Fandom

Dosuko Wiki

フンドシを締め直して

642このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

小和田雅子が発した、お上品とは言い難い言葉の一つ。

『小和田雅子さん素顔の29年』永井雄一、データハウス(1993年)
p.181より引用
(外務省入省後オックスフォードへ国費留学が決まって)
そして、この88年7月、外務省に入省したキャリア組の慣例通りに彼女は自分の希望で、イギリスのオックスフォード大学に留学に立つことになった。
その送別会が雙葉学園の旧友たちと渋谷のレストランで開かれた。
「イギリスは初めての国だから、どうしてもいってみたかったの。それにサイクリングでイギリス中を巡ってみたいな」
そんなことを雅子さんは友人に話していた。
会の終了間際、雅子さんが挨拶することになった。立ち上がった彼女は
「最近母から気が緩んでいると注意されました。イギリスに行ってからは、フンドシを締め直して勉強したいと思います。……でもイギリスにはフンドシは売っていないから、買っていかなくちゃー」
と思い切った話をしていた。
そこに同席した誰もが“フンドシ”という思わぬ挨拶に、驚いていたほどであった。
「もし、皇太子妃に決まったら“フンドシ”なんていわないよなあ……」
友人の一人、大野ゆり子さんはそんなふうに思っていた。


英国オックスフォード院への国費留学について、「初めての国だから行ってみたかった、国中をサイクリングしたい」という、後に修士号取得失敗するのも無理からぬお気楽振りであるが、送別会の大勢の人の前で「フンドシ」発言をするのも、ハイソサエティを気取るにはひどすぎる言い回しである。
またこの「フンドシ」は、実母小和田優美子も発しているという記述がある。

『婦人公論』1994年7月号 小和田家の家風と歳月 渡辺みどり記事
pp.235-236より引用
 外交官試験に合格し、父と同じ道を歩み始めた雅子さんは、一九八八年七月、外務省の在外研修生としてオックスフォード大学留学を前に、送別会で「最近、母から『気が緩んでいる。フンドシをしめ直しなさい』と注意されました。イギリスにフンドシは売っていないので東京から持っていかなくては」とスピーチして旧友たちを笑わせている。東大法学部学士編入も、外交官試験にも一発で合格を決める娘に、なおもカツをいれる優美子さんの姿勢に、私(=渡辺みどり)は目を見張る思いであった。
『小和田家の歴史 雅子妃殿下のご実家』川口素生、新人物往来社(2001年)
pp.72-73より引用
 ところで、優美子さんの父祖に海軍の提督が複数いることから、本書を執筆するに際しては海軍軍人の子孫の方や、海軍ゆかりの地の教育委員会の方などに可能なかぎりお話をうかがった。そういえば、ご成婚前の雅子妃殿下が外国に留学中、親しい友人に語られたというが、母の優美子さんが雅子妃殿下に対して、「ふんどしを締め直して」勉強をしなさいと苦言を呈したことがあるという。
そういったことが雑誌で報じられたこともあってか、子孫や教育委員会の方々から、
「雅子妃殿下の母・優美子さんは海軍軍人の娘という感じがする」
というご意見をいただいた。「ふんどしを締め直して」と苦言を呈したとされることや、不必要な発言はいっさいせずに必要な発言をきっぱりと言い切る優美子さんの姿をテレビなどで見た結果、優美子さんのことを「海軍軍人の娘」ではないかと考えたようである。
父の豊氏が銀行マン・企業経営者(※注)であるので、優美子さんが「海軍軍人の娘」というのは正しくない。ただ、二人の祖父(江頭安太郎海軍中将・山屋他人海軍大将)がともに海軍提督であるだけに、豊氏や母・寿々子さんを通じて、江頭家には「海軍軍人の家庭」的な雰囲気が醸成されていたのかもしれない。
 
※江頭豊が日本興業銀行から水俣病を引き起こした新日本窒素肥料=チッソに入り、後に社長→会長→終身相談役となったことを指す。


いかにして昭和38年(1963年)生まれの女性である小和田雅子が「フンドシを締め直して」を口にするようになったか。「フンドシを締め直して」が、小和田(江頭)優美子の口癖だとすると、それが娘雅子に伝わった可能性は非常に高い。江頭・小和田両家の品のあり方を反映している言葉である。

皇太子妃となってからも相変わらず上品な言い回しが身についていないことは「おみ足をお引っ張り」等でも確認できる。「フンドシ」発言が普通の感覚である身の上からすれば、当然のことであると言えよう。

※参照:【雅子の(゚Д゚)ハァ?な発言シリーズ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki