Fandom

Dosuko Wiki

サーチライト

638このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

夜間に人や物を捜索するために用いる投光機………のはずであるが、雅子シンパの人物にとっては「スポットライト」を意味する言葉として用いられている。

長野県公式HP:県立こども病院の新院長候補者・宮坂勝之さんの会見内容
(日時:平成18年4月24日(月)14:15~14:50/場所:県立こども病院 南棟2階会議室)
 
新院長候補者 宮坂勝之さん
 皆さんこんにちは。ご紹介いただいた宮坂と申します。長野県では、宮坂勝之と終わりまで言わないと、多分大勢いるのかと思いますので、一応、フルネームで言っときます。
今日、本当にこのようにたくさんの方々がいらして、小児医療、こども病院にすごい関心があるということで、私たち非常にありがたいことです。
 私、今、ご紹介がありましたけども、麻酔科の医者ですけども、小児科の医者でもあります。スタートは産科医、今、世の中で少ないと言われている三つの職種を一人で背負っておりますけども、なかなかこういうふうにサーチライトを浴びるということはないんですけども、本当に皆さん来ていただいてありがとうございます。


この宮坂勝之院長(2006年5月1日より現職)は、2007年6月1-2日の長野県公務にて雅子夫人の「おやつ」質問や「植樹イベント後同じ格好のまま新生児室押しかけ視察」で知られる、長野県立こども病院視察をお膳立てした中の一人である。

ttp://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20070603/CK2007060302021077.html
皇太子ご夫妻「元気になってね」 安曇野で入院の子ども励ます

2007年6月3日
 安曇野市の国営アルプスあづみの公園で開かれた第十八回全国みどりの愛護のつどいに出席された皇太子ご夫妻は二日、同市の県立こども病院を訪問され、新生児病棟などに入院する子どもたちに「元気になってね」とやさしく励ましの言葉をかけてまわった。
 ご夫妻は、宮坂勝之院長の案内で継続保育室(GCU)へ。保育器で治療を受ける乳児を前に、両親と病状などについて言葉を交わした。一般病棟に入ると、子どものおもちゃを手に取って見たり、好きなおやつを尋ねたりして交流。無邪気な子どもの姿に、雅子さまも笑顔を見せた。
 宮坂院長は「長期入院の子どもも多く、雅子さまは母親を気遣っておられた。子ども好きなことがひしひしと伝わってきました」と話した。
 (鈴村隆一)


この前年2006年3月には当時の長野県知事田中康夫と当時の県立こども病院長・石曽根新八氏との間で病院の方針を巡る激しい対立があり、石曾根氏が退職するという事態にまでなっていた。

ttp://www.shinmai.co.jp/kensei/2006/06032103.htm
県立こども病院長 一般診療受け入れに反発し退職届

 県立こども病院(安曇野市)の石曽根新八院長(60)は20日、「一身上の都合」として31日付の退職届を高山一郎県衛生部長に提出した。田中知事は今県会の議案説明で、同病院で小児高度専門医療だけでなく一般的な小児科、産科診療も受け入れる意向を表明、「首脳部の一新」も示唆していた。石曽根院長はこうした動きに反発、県衛生部への異動を拒む形で退職を決めた。
 石曽根院長は取材に対し「院長の任命権者は知事。知事が新しい人にすると決めた以上、辞めざるを得ない」と説明。同病院で一般的な小児科、産科診療を受け入れることについて「県全体で確立してきた小児高度医療の供給態勢が崩れることを危惧(きぐ)している」と批判した。
 沢田祐介副知事は取材に対し「少子対策にかかわる(県の)仕事を引き続きやってほしいと要請していたが、ご自身の決断であり尊重したい。今後も県の小児医療を支援してほしい」と述べた。後任は、県内出身の国立成育医療センター(東京都)部長が有力視されている。
 石曽根院長は信大医学部第一外科を経て、93年のこども病院開院当初より外科部長。副院長を経て2002年から現職。
(2006年3月21日 信濃毎日新聞掲載)


言わば田中康夫知事の肝煎りで石曽根院長の後釜に座ったのが宮坂院長なのである。田中康夫と言えば、雅子大ファン東宮擁護派且つアンチ秋篠宮派であり、その肝煎りである宮坂院長が2007年6月の長野県公務で東宮夫妻の視察受け入れを決定したのは至極当然な流れと言えるだろう。ちなみに田中康夫氏は法則のおかげか、石曽根院長から宮坂新院長への交代劇の同年8月、長野県知事選に破れその座を去っている。

「サーチライト」という妙な表現が長野県公式HPで長々と掲げられてしまっている宮坂院長であるが、彼の日本語感覚はちょっと独特なところがあるようで、「その時おふたりに会って泣いた子はいませんでした」との、(皇族視察の感想としてそんなこと普通言うかぁ??)と思われてならない談も取材で語っている。10年目といいきよびんといい、日本語感覚の独特さは雅子とその擁護派に共通していると思われてならない。

皇室日記サイトでも紹介されていた久能靖氏の安曇野取材成果(2007年6月24日放送)
あずみの公園事務所長談
 皇太子「(園内の小川を見て)気持ち良さそうだね」
 妃殿下「中に入ったら気持ち良さそうですね」
式典に参加した小学生
 優しく話しかけてくれたことは一生の思い出。ドッジボールをしていますと話したら「懐かしい」と雅子さまが言ってくれた。
こども病院院長談
 ご両親に労いの言葉「たいへんですね」など優しい声をかけられていました。雅子さまがお子さま好きなのはよくわかる、自然体で接していかれる、自然にお子さんのそばにいかれる、因みにその時おふたりに会って泣いた子はいませんでした。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia