FANDOM


小和田家で飼われていた雄のヨークシャーテリアの名前。ヤンキース松井秀喜選手と同じ6月12日生まれということで、後述の『女性自身』2005年12月13日号記事情報から考えると、1988年6月12日がショコラ誕生日ということになる。

ショコラの末路については「在外生活が多い小和田夫妻が連れて行くこともなく(動物の海外渡航は検疫期間もあり負担も大きい)、スイス在住の渋谷節子も無理、池田礼子が面倒をみることもなく、小型犬1匹のスペースは余裕であるはずの東宮家でも既に「ピッピとまり」を飼ってるからとの理由で高齢で耳が遠く歩くことのできない老犬の引き取りを拒否、コンクリ御殿で孤独死した」という見方が多い。
後掲『女性自身』記事からも死亡時期等そのあたりの情報が曖昧であり、皇室ジャーナリストを名乗る人間たちに意図的かどうかは不明であるが、この点を詰めていない取材姿勢があることも明らかである。

そして2008年2月13日、小和田家と古くから親交のある書家・小川東洲氏が唐突に「ショコラはオランダで昇天した」との証言を北海道新聞連載エッセーで披露している。ほとんど身内と言っていい存在からの新聞利用の言い訳めいた小和田家擁護プロパガンダに、多くのスレ住民奥様方が信用ならない胡散臭いものだと感じている。

参照:【プッチー】、【樽ネズミ】、【剥製作り】、【あだ名】、【ピッピとまり】、【白犬ポポちゃん】、【ゆり】、【小川東洲

ショコラ関係画像集編集

1993年1月 ショコラと散歩する小和田恒(FRIDAYフライデー 1993年1月29日号)小和田恒
1993年 散歩でショコラの糞を片付けようとするのはいいが、ロングスカートを完全に地べたに引きずってしまっている妹小和田節子礼節姉妹
1993年 ショコラかかりつけの動物病院獣医師が往診に来たか?(同年6/5参照、電灯が小和田コンクリ御殿にあるものと同じ)、とにかく嬉しそうな雅子と、不思議大胆ペイズリー柄衣装の母優美子小和田優美子
1993年3月17日 浩宮誕生に携わった元宮内庁病院産婦人科医長・目崎鑛太氏が小和田家にご挨拶、犬(=ショコラ)を抱いたまま応対する小和田優美子
婚約時期撮影と思われる、川崎市の動物病院(ア○マルメデoカルセンター)でのショコラと雅子と優美子 / 別画像(目隠しなし)
WEEKLYぴあ 1993年6月8日号 及川正通氏イラストによる小和田雅子表紙、フランスパンなどハイソっぽい買い物帰りで飼い犬ショコラを連れているという設定のイラスト、汚肌の露出を避ける雅子が首元が開いたノースリーブワンピース姿というところに違和感大画伯
1993年6月5日 小和田家リビングにて撮影された一家5人と飼い犬ショコラ。家庭用には似つかわしくない椅子、テーブル上の安っぽい赤い造花に注目
1993年6月9日 出発直前の雅子と、その向かいに飼い犬ショコラ
1993年6月9日 お手伝いさんに抱かれたショコラとお別れする雅子

女性自身 1993年7月6日号<「宮中饗宴の儀」のすべて!写真と秘話(29ページ)大特集!! / 雅子さま愛すべき「失敗」集 2度の「右立ち」や「日本酒キュッ」のほかにも! / 「ショコラ」に独占仮想インタビュー!! / 「ショコラ」ぬいぐるみ!大プレゼント!(詳しくは75ページを) / 大公開!雅子さま“披露宴”6大盛装ファッションの秘密 優雅!あの真珠の「4連チョーカー」は雅子さまの発案!! / 私は見た!美智子雅子さま愛の温視線>表紙・目次・カラーグラビア一部
当時のショコラの認知度がよく分かる女性誌記事タイトルである。

1993年8月13日 結婚後小和田家への初めての里帰りでショコラとキッス
1993年8月13日 里帰りから戻る場面、徳仁雅子を見送りに現れた小和田恒・ショコラを抱いた優美子、後ろにチッソ江頭豊の妻寿々子の姿もチッソ

ショコラが関係するエピソードその1 1993年1月19日婚約内定会見のため、靴デザイナーにそれまで履いていた既製品靴を渡して「オーダーメイド」する頓珍漢な小和田雅子、採寸作業をしている人がいるのに飼い犬ショコラを家の中に放しっぱなし編集

 靴デザイナーの河村龍介さんが、雅子さまの靴をデザインするきっかけとなったのは、皇太子さまとのご婚約だった。記者会見でお召しになる黄色い服に合わせた靴を、晴れの日に間に合わせるためいん、河村さんに白羽の矢が立った。
「そのときは急なことでしたので、雅子さまの靴を1足お借りして、それをもとに作ったんです」 木型も目白にある河村さんの工房に用意してあるもので間に合わせた。その後も何足かご注文をいただいたが、「靴のフィッティングがぴったりいっていないように思われますが」というご指摘を受けて、「もしお許しいただけるなら、雅子さまのおみ足をじかに測らせていただけないでしょうか?」と申し出て、目黒の小和田家で計測をする運びとなった。
「通常ストッキングをはいた上で計測するので、雅子さまにもそうしていただきましたが、足形をなぞるペンが緊張で震えてしまったのを覚えています」
 そんな緊張をほぐしてくれたのが愛犬のショコラ。「私の前にちょこちょこやってきて、顔をのぞきこんだり、なめようとしたりするのを雅子さまが『ショコラ、いけませんよ』とたしなめられましてね」


婚約発表に際し靴を注文するものの、靴デザイナー河村龍介氏にそれまで履いていた既製品靴を渡して製作させ、後に「靴のフィッティングがぴったりいっていないように思われますが」と文句をつけるおかしな雅子。靴の採寸最中に飼い犬ショコラをうろちょろさせる非常識ぶりも見逃せません。
参照:【甲の肉】、【たくあん

ショコラが関係するエピソードその2 1993年4月?某日、週刊朝日の音頭取りで小和田雅子油彩肖像画計画、雅子のデッサンをしている画家がいるのに飼い犬ショコラを家の中に放しっぱなし編集

p.129より引用
 実は、皇太子妃の幻の肖像画はもう1作品ある。
 93年4月12日、皇太子さまと小和田雅子さんの納采の儀(婚約)が行われた。
 朝日新聞社会部は、美智子さまのときと同様に、油彩の肖像画を描く極秘プロジェクトを組んだ。依頼されたのは多くのファンを魅了する洋画家の中山忠彦さん(74)だ。

雅子妃の肖像は淡いブルーの服
 中山さんが振り返る。
「『ご成婚の妃に紙面に掲載したい』と極秘に計画を進めていたようです」
 小和田夫妻は快く了承した。だが、この時期、小和田家には連日、報道陣が張り付いている。隠密裏に進めるため、社会部は絵を仕上げる参考用に雅子さんを撮る女性カメラマンをわざわざ名古屋から呼び寄せ、変装させた。
2人は知人を装い小和田家を訪ねた。
「モデルになっていただいたのは1時間半程度でしょうか。雅子さまと雑談したり、小和田家の愛犬が私の足にじゃれつくなどしながらよい雰囲気で、デッサンが2枚仕上がりました。特定のデザイナーの服とわかるのはよくないから、と途中で雅子さまが服を着替える場面もありました」
 そして、絵を完成させるための次の日どりも決めて、小和田家をあとにした。
 しかし、肖像画は油彩にならず幻の作品となった。
「まもなく週刊朝日に掲載された記事が小和田家の不評を買ったらしく、『大変ありがたいお話ですが……』と丁重にお断りになりました。
 納采の儀で披露した振袖姿や、帽子にリボンといった皇室ファッションより、外務省時代のキャリアファッションのほうが雅子さまには似合う。そんな本誌の記事が原因だったとか。

ショコラが関係するエピソードその3 外務省の同僚・上田上田奈生子さんに、自分の飼い犬と同じ「ショコラ」と非常識なあだ名をつける小和田雅子編集

ある日、仕事の手を休めて、ふと横を見て雅子さまと目が合ったとき、
「ネズミに似てる」
と、私をまじまじと見ておっしゃるんです。
その言い方が可愛らしく、思わず笑ってしまうほどでした。
その後、出張のおみやげに、私にネズミの置物を買ってきてくれたりしたんです。
以前、私が髪をショートにしたとき、
「うちのショコラに似てるわ」
って。それ以来、私のあだ名は〝ショコラ〟なんです。


1987年に雅子と同期外務省入省した上田奈生子さんご本人による、穏やかでありつつも怒りが秘められた様子の「ネズミ」「ショコラ」あだ名事件についての証言である。
参照:【あだ名

ショコラが関係するエピソードその4 小和田家コンクリ御殿に里帰りした雅子がマスコミカメラ前でショコラに口舐めさせキス編集

1993年8月13日 結婚後小和田家への初めての里帰りでショコラとキッス

結婚後小和田家に里帰りした雅子がマスコミカメラ前で母小和田優美子に抱えられたショコラに口を舐めさせるなど、小和田家の犬との付き合い方は人畜共通感染症の観点から言って公衆衛生的にあまり誉められたものではない。オフレコの実家内でなら愛犬との再会をどんな風に喜ぼうと結構なことだが、マスコミカメラ前で国民に推奨できない振る舞いをするのは、市井への影響力が小さくない皇族としてはいかがなものかと思われる。

ショコラが関係するエピソードその5 小和田優美子とショコラと「お犬様お手振り」編集

1993年 雅子婚約内定時代、取材カメラマンに頼まれて調子に乗ってしまったか、小和田優美子が抱いた“ショコラがカメラマンに「バイバイ」。”(女性セブン1993/6/24号)

また美智子妃殿下(当時)のご出産の全てに携わったことで知られる元宮内庁病院産婦人科医長・目崎鑛太氏が、皇太子妃に内定した小和田雅子と実母優美子に小和田コンクリ御殿前で挨拶する光景が皇室特番でTV放映されたが、ショコラを抱いたまま目崎氏に応対する優美子の振る舞いはスレ住民を大いに驚かせた。

参照:【お犬様お手振り

ショコラが関係するエピソードその6 犬グッズ好きが高じて、小和田家飼い犬ショコラ絵入り食器もオーダーメイドか編集

この(補足:ティファニー製テリアの銀)ブローチはお嫁入りの際にお持ちになったショコラの絵入り食器などと同じくらい思い出深い品だから、もちろんOK!

雅子の犬グッズ好きについては【女の夢】の項参照。

ショコラの晩年編集

雅子・礼子・節子の三姉妹がそれぞれ嫁いだ後目黒のコンクリ御殿小和田邸は無人状態が多くなるが、女性誌では、小和田恒がオランダ・ハーグの国際司法裁判所判事に就任し、優美子もそれに同行したことから、老犬で海外渡航が難しいショコラを小和田コンクリ御殿に置いていき、知人に世話を頼んでいたと記事にされている。

『女性セブン』2005年2月3日号
主なきご実家 東京・目黒の小和田邸に残された愛犬は、いま―― 皇太子妃雅子さま(41)心痛める「老衰ショコラの看取り方」

p.36より引用
東宮御所には2匹の雑種犬がいる。いまから10年ほど前、皇太子妃・雅子さまのために皇太子さまが「飼ってみたら?」と勧められたピッピとマリだ。すっかり家族の一員となっているが、雅子さまにとってはもう1匹愛犬がいる。すでに16~17才、ご実家にただ1匹残され、その衰弱ぶりに、雅子さまは胸塞がれる思いでいる。
・・中略・・
 日毎に少しずつご回復に向かわれている雅子さまだが、新年早々、ちょっと気がかりなことがおありになるという。
 それは雅子さまのご実家である小和田家(東京・目黒)のこと。一昨年(補足:2003年)2月、雅子さまの父・小和田恒氏(72才)が国際司法裁判所判事に就任し、オランダ・ハーグに赴任。雅子さまの母・優美子さん(66才)も現地に赴き、夫妻の生活の拠点はオランダに移った。
 小和田邸と同じ敷地内には江頭邸があり、雅子さまの母方の祖父母(江頭夫妻)が暮らしていたが、昨年11月19日、祖母・江頭寿々子さん(享年88)が入院先の病院(静岡県富士市)で亡くなった。
「おじいちゃま(江頭豊氏、97才)も同じ病院にはいられていたのですが、ご高齢で足腰も弱くなっていることから今後もその病院で暮らされることになったようです。介護サービスの整った病院ですから、小和田夫妻もその方が安心だからと預けることにしたようです」(小和田家の知人)
 小和田夫妻は、この年末を日本で過ごし、その後はオランダに戻っている。つまり、雅子さまのご実家は、現在誰もいない状態にある。
「いや、そうではないんです。小和田邸は、確かにひっそりした感じになってしまいましたが、実は雅子さまが可愛がられていた愛犬のショコラがそのまま家に残っているんですよ。
 なにしろ老犬ですからね、小和田夫妻もオランダに一緒に連れていくのは断念したようです。
 そのため、ご夫妻の知人のかたが、足しげく小和田邸に通って、ショコラの世話をされているようです」(皇室関係者)
(中略)
 今回オランダに戻る際、小和田夫妻はショコラを連れていくべきかどうかでずいぶん悩んだという。
しかし、歩くこともできないショコラを見て、とても飛行機での長旅には耐えられないだろうと、結局おうちに残されることになったようです」(前出・知人)


『女性セブン』2005年4月28日号<皇太子妃雅子さま急転 ご実家が消える 皇后・美智子さまの悲しみ再び――母優美子さんも疲れ果て>でも続報で「ショコラがコンクリ御殿に残されて知り合いの人によって世話されている」「目黒の小和田邸には(犬のショコラを除いては)誰もいない」という内容が重ねて記されている。陽気な反面、人に相手されないと寂しがる性格が多いヨークシャーテリアであるショコラの晩年における哀れさは、多くのスレ住民奥様が痛ましいものと感じている。

ショコラの死亡時期、『女性自身』記事に見られる二説編集

ショコラの死亡時期については『女性自身』が「2005年11月上旬」と「2006年夏」との二通りの記事を掲げている。いずれが真実かは不明だが、当雑誌編集部のとんでもないいい加減さ・取材能力の乏しさを反映していると判断するのが妥当であろう。

『女性自身』2005年12月13日号
雅子さま(41)長子優先女系容認なお「男子」重圧と愛子さま(3)仲良しショコラ天国への「涙」
p.33より引用
さらに、雅子さまを悲しませる事件が起こっていた。皇室担当記者が続ける。
実は(補足:2005年)11月上旬に、小和田家の愛犬ショコラが、17歳5ヶ月の天寿をまっとうしたんです。高齢から歩けなくなり、この夏から体調を崩し、かかりつけの病院に入院していたそうです。ご婚約時代の愛らしい様子や、初めてのお里帰りに雅子さまに元気いっぱいキスしたショコラのことを思い出して、雅子さまのご落胆はどれほど大きかったか。想像にかたくありません」
 雅子さま同様、愛子さまもショコラの死を悲しんだに違いない。昨年(補足:2004年)3月、長野県の小和田家の別荘で雅子さまが長期ご静養をなさったとき、愛子さまと仲良くなったのが愛犬ショコラだった。
「昨年(補足:2004年)初夏、ショコラと仲良くなられた愛子さまは、雅子さまとご一緒に、おばあさまの小和田優美子さんに電話され、『ショコラとお散歩したい』とおっしゃったそうです」(皇室担当記者)
 ショコラとの思い出は、愛子さまの胸にも深く刻まれている。こういったなか、雅子さまの悲しみを癒す最大の存在は愛子さまなのだ。
『女性自身』2007年8月14日号
「車専門誌」がスクープ…エッ!?雅子さま(43)「5千万円リムジン」でお忍び外出
美智子さま勇気づけた「愛犬アナスタシア」 愛子さま「ピッピとマリ皇族の愛情ペット愛情物語
p.63より引用
愛子さまが連れていらっしゃる愛犬とはピッピとマリ。実はこの犬、皇太子さまと雅子さまが、もう10年以上も飼われているものだ。
「“夫婦ゲンカは犬も食わぬ”と申しますけれど、ケンカのタネはわりとよく犬が拾って食べてくれる気がします」
かつて35歳のお誕生日にユーモアたっぷりにこう話された雅子さま。この3年ほど前、赤坂御用地内に迷い込んだ犬が10匹の子犬を産み落としたという。そのうちの8匹を宮内庁の職員が引き取り、2匹のきょうだい犬をご夫妻が飼われるようになったのだ。もちろん名付け親はご夫妻。雑種犬の雄のほうがピッピで雌がマリ。
「ピッピという名前は、昔、小和田家がペットにしていたセキセイインコの名前なんです。つがいで飼っていましたが、その雄がピッピ。ただ2羽とも死んでしまって。だから雅子さまが懐かしがって同じ名前を付けたのではないのでしょうか」(小和田家の知人)
 雅子さまといえば、結婚前に可愛がっていた小和田家のヨークシャーテリアの雄“ショコラ”が有名。ショコラは雅子さまが適応障害になって半年後に、愛子さまとご一緒に、軽井沢の実家の別荘でご静養されたおり、愛子さまと仲良くなった。そんなショコラも昨年(補足:2006年)夏、20年近く生きて老衰で死んでしまった。それでさらにピッピとマリは雅子さまの生活にはなくてはならない存在になったようだ。


参考:2009年2月5日放送YTVミヤネ屋では「2006年夏ショコラ死亡」と伝えている。

「ショコラがコンクリ御殿に置き去りにされ、小和田家の人間に面倒見てもらえなかった?!」に対するスレ住民奥様方の書き込み編集

Part215-759 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:28:41 ID:JGTrxw2L
ご実家なくなるかもの記事で驚いたのが
「ショコラが一匹だけ残されて、近所の人が交代で世話をしていた」のくだり。
屋敷に犬置いていったのか!!!

761 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:35:40 ID:zTLNahd+
>>759
オランダに連れて行ったと聞いていますが。

762 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:36:51 ID:NbyOGgxy
>>759
えーっ、優美子さまがオランダに行っている間ショコラは実家にいたのか。
それはまたずいぶんご近所にも迷惑をかけているんですね。

763 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:36:59 ID:9ofcXcTm
>>759
ご近所も皆さん犬を飼ってらっしゃって、気になさらない地域なのかも
しれませんが、迷惑な話ですねぇw
お隣の実家に預けてらっしゃったけど恥ずかしくてそういってるだけかも
しれませんが。

764 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:37:42 ID:JGTrxw2L
>>761
私もそう思っていたんだけど、今日見た雑誌には
「ショコラが一匹・・・・」と書いてあってびっくりしたの。
近所の人が世話っていくらなんでも無理ありありなのではと驚いた。

765 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:44:06 ID:Y+fMRzRL
優美子さまに「犬の十戒」のフラッシュを見せてやりたい・・・

768 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:45:08 ID:NbyOGgxy
>>763
実家は誰もいないでしょう。江頭ジジイは老人ホームにいるから。

769 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:48:49 ID:zTLNahd+
>>764
そうだったんですか?意外ですね。
老犬が可哀想になってきた。

770 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:51:02 ID:JGTrxw2L
アニマルセラピーだのなんだのするなら
ショコラを東宮御所に引き取ってあげればいいのに・・・
ご実家の犬だし、雅さんにとってもよいのでは。

771 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:51:34 ID:RuD14BB6
>>770
今それを言おうとしてた漏れw

772 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:53:55 ID:6X+YaJJY
小和田家って人間も犬も年を取ったらみんな捨てられるって感じ。

773 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 00:54:04 ID:XGWa7Nco
ピッピとマリーだっているのにね>アニマルセラピー
犬じゃダメってこと?
牛じゃないといけないの?

777 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 01:01:32 ID:/AfF762I
>小和田家って人間も犬も年を取ったらみんな捨てられるって感じ。

そういう印象、ホントにある。つうか弱者切捨て。水俣病患者とか。
何で、こんな家から皇太子妃をもらったんだか。

778 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 01:07:15 ID:7HD7IoLZ
ショコラは日本にいる妹が引き取ればいいのに・・・。
ホントにひとりで家にいるなら、虐待に値するよ。

そういえば、愛知万博で英国のヘンリー王子が来日するらしい。

779 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 01:09:06 ID:dv3utKQg
窒素はどうしたの?江頭。

780 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 01:12:38 ID:CrM3ocrk
大丈夫、このスレでこれだけ騒げば、あっというまにショコラのお迎えに行くよ。
ね?雅子w

781 名前:可愛い奥様 :2005/04/16(土) 01:13:46 ID:JGTrxw2L
お金はあるんだからペットシッターさんをお願いするとか
全力で里親を探すとか、いくらでも方法はあるのに
「ご近所さんおながいします」と家に放置していくなんてひどいよ。

Part1130-858奥様がまとめてくださった『女性セブン』2005年4月28日号の内容(改行のみ読み易いように一部つなげてあります)編集

Part1130-858 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 11:53:15 ID:Gn8+547i0
女性セブン 2005年4月28日号(P27~29)

皇太子妃雅子さま(41) 急転 ご実家が消える
皇后・美智子さま(70)の悲しみ再び―― 母・優美子さん(67)も疲れ果て
小和田家さらなる苦悩 雨の中、嫁いでいったあの思い出の家が…

・4月5日午後6時30分すぎ、小和田邸に不審な男が侵入した。小和田恒氏は現在ハーグに赴任中。優美子さんは、3月中旬に帰国し、この家で生活をしている。
・小和田一家は’71年に帰国、東京・新宿区にまず住まいを持ち、翌’72年、現在の家に転居。敷地内に優美子さんのご両親が住む江頭邸があった。時を重ね双子の妹さんが嫁ぎ、雅子さまも皇太子さまと結婚され、恒氏と優美子さんはオランダへ。雅子さまの祖父母にあたる江頭夫妻が留守を預かることとなった。

 ところが祖父・江頭豊氏(97才)、祖母・寿々子さん(’04年死去・享年88)が相次いで体調を崩し、老親の介護に腐心した小和田夫妻は、苦渋の末に、昨年の秋、両親(江頭夫妻)を静岡県の介護サービスの整った病院に預ける道を選択した。
 だが、それからわずか3週間あまり。 寿々子さんは亡くなった。
「それ以後、小和田邸には誰もいなくなって、愛犬のショコラだけが残されて‥‥。知り合いのかたが世話をされているようです。外からみるとモダンな建物ですが、やはり人が住んで風を入れないと、痛みがひどくなるんじゃないですか」(小和田家と親しい近隣の住人)(「」内太字)

・優美子さんの胸中に、いまひとつの案として浮かんでいるのは、例えば嫁いだ礼子さんが暮らしている同じマンションに住むことだという。豊氏は、いま静岡県内の病院で暮らしているが、「もう、あの家には、誰もいなくなった。目黒の家は、売却したほうがいい」と、周囲に話しているという。
だが、優美子さんとしては、そう簡単に結論を出せない理由がある。「やはり、いちばんの理由は、仮にも妃殿下の実家を売却ということになれば、ご静養中の雅子さまが戻られる場所もなくなるということでしよう」と皇室ジャーナリスト。
・皇后・美智子さまのご実家もいまはないことに言及。正田邸、小和田邸、奇しくもふたりのプリンセスのご実家が、同じ運命をたどろうとしていると〆。

2008/2/13唐突に「ショコラはオランダで昇天した」と証言する小川東洲編集

Part1130-877 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 12:16:57 ID:zQw+OqLZ0
北海道新聞 2008年2月13日 夕刊
『私のなかの歴史 命の証を尋ね求めて⑭』 書家 小川東州さん
ショコラとおイネ
 一昨年の夏のある日、軽井沢にある小和田恒さんの別荘へ
向かう途中でのことでした。
 雅子様もかわいがっていた小和田家の愛犬、ヨークシャーテリアの
ショコラは、もはや失明し、はったままでしたが、ご夫婦は何度も
運転の手を休めては介抱にこれ努めているのです。
 見るに見かねた私が、「これでは(オランダに)持ち帰れますか」と
声を掛けますと、「いいえ、連れて帰るのです」と、小和田さんは
なんともかよわい声で話すのです。
 実はショコラを「持ち帰る」と話したのはそれなりに理由があっての
ことでした。このときの老ショコラが首の出るトウで編んだ手提げかごに
入っていたからで、私どもには「持ち帰る」がこのときに合った言葉に
思えたのです。
(中略)
小和田家のショコラは一昨年、オランダに戻って間もなく昇天しました。

あの胡散臭い書家の話しだけどねw


小川東洲氏は小和田家と付き合いが古い書家であり、皇室SP番組にて愛子の書いた字を立派すぎると絶賛したことでもスレではお馴染みである。
なお北海道新聞は2ちゃんねるニュース速報+板でもこんなスレッド「北海道新聞社説】外国人参政権、日本の植民地支配の歴史を引きずった問題であることも考慮しなければならない」が立てられるほどに、日本と中韓関係について独特な論調を広めている新聞であることにも注意したい。果たして老犬ショコラが日本→オランダ十数時間のフライト+その前後数時間絶食に耐えられたのか?

2017年4月の皇室特番にて「ショコラの最後について、両親が海外の赴任先へ連れて行き、そこで死んだと紹介されていた。」編集

Part3224-http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1492297178/
447 可愛い奥様@無断転載は禁止 sage 2017/04/17(月) 19:49:52.96 ID:Dy0dW4Em0
昨晩の皇室に嫁いだお妃特集を見た方いるかな。
ショコラの最後について、両親が海外の赴任先へ連れて
行き、そこで死んだと紹介されていた。
本当かしら。


511 可愛い奥様@無断転載は禁止 sage 2017/04/17(月) 23:44:06.66 ID:qpSrixG30
>>447
もとhanakoかなんかの編集者のおっさんの
「らしいです」って情報だったような?

与儀美容室の人がまた誤成婚当日
ヘアメイク中の雅子が式次第見ながら
手毬寿司をひたすら食ってた同じ話をしてた


521 可愛い奥様@無断転載は禁止 sage 2017/04/18(火) 02:07:44.10 ID:roMgtVI+0
>>511
あのオッサンの独壇場で途中から見る気なくしたわ


小和田家飼い犬ショコラのかかりつけだった獣医の評判編集

Part3015-196 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/09/22(火) 23:29:40.38 ID:+MAdvEYk0
ツイッターのボッタクリ獣医はショコラの主治医?


タクシー代2700円ねこの救急で75000円

○○○ちゃん大丈夫ですか???
あとお財布も……

財布は…まあ…だんなの表情がうつろで…w
帰りのタクシーで「あの病院!!!行ったの!!!!」とおどろかれました。
武蔵小杉の某病院ですが…うん…

動物病院はあまり詳しくないですが……カタカナの名前の所ですか?

あーそこです。多分。
綱島街道沿い、武蔵小杉か新丸子が最寄で南武線の線路沿いの…
助かったからいいけど、100万とか請求されるそうであばばばばw

請求額は後日ですか??土器土器が止まらない……(TT)

検査できるほどおしっこしなかったんだそうで、尿検査のお金が戻ってきましたw
さらにレントゲンとかの検査データを出してもらって1100円取られて、この金額から1290円戻って計74520円。あとタクシーが往復5500円ほど。
100万は手術だとか

命には変えられないですが、やはり痛い出費ですね(T_T)ペット保険はどうなのでしょう

70%か50%でるのが主流みたいですね。入ろう、という話で進んでます。

そういや動物病院のロビーにご成婚前の雅子様の写真が飾ってありました、なんかいろいろ有名な病院みたいですねえ…

ペット保険=高い、というイメージはありますが入った方が安心は出来そうですね。 雅子さまの写真……(-.-)
9月22日 22時35分


228 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@転載は禁止 2015/09/23(水) 03:52:16.03 ID:wUxAmgoNO
>>196 同じく。緊急で夜中に猫を連れて。13万位。朝一番で迎えに行って主治医の病院へ。さんそマスクやボンベなど。待合室に雅子さんと愛犬の写真があったわ。二度と行かない。


235 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/09/23(水) 05:57:38.79 ID:gDI2fgG10
その病院行った事あるわ
点滴とか処置にかなり時間かかるって言われたから
ちょっと1時間ぐらい出て来ますって断って戻ったら
入院代で5000円って付けられててあんぐり
これは何ですか?って思わず聞いたら
預けて出て行ったら入院代が発生しますって
それからもう2度と行ってない


237 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/09/23(水) 07:02:51.59 ID:5Sz6l3IL0
この獣医ですか。
http://www.Yuko2ch.net/mako/makok/src/1281510775879.jpg


249 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/09/23(水) 07:51:19.16 ID:fFHbg13M0
スレチですみませんが、夜間診療の獣医師が悪徳みたいな言い方は止めてください
夜間診察の人件費と自院で検査~手術~入院の設備に入院したらケアするため人件費
夜間診療している動物病院は高額請求になることは予想出来ますし、診察し治療に入る前に
支払金額の提示はあるはずです
その請求額に納得できないのなら治療に入らなければいいだけ
もちろん、診察するのも普通の動物病院より夜間料金で割高ですけど
>>196さんの貼りつけられたツイッター主さんの認識不足としか言いようがないです

夜間救急で命を助けてもらった仔がいますので、マサコと関わりがあるからと一概におっしゃられるのはどうかと
夜間に診察してくれる動物病院って本当に貴重なんですよ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki