FANDOM


超有名な映画音楽であるが、徳仁との婚約内定が公表される直前の時期、1992年12月31日福島県猪苗代のリゾートホテル「ホテル・プルミエール箕輪」のプールにて、ハイレグ水着姿の小和田雅子が子供たちをあやすときに口にしたというエピソードがある。

単にこれだけなら他愛もないエピソードに見えるが、それを証言したのが学習院卒で高円宮(小和田雅子入内に諸方面で大きく関わっていた人物である)と同期であるという和泉実芳氏、そして小和田家の家族旅行を父恒がビデオ撮影していて、報道協定解禁後にはそのビデオをテレビ局に配るつもりだったなどという記述もあるなど、薄気味悪いほど手回しが良すぎる背景が窺える。

上記の点以外にも細かなツッコミどころがいろいろあり、自宅コンクリ御殿でのウインナー炒め写真撮影会・土川純代氏別荘でのビデオ撮影会・一足遅れのクリスマスカードマスコミ提供などと同様、皇太子妃売り込み大作戦の小細工が目立っている気がしてならない。

  • 1992年12月30日~1993年1月2日の猪苗代家族旅行ならスキーが定番なのに、どうして水着を2着(黄色無地ハイレグワンピース、花柄ラメ入り脇3ヵ所ヒモで結んであるデザイン)も持参していたのか?
  • 元日プールでカメラ撮影したがガラス越しストロボで失敗したと語る和泉実芳氏、自分の子供4人が一緒に遊んでいるのだから、許可を取って雅子と子供らが一緒の記念写真を撮れば良かったのでは?
  • 4人の子供たちと遊んでいた雅子がつけたあだ名「ワンピー1号~4号」、どうして「ワンピー」? どうして番号?
  • 「そして、この年末年始のバカンスは、まちがいなく一般人・雅子さんとしての最後の家族旅行だったのだ。」 しょっちゅう会ってるシリーズに見られるとおり、小和田家家族と会うのは相変わらず続けてるよね
  • 子供好きの振りをしてるけど、2010年3月5日愛子不登校発表会見で、学習院2年生8歳男児をその犯人として吊し上げてしまうようでは、到底思いやりのある子供好きとは言えないね


『週刊現代』1993年1月23日号<ご婚約内定総力ワイド 皇太子と小和田雅子さん「世紀の恋」スクープ秘話>編集

pp.26-27より引用
2 小和田雅子さんの「知られざる素顔」
 皇太子殿下のご婚約も内定し小和田雅子さんの情報も一斉にオープンにされたが、出てくる話はどれもこれも似たり寄ったり。雅子さんの実像がさっぱり見えてこない。そんななか、本誌は、昨年末から正月にかけて家族旅行した雅子さんをキャッチした。
 
 雅子さんが両親、妹一人、ほかに外国人夫妻の計6名で現れたのは福島県猪苗代箕輪スキー場にある高級リゾートホテル「ホテル・プルミエール箕輪」である。
 そこで雅子さんに気づき、なんと水着写真まで撮ったのは、和泉実芳さん一家である。
 和泉さんの話を聞こう。
「私たち家族は、毎年、年末から正月にかけてここで過ごしているんです。今回も昨年12月28日から1月2日まで滞在しましたが、30日の夕方ごろ、ホテルのロビーで小和田さんをお見かけしたんです。
 和泉さんは学習院卒で、高円宮殿下とも同期ということで、皇太子殿下の結婚問題にも関心が深かった。そのためお妃候補の一人に挙がっていた小和田さんに気づいたというが、ほかに気づいた人はいなかったという。
「母に『あの人がお妃候補だった小和田さんだよ』と教えると、母は『テレビで見るのとは違ってやさしそうな方だね』といっていました。キツい人という印象があったのでしょうね。でも、雅子さんの印象は、翌31日には完全に変わりました。31日、私たち家族は、プールで遊んでいたんです。おじいちゃんが『サメだぞ~』などといって孫とその友だちの計4人の幼児をあやしていました。そのとき、雅子さんがプールに見えられたです……」
 
あざやかなハイレグ水着で現れた!
 身長165㎝、キリリと服を着ているときには気づかないが、プールサイドでの雅子さんのプロポーションはバツグンだったと、和泉さんはいう。足がスラリと長く、ヒップはキュッと上がり、すばらしいライン。まるで外国の女優かスポーツ選手を見るような気がしたという。
「雅子さんは黄色の無地のワンピース姿でクロールで泳いでいました。そのころ、子どもたちを遊ばせるのに疲れ、おじいちゃんがプールから上がったため、子どもたちが雅子さんに向かって『サメだサメだ』と声をかけたのです。すると雅子さんは泳ぎを止め、“ジャジャジャジャ、ジャジャジャジャ……”とジョーズのテーマを口ずさみながら子どもちをあやし始め、浮き輪をゆらしたり、潜っては浮上したり、子どもを抱きかかえたりと、1時間近く遊んでくれたんです」
 その間、雅子さんは子どもたちと楽しそうに会話を交わし、4人の子どもに「ワンピー1号~4号」と名を付けて呼んでいた。そのうち、ケンカが始まると、「ワンピー1号、どうしたの~」と優しくなぐさめていたというのである。
 和泉さんがいう。
「テレビに映し出されたときや、表に出ているときの発言だけを聞くと、キツいという印象を受けますが、プールで受けた印象は本当に優しい。もちろん雅子さんは私が彼女を知っているとは気づいておらず、“素顔”のままを出していました」
 この時雅子さんは、和泉さんの友人とプールのそばのジャグジーでなごやかに談笑したりしたともいう。
 翌元日には、雅子さんは花(この箇所約1行読み取れず)の水着を着てプールに現れた。
「ワキのところが3ヵ所、ヒモで結んである水着で、みごとなプロポーションにウットリですよ。このときも子どもたちと遊んでくれたので、写真を撮ったんです。でも、直接撮るのは失礼だと思い、全面ガラス張りになっているプールの外から撮りました」
 これがバッチリ写っていれば、大スクープ写真!
 ところが残念なことに、この写真、ガラス越しにストロボ撮影したため、ガラスに反射し、結果は真っ白。皇太子妃・雅子さまのハイレグ水着というスクープは泡と消えた。
 ともあれ、子どもを前にしたこのときの雅子さんのやさしい表情や態度こそが、彼女の本来の姿に違いない。
 そして、この年末年始のバカンスは、まちがいなく一般人・雅子さんとしての最後の家族旅行だったのだ。

『小和田雅子さん 素顔の29年』永井雄一著データハウス1993年 p.227より、1992年12月30日~1993年1月2日家族旅行で福島県のホテル・プルミエール箕輪に滞在していたことについて編集

『小和田雅子さん 素顔の29年』永井雄一著、データハウス1993年
p.227より引用
 翌31日、雅子さんはホテルのプールに一人で泳ぎにきた。それは、やはりこのホテルで年末年始を過ごしていた家族連れの目にとまっていた。そのご主人のIさんは、学習院卒で高円宮殿下と同級生の人であった。
 黄色の無地のワンピース姿でクロールを泳ぐ雅子さんは、美しいプロポーションでひときわ目立っていた。スポーツ選手か、外国の女優を思わせるようだった。それでいて、この時も雅子さんはこの家族連れの子供と、プールの中で遊ぶことになった。
「サメだ、サメだ」とはしゃぐ子供たちに
「ジャジャジャジャ…」と映画『ジョーズ』のテーマ曲を口ずさみながら、雅子さんは子供たちの浮き輪を揺らしたり、潜っては子供たちを抱きかかえたり、1時間ほど楽しい時間を過ごしていた。
 さらに翌元旦にも雅子さんはプールにきて、その時には花柄ラメ入りの水着で、他の客を圧倒していた。

『FLASHフラッシュ』1993年1月26日号<“長かった道のり……”小和田雅子さんに決まるまで>より、当猪苗代リゾートホテル家族旅行を小和田恒がビデオ撮影していて、報道協定解禁後にテレビ局に配る心づもりがあったらしいなる記述編集

p.7より引用
 その報道協定も6日午後8時45分をもって突如解除となったわけだが、実はここにもちょっとした裏話がある。雅子さんは、12月30日から新年2日まで福島県猪苗代町の箕輪スキー場に家族旅行に出かけている。その折り、父の恒氏がビデオを撮っていたというのだ。
報道協定解禁後にテレビ局に配る心づもりがあったらしいのだが、突然の解除で幻のビデオとなりそうなんだ。各局とも喉から手が出るほど欲しいところだがね」(皇室記者)。

当該ホテルを指しているかは不明だが、「親戚が昔スキー場併設某ホテルに勤務していて 雅子さんのお后報道があってからかつてこのホテルに雅子さんが宿泊していたと言うことが分かって とにかく宣伝になるから雅子さんのことを言って回れと上司命令が出た」という書き込み編集

Part2384-66 可愛い奥様 sage 2012/07/04(水) 12:44:31.05 ID:V3lwQR2k0
いちおつ

あまり詳しく書けないけど
親戚が昔スキー場併設某ホテルに勤務していて
雅子さんのお后報道があってからかつてこのホテルに雅子さんが宿泊していたと言うことが分かって
とにかく宣伝になるから雅子さんのことを言って回れと上司命令が出たらしく

「雅子さんがお泊まりになった。あまりにきれいで仕事を忘れてみとれてしまった」
「写真を撮ろうとしたけど失敗した」「どこかの令嬢と思ったら皇太子妃に内定した方がそうだった」
「美しい上に礼儀正しい方だった」

等々w
親戚は見たかも知れないけど覚えておらず、それでも当時そう吹聴して回ったらしい。
今は何故か笑い話にされてる話。


84 可愛い奥様 sage 2012/07/04(水) 13:05:28.54 ID:DvKuaRvx0
>>80 >>60
「雅子さんがお泊まりになった。あまりにきれいで仕事を忘れてみとれてしまった」
「写真を撮ろうとしたけど失敗した」「どこかの令嬢と思ったら皇太子妃に内定した方がそうだった」
「美しい上に礼儀正しい方だった」

小和田の要求でしょ。美しい人をいちいち美しいとかきれいとかあまり言わないよね。
あと、写真を撮るな、令嬢(金持ち、出自がよい)、礼儀正しい、どれも
小和田のコンプレックス。

学歴職歴については、そのころは自信を持っていたんだろうか。まあ、ナルさんをそれで釣ったという
自負があったんだろう。


89 可愛い奥様 sage 2012/07/04(水) 13:20:05.57 ID:V3lwQR2k0
>>84
親戚は「上司命令は本当突然。どこか大きい組織からお達しが来たって噂
とも言ってましたけど、私はその噂は本当だと思ってます。


94 可愛い奥様 sage 2012/07/04(水) 13:36:26.73 ID:DvKuaRvx0
サービス業界って顧客のうわさを広めるのってタブー中のタブーだよね。
有名人の来店のとき記念写真撮って店に飾ったり、有名人の名前出してお買い上げとかって、
本人の了解を得て広告料とか謝礼とかいろいろちゃんと決めてやってるんだよね。

上司が、「雅子さんを宣伝せよ」ってよほどのことだね。何があったのかな?
記事の事も、実名報道なら、本人への確認は取るよね。一般人なんだから。それでも
報道された、これも不思議。許可したんだよね、本人たちがさwボストンの記事だって変だ。

なんにせよ、耳なし芳一じゃないけど、どんなに怖くても声を立てなければ
入り込まれなかったのに、徳仁さんは惑わされてビビッて戸をあけちゃったんだね。
それなりの責任を取らないとね。高円宮殿下と寬仁親王殿下にも顔向けできないよ。


103 可愛い奥様 sage 2012/07/04(水) 13:49:59.03 ID:V3lwQR2k0
>>94
いやさ、今思ったけど、当時だったら
「雅子様が宿泊したホテル」ってだけで宣伝になりましたよね。
それを覚えてない従業員総力をあげてそんな話吹聴しなければならなかったのか
すごく不自然

この板に来るようになって「大きな組織からのお達しの噂」が本当だと思えるようになったけど
この話を聞いて笑ってたときは本当に無知だったから・・
親戚も噂に関しては信じてないみたいだったし

468 可愛い奥様 sage 2012/07/04(水) 20:48:02.89 ID:GBPUj7Nb0
>>66
自分も昔、某東北の某スキーリゾート地で働いてた。「ここに雅子さまも泊まりにきた」と言われていたが、
噂になってたのは「現地の内科医が『とにかく色黒だった』と言ってた」という話のみでしたwww
なぜ内科医に行ったのか?そこはオーナー制ホテルでオーナーの内科医さんが見かけたって話だったのかも。
ん?オーナー制だったけど、小沢のお膝元だし、親小沢のオーナー部屋を借りたって事だったのかなー。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki