Fandom

Dosuko Wiki

だんなさん

637このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

2006年3月23日聖路加国際病院小児総合医療センターを、皇太子妃雅子が単独視察公務していた折に発した言葉。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060323-00000115-kyodo-soci

雅子さまが激励 聖路加小児センター
 皇太子妃雅子さまは23日、東京都中央区の聖路加国際病院の小児総合医療センターを視察、健診や診察に訪れた親子らを「お大事に」「頑張ってください」と笑顔で激励された。
 同病院の日野原重明理事長や小児科医らが案内。雅子さまは、乳幼児健診に来た夫婦に「だんなさんの協力も必要ですね」と声を掛け、外来診療の待合室では採血を待つ小学生に「大丈夫よ」と励ましていた。入院している子供が通う院内学級「つばさ」では、一緒にすごろくゲームを楽しんだ。
 センターは昨年1月に開設。雅子さまはこれまで同病院の小児病棟を3回私的に訪れ、がんなどの治療を受けている入院患者の子供たちと交流を重ねていた。宮内庁東宮職は、今回の訪問を公務と位置付けている。
(共同通信) - 2006年3月23日13時49分更新


仮にも日本一のセレブである皇族女性の口から「だんなさん」発言は有り得ない、とスレで大いに話題になった。
何故このような余りに庶民臭すぎる言い回しがされたのか。これまで夫である皇太子徳仁に対し頭を下げることがなかった雅子夫人、「西洋ではレディー・ファーストですのよ、男尊女卑の野蛮な日本文化なんてpgr」との考えが骨身に染み付いていて男尊女卑の象徴である「ご主人」なんて単語は口に出来ない、かといって語彙に乏しいので他の表現が見つからない。思いついたのが「だんなさん(“様”も男尊女卑を匂わせるのでアウト)」ではとのスレ住民奥様方による推測がなされている。


参照:【雅子の(゚Д゚)ハァ?な発言シリーズ】、【準公務

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia