FANDOM


浩宮が1985年イギリス留学中の報告を兼ねた記者会見(25歳誕生日の前日1985年2月22日)にて、「どのような方をお妃として望まれますか?」との質問に対する答「ニューヨークのテファニーに行ってあれやこれや買うようでは困る」に出た言葉。「テファニー」ではなく、「テファニー」或いは「テハニー」といった表記がスレッド住民奥様方の間で定着しているその理由は、当記者会見における徳仁の発音を聞けばご理解いただける筈である。

浩宮 「結婚する相手として、自分とまず価値観が同じである人、が非常に望ましいと思います。具体的に言えば、例えば、美しいものを見たときにそれを美しいものとしてこう評価できる、大切なものだったらそれを大切なものとそれを認識して、そしてそれを大切に扱う。更にあのー、贅沢を避けるという意味において、金銭感覚が自分と同じ人がいいと思います。例えばニューヨークのテファニーに行って、あれやこれや物をこう買うってことではちょっと困ると
1分55秒~ 1985年徳仁「テファニー」会見動画あり
http://jp.youtube.com/watch?v=2k1z4SC79Sc#t=1m55s
『週刊朝日』1985年11月22日号<浩宮さま「率直発言」への快哉・当惑・危惧>表紙、こちらは「危惧」の二文字入り。

『週刊朝日』1985年11月22日号<浩宮さま「率直発言」がもたらした当惑・快哉 「ティファニーであれやこれや買われては困る」>同号記事、こちらのタイトルからは「危惧」の二文字が除かれている。

「テファニー」とは、言うまでもなくアメリカの宝飾会社ティファニーのことであり、時は正に日本のバブル時代、女性へのプレゼントとしてティファニーのオープンハートがたいへん持て囃されていた。そんな世のトレンドを反映しての彼なりのユーモアを交えたつもりの回答だったのだろうが、皇族が特定のブランド名を挙げそれについて否定的な言葉を発するのはいかがなものかと問題視された。

そして彼が皇太子妃として選んだ女性・小和田雅子は、独身時代から海外ブランドに身を包み、今日に至るまで、あからさまなブランド既製品を持った雅子夫人の姿は多数目撃されている。「ニューヨークのテファニーに行ってあれやこれや買うような方では困る」と妻としての条件を上げていた男性が、有名海外ブランド品をやたら好み買う金満主義の女性を妻として選んだというのは、何とも皮肉なことである。1985年当時の浩宮「テファニー」発言は虚ろなものであったと断じざるを得ない。

『女性自身』1994年8月23・30日号<5月の“鎌倉古寺めぐり”で話題になったアクセサリーの秘密! あの“ショコラブローチ”は“ティファニー”だった!>カラーグラビア記事


雅子の娘である敬宮愛子ちゃんについても、小学生の時期からグッチバッグを使用していることがメディアで報じられたり、首にかけているネックレスがいくらなんでも小学生には相応しくないのでは?と思われるブランド既成品である可能性がスレ住民奥様方より指摘されている。

2009年7月12日神宮球場プロ野球観戦、愛子(7歳小2)着用さくらんぼペンダントと、スワロフスキー製クリスタルフルーティー・チェリーペンダント定価9,612円比較

2011年8月10日那須静養、愛子(9歳小4)着用ハートペンダントと、スワロフスキー製クリスタルハートペンダント定価14,700円比較
2013年8月12日須崎静養、愛子(11歳小6)ゴールドペンダントと、猫デザインオーダーネックレス比較
2013年8月23日那須静養、愛子(11歳小6)オープンハートペンダントと、フォリフォリ製オープンハートWGダイヤモンドネックレス定価35,700円比較
2014年1月1日新年ご一家画像(前年11月10日撮影)愛子(11歳小6)シルバーリボン&葡萄デザイン真珠ネックレスと、ミキモト製シルバーリボン&葡萄デザイン真珠ネックレス(製品番号PP-563S)定価43,200円比較


関連項目:【マイバッハ】、【銀器】、【レイシスト

「海外ブランド大好き!」雅子の歴史編集

独身時代
1986.10
外交官試験合格・外務省入省内定で小和田雅子がやたらマスコミ露出。左上画像の左手首にカルティエの時計(18万3000円)
1988頃? 画像右、プリンスの「グラファイト・プロ」テニスラケット(2万4000円)
1989 英国留学中、男物?かなりゆったりとしたイエーガーのカーディガン袖口折り返し
1990.8 英国留学から帰国した際、中央画像の向かって左に刺さっている、イギリス・フォックス社の傘
1992.12.2 向かって右が、ランコムのノベルティのバッグ
1992.12.28 仕事納めの日、グッチのショルダーバッグ
1993.1.8 帝国ホテルで購入、イタリア・ヘルノのカシミヤコート(55万円)
1993.1.13 東宮御所へデートに。ドイツ・サルリのベージュコート(13万3000円)。バックはホースヘアの40万円とのこと。
1993.1.16 美容院にて、セリーヌのショルダーバッグ
1993.2.14 「バレンタインのデートに」、1991年版中世の船デザインのエルメススカーフ
1993.2.18 「殿下のお好きなクラシック・コンサートへ」、同上1991年版中世の船デザインのエルメススカーフ
1993 お妃教育時期、パロマピカソの大きめバッグ(6万9000円)
1993.4.16 お妃教育時期、グッチの大きめバッグ
いろいろ パロマ・ピカソ、セリーヌ、コーチ、グッチといったブランドバックの他、55万円・32万円コート等まとめ
『FRYDAY SPECIAL』1993年6月26日号

『FRaU』1993年2月23日号<ホイチョイ・プロダクションズ 南目黒クラスライフ>漫画その1 / FRaUホイチョイ漫画その2より
ジョルジュ・レッシュ(青山ベル・コモンズ地下1階にて購入)
コーチのバッグ
ヨシノヤの靴
エスティ・ローダーの化粧品
ル・ブロッテのケーキ
ジョアンのパン
ハートマンの旅行鞄(小和田優美子所持、8万2000円、三越1階で購入?)
K.SWISSのテニスシューズ
パーシモンのゴルフクラブ(江頭豊所有物?関興洗足ゴルフガーデンにて撮影の写真より)
フェニックスの「ウィリー・ボグナー」スキーウェア
ノルディカのリアエントリー850スキー靴
ロシニョールのゴーグル
ダイナスターのスキー板
ハナエモリのサブブランド・コード4128のジャケット(原宿ハナエモリにて購入、7万2000円
ヨビスのコート(18万円)
君島一郎のスーツ(18万円)
セリーヌのバッグ(13万円)
RIZの靴(1万3500円)
トヨタ・カローラII(車両本体価格128万円)
自由が丘のナポリハウス(イタリアンレストラン、客単価5500円程度)
1992年暮れ~1993年正月にかけての小和田家プルミエール箕輪3泊スキー旅行(1泊4万8000円のスイートルーム、家族4人3泊食事込みだと50万円ぐらいにはなるのでは)
箕輪スキー旅行ディナーでボトル注文したシャンパン「モエ・エ・シャンドン・ドン・プリュット・アンペリアル」(12000円)

皇太子妃時代

1993.6.26

伊勢神宮参拝後、近鉄奈良駅へ到着。フェラガモの白バッグ。結婚初期、この白バッグの使用頻度は高く、翌日にも所持。
1993.6.27 神武天皇稜参拝のため奈良県近鉄橿原神宮前駅に到着、フェラガモの白色バッグ
1993.7.28 山口県行啓にて、グッチのバンブーシリーズバッグ
1993.8.13 小和田家に里帰り、6月26-27日と同じフェラガモの白バッグ
1993.11.5 全国身体障害者スポーツ大会出席のため徳島県で浄瑠璃体験、こちらはベージュ色のフェラガモバッグ。色違いで複数揃えた例。
1994.5.14 鎌倉訪問にて、<5月の“鎌倉古寺めぐり”で話題になったアクセサリーの秘密! あの“ショコラブローチ”は“ティファニー”だった!>『女性自身』1994/8/23・30号グラビア記事
1994.8.2 インターハイ富山大会にて、赤い半袖スーツに93年7月と同じグッチのバンブーシリーズバッグ
1994.11.5 サウジアラビア訪問、ベージュスーツにバリーのバッグ
バッグ部分アップ(一番下の写真、中下)
1995.1.24 阪神淡路大震災を尻目に出かけた中東訪問・アラブ首長国にて、シャネルのバッグ
1996.9下旬 富山県行幸にて、<あっ、雅子さま フェラガモのバッグ>『週刊女性』1996/11/5号 表紙・グラビア記事
1996.10.12 全国育樹祭にて、<雅子さまフェラガモに続いてMCMをお持ちになって>『週刊女性』1996/10/22号 表紙・目次
1996.10.30 秋の園遊会にて、ブルーグリーンのサテンスーツ姿の襟元に、<ご成婚前の雅子に父・小和田氏が贈った>というモナコ王室御用達ジュエラーレポシのリボンブローチ(ボウコレクション定価75万~325万円/参考:レポシ公式/参考:ボウコレクション・ミニ 定価84万円/ブローチ拡大画像:
1997.3.14 外務省主催アジア・ヨーロッパ青少年リーダーシンポジウムにて、濃ローズピンクスーツにボッテガ・ヴェネタのバッグ(左上)
1997.12.18 東京湾アクアライン開通式典にて、黒のベルベットスーツ姿の襟元に、モナコ王室御用達ジュエラーレポシのリボンブローチ1996.10.30園遊会と同じブローチ>(ボウコレクション定価75万~325万円/参考:レポシ公式/参考:ボウコレクション・ミニ 定価84万円
1997年以前 雅子夫人ブランドバッグ特集記事より確認:MCM、ボッテガ・ヴェネタ、パロマ・ピカソ、バリー、シャネル
世界の一流ブランドものをさりげなくお持ちになる姿も
お立場上からか、装いのほとんどを国内品で揃えられている雅子さまですが、時折お持ちになるフェラガモ、MCM、シャネルなど海外ブランドバッグもお似合いです。
『女性セブン』平成9年(1997年)6月29日号別冊永久保存版「皇太子さま雅子さま華麗なるご成婚から4年プリンセス愛のすべて」より
2001.2 冬季国体のため長野行啓にて、07年11月16日と同じジバンシィのバッグか
2002.4.6 葉山静養にて、クレージュのカーディガン 『女性自身』4/23号グラビアより
2002.6.4 埼玉スタジアムにて、日韓共催サッカーワールドカップ 日本対ベルギー戦をベルギーのマティルド王太子妃、常陸宮殿下と共に観戦、ブルガリのパレンテシスのネックレス
2002.10.29 御料牧場静養にて、メレリオ・ディ・メレーの腕時計ラ・ヌフ・クラシック(18KYG×茶クロコ革ベルト定価100万円~)
2002.12.17 オーストラリア訪問にて、パリ5大宝飾店メレリオ・ディ・メレーの腕時計(ラ・ヌフ・クラシック 18KYG×茶クロコ革ベルト 定価100万円~)

参考:ラ・ヌフ・クラシック18KYG定価94万円/メレリオ・ディ・メレー公式
メレリオ・ディ・メレーのアトリエに飾られた雅子の直筆サイン入り写真(入内直前1993年5月24日)

2003.4 全国みどりの愛護のつどい臨席のため兵庫県訪問、フェラガモのバッグ(93/11と同じか?)
2003.12.8 帯状疱疹で宮内庁病院入院(12/4-8)、退院時に首に巻いていたストールはイタリア製のルチアーノ・ソプラーニ

『テーミス』2004年7月号<新聞が伝えない「雅子妃騒動」の深層>
雅子さまを知る人物が言う。
「・・中略・・(補足:愛子誕生日12/1の)翌12月2日、帯状疱疹と発表されたが、格好がつかなくなった宮内庁は12月4日から8日まで雅子さまを入院させてしまった。おまけに退院の日に雅子さまが首に巻いているストールを「皇后さまのお見舞い」とリークさせたが、実はそのストールはもともと雅子さまが結婚前から持っていたイタリア製のルチアーノ・ソプラーニでした」

2005.7.20 愛知万博日帰り視察公務にて、ブルガリのパレンテシ・ネックレス(1980年代のデザイン、推定200~250万円)

参考:パレンテシ・ネックレスYG×ダイヤ参考:WG素材2002年の参考上代252万円

2006.3.13 TDR行啓にて、エルメスのダウンコート
2007.8.26 那須静養にて、メレリオ・ディ・メレーの腕時計(ラ・ヌフ・インペリアル 18KWG×ベージュクロコ革ベルト 定価100万円~)

参考:18KWGラ・ヌフ・インペリアル定価157万円/メレリオ・ディ・メレー公式

2007.10.26 徳島県にて、1994年11月中東訪問と同じベージュのシャネルバッグ(定価30~50万円)≪週刊文春2013年3月21日号シャネルのパリ本店限定ココマークがコンビのマトラッセという情報も。
2007.11.16 愛子ちゃん遠足、行きのみ見送りをした際にジバンシィのバッグ
2009.8.13 那須静養移動にて、クリスチャン・ディオールのバッグ「マリスパール」(2000年発表のコレクション、定価10~12万円)「クリスチャン・ディオールの『マリス』です。もう十年以上作っていないので、昔買われたものではないか。値段は当時十万円くらい」(ディオール店員)≪週刊文春2013年3月21日号
2010.5.01 御料牧場静養移動にて、ジバンシィのバッグ
2010.8.16 那須御用邸静養移動にて、フェンディのバッグ(2010春夏新作バゲット、税込111,300円也)「雅子さまが持たれていたバッグは、2010年春夏コレクションの新作です。ベージュの麻地にレース風の刺繍を施してあり、刺繍の色が白と黒の2種類ありますが、雅子さまのものは白の方です」(フェンディ松屋銀座店)≪週刊文春2013年3月21日号
2010.11.07 御料牧場静養から帰京する雅子と愛子(徳仁は公務のため4日帰京済み)、両手に大きな荷物を持って移動しているハクション女官さん、手前側のバックはエルメスのバーキン(比較参考画像:バーキン40cmと比べるとサイズ40か45cmと思われる。推定価格120~150万円。金具をYGなどでオーダーすれば一桁UP)
2012.5.3 那須御用邸静養移動にて、ハイネックインナー+淡いグレーのトレンチコート+胸元にだらりと垂らしたエルメス鞍柄スカーフ姿の雅子
比較参考画像:トレンチコートとエルメススカーフの使い方 左:モナコ公室シャルロット・カシラギ嬢(25歳、2010.4.3パリ,グラン・パレ エルメスの馬術競技にて)/右:雅子(48歳、2012.5.3那須御用邸静養に向かう那須塩原駅前ロケ撮影にて)
2013.4.28 オランダ訪問時の空港にて、海外ファッションブログでシャネルスーツといわれた雅子の白のスーツ

2012.7.1東南アジア3カ国帰国出迎えと同じスーツ比較参考画像:本物のシャネルスーツ&バッグをお召しのルクセンブルクのステファニー妃(2012.10.19/ギヨーム殿下との市役所での婚姻式にて)と雅子(並べて比較すると、雅子のスーツはどう見てもデザインを真似ただけの「なんちゃってシャネルスーツ」にしか見えない。)

2013.8.12 須崎御用邸静養移動にて、2010年8月那須静養と同じフェンディのバッグ
2013.8.20 宮城県2年ぶりの被災地慰問の仙台駅で雅子の後を歩く女官のハクションさんが持つ黒いバックはエルメスのバーキン仙台へ向かう東京駅ホーム移動中別画像2010年11月御料牧場と同じ被災地にバーキン持って10分慰問」と話題に。
<皇室と御用達ブランドの内幕 美智子さま紀子さま流 vs 雅子さま久子さま派の真相>より
「8月に宮城県の被災地をお見舞いした際に、おつきの女官がエルメスのバーキン(80万円以上)によく似たバッグを持っている様子が目撃されている。『雅子さまは、過去にエルメスのダウンジャケットをお召しになり、愛子さまと東京ディズニーリゾートを訪れたことがあります。このバッグも雅子さまのものかもしれません。(宮内庁記者)』」≪週刊朝日10/4号 / ネット記事
2013.8.23 那須御用邸静養移動にて、2009年8月那須静養と同じディオール白のマリスパール
また東京駅移動中、女官のハクションさんエルメスのバーキンを持っている。
雅子が着用しているシースルーのロングニットは、ドイツの高級ブランド『Rena Lange(レナ・ランゲ)』のシルクカーディガン(16万円)ではないか?と指摘されている。

参考:同色デザイン違い『レナ・ランゲ』シルク100%カーディガン(定価¥162,750)
「レナ・ランゲ」は、雅子が婚約時に着用していたコート「ヘルノ」、2013年12月3日雅子50歳誕生日撮影で徳仁着用ニット「バランタイン」と同じ輸入元である。≪レナ・ランゲ公式/ヘルノ公式/銀座経済新聞バランタイン記事

2013.10.12 学習院運動会にて、2002年10/29静養、12/17オーストラリアと同じメレリオ・ディ・メレーの腕時計
同日午前中の障スポ開会式公務のベルトが金無垢の腕時計など、いったん東宮御所に戻り全アクセサリーを着け替えてのご登場。
2014.7.28 20年ぶりの伊勢参拝1泊2日私的旅行の三重県宇治山田駅にて、雅子のエルメスのバーキンを持って移動する女官のハクションさん
2014.12.9 雅子51歳誕生日、シャネルスカーフ着用(2016.6.7を参照のこと)
2015.6.10 東京・上野の国立科学博物館「大アマゾン展」鑑賞の徳仁と雅子、ドタ出雅子が手にしているのはフェラガモのガンチーニバッグ
2016.5.12 「生誕300年記念 若冲展」で「釈迦三尊像」東京都台東区の東京都美術館にて上記同様のフェラガモバッグ
2016.6.7 森アーツセンターギャラリー「ポンペイ壁画展」を徳仁とドタ出雅子愛子鑑賞、両肩からシャネルスカーフをだらりと垂れ下げる雅子
2016.8.11 長野県松本市「山の日」記念大会in上高地ドタ出から帰京する松本駅にて1993年の新婚当時ヘビロテしていたフェラガモの白いガンチーニバッグ1998年8月着用と同じ服か?)


必要なものをどうせ買うのならせめて国産にして日本にお金を落とすとか、一般人でも買えるような既製品でなく、職人の技を凝らしたオーダーメイドの一点物にするといった判断は決してせず、わざわざシャネルだのフェンディだのエルメスだのという『分かりやすいブランド既製品をこれ見よがしに身に着けてしまうのが、雅子クオリティと言えよう。

高円宮家も海外ブランドがお好き編集

皇室内で雅子と最も懇意と言われている高円宮家の恒久子妃と長女の承子女王も、以下のように海外ブランド好きで知られている。

1984年12月(6日に高円宮と鳥取久子結婚) 私的な結婚披露宴? 出席者を出迎える高円宮と織柄ワンピース姿の久子妃、久子妃が手にしているのはエルメスのバッグか=1984年12月、東京都内のホテル
2006.6 ドイツ訪問時 高円宮久子妃の腕時計はブルガリの「ブルガリ・ブルガリ カーボンクロノTOKYO 999本限定モデル」
2005年世界27都市でブルガリのVIP顧客にのみに販売された、世界999本限定東京モデル。参考販売ページ
2012.1.25
2012.2.3
同じシャネルバッグを母娘で使い回しする1月25日大分県での「高円宮家根付コレクション展」開催前日、特別講演に訪れた高円宮久子妃(左画像)と、2月3日「第61回関東東海花の展覧会」鑑賞の承子女王。
2012.4.8 桜模様のミニバッグはルイ・ヴィトンのチェリーブロッサム駐日アラブ大使夫人の会主催「第14回アラブ・チャリティーバザー」の承子女王。
2013.3.12 承子女王のバッグはディオールのギャンブラーシリーズスリランカから東京の多摩動物公園へ寄贈されたスリランカゾウの歓迎式典。
2013.8.19 ディオールのレディ・ディオール(推定30万円) / 別画像を手にスリランカ私的訪問で出発する承子女王=19日午後、成田空港。
2014.11.9 奈良県訪問、「第66回正倉院展」視察のため奈良国立博物館に到着し、関係者の出迎えを受ける久子妃、あきらかにルイヴィトンだと丸分かりのロゴ入り緑スカーフを持参している(9日午前、奈良市で)=泉祥平撮影
2015.6 第123回日本水難救済会総会・表彰式に名誉総裁として出席した久子妃、手にしている真っ赤なバッグは「2015春夏新作 クリスチャンディオール クラッチ メーカー希望小売価格:241,500円」
2015.8.2 日本海洋少年団連盟主催のカッターボートレース観戦、ロレックスの腕時計10ポイントを着用している久子妃(FNN)


実家小和田家は「海外の王室御用達ジュエラー」がお好き編集

BVLGARI~世界五大ジュエラーに数えられるイタリア「ブルガリ」~編集

病気療養中の妃殿下が、珍しくお出ましになった2005年7月の国内地方公務で、ブルガリのネックレス、パレンテシ(推定価格200~250万円)を身に着けていた事から話題になった。

2005.7.20 愛知万博日帰り視察公務にて、ブルガリのパレンテシ・ネックレス

参考:パレンテシ・ネックレスYG×ダイヤ
参考:WG素材2002年の参考上代252万円

1980年代のデザインと言われており、1993年の成婚前に実家小和田家の趣味で購入した品と思われる。

REPOSSI~モナコ王室御用達宝飾店「レポシ」~編集

レポシはモナコ発祥でパリのヴァンドーム広場にも店を構える、モナコの王室御用達オートクチュールジュエラー。日本では取り扱いが少なく知名度が低いが、世界中のセレブに愛されるブランド。
レポシは雅子結婚から4年後、ダイアナ妃が悲劇的な死の直前にドディ・アル・ファイド氏より婚約指輪を贈られた事で世界的に有名になった。
そんなレポシの情報がスレ奥様より齎された。↓

したらば掲示板:皇室御一行様避難所 part43

119 名前:可愛い奥様@避難所生活 投稿日:2013/07/29(月) 21:08:51 ID:M5Q2dMqg
この間、モナコ公国のガイドブック買ったら、王室御用達の超高級宝飾品ブランドのレポシの紹介ページに日本の皇太子妃雅子様もお買い上げって、リボン形のダイヤモンドのブローチの写真が載ってた。
あそこのブランドのアクセサリーって、一つ何百万円もするんだよね。
ティファニーなんて可愛いモノ。
レポシのアクセサリーなんて一般人にはまず買えない。
公務もしてない人が何でこんな高級宝飾品を買えるんだか?マジでムカつく!


雅子がそのダイヤモンドブローチを着用している写真はこちら

1993.12.17 神田駿河台カザルスホールにて、カザルスホール・クァルテットコンサート鑑賞、濃紺ベルベットスーツにレポシのリボンダイヤモンドブローチ
1996.10.30 秋の園遊会にて、ブルーグリーンのサテンスーツ姿の襟元に、レポシのリボンブローチ
1997.12.18 東京湾アクアライン開通式典にて、皇族が公務で身に着けないとされるタブー色「黒」のスーツ姿の襟元に、レポシのリボンブローチ
参考1:レポシ ボウ・コレクション・ミニ/定価84万円/同ブローチ拡大画像:/参考2:ボウコレクション・ミニ ダイヤブローチ/定価178万円
(ボウ コレクション定価75万~325万円/参考:レポシ公式)


ボウ コレクションは3種類の大きさがあり、地金のカラーの組み合わせやダイヤ入りなど様々。

レポシ公式より種類 価格
BOW BROOCH MINI K18WG/YG ¥756,000
BOW BROOCH BABY K18WG ¥945,000
BOW BROOCH SMALL K18WG ¥3,255,000


検索すると、2006年1月時点では、レポシの新作リボン・プローチの宣伝説明文に雅子の名前が使われていた模様。 以下引用始め~~
ヨーロッパ社交界では「成功の証」として、人生の節目にマダムが自身のために贈る習慣がある
ジュエリーブランド「REPOSSI(レポシ)」のリボンモチーフ。
日本でもご成婚前の皇太子妃雅子さまが、父小和田氏より贈られ愛用されていることで知られています。
同ブランドの代表的コレクション『ボウ コレクション』は、
リボンならではのフェミニンな曲線を描くフォルム、ハンドメイドによるディテールの細やかさが感じさせるやさしい風合いが印象的。
~~引用終り。

妃殿下の父が入内する娘に贈った」とブローチの宣伝に使っていたようだが、現在レポシを取り扱う輸入代理店のページに雅子の文字はない。
「皇太子妃雅子様もお買い上げ」とモナコのガイドブックにも記載されているそうだが、そんな情報は日本国内ではまったく知られておらず、日本の象徴である皇室に「適応障害」で10年以上も療養中という「女性の成功の証」とは程遠い雅子の状況からして、それを売りにしても誰得?といえるかもしれない。

MELLERIO dits MELLER~フランス5大宝飾店「メレリオ・ディ・メレー」~編集

メレリオ・ディ・メレーはレポシと同じく日本では取扱いが少ないため少々マイナーだが、パリのヴァンドーム広場に店を構え、グランサンク(フランス5大宝飾店)最古の1617年から14代続く歴史あるジュエラーとして、かのメディチ家に守られ、最後のフランス王妃マリーアントワネットが最初の顧客になった事でも有名な、世界の王室御用達の高級宝飾店である。

938 名無しさん@八周年 2007/12/10(月) 12:05:39 ID:h74rmmja0
雅子さまの時計っていつもメレリオ・ディ・メレーだよね
日本では日本橋三越と銀座和光にしか直営店がないグランサンクのボス
俺も時計オタなんで1本持ってるんだが、店員によれば
メレリオ家と小和田家が外交官時代に親しくて毎年1本いただいていたらしい
なんでも雅子さまは10本持ってるとか
(ちなみにメレリオの時計の値段は70万~1000万)

807:可愛い奥様:2010/11/04(木) 18:00:14 ID:w8ilcC5u0
>パリのジュエラー、メレリオ・ディ・メレーの時計が人気。
>個性的な卵形のフォルムが特徴で、キュートなカラーストーンの房飾りがついています。
>じつはこの卵形ウォッチ、皇太子妃雅子さまもいくつかお持ちのご様子。
>メレリオ家と小和田家は以前から親交を重ねており、そのゆかりで
雅子さまも皇籍に入る前からメレリオを愛用なさっていたとのこと。


138 名前:可愛い奥様 投稿日:2012/05/26(土) 10:54:15.12 ID:dgy865DgO
雅子様のところは、お父君も入内する娘に
メレリオ・ディ・メレーの腕時計を贈られたとブランドストーリーで紹介されていました。

信憑性はさておき、雅子入内前から小和田家はメレリオ家と親しいという、このような書き込みが見られる。

メレリオ・ディ・メレーのアトリエに、雅子の直筆サイン入り御真影が飾られており、小和田雅子が入内前帝国ホテルの写真館で撮影した皇室会議用の写真に、成婚直前の1993年5月24日の日付で直筆サインを入れてご丁寧に自ら提供し、「御用達認定」している時点で、どのような関係かが推察できる。

実際、雅子はメレリオ・ディ・メレーの時計を所有し、好んで身に着けている

2002.10.29 御料牧場静養にて、メレリオ・ディ・メレーの腕時計ラ・ヌフ・クラシック(18KYG×茶クロコ革ベルト)
2002.12.17 オーストラリア訪問にて、メレリオ・ディ・メレーの腕時計ラ・ヌフ・クラシック(18KYG×茶クロコ革ベルト 100万円~)

参考:ラ・ヌフ・クラシック18KYG定価94万円/ラ・ヌフ・クラシック18KYG黒ベルト/メレリオ・ディ・メレー公式

2007.8.26 那須静養にて、メレリオ・ディ・メレーの腕時計ラ・ヌフ・インペリアル(18KWG×ベージュクロコ革ベルト 100万円~)

参考:18KWGラ・ヌフ・インペリアル定価157万円/18KWGラ・ヌフ・インペリアル定価157万円/18KYGラ・ヌフ・インペリアル定価189万円/メレリオ・ディ・メレー公式

2013.10.12 学習院運動会にて、メレリオ・ディ・メレーの腕時計ラ・ヌフ・クラシック(18KYG×茶クロコ革ベルト)


また、オランダ即位式で雅子がお召しの豪華ダイヤモンドジュエリーウォッチもメレリオでは?と推測されている。

2013.4.30 オランダ即位式にて、楕円のベゼルからベルトからまでダイヤぎっしりのジュエリーウォッチ
これはメレリオ・ディ・メレーのジュエリーウォッチ「LA MEDISIS(ラ・メディシス)」のベルト特注品では?とスレ奥様から指摘され、
推定価格はなんと2000万円は下らないと見積もられている。

一見、カルティエのベニュワールにも似ているが、文字盤を拡大してもブランドロゴがなく断定が難しい。
公務で身に着けるティアラのように “国庫に帰属する” 皇室に伝わるオーダーメイドの宝飾時計と信じたいが、
海外ジュエラーを「御用達認定」し、被災地慰問にまでバーキンを持って行くほど海外ブランド好きな雅子
宝飾時計―――その真相やいかに。


Part2966-771 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/05/25(月) 12:32:52.34 ID:FhgS33is0
昨日テニスの全仏オープン開幕直前スペシャルをテレ東でやってたので見てたら
優勝カップをメレリオ・ディ・メレーで作ってるとかで滝川クリステルがお店を取材してて、
唐突にメレリオの人が雅子の写真出してきて、皇太子が雅子への時計をプレゼントしたとか、私たちは小和田家とはとても深い関係にあるんです、とか
結婚式にも招待されましたとか言ってたわ

ウキウキでばんぐみ見てたのに不快な写真見せられて
不快なズブズブの話聞かされてほんとムカついた。


自信のない女がブランド物を持ち歩く編集

長年外務省とも交流のあったマークス寿子・秀明大学教授が、
著書「自信のない女がブランド物を持ち歩くの中で、外務省の腐敗体質を徹底的に批判した件が参考になる。
小和田一家がどこまでこのような生活をしていたか定かではないが、
他の省庁を「国内官庁」と蔑む特権階級意識をもつといわれる、外務省という特殊な環境を知る上で、非常に興味深い資料である。

■第8章 大問題、外務省改革
150~152ページより引用始め~~
「(前略。2001年1月以降に次々明らかになった、外務省の長年に渡る不祥事を厳しく糾弾している)
こういうふうに見ていくと、外務省の汚職は、ひとりの職員の出来心からなされたというものではなくて、
外務省全体の公然の秘密としてあったものであり、みんながそれを利用していたということ、
あるいは利用しないまでもそれに目をつぶっていたということは明らかである。
そうだとすれば、これを外務省の汚職体質の結果と呼んでいいと思う。
しかし、これだけの逮捕者や懲戒免職を出し、歴代の次官のうち4人も処分されて、それで体質が改善されると思う人間はひとりもいないだろう。
この汚職の体質、あるいは堕落の体質が、どこにその根があるのかを究明してこれを除去しないかぎり、またぞろ同様な事件がつぎつぎと生まれてくるにちがいない。
災いの根がどこにあるのか。いちばん大きい根は人事や手当てが不透明だということだと思う。(中略)
このようにして、外交官の家系の2世、3世や、その2世、3世の外交官の子女と結婚した人が完全に優位に立つわけだが、
 
そのうえに外交には、どこの国でもあることだが、機密費と呼ばれる資金がつきものになっている。
 
それは会計報告なしですむお金である。
 
さらに、国の面子を背負っているということで、海外へ出れば、国内では考えられないほどの豪華な生活ができる。
 
それは、大使、公使クラスだけではなくて書記官に至るまで、
国内で自分の給料でやっているときには考えられないほど豪華な生活ができる
 
同じことは、バブル期の日本の会社の海外駐在員にも言えたことであるが、
しかし、外交官の場合は、それが国民の税金で賄われているということが絶対に違う点である。
こういう、外交の表舞台に立つ外交官と呼ばれる国家公務員が、給料プラスその他の
手当てに見合うだけの仕事をしているかどうか、それを見分けるのはたいへんに難しいことである
。」
 
~~引用終わり。
参照:【自信のない女がブランド物を持ち歩く

雅子妃問題の根源は、外交官の論理と、皇室の論理の齟齬編集

「妃殿下の研究」の著書がある評論家の八幡和郎氏が、「時事解説」でオランダ静養について述べておられる記事が非常に参考になる。

時事解説 皇太子ご一家海外静養問題より
以下一部引用始め~~~
 
そもそも、皇室はあまり贅沢をしない方がよいと思うのだ。
海外の王室は封建領主であり、私有財産をたくさん持っている。だから、それを何に使おうがある意味で自由なのだ。
だから、「王侯貴族の生活」というような贅沢三昧をしてきたし、いまも、「自分の金だから何が悪い」という態度である。
 
だが、皇室は封建領主でなく、日本国そのものなのだ。
である以上は、国民とともにあるという姿勢が不可欠であることは、仁徳天皇の竈の煙以来の伝統である。
だから、大富豪のような生活は似つかわしくないのだ。というより、それは権威と尊敬を危うくするのだ。
(中略)
雅子妃問題の根源は、外交官の論理と、皇室の論理の齟齬にあるからだ
 
皇室の方々は、「好き嫌いは持ち込まず、個人的な判断は極力避け、
贅沢はせず、謙虚で、公私混同は最も嫌われる」
のだ。
 
ところが、外交官の論理は逆だ
 
「少々独善的で好き嫌いに基づいても自分の判断で動き、
王侯貴族のように贅沢な生活をし、威張り、公私混同は当然」
なのだ。
 
~~~引用終わり。


日本の伝統的な着物や歴史ある皇室御用達品は好まず、海外の王室御用達ジュエラーやブランドバッグ好きという
雅子の現状や価値観はこういった育ちからきたと思われ、日本の歴史ある皇室に「適応障害」を起こした一因と推察できる。

海外の歴史ある老舗ブランドや王室は好み、日本の歴史ある伝統的な全てを拒絶する雅子“日本の皇太子妃”とはなんとも皮肉な事である。

露骨なブランド品使用は、皇族に相応しく無いという報道例編集

『AERA』2006年3月27日号 <雅子さまと宮中の深き苦脳
 女性皇族の場合、服装のチェックも厳しい。アクセサリーなどでも、特定のブランドのものが目立ってはいけないし、儀式によって手袋やベールの長さが細かく決まっている。雅子さまが結納で、本来は帯に斜めにさすべきだった扇子を正面にさしてしまったことがあるが、いまだに語りぐさになっているという。
『週刊朝日』2007年11月9日号 <雅子さま久々公務の“目的”> 
10月26日午後、徳島空港に到着した雅子さまは、笑顔で順調な回復をうかがわせた。機内でも侍従と天候の話で盛り上がり、終始機嫌が良かったという。
 装いからも回復の様子はうかがえた。この日の服装は淡いベージュのパンツスーツに合わせてシャネルのロゴの入ったバッグ皇族は、目立ったブランド品はあまり身に着けないが、
 「ファッションに関心がいくというのは、精神的にも安定されている表れでしょうね」(宮内庁関係者)
『週刊新潮』2010年9月2日号 雅子さまの新作「フェンディ」バッグが波紋を呼んだ pp.34-36より引用

同号中吊り
 8月16日夕刻。皇太子ご一家が東北新幹線の那須塩原駅前に降り立つや、駅前では約400人の市民らが歓声で迎えた。
 その歓迎に手を振って応えられるご夫妻と、お馴染みのやや緊張した表情で佇む愛子さま――。
「2週間ほど前にご一家で伊豆の須崎御用邸に行かれた際は、雅子さまが近年稀に見るほどの上機嫌ぶりだったので驚きました。きっと夏休みに入って[[不登校|愛子さまのイジメ問題]の心配も薄らぎ、晴れやかな気分だったのでしょう」(雅子さまウォッチャー)
 その気分が続いていたのか、今回の那須でも雅子さまの笑顔はくつろいだ感じだったが、ただし、
やはり、愛子さまが一度もニコリとされなかったことは気になりました。それに、手を振っているご両親をよそ目に1人でスタスタと歩いて行ってしまわれたのには驚きました。しかもそんな愛子さまに両殿下が何の注意もされなかったことにもさらに驚いた」(同)
 なんて声が少なくなかったことも確か。
 だが実は、それ以上に波紋を呼んだのが、雅子さまの手に提げられていたバッグだった。
あれはフェンディの『バゲットバッグ』です
 と服飾評論家の堀江瑠璃子氏がこう教えてくれる。
「フェンディは、シャネルやヴィトンなどとともに世界的に広く認知されたブランド。高級毛皮で有名になり、バブル時代の日本では“フェンディの毛皮・エルメスのケリーバッグ”が高級品の代名詞で、女性のステイタスの象徴でしたね」
 が、90年代に入って動物愛護の気運が高まり、毛皮が大バッシングを受けて窮地に。そんな苦境を救ったのが今回雅子さまが提げられていた『バゲット』と呼ばれるバッグだった。
「細長くて小さな形がバゲットパンに似ていることから名付けられたもので、フェンディの頭文字Fを上下に組み合わせた“ダブルF”のモノグラムバックルが中央についているのが特徴。97年に発売されるや爆発的にヒットし、今やフェンディの代名詞です」(同)
 実際、『フェンディ松屋銀座店』に聞いてみると、
雅子さまが持たれていたバッグは、2010年春夏コレクションの新作です。ベージュの麻地にレース風の刺繍を施してあり、刺繍の色が白と黒の2種類ありますが、雅子さまのものは白の方です。この『バゲットバッグ』の新作は毎回コレクションされる方もいるほど人気がありますね」
 で、気になるお値段は、税込みで11万1300円。
「同じ『バゲット』でもビーズやスパンコールを用いたものだと30万円、毛皮だと100万円のものもありますが、これは比較的リーズナブルですから、若い方から幅広い年代のお客さまに人気です。雅子さまのニュースを見たと、問い合わせもありました」
 ちなみに、表参道店に来ていた女性客の反応は、
あれは割と手を出しやすいお値段ですから、雅子さまも入門編としてお持ちになるにはよろしいんじゃないですか」(40代前半)
雅子さまにはよくお似合いですけど、私は欲しいとは思いません。長い間フェンディを使っている者からすれば、カジュアル過ぎて敢えて買う気にはなりませんね」(50代半ば)
 なんて具合だったが、これが服飾専門家や皇室関係者の間では、すこぶる評判がよろしくないのである。
 
「好ましくないです」
 例えば、
「テレビを見て驚きました」
 と、ある女性服飾ジャーナリストがこう言うのだ。
「“ダブルF”の金具が目立って、ひと目でフェンディだと分かりましたから、美智子さまや紀子妃のような正統な皇族ファッションとは随分かけ離れているなあと思いました。やはり雅子さまって、装いに関しても皇室の枠にハマらないお方なのでしょうか。ひょっとして批判を承知の上でお持ちになられたのではとも思いますし、そんなところにまで反抗心が見えてくるようで、逆にお気の毒に思えてたまりません
 皇室評論家で文化女子大学客員教授の渡辺みどり氏も、こう厳しく指摘する。
「そもそも皇室の方々は、外国のブランド品はまずお使いになりません。少なくとも香淳皇后、美智子さま、紀子さまに関しては、公務はもちろんプライベートでも、海外のブランド品をお持ちになっている姿を見たことがありません。原則的に日本のブランドを身につけることがほとんどで、しかも当然、どこのブランドだと分かるようなものをお召しになることもない。とりわけ美智子さまは徹底的に気を使(原文ママ)われています。それはやはり、日本を代表するというお立場を考えてのこと。人々の注目をどうしても集めてしまうお立場にあるからこそ、特定のブランドを身につけないよう気を配っているのです」
 それなのに雅子さまは、というわけなのだ。
 さらに前出の堀江氏も、
「皇室のファッションの基本は“気遣い”です」
 と、こんな辛口だ。
「そのひとつが、国民への気遣い。税金で暮らしているというお立場上、贅沢を控えられているのです。ですから、美智子さまは芦田淳さんや和光、ミキモトなどを好まれましたが、それらのブランドだと分かるようなものは一切、身につけられませんからね」
 実際、皇族方のファッションは常に女性たちの注目を集めてきたばかりか、
「私もホステス時代、皇族方の着る物やお履物、バッグなどを見て勉強なさいってママたちから教わってきました。やはり上品なものを身につけておられるし、着こなしも清潔感がありますからね。私は今でも上から下までじっくり見てますよ。でも、なかなかどこのブランドか分からないものが多いですね」(銀座の有名クラブママ)
 とお手本にもなってきたのだ。だからこそ、
「ブランドのロゴ入りバッグなど、好ましくないです。ある特定の商品を宣伝しないようロゴ入りのものには特に気をつけるのが、皇族にとっての慣わしです」
 と、元宮内庁職員の山下晋司氏もこう苦言を呈する。
「皇族にも当然、好き嫌いはおあり。でも、もし“リンゴよりバナナが好き”と言えば、リンゴ農園の人々やこれまで献上されてきた果樹園の方々に悪いという判断が働く。20年ほど前、皇太子殿下のお誕生日用の写真撮影の時のことです。殿下がパソコンを触られている写真を撮影した後で、そのパソコンのメーカー名がハッキリ写り込んでいることが分かり、事務方の判断で公開前に急遽、修正したほどです」
 また、昭和天皇の場合、
「記者会見で“どんなテレビ番組をご覧になりますか”と訊ねられても、“テレビの世界は競争が激しいから”と仰ったこともありました。事ほど左様に、皇族方は常に細心の注意を払われているのです」(同)
 
「判断を誤っている」
 ところが、遡って見てみると、実は雅子さま、以前から度々海外のそれと分かるブランドを身につけているのだ。
 ほんの数例を列挙してみると、まずは95年1月、中東訪問時のシャネルのバッグは当時も物議を醸したし、それ以前もフェラガモグッチのバッグティファニーのブローチ。以後もブルガリのネックレスエルメスのダウンコートジバンシィディオールのバッグなどなど……。
「ご婚約の頃から、雅子さまのファッションには注目が集まっていました。いかにもキャリアウーマンという格好で、高級ブランドを身にまとって堂々と闊歩する姿が本当にカッコ良かったですからね。とりわけ、お妃教育の際に持っておられたパロマ・ピカソのバッグはその後大ブームになったほどでした」
 そう振り返るのは、長年雅子さまを追い続けてきた別のウォッチャーである。
「ご成婚後もブランドものに躊躇しない、雅子さまのファッションは注目を集めましたし、私たちもこれぞ新しい皇室のスタイルだと圧倒されたものでした」
 ところが、適応障害で公務に出られなくなった頃から、雅子さまのファッションも随分と様変わりしてきたという。
ひと言で言えばバランスが悪く、周囲からどう見られるか気に留めていないファッションになってきた。例えば7月の愛子さまの終業式は、チャコールグレーの詰襟で丈の長いジャケットとパンツというスタイル。これは雅子さまのお気に入りですが、冬物ですからかなり暑苦しい。周囲のお母さま方は涼しげな半袖姿なのに、雅子さまだけが完全に浮いていて可哀相でした。ファッションだけでなく行動も周囲の感覚からズレた感じのことが多いので、やはり病気のせいでそうしたバランス感覚が崩れたんでしょうか……。
 皇室ジャーナリストの松崎敏弥氏も、こう案ずる。
「宮内庁内部でも。愛子さまとの同伴登校や今回のようなブランド品問題など、妃殿下の行動は如何なものかという声が少なからず上がっています。確かにバッグなどはご自分で購入されるほか、友人や妹たち家族からのプレゼントもあるでしょう。でも、それを公の場で身につけるなど、やはり判断を誤っているとしか言えない。私は最早、雅子さまはご自分で行動の是非を判断できなくなっているのではと心配しています
 念のため、そうした指摘を宮内庁がどう受け止めているか訊ねてみたが、
「回答は差し控えさせていただきます」(総務課報道室)
 と言うのみ。
 皇室ジャーナリストの久能靖氏は、
「未だに公務をほとんどこなせない一方で愛子さまの登校には同行される。そうした行動への不信感が批判も招くのでしょう。やはり、まずはしっかりと公務に復帰されることがご本人にとっても一番大切なことなのだと思います」
 と言ったが、まさしく国民が望んでいるのは、ブランドを身にまとう雅子さまより、公務の場での凛とした姿なのだ。

『週刊文春』2013年3月21日号<宮内庁情報公開でわかった雅子さまの「金銭感覚」 愛子さま山中湖同伴58万円、オランダご静養2300万円 、ブルガリネックレス200万円、シャネルバッグ50万円…編集

pp.30-33より全文引用
「ティファニーに行ってあれやこれや買うような方では困る」。かつて結婚相手について皇太子はこう述べられた。だが今回。雅子さまが二百万円のジュエリーなどをお持ちであることが判明。公開情報からも“金銭感覚”が垣間見えた。別の角度から見た皇太子妃の実像。
 
 月刊「文藝春秋」四月号の『天皇家と東宮家「それぞれの家計簿」』が話題になっている。皇室費がどう使われているか、その仔細を描いた記事である。執筆したノンフィクションライターの奥野修司氏が話す。
「とりわけ興味深いのは、一昨年、愛子さまが二泊三日の『校外学習』で山中湖に行かれた際、雅子妃がつかず離れず付き添われた一件にかかった費用です。当日は雅子妃を乗せた車を挟むように白バイ二台と宮内庁職員や山梨県警の警察官を乗せた車七台が長い車列を作って警護に当たった。ホテル周辺では検問所が置かれるなど、大規模な警護態勢が敷かれたそうです。
 このお付き添いは当然、私的な行為ですが、そこにかかるお金はどういう使われ方をしているのか、宮内庁が開示したデータを元に論考しています」
 こうした費用の明細を宮内庁は自ら公開しない。そこで情報公開請求によって明らかになったデータに基づいて、雅子さまの「金銭感覚」を考察した。
 まず皇室全体で言えば二〇一二年度の「皇室費」は約六十二億円。この皇室費は三つに分類される。最も多いのは地方行幸啓などに使われるオフィシャルマネーの「宮廷費」で、九〇%の約五十五億八千万円。天皇家と東宮家の私的費用である「内廷費」は約三億二千四百万円。残りの約二億九千万円は宮家の私的費用「皇族費」である。ちなみに、秋篠宮家の予算は五千四百九十万円だが、ここから私的使用人などの人件費を払うと、実質使えるのは二千万円ほどといわれる。
 では、愛子さまの校外学習に、皇室費からどれだけ支払われたのだろうか。お付き添いは公務ではないが、皇太子妃の外出は「行啓」になる。
行啓には必ず下見があり、この「山梨県行啓」でも、八月二十五日から二日間と九月四日から二日間の「事前調査」でのべ七人の東宮職員が動員された。この費用は「日当」(弁当代)と宿泊料をあわせて十万六千九百五十円。本番当日には、雅子さまを迎えるために東宮職が一人山中湖に向かい、当日は東宮侍医、女官、女嬬各一名、東宮職五名、車馬課技官五名の約十三名が、車七台と白バイ二代の車列を組んで山中湖に向かった。
 このうち雅子さまとともに高級リゾートホテル「ホテルマウント富士」に宿泊した職員は十名。残りは日帰りである。ホテルの東側に五十三室のホテル棟があり、雅子さまのために宮内庁はこころ借り切った。この「借り上げ」費は一人二万円で一日二十万円、二日間で四十万円。雅子さまの私的行為の同行だが、いずれもオフィシャルな宮廷費から支払われている。
 
インペリアルスイート料金は非公開
 雅子さまが宿泊されたのは一泊二十万円の「インペリアルスイート」だったが、これは内廷費で払ったという理由で公開されなかった。職員の宿泊費も雅子さまの宿泊費も同じ税金だが、内廷費は私的費用ということで非公開なのだ。ちなみに何を内廷費にして、何を宮廷費にするかは宮内庁のさじ加減ひとつである。
 この「山梨県行啓」でかかった費用は「事前調査」を含めて五十八万八万二千四百三十円。十三名もの職員が動いてこの程度なら安いと思われるかもしれないが、ここには内廷費で払った分、職員の人件費、ガソリン代等々は含まれていない。また、山梨県警は警護のために数十名の警察官を動員したが、彼らの人件費等も除外されている。あくまで宮内庁が認めた経費だけであり、費用全てを推計すると二百万円を軽く超えるだろう。
 いずれにしろ、国内だからこの程度の出費で済んだが、海外となるとひと桁以上も違ってくる。
 この四月末、オランダではベアトリックス女王の退位式と新国王の戴冠式がある。〇六年もベアトリックス女王が皇太子一家を招待した経緯があり、今回も招待される可能性が高い。
 そこで、雅子さまのご静養が目的だった〇六年の「オランダご訪問」の経費を推計してみたい。これを、情報公開法によって詳らかにした論文が中嶋啓明氏の『外遊経費から見る象徴天皇制の現在』であり。この論文内容などからその仔細を紹介したい。
 オランダ訪問は八月十七日から三十一日までの二週間。皇太子ご一家が乗られたJAL通常便で、随従員は十一名だった。
 ご一家と一緒にファーストクラスに乗ったのは末綱隆東宮侍従長、野本勲東宮侍従、中村嘉宏東宮侍医(小児科)、箱嶋明美東宮女官、福迫美樹子出仕の五名。ビジネスクラスは川上泰男内閣府事務官、平山学東宮内舎人、小山内さち子東宮女嬬。中川直美看護師の四名と、このときはじめて宮内庁が名前を明らかにした雅子さまの担当医・大野裕氏(現国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長)と民間人ヘアドレッサー水尻美雪氏の二名。ご一家三名分に加え、医師とヘアドレッサーの二名分は内廷費から支払われた。
 
ご静養にヘアドレッサーが同行
 航空運賃は、ファーストクラスが往復で約百六十五万円、愛子さまは子供割引で約百二十四万円、ビジネスクラスは約六十二万円で、内廷費で払った五人分の運賃は五百七十八万円。宮廷費分とあわせて千六百五十二万円である。
 当時を知る宮内庁担当記者が振り返る。
「なぜご静養でヘアドレッサーが必要なのか、という疑問の声は宮内記者からも上がりましt。しかし東宮職は『費用は内廷費から拠出されているから問題ない』と話していました」
 ご一家はオランダ王室の離宮に宿泊されたが、随従員の大半は離宮近くのホテルに宿泊。このホテル代が十三日間で約百五十七万円計上されている。
 食事代に関しては、たとえば「山梨県行啓」の場合は千五百円で予算を統一していたが、オランダでは昼食が四千五百円で夕食は七千五百円。弁当代などを含めると約百四万円である。
 これらを合わせると宮廷費からの支出は千八百万円。これに内廷費から払った航空運賃を加えると二千三百七十八万円である。しかし、これも山中湖の一件と同じで、極めて表層的な額だ。
 たとえばオランダ王室への「献上品荷造」という項目が存在し、一個七千円で十個分七万円を計上、さらに「献上品整理伝票」も作成しているのだから、手ぶらで宮殿に泊まったとは考えられない。しかし、持参されたはずの献上品は公開された情報には出てこない。また、ご一家を迎えるために大勢の大使館員が動いたはずだ。中嶋氏も書いているように、<直接関係する費用だけで、総額数千万円のオーダーのカネが使われたのは明らか>である。
 果たして数千万円の海外旅行はご快復に寄与したのか。帰国後、東宮職医師団は<自信につながる体験で、今後の治療を進めていく上で有意義だった>と評価した。だが、七年後の現在でも雅子さまの公務への本格復帰は実現していない。
「昨年の雅子さまは、人事異動者などへの『ご会釈』が主で、公務らしい公務はされていません。去る三月十一日の『東日本大震災二周年追悼式』には両陛下がご臨席されましたが、皇太子ご夫妻はとくにご予定もなく、御所で黙祷されただけでした。また、両陛下あ七月四日から二日間の日程で岩手県を訪問されますが、皇太子ご夫妻にはそういうご予定もない。
 治療開始から十年、その間にオランダご静養も含めておそらく億単位の税金が投入されたと思われますが、成果は見えない。東宮職医師団が説明責任を問われても仕方ないでしょう」(別の宮内庁担当記者)
 皇太子ご夫妻は今年六月、ご成婚二十周年を迎えられるが、この二十年の雅子さまのご動静を振り返ると、オランダご静養前後から大きく変化していることがわかる。それまで、スキー旅行や友人の招待で食事することが年に一度あるかないかだったが、〇六年以降は公務がなくても、お忍びで外出することが突然増えるのである(表参照)。
 たとえば〇六年にはご一家でディズニーリゾートに行かれ、夥しい数の私服警官や警備陣で園内はパニック寸前になった。また、クリスマスにはウェスティンホテル東京のレストラン「ビクターズ」に行かれている。この時分はほぼ月一回のペースで出かけられているが、〇七年の暮れには銀座の三ツ星レストラン「ロオジエ」に行かれ、深夜を過ぎて帰られたことが大きな話題になった。
 外食されるのはご自由だが、皇太子一家が行かれるのとわれわれではまったく違う。「諸君!」(〇八年七月号)で、鮫島敦氏が、六本木の「ラ・コリナ」の店長から聞いたという次のような話を披露している。
<ご来訪の一カ月ほど前から、宮内庁関係者が何度も来店し、非常時のための動線や窓からの景色などを入念に確認し、写真撮影などを繰り返していました。
 当日は、奥の個室にご案内しました。宮内庁の方数名が個室近くの席で待機した他、十数名ものSPが、店の内外を厳重に警護していました>
 
愛知万博での首飾りが二百万円
 両陛下がレストランで食事をしないのは、警備や、場合によっては店を貸し切りにすることで大勢の人に迷惑をかけるからだと、かつて渡辺允前侍従長がテレビで語ったが、皇族にはこうした「配慮」が必要ということだろう。皇室ジャーナリストが説明する。
「〇六年から堰を切ったように増えた雅子さまの私的外出は、大野医師が主治医になったことと無縁ではないでしょう。大野氏の著書『こころをほぐす小さな「開き直り」術』のオビには、<ちょっと「開き直る」ことができれば、すっとラクになり、明るい気持ちになれます>と書いてありますが、雅子さまにも普通の女性として『開き直る』ことを勧めたのかも知れません。<ゆっくり休んで、じっくり「自分の楽しみ」をつくろう>と」
 もっとも「ロオジエ」を最後に外食が目立って少なくなったのは、さすがに東宮職も、世間の強い批判をおそれたのかもしれない。
 雅子さまが食事されたレストランは、いわゆる皇室ゆかりの店ではなく、雑誌に紹介されるような流行の店だった。まるで皇族というより、普通の女性として振る舞おうとしているかのようである。それは、ブランド品を身につけることにも相通じるものがある。
 小誌では過去の写真などから、雅子さまが身に付けられた装飾品などを検証したところ、フェラガモからシャネル、ジバンシイまで数多くのブランド品をお持ちであることがわかった。なかにはとても庶民には手が出ない高級品もあった。
「〇五年の愛知万博のときにつけているネックレスはブルガリの『パレンテシ』、お召しのものは、おそらく一九八〇年代のものです」(ブルガリ・マーケティング部)
 宝飾業関係者によれば、なんと推定二百万円。
「〇九年八月の那須ご静養のときにお持ちのカバンは、クリスチャン・ディオールの『マリス』です。もう十年以上作っていないので、昔買われたものではないか。値段は当時十万円くらい」(ディオール店員)
 三年前の那須ご静養の際、那須塩原駅に降り立った雅子さまがお持ちだったのは、フェンディの新作バゲットバッグだった。(三十一頁写真)。服飾評論家の堀江瑠璃子氏が解説する。
「細長くてバゲットパンに似ていることから名付けられました。Fのモノグラムバックルでひと目でそれとわかります。雅子さまのものは二〇一〇年春夏コレクションの新作、ベージュの麻地にレース風の刺繍が施されています」
 価格は十一万千三百円。
 もっとも、最近は地味な格好のことが多い。
「美智子さまは海外のものはお召しになりませんでしたが、逆に雅子さまは日本のものはあまりお召しになりませんね。皇室に海外ブランドを持ち込んだのは雅子さまですが、今はジャケットもパンツも新しいものはお召しになってません。どこか、ご成婚直後の自信や輝きがなくなって、服もPTAのお母さんのようにお地味。これもご病気のせいでしょうか」(同前)
 奥野氏いわく、常に注目される皇太子妃は“国民のスター”であることを求められるという。
「皇族はタレントではない。タレントは人気があっても尊敬の対象にはならないが、スターの代わりは誰にも務まらない。だからこそ畏敬もされる。国民の象徴的な存在になるというのは、下世話ながら、この国のスターになるということではないでしょうか」(奥野氏)
 その意味で美智子さまは間違いなくスターである。
 ある千代田関係者が話す。
「帽子や洋服を修理や仕立て直しをして、何年もお召しになる。絶対に贅沢はなさらない。高度経済成長を過ごした我々国民には容易く真似できることではありません。ゆえに、それが尊敬に転化するのでしょう」
 皇后はかつて、象徴たらんとする思いそのもの、その積み重ねが象徴であるということではないかしら、と仰ったという。今回垣間見えた雅子さまの金銭感覚は、国民にどう受け止められるのだろうか。


Part2533-622 可愛い奥様 sage 2013/03/13(水) 18:54:23.99 ID:gUNj/uax0
週刊文春3月21日号 早読みレポ
「宮内庁情報公開でわかった雅子さまの『金銭感覚』」全4ページ

※基本的には,先日の文藝春秋4月号の記事が元ネタ。
 文藝春秋の記事からさらに踏み込んでいる。

山中湖つきまといは費用すべてを推計すると,200万を軽く超えるだろう。
・中嶋啓明氏の「外遊経費から見る象徴天皇制の現在」の論文で,雅子のオランダ訪問
 の経費が明らかになっている。
・06年のオランダ静養訪問は,随行員は11名。
 航空運賃ファーストクラス往復約165万円,愛子は124万円,
 ビジネスクラスお付きの5人分578万円,
 内廷費,宮廷費あわせて1652万円
 医師大野の他,ヘアドレッサーも同行。
・静養なのになぜヘアドレッサーが必要なのかという疑問が記者から上がったが
 内廷費だから問題ないとの回答(東宮職)
・オランダ滞在中,随行員はホテルに宿泊。ホテル代は約157万円。
・オランダでの食費は役104万円。
・オランダ滞在に関して,宮廷費・内廷費あわせると2378万円(航空運賃含む)。

続きます

632 可愛い奥様 sage 2013/03/13(水) 19:03:39.13 ID:gUNj/uax0
続きです
週刊文春3月21日号 早読みレポ
「宮内庁情報公開でわかった雅子さまの『金銭感覚』」全4ページ

・この他オランダに持参した献上品は公開されない情報。
 お迎えの大使館員も大勢動いたはず。
 直接関係する費用だけで,総額数千万円の金が使われたのは明らか。
・この数千万の効果は,ご快復に寄与したのか。公務らしい公務はない。
・治療から10数年,億単位の税金が投入されたが,成果は見えない(宮内庁関係者)

・雅子の高級レストラン外食ディズニー貸し切りの振り返り(かなり辛辣)。
・両陛下がレストランで食事をされないのは,店を貸し切ることで
 大勢に迷惑をかけるから。皇族はこうした「配慮」が必要。(皇室ジャーナリスト)
・雅子は皇族と言うよりも普通の女性としてふるまおうとしているかのよう。


639 可愛い奥様 sage 2013/03/13(水) 19:08:45.03 ID:gUNj/uax0
週刊文春3月21日号 早読みレポ 続き
「宮内庁情報公開でわかった雅子さまの『金銭感覚』」全4ページ

・雅子の装飾品の検証。
・フェラガモ,シャネル,ジバンシー,数多くのブランド品をお持ち。
・雅子のブランド品について突っ込んで解説。
・美智子様は海外のものはお持ちになりませんが,雅子さまは日本のものを
 お召しにならない。皇室に海外のものを持ち込んだのは雅子さま。
・今の雅子さまは,服もPTAのお母さんのようにお地味。これも御病気のせいか(服飾評論家)
・〆は,
 「今回,垣間見えた雅子さまの金銭感覚は国民にどう受け止められるだろうか。

この他,「雅子さま お出かけ・お買いもの年表(1993~2012」がでっかく載っています。

『週刊文春』2013年3月28日号<夜ふけのなわとび・ブランド好きですが、何か?>林真理子連載エッセイ “先週の「週刊文春」で「雅子さまの金銭感覚」というのをやっていたが、この記事はちょっとお気の毒だと思う。”なる書き出しで始まるブランド大好き雅子擁護文章編集

p.58より引用
 先週の「週刊文春」で「雅子さまの金銭感覚」というのをやっていたが、この記事はちょっとお気の毒だと思う。
 私のような下々のものでさえ、海外ブランドのバッグは何個か持っている。何年かに一度、ディオールやフェンディのバッグをお買いになったからって、それが何だというのだろうか。あのバッグは十万円ぐらい。世の中には百万円近いエルメスのバッグをコレクションしている三十代の主婦だっているのだ。「25ansヴァンサンカン」とか「家庭画報」といった高級女性誌を見るといい。全身ブランド品で固めた女性がいっぱいグラビアを飾っている。ましてや雅子さまは、わが国を代表する女性だ、お金をお遣いになって、おしゃれをして何か悪いことがあろうか。
 外にお出ましになる時に、これだけ経費がかかるとか記事はねちねちと続くが、“象徴”にお金がかかるのはあたり前の話で、それは国民が了承しているんだからいいのではなかろうか。
 私は雅子さまの「ご公務」のあり方に関しては、少しばかり意見があるけれども、ここまで私生活をあれこれ言われるのには本当に同情申し上げる。いくら税金だからといって、自分の家計簿の一部を外にさらされるのはどんなに嫌だろう。

p.59より引用
「年端もいかぬ若い女の子が、ブランド品を持ってけしからん」
 と昔はよく、ワルクチを言われたものであるが、今の若い女の子は、ユニクロ着てコンビニのお弁当を食べている。背伸びはしないし、分不相応なものは欲しがらない。ちょうどその頃から、日本は元気が無くなっていった。猫もシャクシもブランド品を欲しがり、そして手に入れることが出来た八〇年代を私はこの頃懐かしく思い出すことがある。私はこれからもずっと買い続けますけどもね。
 海外に出かけて、ブランド品のお店に入り、新製品をあれこれ選ぶのは、何とも楽しいものである。雅子さまも遠慮なさらずお好きなものをお買上げください。昔のようにファッションが、女性週刊誌のグラビアに載ることを祈っています。

引用終わり


雅子が被災地にまでバーキンを持って行くほど、何年も前からエルメス好き・バーキン好きと知らずにこの記事を書いたのであれば、『無知は罪』。知っていたのなら『厚顔無恥』。
“この記事はちょっとお気の毒だと思う。”というか、大変お気の毒な矛盾だらけのエッセイといえる。


Part2537-22 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 16:59:25.66 ID:iyHiHW7q0
493 名前:可愛い奥様@避難所生活[sage] 投稿日:2013/03/20(水) 15:16:34 ID:Vg92meFk [1/2]
ところで週刊文春は

悠仁さま小学校ご入学で紀子さまのピリピリが止まらない
林真理子「雅子さまの金銭感覚」記事に意義あり


衣替えと部屋の片付けをしていたのですが、スッキリと林真理子の本を
地獄の業火に投げ込めそうですw
他の書籍はリサイクルの寄付に出すけど、
林のはうっかり手に取る人がいたら気の毒だから捨てるわ。


23 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 17:02:38.50 ID:zl5ot8bN0
前に林真理子スレだったかで、本が売れなくてあちこちに
仕事くれって頼んでて前回紀子さまを下げた記事を書いたのも
お金のためって言うのを見た

これからもこんな雅子擁護を書き続けるかもね


40 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 17:38:00.43 ID:PbuNuJ7Q0
夜ふけのなわとび/ブランド好きですが、何か?
   ◆ 林真理子/皇室、震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構

週刊文春(2013/03/28), 頁:58


37 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 17:36:40.66 ID:PbuNuJ7Q0
白と黒のコンクラーベ/悠仁さま「小学校ご入学」で紀子さまのピリピリ
   ◆ 悠仁親王、秋篠宮文仁親王、お茶の水女子大学附属幼稚園

週刊文春(2013/03/28), 頁:37


ザ・プリンセス雅子妃物語/カレーライスと大江健三郎
   ◆ 雅子妃、皇室、ジャーナリスト・友納尚子、皇太子、宮内庁

週刊文春(2013/03/28), 頁:41


46 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 17:44:20.91 ID:dHHx/z3U0
>>37
プリババ、今週は3ページのようだね。
それで紀子妃ピリピリの記事が1ページ。

合わせると、いつものプリババ4ページとページ数が同じになるのは、偶然でしょうか。


47 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 17:45:44.38 ID:DaeqpSpM0
>>46
必然です。


48 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 17:49:14.91 ID:bBElnU1O0
文春って何をしたいんだろうね。アゲたりサゲたり忙しいこと。


51 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 17:52:26.49 ID:If8cFvUm0
>>48
去年の6月から1年間の4ページ買取なんだろうね。
売った4ページはお好きにどうぞと、編集部は関係なく書くからね。


52 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 17:52:42.74 ID:6621GMRbP
金銭感覚をpgrされた雑誌に憤怒しながらも金払って提灯記事ww
世間の嫌われ者、林真理子とかアイドル基地外漫画屋にしかフォローしてもらえない


53 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 17:53:55.65 ID:5h1jh3DUP
>>1乙

>>46
4pお買い上げなんですねw

>>48
ageは広告。
Aがご利用の番組や雑誌では、Aをsageるようなことはできません。
だから各社広告を出すんですよ。
東宮も、必死でお金出さないと本当のことを書かれちゃうから
大変ですね。


73 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 18:12:55.15 ID:PbuNuJ7Q0
週刊文春中吊り
ttp://shukan.ismedia-deliver.jp/mwimgs/e/8/-/img_e8272728a7d6792063bedcca0ca5858f619917.jpg


77 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 18:16:43.99 ID:4NKPwI5e0
>>73
自分で記事にしておきながら、
翌週は著名人による擁護記事+秋篠宮家sage記事とは。
つくづく、文春は小和田家とずぶずぶなのね。


78 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 18:19:06.04 ID:8h7wQQ8z0
週刊文春マッチポンプ屋
昔あった総会屋の雑誌と一緒です。


79 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 18:19:17.86 ID:+lkHQlGp0
林真理子、落ちぶれたねー。
トモノーもライバル出現で大変ね (棒


82 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 18:22:43.82 ID:DaeqpSpM0
>>77
そうだよね。
先週の文春で
>宮内庁情報公開でわかった雅子さまの「金銭感覚」

ほんで今週は
>林真理子「雅子さまの『金銭感覚』」記事に異議あり

信じられない雑誌だわ。
二度と買わん。


91 可愛い奥様 sage 2013/03/20(水) 18:44:58.96 ID:8h7wQQ8z0
文春って、10年くらい前から女性向けに編集転換したようだ
以後徐々に内容がローブローになってきた。


359 可愛い奥様 sage 2013/03/21(木) 06:03:01.13 ID:85WaOxNb0
林真理子は、ブータン王妃がエルメスを所持していたことを
叩いたくせに。
この間も「金がない、金がない」と書いていたし、金さえ貰えれば
どんな仕事でも引き受けるのかも知れませんね。


368 可愛い奥様 sage 2013/03/21(木) 07:14:14.16 ID:379EiZQTO
>>359
>林真理子は、ブータン王妃がエルメスを所持していたことを叩いたくせに。
へぇー、そうなんですね。どういう論拠で叩いたんだろう?
覚えている奥様いらっしゃいますか?
ダブスタだったらpgrしてやるんだけど。


522 可愛い奥様 sage 2013/03/21(木) 11:18:57.09 ID:q0Uz73ev0
>>359
ご夫婦揃って、ブータンの民族衣装が、とても素敵だっただけに、残念(王様の方も民族衣装で
なければ、どこかのアンちゃん風・・・という感じだったかと。
すべて、ウロですが、昔、中国にいち早く行った自慢、今度も、今回のブームの前に行っていれば
自慢できたのに・・・というようなエッセイでした。亀レス、豚切りすみません。


565 可愛い奥様 sage 2013/03/21(木) 11:52:07.16 ID:Rubetezf0
文春、林真理子。

ブランド買うのは悪くない、の前置きに「雅子の公務には少しばかり意見がある」と入れてある。
前回の「お幸せですか?」記事に紀子様sageを入れたのと同様、どう転んでもいいように
両にらみにしてあるね。

公務しないでブランド買いあさるから、批判されてんだろうが。

『週刊文春』2011年12月15日号<夜ふけのなわとび(1245) ブータンの後で>林真理子連載エッセイ、来日したブータン王妃のエルメス・バーキンバッグについて“二十一歳の王妃、しかも「物質より幸福指数」と提唱する国のファーストレディとしてはいかがなものか……と思ったのは私だけではないようだ。”と書いている矛盾ぶり編集

  • 『週刊文春』2011年12月15日号<夜ふけのなわとび(1245) ブータンの後で>林真理子連載エッセイ

pp.56-57より引用
 それにしてもブータンの国王ご夫妻、本当に素敵だった。お二人とも美形だし、おっしゃることも立派。被災地でのスピーチ、
「人は心の中に龍を飼っている」
 という言葉は、来年の辰年の年賀状に使おうと思ったぐらいだ。
 しかしこのご夫妻、お若いだけあって、最後にちょっとだけ隙を見せたかなあと……。帰国される時に、お二人はスーツになったのであるが、そのとたんうーん、という感じ。失礼ながらオールバックの国王は、ちょっと“ちゃら男”的になったし、びっくりしたのは王妃のお持ちになっているのが、大型のバーキンではないか。このエルメスのバッグ、たぶん百二、三十万円するはずである。二十一歳の王妃、しかも「物質より幸福指数」と提唱する国のファーストレディとしてはいかがなものか……と思ったのは私だけではないようだ。
 先日の「週刊朝日」、ドン小西さんのファッションチェックでは、
「来日中は追っかけまで出た、久々の大型ヒーロー、このスーツとバーキンは、みんなで見なかったことにしませんか?」
 だって。思わず笑ってしまった。はい、見なかったことにします。あのことは忘れます。
 とは言うもののあの国王ご夫妻への熱狂ぶりはよく憶えている。そして、
「これは皇太子ご夫妻の不在に対する、アンチテーゼかもしれない」
 と感じたことも忘れない。
 
男性の視点
 そう、私たちがずーっと願っていたのは、精力的にいろんな場所へ行き、人々を励まし続ける王子とその妃という光景だったのである。若く美しく、そしてはにかみやさんのブータン王妃と、ご成婚まもない頃の雅子さまとが、私の中で重なる。
 あのままでよかったのに、あのままを私たちは大好きだったのに、どうしてこんなことになってしまったのであろうか。もう一度雅子さまに元気になっていただきたいものだ。
 ところでブータン国王がお帰りになるやいなや、女性宮家の創設問題が浮上してきた。私は女性天皇には必ずしも賛成するものではないが、女性が宮家を継ぐことは当然だと思う。もうこの少子化の時代に、それしかないとさえ考える。
 かつて劇場やパーティーで、当時の清宮(すがのみや)さまをわりと近くから拝見したことがあるが、その優雅なたたずまいや凛としたお姿にさすがと驚嘆した。皇室という特殊なところで、知恵と伝統を結集してああした方を大切にお育てする。ふつうの方が到底得られない、高貴で無私の心を持った方をつくり上げるのだ。が、せっかくの人材をみすみす一般の奥さんにしてしまったことはまことに残念だ。
 学習院に子どもを通わせている友人に聞いても、愛子さまはふつうの子どもとはまるで違うそうだ。
「やんごとなきオーラを、もうあの年でふりまいていらっしゃる」
 そうである。提案では、女性宮家は、天皇の子ども、孫に限られるということで、それならばネズミ算式に増えることもあるまい。一方で週刊誌は別の心配をしている。
「上昇志向の強い、中産階級の男が接近してきたらどうなるのか」
 ここに男性の視点がある。紀子さまのご婚約が決まった時、マスコミは「3LDKのプリンセス」ともてはやした。が、反対は我慢できないらしい。
「そこらの男がもし宮家の女王と結婚して、突然何とかの宮を名乗られ、エラそうにされたらたまんないぜ」
 という気持ちは正直であるが、そこをもう一つ乗り越えなくては。たとえばサーヤのご主人、黒田さんのような人なら私は歓迎するな。人柄のいい“男シンデレラ”ならいいではないか。

2009年7月12日神宮球場東宮一家野球観戦、愛子がスワロスフキーのフルーティーチェリーペンダント着用編集

Part2959-575 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/05/09(土) 08:28:07.09 ID:cUTG4CZK0
2009年7月12日野球観戦で愛子さん(7歳)がしてるネックレス
http://www.geocities.jp/masa_6540/kako2009/20090712.jpg

スワロスフキーのフルーティーチェリーペンダント9,612円ですね
http://ecx.images-amazon.com/images/I/41K0oNiPfCL.jpg
http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/gift-only/cabinet/m-accessory/210-0530.jpg
http://item.rakuten.co.jp/gift-only/210-0530/

スワロフスキー公式アウトレット(イギリス)で半額セール中w
£37.79 → £18.57
Swarovski UK Outlet Website
Swarovski Crystal 891634 Fruity Cherry Mini Pendant With Rhodium-Plated
http://www.londonswarovskii.co.uk/swarovski-crystal-891634-fruity-cherry-mini-pendant-with-rhodium-plated-2014-new-swarovski.html

Swarovski necklace at $65
http://sg-blogshopping-paradise.blogspot.jp/2011/05/trying-to-sell-this-authentic-swarovski.html
Monday, 9 May 2011


2013年8月30日栃木県那須どうぶつ王国にて、雅子の娘・愛子(11歳8ヵ月)が「ダブルGのブランドロゴがバッグ全体に入った、見た瞬間に誰もが“グッチだ”とわかるトートバッグ」を手に登場事件編集

『女性セブン』2013年9月19日号<愛子さま(11)すっかり大人びて…-那須ご静養お出かけの装い / 目撃した人たちもざわざわ 愛子さま小学6年生の“4万円トート”グッチ 少子化、6ポケットで子供たちが高級品を手にする現代。あなたはどう思いますか?>編集

2週間近い那須御用邸(栃木県)でのご静養のある日、「那須どうぶつ王国」を皇太子さま(53)、皇太子妃雅子さま(49)、お友達と一緒に訪れられた愛子さま。高原とはいえ、31℃とむし暑い日だったが、ポロシャツにコットンパンツを合わせ、左手にはグッチのミニトートと大人っぽいカジュアルウエア。終始お友達の妹さんと手をつないで、よきお姉さんぶりをみせられていた。

9月6日から新学期がスタートする学習院初等科。愛子さまの小学校生活も残すところ、あと7か月となった。この夏、愛子さまは遊泳教室に、須崎、那須での2度のご静養にと充実した日々を過ごされた。那須では例年通り、登山や陶芸などを楽しまれたのだが、そのご静養中に手にされていた持ち物をめぐって、思わぬ波紋が広がっている。一般社会も、そして皇室も様変わりをし始めたのか。


愛子さま グッチの子供服コレクションのトートバッグを愛用編集

http://www.news-postseven.com/archives/20130906_209771.html
2013.09.06 07:00
NEWSポストセブンより引用

 8月30日、皇太子ご一家は栃木県那須にある那須どうぶつ王国に姿を見せられた。そこで、居合わせた人々の目を釘付けにし、ざわつかせたのは愛子さまが提げられていたバッグだった。
「ダブルGのブランドロゴがバッグ全体に入った、見た瞬間に誰もが“グッチだ”とわかるトートバッグでした。バッグに気づいた女性客からは、“小学生でもうグッチなんて…”とため息が漏れたほどです」(居合わせた観光客)
 そんな高級バッグを持たれる愛子さまを、雅子さまは嬉しそうに見守られていた。
「愛子さまが愛用されているグッチのトートバッグは、グッチが2010年11月から展開している子供服のコレクションの今年の春夏の新作で、約4万円の高級バッグですね」(ファッション関係者)
 愛子さまがはっきり高級ブランドのものとわかるものを手にするのは今回が初めてのことだ。
 景気の回復が実感できず、経済的に閉塞感を感じている今、増税、年金問題など日常生活に大きな不安を覚えている国民は少なくない。皇室ジャーナリスト・山下晋司さんはこう話す。
「そんな中、雅子妃殿下が愛子内親王殿下に高級ブランドバッグを持たせていると知れば、国民感情はどうなるでしょう。しかも、妃殿下は治療とはいえ、この10年間、ご公務をほとんどされてこなかったわけですから。
 私的なご活動ばかりが目立ち、さらにブランド品までとなれば、“雅子さまは国民の税金で贅沢されている”と国民が思ってしまう可能性もあります。皇族方の公私にわたる生活費用が税金から支出されていても、表立って不満が出てこなかったのは、皇室と国民の間に信頼関係があったからです。
 今回のグッチのバッグは、あくまでその一端にすぎませんが、これまで皇室が積み上げてきた国民との信頼関係に溝が生じる可能性があることを両殿下も東宮職も認識していただきたいと思います」
※女性セブン2013年9月19日号


2ちゃんまとめサイトにまとめられてる、記事に対する反応
AKBまちょめ 【皇室】愛子さま、グッチのバッグを愛用★2
気になる話のまとめ 【皇室】愛子さま、グッチのバッグを愛用
注目されそうなニュースまとめ 【皇室】愛子さま、グッチのバッグを愛用
適当速報2chまとめ 【皇室】愛子さま、グッチのバッグを愛用
テル速 知って得するニュース速報 愛子さま、「グッチ」のバッグを愛用している事が判明!(画像あり) 2ch「日本製のやつ使えよ」「雅子、やりたい放題だな…」「俗物の塊みたいな母子だな」
なお、まにあわんもよう@なんJ 愛子様(11)愛用バッグはGUCCI製wwwww
2ちゃんねるまとめ名前はまだない 愛子様(11)、GUCCI製バッグを愛用wwwwwwwww
ニュースまとめわーるど 【皇室】愛子さま、グッチのバッグを愛用
にゅーすまとめログ 【皇室】愛子さま、グッチのバッグを愛用 / その2 / その3
ピックアップまとめ速報 【皇室】愛子さま、グッチのバッグを愛用★2
ホッヂポッヂニュース速報 【皇室】愛子さま、グッチのバッグを愛用
まとめ速報 【皇室】愛子さま、グッチのバッグを愛用★2
まとめ2ちゃんねる 愛子さま、グッチのバッグを愛用
みそぱんにゅーす 愛子様(11)、国民の血税で買った4万円のGUCCIのトートバックをご愛用あそばされる
メシウマ速報 【皇室】愛子さま、グッチのバッグを愛用★2

『週刊文春』2013年9月19日号<愛子さま「グッチ騒動」 小6に4万円バッグの是非で再び問われる雅子妃殿下の「経済感覚」>編集

pp.148-150より全文引用
まだ十一歳の愛子さまがグッチのバッグを持ってお出掛けされたことが明らかになり、関係者に物議を醸している。雅子妃が多くのブランド品をお持ちなのは小誌既報の通りだが、本件は愛子さまの教育にも関わることであり、再び雅子妃の金銭感覚が問われているのだ。
 
「やはり今回のことは残念で仕方ありません。質素を旨としておられる天皇皇后両陛下のお暮らし向きに、根本から反されている。皇太子殿下だってご結婚前はその教えをよく聞いて、会見でもおっしゃっていたじゃありませんか。それが何でお子様にあのような高級な品を持たせたのか……」
 こう嘆くのは天皇皇后に近い千代田関係者だ。この人物が指摘する“会見”とは一九八五年十一月、当時まだ二十五歳だった皇太子が、英国留学から帰国直後に行ったもの。結婚前の皇太子はお妃の条件についてこう述べられている。
<贅沢を避ける意味において、金銭感覚が自分と同じ人がいいと思います。たとえばニューヨークのティファニーに行って、あれやこれやと物を買うようでは困る>
<質素であることが必要ではないかと思います>
 しかし今回、皇太子ご一家の“質素とは言えない”生活の一端が、ちらりと垣間見えた一幕があったのが。その瞬間を捉えたのは、『女性セブン』(九月十九日号)だった。
 栃木県の那須御用邸で過ごされていた皇太子ご一家は、ご静養半ばの八月三十日、動物たちと触れ合える「那須どうぶつ王国」を訪れられた。ご一行は、愛子さまのお友達やその保護者、併せて十五名ほどだったが、愛子さまが手に提げられていたのが、イタリアの高級ブランド・グッチのトートバッグだったのだ。
 記事ではそのときの写真を掲載。たしかに愛子さまがお持ちのトートバッグにはグッチのトレードマークである「G」のモチーフが一面にデザインされている。
 その場に居合わせた観光客が証言する。
一目でグッチと分かるものでした。ご一行は朝十一時前から閉園後の十八時半まで滞在されたのですが、乗馬体験の際にはご家族で交代して写真を撮り合ったりされていましたね。
 猛暑がもどってきたような蒸し暑さでしたが、愛子さまは片手にグッチのバッグを提げられ、片手でお友達の妹さんの手を引いて、広い園内を歩き回っていらっしゃいましたよ。雅子さまも、お疲れの様子はまったくありませんでした」
 ご一行は屋外ステージでの「バードパフォーマンスショー」もご覧になった。ワシやハヤブサ、ミミズクなど、翼を広げると一メートル近くある鳥が観客の頭上を飛行・旋回し、係員が投げた疑似餌を空中でキャッチしたりする。
愛子さまたちは、予定より十五分ほど遅れて、ショーが始まってから会場にいらっしゃいましたが、愛子さまはお友達の妹を間に挟み、メガネをかけた男の子と三人で手をつないで歩いていましたよ。ときどきその男の子の腕を親しげに触ったりするのでまるでカップルのようでした。われわれ一般の観客はひそひそ声で『愛子さまの熱愛発覚?』なんて話していたからよく覚えています」(同前)
 ご静養先の駅頭取材などでは見られない、普段着の愛子さまのご様子である。
 別の観光客が話す。
愛子さまは始終スマートフォンを触っていらっしゃいましたね。フリックやピンチの操作がとてもお上手で慣れていらっしゃる感じでしたね。バードショーでは、愛子さまのお連れの男の子がステージに上がり、皮のグローブを嵌めて餌やりをしたのですが、その様子を何回もスマホで撮っていらっしゃいました。
 スマホを入れていた小ぶりのトートが、よく見たら、グッチのものだったのでびっくりしましたね。小学六年生でしょう?
 グッチバッグに現場で気付いたものはわずかだったが、写真が掲載された雑誌が発売された九月五日以降、瞬く間に世間の評判になった。
 
“子供向け”の商品だった
 東京のグッチ店員が話す。
「雑誌に掲載されてから、ありがたいことにお問い合わせが殺到しています。愛子さまがお持ちのものは、『グッチ・チルドレンズ・コレクション』のGG柄の持ち手が白いトートバッグで、価格は約四万円です。十歳ぐらいのお子様がお絵かき帳などを入れて使ってくださるようです。子ども向けのラインですが、全てイタリア製です」
 驚くことに、愛子さまのグッチは子供向けの商品だったのだ。だが、じつはここ数年、高級ブランドは子ども向けのラインを続々と発売している。
「グッチやアルマーニ、クロムハーツやクリスチャン・ディオールなどのブランドが子ども向けのラインを発売しています。カルティエからは、なんと子供用ジュエリーも販売されていて、価格も二十万円前後と、大人用と比べても遜色有りません。子ども服も、子どもらしい服ではなく、大人のデザインをそのまま小さくしたものが多いです。母親がお揃いで着せたがるのですね」(アパレル関係者)
 しかし、本件には批判的な意見も多い。同世代の子供を持つ多くの母親、特に愛子さまが通われている学習院初等科関係者の間ではその傾向が強いようだ。
 ある初等科長関係者が残念そうに話す。
「高級ブランド品を持つということは、学習院の精神とは正反対です。戦前の学習院院長、乃木希典が奨励した『質素を旨とすべし』の一言に尽きます。小学六年生では早いとか遅いという問題ではないと、私は思います」
 初等科の児童は皆、特注のランドセルを背負って登校する。それは明治時代、皇族と一般人の差がないように、という学校側の配慮から始まった。そうした“平等”への高い意識があるからこそ、皇族が一般児童と分け隔てなく成長できる環境が整うのだという。
「それは校風にもなっています。初等科に子女を通わせる保護者には、いわゆる富裕層も多いのですが、露骨なブランド志向の方はほとんどいない。これ見よがしにブランドのロゴマークがデザインされたものなどは品がないと考える風潮があります」(学習院保護者)
 一般的な教育現場でも子どもが高級品を持つことは、トラブルのもとになると考えられている。
 教育関係者が説明する。
「私が知っている児童も、一つブランド品を買ってもらったことがきっかけで、身の回りをブランドで固めるようになった。その変化にそれまでの友人は引いてしまい。その子供は孤立し、ついに不登校になった。
 あの愛子さまのバッグの存在を知り、ブランド品を欲しいと言い出す児童はかならず出てくるでしょう。子供に与えるものを抑制するのは大人の役割。分別のある大人と違って、子供の金銭感覚はすぐに麻痺してしまう。年齢にあった適正な価値のものを持たせることで、真っ当な金銭感覚を身に付けさせることが重要です。もっとも大きな影響を与えるのは一緒に暮らす親の価値観ですから。
 
故・寛仁殿下も注意されていた
 かつて小誌が宮内庁への情報公開請求により明らかになったデータに基づき、雅子さまの私的な出費について考察した際、雅子さまは様々な宝飾品をお持ちだということが判明した(三月二十一日号)。中でも目を引いたのは、〇五年、愛知万博を訪問された際に身に付けられていたブルガリの「パレンテシ」というネックレス。これは推定二百万円の超高級品だった。他にも。約三十万円のシャネルのキルティングバッグや、約十万円のクリスチャン・ディオールフェンディの新作バッグをお持ちだった。
 この記事には賛否両論さまざまな意見が寄せられた。「皇族という立場に見合う、質の良い物を持って構わないのではないか」「外国のブランドでは困るが、国産の良いものならば積極的に持つべきだ」といった声もあった。だが、最も多かったのは、やはり「皇室はもっと慎み深くあるべきだ」というものだった。
 宮内庁関係者がこんなエピソードを話す。
「昨年他界され、“ヒゲの殿下”として親しまれた寛仁親王もマントをお召しになるなど、いつもお洒落な格好をなさっていましたが、一目でブランドと分かる物は避けていらした。当時はミラノのブランド、エトロが流行っていましたが、『俺はエトロなどのブランド物が好きだが持たないようにしている』とおっしゃっていました。それだけ注意を払っていらっしゃったのです」
 作家の石川結貴氏も、こう懸念する。
「いま子育て世代が頭を抱えてるのは金銭不安。子育てという名のローンを抱えているようなものです。そのような人にとって、税金で暮らしている皇族の子女がブランド品をお持ちだというのは複雑でしょうね。英国王室ではキャサリン妃が数千円のワンピースをお召しになったりしてそれが人気になって完売したりしている。そうした庶民的な装いには見倣うべき点もあるのではないでしょうか」
 冒頭コメントの千代田関係者は、古き良き時代のこんなエピソードを披露する。
「皇后陛下が作られる子供たちのお弁当も決して豪華なものではありませんでした。簡素ですが色合いがよく、お子様方もお好きだからと、そぼろご飯をよく作っていらした。それに、かつて紀宮さまがお召しになっていたセーターも、御所の庭で天体観測のキャンプをすることがあるので、丈夫でいつ破れても継ぎはぎできるお下がりのものなのよ、と皇后陛下は仰っていました。両陛下はご自身の生活はもちろん、子育てをなさる上でも質素を心がけていらしたのです。
 ご結婚の際、紀宮さまが披露宴でお召しになったのは皇后陛下のお着物でした。ご本人が希望されたそうで、紀宮さまには両陛下の教えが受け継がれているのだと思った瞬間でした」
 天皇皇后の素晴らしい教えを末長く受け継いでいらっしゃっていただきたい。

『週刊朝日』2013年10月4日号<初公開皇室と御用達ブランドの内幕 美智子さま紀子さま流vs.雅子さま久子さま派の真相>編集

小6愛子さまにグッチはまだ早い? アンケートからわかった国民の本音〈週刊朝日〉 dot. (更新 2013/9/25 07:00)
http://dot.asahi.com/news/domestic/2013092400042.html

 小学6年生の愛子さまがグッチのバッグをご愛用――。女性誌がその姿を報じ、是非をめぐり波紋が広がっている。
 本誌では、インターネット調査会社「ミクシィ・リサーチ」を通じて、9月上旬、皇族のファッションについてどう考えるかインターネットで500人にアンケートをした。回答者は男性75%、女性25%。年齢別では、30代から50代が8割以上を占めた。
「あなたは高級ブランド品が好きですか」という問いには、「ものによる」がトップで半数の50%、「関心がない」25%、「嫌い」11%と続く。「好きでたくさん持っている」はわずか2%だった。
 そのうえで、日本の皇族が海外の高級ブランド品を持つことについて、「できれば国産の優れた品を身につけて紹介してほしい」が58%とトップの回答だった。「格好いい」は16%だった。
 また、子どもと高級ブランド品について聞いたところ、「子どもには不要」が72%で、「持っていい」の16%を大きく上回った。
 愛子さまが、海外高級ブランドのバッグを持っている姿が目撃されたことについては「愛子さまは皇族なので当然」は9%、「皇族とはいえ、子どもにブランド品は不要」42%、「できれば国産高級品を使ってほしい」が32%で、「愛子さまグッチ支持派」は少数派だった。
 現状の女性皇族のファッションについても、「日本の女性皇族のファッションをどう思いますか」と尋ねてみた。いちばん多かった回答は、「少し堅苦しいので、もっとカジュアルな服装もみたい」で40%。「似合っている」は21%だった。「もっと流行を取り入れてほしい」も8%いた。
 では、どんなファッションを国民は期待しているのだろうか。
 たとえば英国のキャサリン妃。スペインのファストファッション「ZARA」がお気に入り。数千円のワンピースで公務をすることもあり、従来の欧州王室と異なる「庶民派」の親しみやすいファッションが人気となっている。前述のアンケートでも「キャサリン妃支持」は7割に及んだ。
 日本の「キャサリン妃」は現れるのか。
※週刊朝日 2013年10月4日号

御用達ブランド 美智子さま紀子さまは「国内」、雅子さまは「海外」?〈週刊朝日〉編集

dot.(更新 2013/9/27 07:00)
http://dot.asahi.com/news/domestic/2013092500054.html
「愛子さま『小学6年生のグッチ』」。こんなタイトルで「女性セブン」(9月19日号)が皇太子ご一家の那須でのご静養の様子を写真つきで報じたのは今月初めのことだ。同誌によると、ご一家は8月30日、御用邸近くにある「那須どうぶつ王国」を訪問。その際、ポロシャツにパンツ姿の愛子さまが腕にかけていたバッグが、約4万円の、グッチの子ども向けのものだった。
「よく似たバッグを、OLが通勤に使っているのを見かけます。皇族であることから考えれば、値段は極めて高額とは言えず、皇太子ご一家が、大変なぜいたくをしている、とまでは言えないでしょう。ただ、愛子さまは、まだ子どもです。なおかつ、天皇、皇后両陛下が、元が税金であることを常に気にかけ、国産のものを身に着けてきたことと比較すると、目を見張る『事件』でした」(宮内庁関係者)
 実は、過去の写真をさかのぼり、所持品を詳細に調べると、現在の女性皇族には、国内ブランド愛用派と、海外ブランド愛用派の、二つの「派閥」があるようだ。
「皇族はそれぞれ好みやお考えを反映させ、ご自身で所持品を選ばれる」(同)という前提から考えると、たかがバッグ、されどバッグ。それぞれが思い描く皇室像を反映しているようだ。
 まず、国内ブランドを愛用しているのが、天皇、皇后両陛下だ。秋篠宮家も、基本的にこの姿勢を踏襲している。
「公式の場でお使いになることで、すぐれた日本製品を世界に知ってもらいたいというお考えがあります。元々は税金だというお気持ちも常にあり、修理をして大切に長くお使いになる。ただし、商業主義に巻き込まれないように、どこのものかは簡単にわからない配慮もされています」(同)
 一方、海外ブランド愛用派の代表は、「愛子さまグッチ」でわかるように雅子さまだ。
 ご自身も過去に40万円程度するシャネルのバッグや、フェラガモフェンディグッチジバンシィクリスチャン・ディオール(それぞれ十数万円程度)などのバッグを、公務や静養に向かう際にお持ちになっていた。最近では、8月に宮城県の被災地をお見舞いした際に、おつきの女官がエルメスのバーキン(80万円以上)によく似たバッグを持っている様子が目撃されている。
 ただし、高級品ばかりを使っているわけではない。愛子さまの学習院初等科の遠足では、他のママ友になじむ2万円程度のロンシャンのナイロンバッグを使っていたこともあった。つまり、気に入ったものなら、国産か、海外ブランドかは問わないということだろう。シャネルのバッグについては、1995年2007年の公務でお持ちになっており、「いいものを大切に使う」という点では、皇后さまと同じだ。
※週刊朝日  2013年10月4日号

<初公開 皇室と御用達ブランドの内幕 美智子さま紀子さま流vs.雅子さま久子さま派の真相>記事編集

一部引用
一方、海外ブランド愛用派の代表は、「愛子さまグッチ」でわかるように雅子さまだ。ご自身も過去に40万円程度するシャネルのバッグや、フェラガモフェンディグッチジバンシィクリスチャン・ディオール(それぞれ十数万円程度)などのバッグを、公務や静養に向かう際にお持ちになっていた。最近では、8月に宮城県の被災地をお見舞いした際に、おつきの女官がエルメスのバーキン(80万円以上)によく似たバッグを持っている様子が目撃されている。「雅子さまは、過去にエルメスのダウンジャケットをお召しになり、愛子さまと東京ディズニーリゾートを訪れたことがあります。このバッグも雅子さまのものかもしれません」(宮内庁記者)
雅子さまと同じように積極的に海外ブランドを取り入れているのが今回、東京五輪の招致活動で注目を集めた高円宮久子さまのご一家だ。久子さまもシャネルなどの海外ブランドバッグを愛用している。久子さまの長女の承子さまは英国留学中に「刺青いれたい」「好きな人がゲイ」などと刺激的なブログを書いて話題となった。今春、早稲田大学を卒業され日本ユニセフ協会に勤務する傍ら、公務にも積極的に取り組まれているがルイ・ヴィトンクリスチャン・ディオール真新しいバッグを次々披露。ファッションも「皇族」離れしている。
お二人は公務の取り組み方も、天皇、皇后両陛下のお考えとは一線を画している部分がある。「雅子さまは両陛下が熱心な祭祀や御養蚕などの伝統行事に積極的ではありません。伊勢神宮に参拝したのは、結婚直後の一度だけで、愛子さまは一度も参拝経験がありません。祭祀は『適応障害』の原因のひとつでしょう」(宮内庁記者)また、久子さまは宮内庁長官が政治利用を危惧し苦言する中、IOC総会でスピーチした。「このスピーチは絶賛されていますが、宮内庁長官の発言は天皇陛下のお気持ちを受けてのもの。長官は今後、皇族の公務のあり方を整理する、と公言していますが、さまざまな波風が立つでしょう。そもそも、以前から美智子さまと久子さまは、振舞い方が全く違いあまりしっくりいってない印象です。両陛下と溝がある雅子さまに、もっとも共感しているのが久子さまです」(同庁関係者)
美智子さまや紀子さまが重視する国民への配慮と格式。キャリアを持つ雅子さまや久子さまの国際派志向。しきたりにとらわれない新時代プリンセスたち。ファッションは身に着ける人の個性を如実に表す。「御用達」の品々は、皇族方それぞれの「象徴天皇制」への思いを映し出す鏡でもあるのだ。


Part2659-140 可愛い奥様 sage 2013/09/21(土) 17:39:44.18 ID:3fhgNSq40
週刊朝日2013年10月4日号
初公開 皇室と御用達ブランドの内幕
美智子さま紀子さま流vs雅子さま久子さま派の真相

・セブンに愛子さまグッチ使用記事が掲載された
 「値段は極めて高額とは言えず、大変なぜいたくとは言えない。ただ愛子さまはまだ子ども。
両陛下が元が税金であることを気にかけ、国産品を身につけてきたことと比較すると目を見張る『事件』」宮内庁関係者
・過去の写真などから調べると、女性皇族には国内ブランド愛用派と海外ブランド愛用派の2つの「派閥」があるようだ

・皇后陛下と紀子さまは国内ブランド派
・御用達ブランドは基本的に取材に応じず。取材を受けて皇居から注意を受けた店も
・「皇后陛下は銀座かねまつ、紀子さまは銀座ヨシノヤ」元宮内庁記者
・一方海外派は雅子さま
・シャネル、ジバンシー、フェラガモなどのバッグを公務や静養でお持ち
・雅子妃のように積極的に海外ブランドを取り入れている久子さま、ユニセフ勤務の長女承子さまもルイヴィトンなどの真新しいバッグを次々披露

142 可愛い奥様 sage 2013/09/21(土) 17:42:41.48 ID:3fhgNSq40
・雅子妃と久子妃、2人には多くの共通点がある(身内に外交官、海外育ち、留学など)
・2人は公務も両陛下のお考えとは一線を画している
・「雅子妃は祭祀や御養蚕に熱心ではない。祭祀が『適応障害』の原因のひとつだろう
」宮内庁記者
・「久子妃のIOCスピーチは絶賛されたが、宮内庁長官の発言(皇室の政治利用危惧)は両陛下のお気持ちを受けてのもの
 美智子さまと久子妃はあまりしっくりいっていない印象。両陛下と溝がある雅子妃に共感しているのが久子妃」宮内庁関係者
・朝日ではネットで皇族のファッションについてアンケートをとった
・皇族にはできれば国産の優れた品を身につけて欲しいが58%でトップ回答
・子供に高級ブランド品は不要が72%
・アンケでは英国のキャサリン妃の庶民派ファッションが支持されている(7割)
・佳子さまのスニーカーは日本と英国ブランドのコラボ商品

143 可愛い奥様 sage 2013/09/21(土) 17:45:39.15 ID:3fhgNSq40
・天皇家が利用されるホテルの条件
・透明ビニール傘を両陛下が使われる理由
・天皇陛下が運転するグレーのインテグラ 雅子さまhsカローラⅡ乗り上げ救出も
  陛下以外に自分で運転する皇族は雅子妃
  一人でカローラⅡに乗り、赤坂御用地内の未舗装道を走って乗り上げ、皇宮警察に救出されたことも
  秋篠宮の学生時代の愛車は黄色いビートル

・秋篠宮さま、悠仁さまご愛用 旭出学園のおもちゃ(この項のみライター・庄村敦子)
・旭出学園の創立者で園長の故三木安正氏が昭和42年に現両陛下(当時東宮両殿下)にご進講際、連結汽車のおもちゃを献上
・秋篠宮2歳の誕生日、旭出学園の連結汽車のおもちゃで遊ぶ写真がある
・悠仁殿下ご誕生の際、皇后陛下から「まだ連結汽車のおもちゃを作っていますか」とお問い合わせが。学園側が献上した

8ページ。本誌:三橋麻子記者
だいぶ省いたので本誌をご覧ください
おもちゃ話のみ別のライターさんが書いたようです

『女性セブン』2013年10月24・31日号<皇后美智子さま 皇太子妃雅子さま「装い」に表れるお心 ロイヤルファッションとブランド考。愛子さま「小学6年生のグッチ」で広がった波紋>編集

目次より
「子供たちには本を買うとか、先生について勉強させるということには不自由させないかわりに、着る物や食べる物に対して一切贅沢は許しませんでした」。美智子さまのご婚約の際、母・正田富美子さんはこう語っていた。その心は、皇室に嫁がれてからも美智子さまにはしっかりと受け継がれている。だが、時代とともにロイヤルファッションにも大きな変化が訪れている。雅子さま、紀子さま、久子さま、プリンセスたちそれぞれの思いとは。

愛子さまグッチバッグ 両陛下も残念に思われているとの証言 〈女性セブン〉 NEWS ポストセブン 2013.10.21 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20131021_218361.html

<愛子さま「小学6年生のグッチ〈4万円トート〉>
『女性セブン』9月19日号が報じた記事は大きな波紋を広げた。

8月下旬、栃木県・那須御用邸で静養されていた皇太子ご一家は、同級生家族とともに那須どうぶつ王国を訪れられた。その際、観光客の注目を集めたのが、愛子さまが手にされていたバッグだった。

それはダブルGのブランドロゴが全体に入った、見た瞬間に誰もが“グッチだ”とわかるトートバッグだ。この愛子さまのバッグは、グッチが2010年11月から展開している子供服コレクションの今年の春夏の新作で、約4万円の高級品。
まだ小学6年生の愛子さまに高級ブランド品を持たせる雅子さまに対しての賛否が巻き起こった。

本誌が10代から70代の女性150人に行った緊急アンケートでも、3分の2以上の114人が【親が小学生に高級ブランドバッグを与えるのは早いと思うか?】との質問に「はい」と答えた。やはり多くの人が、一般論として小学生が高級ブランドバッグを持つことを“良し”とはしていないことがうかがえる。

「表立ってはおっしゃらないものの、天皇皇后両陛下も皇太子ご夫妻が公衆の面前で、愛子さまにグッチのバッグを持たせていたことを残念に思われているようです…」(宮内庁関係者)

両陛下が嘆かれる背景には、これまでおふたりが大切にされてきた“質素倹約”の思いが深く関係している。
両陛下は国内ブランドをご愛用になるケースが多い。1989年、陛下の即位に際しての会見で、美智子さまはこう語られている。

「私どもの生活の中には、もちろん外国の品々がたくさん入ってきておりますが、私は、自分が育った時代もあって、どちらかというと国産の製品を愛用する方かもしれません」

両陛下が国産製品をお使いになる理由には、こんな思いが強いという。
「日本文化を大切に、そして日本の伝統を引き継ぐという思いを込められているとともに、公式の場で国産製品をお使いになられることで、優れた日本製品を世界に知ってもらいたいというお考えが根底にあるんです」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)
※女性セブン2013年10月24・31日号

眞子様、佳子様 女子大生に人気の『ローリーズファーム』愛用 〈女性セブン〉 NEWS ポストセブン 2013.10.22 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20131022_218377.html

『女性セブン』9月19日号が<愛子さま「小学6年生のグッチ〈4万円トート〉>と報じた記事は大きな波紋を広げた。
8月下旬、栃木県・那須御用邸で静養されていた皇太子ご一家は、同級生家族とともに那須どうぶつ王国を訪れられた。その際、観光客の注目を集めたのが、愛子さまが手にされていたバッグだった。グッチが2010年11月から展開している子供服コレクションの今年の春夏の新作で、約4万円の高級品。
まだ小学6年生の愛子さまに高級ブランド品を持たせる雅子さまに対しての賛否が巻き起こった。
天皇皇后両陛下も海外の高級ブランド品をお持ちになられたこともある。だが基本的には、ひと目でどこのブランドかわかるようなものを身につけることは避けてこられた。また美智子さまは“贅沢はできない”という思いから、日々物を大切にしてこられた。高級ブランドを使われないのも、こういった思いからなのだろう。
そんな美智子さまの姿勢を色濃く継がれているのが、紀子さまだ。
紀子さまはご結婚当初からつらいことがあると、いつも美智子さまに苦しい胸の内を明かされてきた。美智子さまのお姿をお手本とされて、身振り、手振り、言葉遣いなどを学ばれてきた紀子さまは、当然、服装や持ち物に関しても美智子さまをお手本とされている。海外の高級ブランド品を身につけられることは、ほとんどないという。
紀子さまの徹底ぶりを表すこんなエピソードがある。長女・眞子さまが学習院初等科に入学され、迎えた最初の遠足のときのこと。
「紀子さまは百貨店に“キャラクターがついていないもの”“ひと目でどこの製品かわかるタグがついていないもの”“派手でないもの”“子供が背負いやすいもの”といくつかの条件を出されたそうです。その条件に当てはまるものを外商が宮邸にお持ちし、お選びになったということです」(秋篠宮家関係者)
かつて紀子さまの洋服を縫製したことのある『クィーン洋装店』の堺幸子さんはこう話す。「紀子さまもデザインは流行りに左右されないものが多かったですね。私が作った洋服も、リフォームして長く着ていただいたと聞いております」
その心はお子さまたちへも受け継がれているという。
「大学生になられた眞子さまも佳子さまも、いちばんおしゃれに対して敏感な時期ではありますが、決して高級なブランド品を持たれることはありません。普通の女子大生に人気の『ローリーズファーム』や『ローズバッド』などをお持ちになっているそうです」(前出・秋篠宮家関係者)
9月6日の悠仁さまの誕生日に宮内庁から出されたお写真。佳子さまが履かれていたのは、星の模様がちりばめられた赤いひものハイカットスニーカーだった。このスニーカーは英国の『アドミラル』というスポーツブランドと日本の若い女性向けのブランド『ダブルネーム』がコラボした靴で、7800円ほどの“庶民的”な商品だ。
※女性セブン2013年10月24・31日号

皇室外交で訪問国のブランド品使うことは相手国への友好示す 〈女性セブン〉 NEWS ポストセブン 2013.10.23 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20131023_218392.html

皇太子妃雅子さまは父・小和田恆氏の仕事の関係で、幼い頃から海外を転々とされた。さらに大学卒業後も外交官として海外でも活躍したキャリアウーマンである。そのため、ご婚約の頃から、雅子さまのファッションには注目が集まった。グッチセリーヌ、ヨビス、ヘルノといった海外高級ブランドのコートやバッグを颯爽と着こなされる姿に国民は釘付けとなった。

皇室に嫁がれてからは皇太子妃という立場から日本のブランドをお選びになることも多いが、美智子さまや紀子さまに比べると海外ブランドを使われる機会が多い。

雅子さまと同じように海外ブランドを比較的多く取り入れていらっしゃるのが、東京五輪招致成功の決定打となったスピーチをされた高円宮妃久子さまとそのお子さまがただ。
久子さまご自身、海外を公式訪問されるときなどにはシャネルなどの高級ブランドのバッグを使われることが多い。
また久子さまに倣われるように、長女・承子さまはクリスチャン・ディオール、三女・絢子さまはルイ・ヴィトンのバッグを愛用されている。

久子さまは中学校まで聖心女子学院で学ばれた後、三井物産の重役だった父・鳥取滋治郎さんの仕事の関係で、15年間も海外で暮らされた。大学も英国のケンブリッジ大学に進まれ、卒業後は語学力を生かして、英語の翻訳や通訳などの仕事に携わり、雅子さまと同じように世界中を飛び回られていた。

「雅子さまも久子さまも若い頃から海外生活が長く、欧州の王室を間近に感じていらっしゃいました。ですから、ご自身のロイヤルファッションを確立するに当たって、王室のファッションを模範とされたんだと思います」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)

確かにおふたりが愛用するブランドは、王室と縁が深い。エルメスには、モナコのケリー妃から名づけられた『ケリー・バッグ』があり、クリスチャン・ディオールにも英国のダイアナ妃が愛用した『レディ・ディオール』がある。このバッグは、後に『ダイアナ・バッグ』と呼ばれるほどの人気となった。

雅子さまや久子さまが海外ブランド品を使われることに服飾評論家の市田ひろみさんは、こう話す。
「久子さまは、今回のスピーチのように海外に行かれる機会も多いでしょう。また雅子さまも皇室外交をされることを望まれていました。皇室外交をする上で、訪問国のブランド品を使われることは、相手への友好感情、友好関係を表しているように思います。
その国の人々からすれば、皇族が“自分の国のブランドを着てくれている”と喜ぶでしょう。加えて世界中の誰もが知っているブランドですと、品位も保つことができますので、私は皇族がたが海外ブランド品を使われることに賛成です」

確かに美智子さまも皇太子妃時代には、シャネルやグッチを持たれたこともある。
1959年、陛下と結婚された際にお召しになられたローブ・デコルテはクリスチャン・ディオール製だった。
「当時、ディオールはブランドが立ち上がって10年ほどの新鋭ブランドでしたが、日本でもコレクションが発表されるなど、ファッション界では話題の中心でした。ディオールのローブ・デコルテをお召しになられた美智子さまのお姿は、まだ着物姿の女性が多かった日本に大きな衝撃を与えました。また、そのローブ・デコルテでパレードされた姿は、世界中に配信され、戦後の日本が歩んできた平和への道を示す象徴となったんです」(当時を知る皇室記者)
海外ブランドを使われることによって、復興を遂げた日本からの大きなメッセージを世界中に伝えることとなった。
※女性セブン2013年10月24・31日号

『週刊現代』2013年10月26日号<宮内庁が心配する美智子皇后の「体調」>編集

愛子さまが高級ブランド『グッチ』のバッグを持っていたと報道され、バッシングの渦中に入ってしまったことに、皇后さまはひどく心を痛めていらっしゃる。「愛子のグッチ問題が皇后さまの体調不良の一因」という記事が掲載。

週刊現代2013年10月26日号記事より一部抜粋
だが、不調は頸椎症だけの問題ではないという話もある。(中略)加えて、今年夏に皇太子ご一家が須磨御用邸で静養をされた時、愛子さまが高級ブランド『グッチ』のバッグを持っていたと報道された事もお悩みの種です。報道以降、雅子妃の金銭感覚に批判の声が上がっていますが、愛子さまがそのバッシングの渦中に入ってしまったことに、ひどく心を痛めていらっしゃるのです。」(宮内庁関係者)高齢の上、気苦労の絶えない美智子皇后。宮内庁による公務の負担軽減が今度こそ実を結べばいいが。

後日、現代の記事の内容の「誕生日祝賀の短縮、毎朝のご散策、鎮痛薬の服用」について宮内庁から訂正が入った。

「週刊現代」(平成25年10月26日号)の記事について 平成25年10月17日≪宮内庁公式

しかし、愛子のグッチ問題については華麗にスルー
グッチ問題に皇后陛下が心を痛めておられるという部分は事実だったようである。

『FLASHフラッシュ』2013年11月19日号<雅子さまはなぜ罵声を浴びるのか>編集

グッチのバッグも問題に。この1年「雅子さまバッシング」の真相、という記事で「失敗でしたね。周囲の方も止めるべきでした。」と雅子賛美の皇室ジャーナリスト・近重幸哉氏すらお手上げという残念な結果に==
『FLASHフラッシュ』2013年11月19日号<雅子さまはなぜ罵声を浴びるのか>①天皇陛下の同級生が「雅子さま、まずは別居なさってください」記事前半
<雅子さまはなぜ罵声を浴びるのか>①記事後半 ②美智子さま世代が感じる違和感 ③「皇室を離れてもご症状は改善しません」記事より一部抜粋

今年3月26日午前11時過ぎ、東京駅をご出発になる皇太子ご一家に、いあわせた男性から
仮病、さぼりの税金泥棒!という心ない罵声が浴びせられた。駅構内響き渡る大声。】
’93年、国民の期待を一身に集めてご成婚されたプリンセス。
あれから20年。なぜ雅子さまには批判が集まるようになってしまったのか――――

天皇陛下の同級生が「雅子さま、まずは別居なさってください」
橋本氏が問題視するのは、雅子さまがご公務を十分になされない期間が、あまりにも長く続いている事である。
また天皇家は、国家と国民の安寧と繁栄を祈ることを目的に、宮中祭祀をおこなっていらっしゃるが、
ご病気になられてからの雅子さまはほとんど出ておられない。
皇室文化と衝突する小和田家の家風
はたして雅子さまの経歴は、キャリアと呼ぶにふさわしいものなのでしょうか?
数多くの国を訪問し、全国各地を回って国民のために尽くしてこられた皇后陛下の仕事ぶりこそ、キャリアと呼ばれるべきです。
皇太子妃というきわめて高い身分を、外務省の一外交官のレベルに貶めて考えてはならないと思います。
皇族になれば苗字も戸籍もなくなる。
「皇太子妃の御位につくということは、民間で生きてきた生活の全否定の上に成り立つ。
それを断ち切る精神力、お覚悟お持ちでなければなりません。」(ジャーナリスト・橋本明氏)

美智子さま世代が感じる 雅子さまへの違和感
「10年前には、『雅子さまも、おかわいそうにね』と言っていた中高年の女性たちが、
最近は、『いいわね、生活のご心配がないんだから』と言う。ここ数年で、はっきり変わりました。
(皇室ジャーナリスト・渡邉みどり氏)

精神科医が「皇室を離れてもご病状は改善しません」
’07年末の事。皇太子夫妻は毎年御所でおこなわれるお餅つきを直前にキャンセルしたにもかかわらず、
その夜、知人と銀座のミシュラン三ツ星店で食事を楽しまれた。
皇室行事には参加できないが、プライベートの外出はなさる。
はたして本当にご病気なのか、と疑う声すら出てきている。
「’04年に適応障害という病名が公表されました。ですが、体調面の波や、いろんな症状が出て動けなくなるという
ところを見ると、雅子さまのご病気は広い意味で『うつ病』といわざるをえないと思います。
なかでもここ数年、臨床現場でよく見られる『新型うつ』に近い。
好きな場所には行けるが、仕事をなさろうとするとお体に不調が現れてしまう。新型うつの特徴のひとつです。
ご自身は本当に公務をしたいと思ってらっしゃるのですよ。この病気は周囲から誤解されやすいのです。」

<雅子さまはなぜ罵声を浴びるのか>④グッチのバッグも問題に。この1年「雅子さまバッシング」の真相 記事より一部抜粋

愛子さまに4万円グッチバッグ
8月、ご静養中に「那須どうぶつ王国」を訪れた皇太子さまご一家。
小学6年生の愛子さまは、4万円のグッチのトートバッグをお持ちだったことが批判された。
失敗でしたね。推測ですが、どなたかからの贈り物ではないでしょうか。
愛子さまはいただいたことが嬉しくて持っていらっしゃったのではないかと思います。
子供にグッチを持たせている、イコール贅沢をさせていると受け取められるということに
お気づきになれなかったのが残念です。周囲の方も止めるべきでした。
(皇室ジャーナリスト・近重幸哉氏)

お持ちだったのは「グッチ・チルドレンズ・コレクション」という子供向けのラインの商品。
皮肉なことに女性週刊誌で報じられて以降、店に問い合わせが殺到したという。

2013年12月9日雅子50歳誕生日映像に登場した徳仁が着ていたニットジップカーディガンは、エルメスwのニットを手掛けるメーカーBALLANTYNE(バランタイン)編集

Part2711-470 可愛い奥様 sage 2013/12/20(金) 01:04:01.42 ID:DP6sKPIw0
>>71
>道化師みたいなセーター着た皇太子

これの色違いですね。エルメスwのニットを手掛けるメーカーBALLANTYNE(バランタイン)
http://www.yoox.com/jp/39390977LD/item?dept=men#sts=sr_men80&cod10=39390977LD&sizeId=5

ジップ金具の輪もまったく同じ
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1386565584286.jpg

カシミア素材だと定価20万越えの一流品なのに、そうは見えない不思議w
http://openers.jp/fashion/news/057.html
http://www.tsushin.tv/personal/list/ballanty.html


648 可愛い奥様 sage 2013/12/20(金) 15:08:19.98 ID:DP6sKPIw0
峰竜太とお揃いw
http://mineryuta.sakura.ne.jp/sblo_files/mineryuta/image/mineryuta-2010-02-02T21:01:47-2.jpg

↓まさかの法則発動?(>>470のコットンニットは春夏物)

346 :ノーブランドさん:2013/08/01(木) 01:06:44.52 0
スレチかもしれんがバランタインのスコットランドの工場が閉鎖だってさ。
倒産てわけでは無さそうだが、Webサイトも閉鎖されてるし。

さて某ニット屋から知らせが来たわけなんだが、
バランタインのニットはクラシックすぎて見頃が大きすぎるし、
ぶっちゃけクルチアーニのほうがフィット感はいい。

秋に向けて在庫品を買おうか迷うな。

バランタイン http://www.ballantyne.it/


651 可愛い奥様 sage 2013/12/20(金) 15:16:37.91 ID:sGIzmmrZ0
やっばり春夏物だったのねw
本当に季節感のない一家ね。

それにしても皇太子ともあろうものが、容易に特定できる量産品、しかも二流俳優とお揃いとはねー。
恐妻家ご愛用ブランドなのかしらーw


653 可愛い奥様 sage 2013/12/20(金) 15:28:52.59 ID:DP6sKPIw0
>>651
YOOXは小売店が仕入れてくれなかったり、店のセールやファミリーセールで売れ残った
型落ち在庫を、メーカーが一山いくらで払い下げて処分してもらう叩き売りサイト。

90%offの$100でもまだ売れ残ってる品を、外商から定価(おそらく10万前後)でお買い上げなんて
もう…趣味が悪いというか、なんというかw


711 可愛い奥様 sage 2013/12/20(金) 18:22:30.26 ID:h5SqRese0
あのへんなニット19万7400円もするんだ。うわー。

725 可愛い奥様 sage 2013/12/20(金) 18:48:06.40 ID:sGIzmmrZ0
>>711
秋冬はカシミア素材だから19万7400円だけど、
ナルが着ているのは春夏物のコットン素材だから定価で9~12万円(叩き売りサイトで2万弱w)じゃないかな。
何れにせよ似合わないがw

2014年8月3日 全国高校総体(インターハイ)女子サッカーと男子バスケットボール観戦に東宮一家3人登場、見る人に色々衝撃を与えた愛子ジャケットが「ジル・サンダー」という書き込みで更に衝撃が広がることに編集

2014年8月3日 全国高校総体(インターハイ)女子サッカー観戦のため駒沢公園に登場した東宮一家。徳仁は半袖シャツノーネクタイ、雅子はボタン全開白ジャケット白インナーに濃い色のワイドパンツ、愛子はボタン全締め薄い水色コットンジャケットに青色インナーで下はキュロット(?)左手に前月末伊勢訪問と同じ丸っこい薄いクリーム色布バッグを手にしている(FNN)
その他当日画像は【マコオタ画像集(雅子関係)15】参照。


Part2831-124 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/05(火) 17:16:14.20 ID:zssn9Wgf0
アイコさんとお揃いに見えるわw

http://hayashi-mariko.kireiblog.excite.co.jp/dm7/image/1b5d016833/20140723101044.html

もっともアイコさんはジルサンダーじゃなく、ジルサンダーネイビーの方でしょうけど。
流石!ファッションセンス抜群、皇室のファッションリーダーと称賛されると思ったのかしら。


125 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/05(火) 17:18:43.06 ID:Dz2Alj9F0
>>124
ちょw
高校総体の時の愛子ちゃんのジャケット、
襟がうきあがって、
後ろからジャケットの背中心もって引っぱりあげたみたいなおかしな感じになってた。


168 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/05(火) 19:04:38.83 ID:YXkLVJVF0
ジルサンダーだったのか、あの愛子さんの事務員ジャケット…
グッチバッグもだけど、センスと体型と髪型とTPOって大事だね。


217 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/05(火) 21:07:51.63 ID:f70p6rCr0
>>168
「ジルサンダーってあんななの…」と言われてお客が離れてしまうな。
全てをぶち壊しにする一家だね。


241 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/05(火) 21:42:41.80 ID:L8S9vuZD0
????????
これがジルサンダー??????
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1407047226482.jpg


258 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/05(火) 22:15:46.92 ID:7LZp6lNx0
ジル・サンダーのサイト覗いてきたけど、凡そ○真理子やアイコのずんぐりむっくり体型
とは程遠い鉛筆のような肉のない体型前提だよねw。


279 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/05(火) 23:13:25.96 ID:5usBesHQ0
ジルサンダーなの?
礼節の独身時代の服のお下がりかも…って本気で思ってたくらい小汚い印象のスーツ(作業服風)だわ。
インナーの色が悪すぎたのも大きいと思うけどね。


282 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/05(火) 23:19:34.83 ID:zhBbjzJ30
ジル・サンダーがオシャレだったのって15年以上前じゃない?
今はオンワードの大赤字ブランド。


294 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/05(火) 23:30:54.30 ID:Bnvf1U8Z0
雅子さんの白いパンツスーツはAlberta Ferretti


316 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/05(火) 23:57:10.51 ID:L8S9vuZD0
ジル・サンダー?
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1407245993534.jpg

あまりにもむごい。


750 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/06(水) 17:30:31.06 ID:GPUmcyBZ0
ここ数ヶ月の露出で、愛子なんか別に裸でなければ何着てたっていいわ、てな気になったわ。
眞子佳子さまみたいに「ちょっとお地味じゃない?」とか「お母様と色目を合わせてらっしゃるんだ」
とか「娘に着せてみたいわ」とか思うこともないし。論じる価値も感じない。

去年のグッチバッグのポロシャツ・チノパンが「まだまし」って言われる日が来るなんて、ビックリよ。


775 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/08/06(水) 18:13:30.33 ID:KlYW4TdDO
>>750
あはは。そのとおり。
今まで色々がっかりしてきたけど、全てを凌駕するジルサンダーであったよ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki