Fandom

Dosuko Wiki

ちゃんこの儀

639このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

2006年(平成18年)12月1日敬宮愛子ちゃん5歳の誕生日に、雅子の実妹池田礼子一家を招き開いた夕食会を指す言葉。

『週刊文春』2006/12/14号 雅子さま43歳「噂の全真相」闘病生活3年徹底取材
▼雅子さまが誕生日に準備する長文の手記
▼またも「晩餐会欠席なのに乗馬」に涙した東宮大夫
▼秋篠宮家に対抗して「おゆうぎ部屋」を改築?
▼天皇皇后周辺が心配する「おじぎをしない愛子さま」
愛子さま誕生日の夕食会は小和田家親族とちゃんこ鍋
▼宮内庁が激怒した週刊朝日「皇籍離脱」見出しのウソ
pp.174-175より引用
 もうひとつ、千代田側が東宮側について心配していることがある。それは愛子さまに関することだ。
 十二月一日には五歳の誕生日を迎えられ、ポニーに乗られた愛子さまを挟んで、両殿下が笑顔で見守られている映像などが公表された。いまでは雅子さまのお弁当作りのお手伝いもなさるというが、折に触れて愛子さまを近くで見てきた宮内庁関係者はこう話す。
「十月二十日の皇后陛下のお誕生日に、愛子さまが『幼稚園のお疲れ』を理由に御所への挨拶を直前で取り止められましたが、あの頃から特に、愛子さまのことが話題になるようになりました。愛子さまはまず、おじぎをなさらない。実は両陛下にもなさらないようなのです。こういうことは小さいときに教えなければいけない、と思うのですが、両殿下もなぜかその場でご指導されない。妃殿下が病気で行事に参加できなかったりするのは仕方がないことですが、躾は別の話ですから」
前出の宮内庁担当記者もおじぎをする愛子さまを見たことがないという。
「九月にご一家で大相撲をご覧になったときは、説明役だった相撲協会の北の湖理事長の前を素通りされました。皇太子がトンガご訪問に出発されるとき、東宮御所の玄関で雅子さまと愛子さまが職員たちとお見送りをした際もそうでした。お見送りが済んだ後、雅子さまが愛子さまを連れて、侍従長に挨拶をされたのですが、愛子さまは身体をくねくねさせながら、ジーッと侍従長の方を見るばかりで、おじぎをなさらなかった。雅子さまも促すようなことをされないので、不思議に思っていました。先月、秋篠宮の誕生日会見で、紀子さまが『小さいときから基本的な生活習慣を学ぶことは非常に大切であると思います。例えば、あいさつや感謝の心でしょうか』と仰っていましたが、確かに眞子さまや佳子さまは、かなり小さいときからおじぎをなさっていました」
 そんな周囲の心配をよそに愛子さまは元気に幼稚園に通われている。お誕生日の夜には、雅子さまの妹である池田礼子さんのご一家が東宮御所を訪れ、東宮一家と一緒にご夕食を楽しまれた。献立は『ちゃんこ鍋』だったという。
「お相撲好きの愛子さまにちなんで、両殿下がリクエストなさったのでしょう。愛子さまは殿下とお相撲をとるのがお好きで、何度も何度も殿下と相撲遊びをされるそうです。力士が立合前に塩をまく動作もお好きで、繰り返されるそうですよ」(前出・皇室関係者)


当週刊文春記事では愛子がお辞儀をしないくねくねしていることが多いという心配な様子が書かれている。またこの愛子5歳誕生日の約半月前11月11日には皇室社会の子供の重要な宮中儀式「着袴の儀」があったのだが、儀式そのものは画像一枚すら公表されず、11月7日のリハーサル(習礼)と当日東宮御所玄関前で変てこりんなピンク色衣装でお口を開けたり舌を出したりした光景ニュースで放映され、儀式がきちんと成されたかについては危ういとする見方が多い。

大事な宮中儀式である着袴の儀もきちんとやったかどうか不明であり、雅子の妹池田礼子が「しょっちゅう会ってるシリーズ」に見られるようべったり状態で東宮御所にてちゃんこ鍋夕食会を催したことからして、ちゃんこ鍋に罪はないのだが、東宮家のgdgdっぷりの象徴として「ちゃんこの儀」という表現が生まれている。

参考:【着袴の儀】、【しょっちゅう会ってるシリーズ】、【鍋料理特集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki