Fandom

Dosuko Wiki

はしるな、たべるな、ふりむくな

638このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

敬宮愛子ちゃんが通っている学習院初等科の廊下に張られている異様なスローガン(当時)。

2010年3月5日野村一成東宮大夫による愛子不登校発表は世に大きな衝撃を与えたが、その流れで学習院関係者から出てきた情報の一つがコレである。

日刊スポーツ2010年3月7日Web・紙面掲載
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20100307-603404.html(魚拓)
紙面写真
変わりゆく学習院…愛子さま不登校問題で
 皇太子家の長女愛子さま(8)が、学習院初等科に登校できない状態になっていると、5日に宮内庁が明らかにした件はさまざまな波紋を広げている。学習院といえば、皇族の子女が通うことで上品なイメージがあった。学習院も変わってきているのか-。保護者や教育関係者の中には、一般的な学校に近づいてきているのではないかと“変化”とともに“問題点”を指摘する声もある。
 都内に住む40代男性は、初等科から大学まで学習院に通っていた。子どもが現在、幼稚園の年中クラスで来春に“お受験”を迎えることもあって、「自分と同じ道をたどってもらいたいと思い、学習院初等科の学校説明会に行った」という。
 「でも行ってみたら校内の廊下のいたるところに『はしるな、たべるな、ふりむくな』と書かれた紙が無数に張られていた。でも、自分が通っていたころには、そんなことはなかった。そんなことを書かないといけないぐらい荒れているのかと思った。子どもを預けられない」と感じて、現在では違う小学校を探している。
 都内の幼稚園関係者も学習院初等科の落ち込みを感じたという。学習院を受験して合格したものの、別のカトリック系女子小学校を選んで進学した例が昨春あったという。「親御さんは、学習院を選ばなかった理由については話はしなかったのですが、現在通学されている学校の方がボランティア活動や女子児童だけだから安心と説明されていた。10年前では考えられないことで驚いた」と話した。
 都内の私立小学校のベテラン教師は、皇族の子女たちが通うというブランドもやや崩れてきているという。「少子化の影響で学習院初等科に入学するハードルが低くなってきていることは事実。学校側も、昔のようには児童を選べる時代ではないですから」と話した。学習院初等科は、06年から1学年3組(1クラス44人)ではなく4組(同33人)にして、児童へ細かい指導のできる体制にしてきていはいる。一部の保護者には、皇室の子女と同じ学年になることを懸念する人もいる。ある保護者は「予定されている行事やイベントの日程や時間が、都合によって変わることがあるのです。そのことで学校側に抗議する保護者もいる」と話した。
 教師を目指す受験生を数多く見てきた有名予備校の元講師は、前日の学習院の会見などを見た印象と前置きしながら「学習院にも、やんちゃな一般家庭の子どもが入ってくる可能性も、昔よりは高くなっているでしょう。でも学習院の教師はお行儀のよい子どもの指導には慣れていても、少し行動が型破りな子どもへの対応がやや弱いのかもしれないですね」と話した。
[2010年3月7日9時18分 紙面から]


「はしるな」は校内注意書きとして普通に理解できるとしても、「たべるな」「ふりむくな」は一般的公立小学校でもあり得ないというスレ住民奥様方意見が多数。生徒大勢に対してか、それとも特定の生徒に対してか、一体誰に向けたスローガンなのか、解明が待たれている。

なお、廊下に寝転がる女子児童は実在している。また、校内にはその女子児童のため、監視カメラや鍵が設置されたり、私服護衛官が複数配置されている

関連項目:【モップ姫】、【胸倉掴み】、【不登校】、【囁きティーチャー】、【ダッシュ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia