白コートの雅子に手を引かれて歩く愛子(魚拓)
サイゾー 2006年12月号<【第2特集】天皇家をめぐる2600年バトル ●〈雅子妃批判のカラクリ〉国民的人気は高いのに、批判報道を受け続ける雅子妃。皇室報道はいかにして生まれるのか? ●〈近代史で見る、天皇家の存在意義〉文明開化以降、「皇室のあり方」についてさまざまな論争が後を絶たないが、その論点はどこに? ●〈歴史で探る天皇家の正体〉有史以前、“神”としてあがめられていた天皇に、物乞い説浮上!?ほか>表紙
『週刊ポスト』2006年11月24日号<【内幕】「紀子妃公務復帰」の一方で、園遊会ほか「欠席」続き 雅子妃「両陛下とは会わずに実父と面会」で緊迫!>記事国連大学】【小和田恒
週刊ポスト 2006年11月24日号<【内幕】「紀子妃公務復帰」の一方で、園遊会ほか「欠席」続き 雅子妃「両陛下とは会わずに実父と面会」で緊迫!>記事中掲載の雅子アップ画像
週刊朝日 2006年11月24日号<国民に明かされていない本当のご病状>記事
週刊朝日 2006年11月24日号<元東京特派員が書いた『プリンセス・マサコ の衝撃>記事【<便本
女性セブン 2006年12月2日号<5才のお誕生日??愛子さま(5)「ポニーの笑顔」プロデュースは秋篠宮妃紀子さま(40)>表紙
週刊女性 2006年12月5日号<雅子さま&愛子さま お手々をぎゅっとつないで園外保育・多摩動物公園へ / 『愛ちゃん・悠ちゃん』で開かれた皇室を!“危機”を乗り越えるチャンス>表紙
女性自身 2006年12月5日号<小和田優美子さんが初めて語った雅子さま3年目本当の「ご病状」母の思い>表紙小和田優美子
週刊女性 2006年12月12日号<「私も出ましょう」雅子さま“ご歓談”へ復調の兆し!>表紙・記事復帰】【ドタ出】【居眠り】【ライフワーク
2006年11月29日 東京・小平市のブリヂストン東京工場と技術センターを見学する徳仁、無理やり押し込んだ公務と言われる

2006年12月編集

女性セブン 2006年12月14日号<激務続く両陛下 皇太子さま果たせぬ責務 秋篠宮妃紀子さまの決意>表紙・目次
2006年12月1日 愛子5歳誕生日発表映像(11月24日撮影)、ピンクのハンドルがついた鞍を使ってポニーに乗る愛子と傍らに東宮夫妻、そしてポニーの轡を持つインストラクターの男性(撮影当日ポニー2頭と一緒に区立代々木ポニー公園からレンタルされた)
2006年12月1日 ピンクハンドルを手にした愛子が乗っているポニーの轡とりを務める徳仁。馬の轡とりは本来下人の仕事である。
2006年12月1日 ピンクハンドルでポニーに乗る愛子表情集
2006年12月1日 ピンクハンドルのポニーの上で横目表情をしている愛子と、両脇につき従う東宮夫妻
2006年12月1日 愛子の手をとり、ポニーの顔を撫でさせる雅子
2006年12月1日 赤いハイネックセーター&紺色ジャケットで夫婦ペアルックな徳仁雅子、そして両親に手をつながれた愛子のズボンがまるで前後逆様の後ろ前みたいな画像
左:2006年12月1日 愛子5歳誕生日発表映像(11月24日撮影)より/右:12月9日雅子誕生日に発表された同じ日撮影の画像で「ズボンが前後ろ逆?」と物議を醸す後ろ前
2006年12月1日 愛子満5歳誕生日、両陛下へのご挨拶で皇居に向かう車中の皇太子一家、愛子お口半開き
女性自身 2006年12月19日号<祝5歳白馬に 雅子さまの愛子さま「言い聞かせ教育」>表紙
週刊女性 2006年12月19日号<お誕生日会見で心配再び「紀子さまご懐妊に電話1本だけ?」の(皇太子さま・秋篠宮さま)コミュニケーション>表紙いとこ
週刊文春 2006年12月14日号<雅子さま(43歳)「噂の全真相」闘病生活3年徹底取材 ▼雅子さまが誕生日に準備する長文の手記 ▼またも「晩餐会欠席なのに乗馬」に涙した東宮大夫 ▼秋篠宮家に対抗して「おゆうぎ部屋」を改築? ▼天皇皇后周辺が心配する「おじぎをしない愛子さま」 ▼愛子さま誕生日の夕食会は小和田家親族とちゃんこ鍋 ▼宮内庁が激怒した週刊朝日「皇籍離脱」見出しのウソ>表紙・目次しょっちゅう会ってるシリーズ】【ちゃんこの儀】【引き馬
週刊文春 2006年12月14日号<雅子さま「噂の全真相」闘病生活3年徹底取材>記事
またも「晩餐会欠席なのに乗馬」に涙した東宮大夫 / 天皇皇后周辺が心配する「おじぎをしない愛子さま」 / 愛子さま誕生日の夕食会は「【ちゃんこ鍋】」etc.

  • 2006年12月9日、雅子43歳誕生日発表感想として、同年9月6日秋篠宮家悠仁親王殿下誕生について「愛子のいとこが増えて嬉しい」文言発表

2006年12月9日 雅子43歳誕生日、両陛下へのご挨拶に皇居に参内する車中お手振り表情。40代前半にしては弛み過ぎな肌に注目
2006年12月9日 雅子43歳誕生日、ご挨拶に向かう車中お手振り別画像
女性自身 2006年12月12日号<天皇ご一家の「健康問題」に重なるご心労… 雅子さま“ご回復”も憂慮されてご友人に  美智子さま(72)がふと漏らされた雅子さま(42)への“自責の念”>表紙
週刊女性 2006年12月12日号<「私も出ましょう」雅子さま“ご歓談”へ復調の兆し!(取材・文:野中恭太郎)>表紙・記事ドタ出】【居眠り】【ライフワーク
2006年12月13日 宮内庁職員組合文化祭に出品された皇太子と雅子撮影の写真作品と、愛子による色付き紙粘土工作の写真立てと宝箱連結画像宮内庁職員組合文化祭
2006年12月13日 宮内庁職員組合文化祭に出品された愛子作「紙粘土 宝箱と写真立て~葉山でお拾いになられた貝がらを使って~お写真は今夏愛子内親王が那須でお撮りになられたものでございます。」
2006年12月13日 宮内庁職員組合文化祭に出品された愛子による撮影「白百合に止まるトンボの写真」トンボと白百合の写真
俳句朝日 2007年1月号 (2006/12/14発売)<カラー/おすこやか 悠仁さま 愛子さま>表紙
女性セブン 2006年12月28・2007年1月1日号<皇太子妃雅子さま誕生日文書1日遅れの波紋>表紙
女性セブン 2006年12月28日・2007年1月1日号<皇太子妃雅子さま誕生日文書1日遅れの波紋>記事

2006年12月14日、新年ご一家映像撮影会。前年のこともあり千代田側から東宮側へ『今年は(福迫美樹子出仕の同席は)だめだと事前にきつく伝えられていたのに、東宮側はやはり福迫を同伴。呆れた天皇陛下が「もうしょうがないね」と仰る事件発生編集

2006年12月14日 新年発表用映像撮影と夕食会のため皇居参内の東宮一家。車窓からニラニラ左手お手振り雅子と、お口ぽかん表情愛子。徳仁はほとんど写らず(週刊女性2007年1月2・9日号グラビア)左手
週刊現代 2006年12月23日号<そのとき美智子皇后は… 雅子妃43歳の誕生日に「男子出産の決意」>表紙・目次決意
週刊新潮 2006年12月21日号<特集「カメラにピリピリ」「写真注文者もチェック!」学習院を揺るがす雅子さま「写真流出」事件>記事カメコ
週刊女性 2007年1月1日号お正月準備の特大号<「公務をしない」雅子さまの真相 乗馬、ジュエリー展や音楽会へのお出かけばかり…のなぜ?>表紙
週刊女性 2007年1月2・9日合併号<ご静養3年目を振り返る 雅子さま“自分らしさ”へのこだわりと“皇室の壁”>表紙
女性自身 2007年1月2・9日合併号<児童養護施設へXマス祝いを!雅子さま子供に囲まれ…心に決めた「単独公務」への道>表紙
女性セブン 2007年1月4・11日号<「皇太子妃雅子さま(43)は今朝もお出ましにならず」続く体調不良。続く体調不良。皇太子さま(46)はたったひとり朝の食卓で待ち続けていらっしゃる――強き絆に…>表紙食卓
週刊文春 2007年1月4・11日号<天皇皇后と雅子さま「埋まらぬ距離」知られざる宮内庁幹部の対立>記事ドタキャン】【ドタ出
AERAアエラ 2007年1月1・8日号<雅子「皇后」という茨の道 美智子さまという重圧 養蚕も率先する美智子さまと神道も英語で勉強した雅子さま/存在 陛下の眠れぬ夜「宙に浮かぶ皇室」>記事同日シリーズ】【翌日シリーズ
2006年12月23日 天皇陛下誕生日一般参賀に午前中2回参加、離れた場所に設置されているはずのカメラに向かってばっちりカメラ目線、横目表情で天皇陛下と皇太子の後ろを通過する雅子
2006年12月23日 天皇誕生日一般参賀、白ドレスに引っくり返した寸胴鍋みたいな帽子の雅子
2006年12月23日 天皇誕生日一般参賀、白ドレスに引っくり返した寸胴鍋みたいな帽子の雅子海外配信画像
2006年12月23日 天皇陛下誕生日午後の祝賀ご挨拶に上がる愛子とハクションさんと皇太子、なお雅子は欠席
2006年12月23日 天皇陛下誕生日午後の祝賀ご挨拶参内車中、お口が開いてる愛子
2006年12月23日 天皇陛下誕生日夕食会に出席の皇太子夫妻と秋篠宮両殿下
ttp://img517.imageshack.us/my.php?image=20061227ukl2284096yb0.jpg 2006年12月27日 両陛下主催の昼食会出席で皇居に向かう皇太子夫妻、左手振りの雅子]【左手

2006年12月28日 皇居での恒例お餅つきに向かう車内の徳仁と愛子。雅子は体調不良を訴え1時間遅刻して参加 / 同別ショット高解像度画像(Gettyimages)
2006年12月28日 皇居お餅つき参内車中の徳仁と愛子大画像
2006年12月28日 皇居お餅つき参内、車中の徳仁と愛子とハクションさん女官高解像度画像(Gettyimages)ハクションさん
2006年12月28日 皇居お餅つき参内車中の徳仁と愛子白黒画像 / 同画像カラーバージョン
中日新聞 2006年12月29日<愛子さまら、もちつき>画像入り記事、28日年末恒例御所餅つきに向かう移動車内の徳仁愛子の親子真ん丸顔画像、「皇太子妃雅子さまは体調不良のため、後から加わった」ということで雅子は画像に写っていない

女性セブン 2007年1月18・25合併号<天皇ご一家 「家族の肖像」>カラーグラビア
女性セブン 2007年1月18・25合併号<25年来の家政婦決意の告白 雅子さま(43)苦しみの背景――私の不安は的中した!外交官一家は家族の団欒とは無縁だった>表紙・記事その1 / 記事その2
週刊新潮 2007年1月4・11日新年特大号<特集 かくも色濃い「皇室の憂愁」>記事正直私もかないません】【大野裕】【私、皇太子妃を辞めます
pp.30-31より引用
 また、殿下は、愛子さまについても心配されているという見方もある。
愛子さまは、極めてお小さい頃から、触られることを異常なほど嫌がる感覚過敏の様子が見られます。また、健康的な笑顔が少なく、感情の表し方に不自然な点が見られます。殿下が、愛子さまが大相撲の力士の下の名前や出身地まで諳んじていることを披露されたことがありましたが、ご自分の興味のある部分に対する“機械的記憶力”に優れているという特徴もお持ちです。一方では、お遊戯でも他の園児よりアクションのテンポが一つずつ遅れている。親というのは、そういう細かなことが気にかかるものですから、殿下もご心配なのではないでしょうか」(宮内庁関係者)
 ある皇室ジャーナリストがいう。
「殿下のご心配は絶えることがありません。03年12月には公務から離れられた雅子妃は精神状態が不安定な日々が続き、軽井沢の別荘で静養されていた時には、別荘の外にまで聞こえる大きな声で叫んでおられることもありました。04年5月の人格否定発言の前には、思い悩まれた殿下がが、両陛下と紀宮さまとの4人だけの食事の席で、美智子皇后とお二人だけになった時、皇后の手をとって泣かれたこともあったそうです。その後、人格否定発言があり、また、雅子妃が東宮幹部に電話で“私、皇太子妃、やめます!”と叫んだこともあった。情緒が不安定で、両陛下は、腫れ物に触るように雅子妃に気を使ってこられたのです」
 その後、同年(補足:2004年)夏に大野裕・慶応大学教授が、雅子妃の主治医となり、
「それまでは、雅子妃ご自身が医師を探し、コミュニケーションがうまくはかれなくなれば、相談をやめてしまう、というようなことが続いていました。医師から処方されたアメリカの薬に不信感を抱き、アメリカ大使館に自ら電話を入れて効能を聞くということもあったそうです。しかし、大野教授が主治医になってからは、そういうこともなくなり、大野教授が“適応障害”と診断し、雅子妃と大野教授の意向によって、06年の8月にはオランダ静養も敢行されました。この直前、7月に那須での静養がありましたが、那須から帰京した際、オランダ静養を許可してもらったことに対するお礼も兼ねて挨拶に行かれればよかったと思いますが、ご夫妻はそれもされなかった。両陛下は寂しかったと思いますよ」(宮内庁関係者)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki