Fandom

Dosuko Wiki

カスタネット公務

639このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

雅子夫人の公務参加状況を表す言葉。2007年春頃からスレ奥様の間で使われだしている。「休んで、叩いて、休んで、叩いて」と休拍が当たり前のように入ることから比喩に用いられている。往年のTV番組「オレたちひょうきん族」にて、ビートたけしが1986年起こしたフライデー事件後に出演を休みがちになったことから生まれたキャラ「カスタネットマン」が連想されるという指摘も存在する。

その後、雅子の娘敬宮愛子ちゃんが2010年3月小学2年生にして不登校、2014年6月中学1年生にして不登校再発と、学校は遅刻欠席だらけ、定期試験もまともに受けないというgdgdぶりが頻繁に伝えられることになる。そんな愛子の状況を言い表すのに「不規則登校」「ランダム登校」といった婉曲表現をメディアが用いるようになり、「休んで、学校行って、休んで、学校行って」でまるでカスタネットみたいだ、さすが母娘でよく似ているというスレ住民奥様の声もある。カエルの子はやはりカエルのようである。


参考:
『週刊文春』2015年4月23日号<ザ・プリンセス雅子妃物語 最新版 「11年半ぶり園遊会」への期待感高まる>友納尚子プリババ
p.139より引用
「雅子妃のご回復には、ご活動をなさって少し休まれる、そしてまたご活動をなさるという階段を上るような法則があります。体験することが出来たという自信に繋がるのです。時間と回数を重ねることで、いつの間にか頂上まで上れたということになれば自然と治ったということになると思います」(元東宮職)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki