FANDOM


誕生日発表映像等で、雅子夫人が夫・徳仁皇太子や娘・敬宮愛子ちゃんとしていることが多いもの。格好さえ似せておけば仲良し風味に見えるという安易な発想に基づくものと考えられる。
雅子夫人には衣装ストーカー傾向があり、以前は公務で同席する女性皇族相手で見られた現象だが、公務をほとんどやらなくなった現在は家族がその対象になっているのかもしれない。
お揃いとは一見微笑ましく見えるが、中年を過ぎて年齢差・性別の見境無くおそろいにするのは非常に見苦しいものがある。

 

雅子・徳仁誕生日、静養移動での夫妻ペアルック画像詰め合わせ
 


雅子がペアルックに強い拘りを持つ原因には、「双子妹礼子節子が子供時代お揃い衣装を着ているのに三姉妹の中で自分一人だけ違う格好をしていることが多かった(後述)ため、疎外感を抱いていた?トラウマが働いているのでは?」という仮説もスレ住民奥様方から上げられている。

夫・娘とのペアルック雅子画像集編集

2005.12.1 愛子誕生日発表画像、カメラの向こう目掛けて走る愛子ちゃん、その後ろには紫色薄手ハイネックでペアルックの徳仁雅子。徳仁胸元にオパーイが認められることから、アルコールの飲み過ぎで肉付き過ぎ指摘も
2006.12.9 赤いハイネックセーター&紺色ジャケットで夫婦ペアルックな徳仁雅子、そして両親に手をつながれた愛子ちゃんのズボンがまるで前後逆様の後ろ前みたいな画像後ろ前
2007.12.9 雅子誕生日公式写真、「オリンピック入場行進衣装?」「夫婦漫才?」とも言われる夫妻ペアルック
2008.11.30 翌日愛子誕生日行事全中止ニュースと一緒にMSN産経が何故か1日早くに放出した誕生日公開用東宮一家画像(11/4撮影)、こちらも同上前日公開の愛子誕生日用写真、表情といい足首がくねっていることといいお察し状態の画像。ついに44歳母と7歳娘でマッコウ髪型と衣装がお揃いになってしまった、薄ら寒ささえ覚える光景である。

当画像について、世界のセレブニュースを扱うことでお馴染みのhellomagazineは「The shot shows Aiko, dressed in an identical outfit to that worn by her mum, helping take the family dogs for a walk in the grounds of the imperial palace in Tokyo.」と報じる。

2009.3.24 奥志賀スキー旅行に向かう長野駅前、雅子愛子の白コート&黒パンツスタイルがペアルック
2010.3.24 奥志賀スキー旅行に向かう長野駅前、雅子愛子が似た雰囲気のダウンコートにパンツスタイル。なおコート色は雅子がアイボリーで、愛子がごく淡いピンク
2012.12.9 雅子49歳誕生日発表画像、絵の前で立っている雅子と徳仁。夫妻揃ってのタートルニット姿と、徳仁の背丈演出のため明らかに後ろに下がっている雅子の立ち位置に注目(同月3日撮影)


麗しいペアルックの例編集

1987 夏 インターハイご臨席の皇太子(現:今上天皇)ご一家

美智子皇太子妃殿下と紀宮殿下、母娘で色調のみ統一

1996.8.2 白と青チェック・赤チェックの生地を切り替えたギャザースカートワンピース、色の配置は変えているが全体の雰囲気でペアルックな眞子&佳子両内親王殿下

『女性セブン』1996年8月22・29日号<眞子さま佳子さまペアルックの軽井沢>表紙

1996.11.30 秋篠宮殿下お誕生日公式写真、眞子佳子両内親王姉妹は白い丸襟ブラウス・赤系チェックプリーツスカートがお揃い。眞子殿下は白セーター、佳子殿下は白ボレロで少しニュアンスを変えている

『女性セブン』1996年12月19日号<御所のお庭を、きょうもペアルックでお散歩です>表紙

1997.11.30 秋篠宮殿下お誕生日公式写真、眞子佳子両内親王姉妹は白い丸襟ブラウス・紺色ジャンパースカート・赤色カーディガンでペアルック
1998.11.30 秋篠宮殿下お誕生日公式写真、眞子佳子両内親王姉妹は茶色系チェックワンピース?、白カーディガン、足元もお揃いペアルック
1999.11.30 秋篠宮殿下お誕生日公式写真、眞子佳子両内親王姉妹は白い丸襟ブラウス・青系チェックジャンパースカート・青色ボレロでペアルック
2000.11.30 秋篠宮殿下お誕生日公式写真、眞子佳子両内親王姉妹は白い丸襟ブラウス・青系チェックのボックスプリーツスカート。姉妹で紺色ジャケットの長さが異なる
2001年以降になると、秋篠宮殿下誕生日恒例ご一家写真における両内親王のファッションが大きく変化を見せるようになる。恐らく子供の成長に合わせて自主性を尊重し、着る物を選ばせるようになったと考えられる。

実際の画像は【photo_collection】から参照されたい。

2008.9.12 葉山ご静養にて、秋篠宮同妃両殿下と悠仁親王殿下(2歳)

シャツ・ブラウスのデザインはそれぞれ異なるが、縞柄で統一感を持たせている

2009.1.1 新年ご一家映像より、秋篠宮家の内親王方(17歳/14歳)

お二方ともスーツ姿だが色・素材・襟の形は異なっており、けしパールネックレスだけがお揃いになっている


雅子がいい年してペアルックに拘りだした原因か? 双子妹礼子&節子の子供時代ペアルック画像集編集

  • 1970年11月NYの1枚以外は、三姉妹の中で雅子一人だけペアルックの双子妹礼子&節子と違う格好をしている。
1969年 ニューヨーク郊外へドライブに行ったときの小和田雅子・礼子・節子
1969年12月9日 小和田雅子6歳誕生日、ロウソクのついたケーキを前にしている雅子礼子節子三姉妹、礼節姉妹はペアルックっぽい赤いチェックのジャンパースカート姿
1969年7月 グランドキャニオン観光の優美子・雅子・礼子・節子の記念写真
1970年7月 スイス旅行のホテルの庭にて現地で知り合った子供二人と双子の妹たちと一緒に、テーブルにカタツムリをいっぱい並べて遊ぶ雅子
1970年8月 マッターホルンハイキングで記念写真の小和田雅子礼子節子三姉妹、礼節姉妹はピンクのダブルボタンコートと緑色ズボンのペアルック
1970年11月 NYにて、お揃いの服(11月なのになぜか半袖)を着て写真撮影の小和田三姉妹

三姉妹お揃いの格好をしているのは、現在知られている画像ではこれ1枚のみである。

1971年? 軽井沢にて、お揃いボーダー柄服の双子妹礼子&節子と、箱ブランコで遊ぶ赤いワンピースに黒カーディガンの雅子
1971年11月 双子妹礼子と節子の七五三、妹たちはお揃いのパンタロンスーツで千歳飴の長い袋を手にしている。なおこの時点で1966年7月生まれの礼節は5歳、女児は3歳と7歳に祝いをするため頓珍漢なことになっている
1972年12月9日 9歳誕生日に自宅庭先で双子妹&友達と、自分の指を噛んでる雅子
1973年 宮島へ家族旅行、鳥居を背景に咆哮しながら跳びはねる雅子礼子節子三姉妹
1974年? 芝生のあるリゾート地を背景に撮影された小和田三姉妹、白いジャンパースカート雅子を挟んで双子妹礼子節子はお揃い紺色ワンピース姿
1974年12月31日 草津スキー場にて、頭を包む毛糸帽子を揃って被っている小和田三姉妹。雅子と双子妹で色違い
1976年7月 家族で長野県白馬岳に登山


編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki