FANDOM


ハワイ州らしいところにある朝鮮戦争記念館に何故か存在しているという「東宮家の雅子夫人&愛子内親王の像」を指す言葉。この画像を紹介掲載していたサイトが当初画像ファイル名としてつけていたのが「KoreanPrincessBaby.jpg」だったことから、2ちゃんねるなどではかなり話題となり知られることになった。

雅子&愛子だけの塑像を製作し「コリアンプリンセスベビー」と紹介するcunninghamphotos.comの内容編集

ttp://www.cunninghamphotos.com/Korean.html 元ページは何故か消去済み

WebArchive記録(6 April 2004時点、当初は単に展示物等の画像掲載のみで、問題の雅子愛子画像右クリックでオリジナル画像ファイル名「KoreanPrincessBaby.jpg」が確認できる)
WebArchive記録(2 March 2007時点、掲載画像に説明テキストが追加され、問題の雅子愛子像画像についても態々「That title does NOT mean the Princess is Korean. 」赤字説明)
WebArchive記録(25 June 2007時点、問題の雅子愛子像画像がページトップに躍り出る形に)
megalogon魚拓記録(2010-1218時点)


◆説明文引用と大雑把な訳:
Crown Princess Masako of Japan holding her daughter Princess Aiko
(娘の愛子内親王を抱く皇太子妃雅子)

6 April 2004
Photo # KWM CPM
Thousands of people in Japan have come to this web page to look at this photo of the statue of Japan's Crown Princess and her baby daughter Princess Aiko. Some have commented in blogs about the original title of the photo. There was a lot of confusion, which had nothing to do with the Royal Family, so I have renamed the photo "JapanesePrincessBaby".
(日本から何千人もの人がこの雅子妃と愛子内親王の写真を見に来てる。ブログでこの画像のオリジナルタイトル(=コリアンプリンセスベビー)についてコメントしている人もいる。(「コリアンプリンセスベビー」というオリジナル画像名と)日本のロイヤルファミリーは関係ないのに随分と混乱しているものだから、「ジャパニーズプリンセスベビー」に変更しました)
The original title came from the title of the web page, www.CunninghamPhotos.com/Korean.html , and the images of a princess and a baby. That's it. There was NO hidden meaning in the orignal title.
(オリジナルタイトル「コリアンプリンセスベビー」は「www.CunninghamPhotos.com/Korean.html」に因んだもので、皇太子妃と赤ちゃんという、ただそれだけのこと。隠された裏の意味なんて全くありません)
Kyle Kopitke wrote, "This statue symbolizes gratitude to the Japanese Nurses who took care of our wounded soldiers in Japanese Hospitals."
(Kyle Kopitke氏は「この像は、戦争で傷ついた兵士を日本の病院で手当した日本人看護師たちへの感謝のシンボルである」と記している)


当該サイトに「Korean War National Museum」と記載があるため、「ハワイ・オアフ島ワヒアワにある国立朝鮮戦争記念館(KWNM=Korean War National Museum)」にこの雅子&愛子像が存在するのでは?と広く考えられていたが、それは誤りのようである。
国立朝鮮戦争記念館はこんなチンケなペンキ絵のある施設ではなく、ナショナルミュージアムだけあってもっと重厚で立派であり、当然こんな奇妙な像もないとのこと。説明文中に「Kyle Kopitke」という人名が見えるが、朝鮮戦争史家のKyle Kopitkeなるアメリカ人がカマボコ型兵舎(or軍事倉庫)を改装して作った私設の記念館だと思われる。場所はハワイ州かネブラスカ州で、2004年2月開設したものの同年内に閉鎖したので今は見られない。背景のペンキ絵は韓国人アンディ・パク画伯作。館内には李承晩と盧武鉉が一緒に国旗を揚げる像、なんかもありトンデモ系施設と考えていいようである。
(この段落はマコオタ投下された記事を引用し作成しました)

マコオタ掲示板書き込み:

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.cgi?res=193300(魚拓)
無題 Name 名無し 10/09/08(水)19:39 ID:3Ky0gAT0 No.193300
例の韓国美術館へ行ってまいりました。(怖いもの見たさで)場所はハワイの田舎町。その見覚えのあるプレハブちっくな建物は住宅街のど真ん中にあり、美術館があるにはふさわしい場所ではありませんでした。看板や案内など何もありあませんでした。恐る恐る中に入ると、オフィスがあり一人の白人男性が仕事をしていました。5年位前に、この建物を購入したのこと。その美術館がどこに移動したかは知らないし、美術館だったことすら知らないと。ということで、現在は会社の事務所になっていました。後からネットで調べた情報では、以前の所有者が個人的趣味で作った物で、美術館とは程遠い粗末な作品ばかりを作っていたそうです。今もどこかで公開しているのでしょうか。


この像を撮影しネットで紹介した人物が付けたファイル名には他意はなかったようであるが、それにしても朝鮮戦争史家を名乗る人物が雅子&愛子母子像の解説文を寄せていることといい、日本の皇室の中の人である雅子夫人と敬宮愛子ちゃんが韓国・朝鮮関係の場に感謝のシンボルとして像まで建てられているのは非常に奇妙なことである。日本の皇室に強い反感を抱くのがデフォルトと言える彼の国・彼の民族が、その反感の対象をわざわざ像として作成しているわけであり、また何故皇室の中で天皇陛下でも皇后陛下でも皇太子でもなく、雅子と愛子が選ばれたのかについても謎は尽きない。

雅子夫人を擁護する人物の中には、きよびん」のような明らかにノーマルとは言い難い日本語表現を書き連ねたり、果てには「出身成分」「銃爆弾」などと北朝鮮に纏わる単語が飛び出すなど、彼の国・彼の民族の人々が相当数存在していると強く窺われる
像まで建ててその存在をアピールされ、きよびんらの応援を受け続ける雅子と愛子の背後は、相当にきな臭くて堪らないのが現在である。

参照:【きよびん】、【出身成分

韓国大手総合日刊紙「ハンギョレ」2017/10/25記事<[インタビュー]「慰安婦の真実を知らせる、それが正義だから」>より、“「(新しい変化を主導できる)日本の皇太子が慰安婦問題の慎重で責任ある解決」を提案すれば、効果があるのではないかと思う”と、徳仁を慰安婦問題に絡めて利用する意図を記述している箇所あり。編集

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28780.html
[インタビュー]「慰安婦の真実を知らせる、それが正義だから」
登録 : 2017.10.25 00:04 修正 : 2017.10.26 13:22
マイク・ホンダ前米下院議員-ラッセル・ロイ社会正義教育財団事務局長 
 
「立証資料が不十分という安倍政権 
それ自身が道徳的指導力の不在を証明 
米国社会にきちんと知らせることに注力 
カリフォルニアで講義始め成果」 
 
「長期にわたり日本政府のロビーに振り回された米国 
韓国人の怒りがよくわかっていなかった」

マイク・ホンダ前米下院議員(右)とラッセル・ロイ米サンフランシスコ社会正義教育財団事務局長が15日午後、ソウル市孔徳洞のハンギョレ新聞社の会議室で日本軍「慰安婦」問題と関連して話をしている=キム・ジョンヒョ記者//ハンギョレ新聞社

 「安倍政権の政策ないし安倍首相の発言自体が、反知性の証拠だと考える。(立証)資料がないと言っているが、日本政府が体系的に女性を動員し誘拐したという資料が明確にあるので、日本政府が責任を負わなければならない。だから河野談話まで出たのではないか。証拠が不十分なのではなく、現在の日本政府に道徳的指導力がないためではないか」
 日本軍「慰安婦」動員に強制性はなかったという安倍晋三首相と日本政府の主張に、マイク・ホンダ前米下院議員(76)は「話にもならない」と指摘した。その場に同席した米サンフランシスコ地域の市民団体である社会正義教育財団のラッセル・ロイ事務局長(62)は、彼の話に「同意する」としてこのように受け答えた。
 「資料がないということは事実でない。問題の一つは、その資料が中国語、日本語、韓国語で書かれているため米国社会にきちんと知らせられずにいるということだ。だから私たちの財団では、『慰安婦』関連事実を米国社会にきちんと知らせることを教育活動として優先している」
 ホンダ前議員は、米国カリフォルニア地域で彼とともに教育・少数者権益、そして日本軍「慰安婦」に関する米国社会の正しい認識を向上させるための活動を行っているロイ事務局長や、彼らと共に2013年ロサンゼルス郡内の小都市グレンデールの慰安婦少女像建設を主導したイ・チャンヨプ・グレンデール都市開発委員長とともに15日、ハンギョレ新聞社を訪れた。
 ホンダ前議員は来年3月からサンフランシスコ教育統合区で10年生を対象に慰安婦問題を教えることになったが、これは「米国で初めて」だとし、その重要性を強調した。「米国で慰安婦問題を学校の講義内容に含めるのは、カリフォルニア州が初めてだが、講義要綱や生徒教育指導案がなく、一線の教師たちがとても困惑している。現在、講義教材を私たちが開発し、モデル講義までした状態だ」。この講義教材の開発を社会正義教育財団(代表ソン・ソンスク)が受け持っている。財団は今年9月サンフランシスコ慰安婦記念碑建立を主導した「慰安婦連帯正義」も支援している。
 普段から「慰安婦」関連の仕事に自身が先頭に立ってきた理由を「それが正しいことだから」と話してきたホンダ前議員は、「母方の祖父である岸信介、彼の弟(佐藤栄作)までが首相を務めた安倍の場合、日本政治史が彼の個人史と重なっているので、個人的な感情を歴史問題に移入しているのではないかと思う」と話した。彼は「慰安婦と関連して言葉の言い換えに終始していて、きわめて嘘に長けた政治家と見ざるをえない」という安倍首相に対して「(新しい変化を主導できる)日本の皇太子が慰安婦問題の慎重で責任ある解決」を提案すれば、効果があるのではないかと思うとも話した。
 サンフランシスコ市長と米上院情報委員長などを歴任したダイアン・ファインスタインの補佐官として20年余り仕事をしてきた中国系米国人のロイ事務局長は、慰安婦問題に対する日本政府の誤った対処は、1980年代から本格化したと指摘した。「その時から日本政府は数百万ドルを米国の学者、研究者相手のロビー活動に注ぎ込んだ。大多数の白人はその事実をよく知らないので、事実に基づいた研究の成果と日本政府の主張の間で混乱を来している。慰安婦問題に関する真実を米国民に知らせる努力を妨害しようとする日本政府のばらまきとロビー工作にどのように効果的に対処するか、それが問題だ」。
 2001年に60歳で連邦下院に初めて進出した後、昨年11月までシリコンバレー17地区と15地区で民主党連邦下院議員(任期2年)として8選を記録したホンダ前議員は、2007年9月に米下院の日本軍慰安婦決議を主導したことで韓国でも広く知られた。九州、熊本には、今も彼の母親の弟、父親の妹が暮らしている。慰安婦関連活動のために「私たち一家の親戚たちは何も言わなかったけれど、別の日本人からは多くの不平や抗議を受けた」と彼は話した。
 第2次大戦の時、米国政府の日系人強制隔離措置で被害にあった家族の一員である彼は「米国の政界にはきわめて長く執拗な反アジア情緒がある」と話した。「成長過程で主流白人が持つアジア系に対する偏見や差別的態度が、結局多数が少数を分離して支配しようと考えたやり方ではないかと考えた。少数者である私たちは、政権に忠誠を尽くすのではなく、憲法に忠誠をつくす。憲法に保障された政治活動の自由がとても重要だ。米国は良い国だが、完ぺきな国ではない。それで憲法が保障する権利を実現し保護するために政治活動に熱心に参加してきた」。慰安婦関連活動もその延長線上にある。
 ロイ事務局長は日本と韓国に別々の基準を適用する米国の政策をも批判した。「米国が持つ二種類の定規のために、韓国が不公平な待遇を受けていることは事実だ。米国人は韓国人がなぜ怒るのか、日本人が内心狙っているものが何かを知らない。そうした面で、米国は韓国と日本を操り人形のように操縦し、政治・経済的利益を企てていると見るべきではないだろうか」。ホンダ前議員は「慰安婦合意で勝者は日本だけ」と話した。
整理ハン・スンドン先任記者、チョ・ヘジョン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
韓国語原文入力:2017-10-24 20:33
http://www.hani.co.kr/arti/culture/book/815868.html 訳J.S(2500字)

参考:徳仁雅子愛子擁護派である友納尚子が書いた記事:『セクシーフォーカス』1983年(昭和58年)5月号<友納尚子の大日本売春史 40年ぶりに日の目を見た兵士たちのプライベート写真>【朝鮮人従軍慰安婦強制連行を主張する記事】編集

『セクシーフォーカス』1983年5月号表紙・表紙裏前書き・目次
pp.8-11友納尚子の大日本売春史 40年ぶりに日の目を見た兵士たちのプライベート写真

pp.8-11より全文引用
 仮小屋へ、毎日のように番号札を買った兵士たちが一列に立ち並ぶ。まるで、公衆便所のごとく扱われていた従軍慰安婦。当時、相手にする客は一日200人~300人。ちなみに、現在トルコでは一日28人を相手にするのが最高だというから、その数の凄さは想像を絶すると思う。
 それこそ、ただ目をつぶって股をひろげるということが女にとって、どれほど屈辱的なことか──。
 それは、旧日本軍=天皇の軍隊が中国で慰安所を作ったことから始まった。
 日中戦争の拡大とともに、皇軍兵士による中国女性へのおびただしい強姦や輪姦が表面化した。
 梅毒と呼ばれる性病が、日本軍のなかにひろがり、戦線を離脱する兵士も多数でてきた。
 そこで、軍部が考えた兵士たちの強姦防止と、性病予防対策というのが、従軍慰安婦=売春婦の組織化だったのである。
 日本の、いちばん南にあった九州からただ単に住んでいると理由だけで、「性の防波堤」にされた何人もの女性。
 その中に、たまたま朝鮮人の女性がまじっていたのがきっかけで、日本女性よりも体力があることを知った軍部。
 いや、それだけではなく、当時日本の植民地支配下にあった朝鮮である。
 貧しい人たちが、その貧しさに正比例して、その被害をもろに受けたといっても過言ではない。
 さっそく、関東軍は朝鮮総督府に強制的な命令を出し、警察の巡査が、「慰安婦狩り」へと出たのである。
 私服の刑事、あるいは憲兵が恐喝をして田舎の家をまわり、ウソを言っては未婚の女性を駆り立てたという。
 男が徴兵にひっぱられていることを見て、女は処女を捧げてまでもそれを女の徴用だと思ったのかも知れない。
 しかし、従軍慰安婦としての仕事は、男たちの身のまわりの世話ではなく、性の欲求のはけ口を受け止める役目だったのだ。
 時には、その屈辱的な毎日が絶えられず(原文ママ)、逃げだすことが何回もあった。
 が、その度に捕まえられ、なぐる、ける、のもの凄いリンチにあい、結局は泣きわめいてあきらめる他なかったらしい。
 性の自由化が進んでいる現代からは、全く信じられない事である。自らの意志に反して、体を捧げるということの重大さをもう一度確認したい。それは、いくら時代が変わろうとも変わらないものではないだろうか?
 そんな慰安婦たちの気持ちをなおさら逆立てたのは、日本の陸軍大佐からの感謝状である。「あなたは身をもって、皇軍に協力したから感謝状をやる」しかもそれから日本軍の支配下にあった祖国朝鮮が解放されたにもかかわらず、彼女たちは再び沖縄で、今度は米軍によって「慰安婦」にさせられた。
 一日に信じられないほどの客を相手にした彼女たちは、過労、性病、戦火などで望郷の思いを抱いたまま、戦地で空しく朽ち果てていった。彼女たちがモノとして扱われ稼いだ外貨が、外国からの大砲や軍艦に化けた日本の歴史的事実。そこには女たちの底知れぬ悲しみがあった。

編集

編集

編集