Fandom

Dosuko Wiki

トンボと白百合の写真

642このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

2006年12月13日の「宮内庁職員組合文化祭」ニュースにて明らかにされた、敬宮愛子ちゃんによるとされる出展作品の一つ。

http://www.47news.jp/CN/200612/CN2006121301000720.html
愛子さま手製の写真立て 紙粘土に御用邸の貝殻埋め
 宮内庁は13日、皇太子家の長女愛子さま(5)が同庁職員組合文化祭に出展された手製の写真立てなどを報道陣に公開した。文化祭は14日から16日まで同庁の講堂で行われるが一般には非公開。
 写真立てはピンク色の紙粘土製。葉山御用邸に滞在した際、海で拾った色とりどりの貝殻を埋め込んである。中の写真も那須御用邸内で愛子さまが撮ったもので、大きなユリの花にトンボがとまっている。愛子さまは同じように貝殻を使った宝箱も作った。
 文化祭では1月の歌会始で天皇、皇后両陛下が詠んだ和歌の直筆の書なども展示される。
2006/12/13 13:31 【共同通信】



このような一致からガクガクブルブル 的な見方が一部されている。もちろん上のような話は偶然の一致で片付けることもできるだろう。
それにしても、トンボという生き物はとがったものの先端や障害物のない平坦な場所を好んで止まる習性があることで知られている。しかしこの宮内庁職員組合文化祭に出展された愛子撮影とされる写真のトンボは白百合の花のド真ん中に止まっており、長い胴体と大きな羽のすぐそばに百合の雄蕊・雌蕊が立っている状態である。
トンボが花の真ん中に止まる際、羽や胴体を雄蕊雌蕊にぶつけずにどう止まったのか、また花粉や柱頭のネバネバがつかなかったのか(飛ぶ生き物というのは羽や身体に異物が付着するのを嫌うのが一般である)、見れば見るほどに不思議な感覚を抱かずにはいられない写真である。まるで、屋内に迷い込んで出られなくなり力尽きて死んでしまったトンボの死骸を百合の花の上に置いて演出したかのようである。(棒読み

ちなみに白百合ではないが、百合に止まっているトンボの写真がある。こちらはトンボの習性からみても自然な光景である。  

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki