Fandom

Dosuko Wiki

これは中国の犬ですか

638このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

2006年10月26日、雅子夫人が奈良国立博物館「第58回正倉院展」地方鑑賞公務において発した質問。

ttp://mytown.asahi.com/nara/news.php?k_id=30000000610270001
皇太子ご夫妻興味深く観賞/正倉院展
2006年10月27日
  皇太子さまと皇太子妃雅子さまが26日、奈良市の奈良国立博物館で開催されている第58回正倉院展を鑑賞された。午後6時に一般の観覧が終わってからの入館だったが、沿道や同館周辺で手を振る約3200人の市民に、お二人ともにこやかに応えていた。約40分間の鑑賞は、雅子さまが声を上げて笑われる場面もあるなど、明るい雰囲気に包まれた。
  奈良市の近鉄奈良駅前では午後5時ごろから人だかりができた。警察官がロープを張って「危険なので押さないで」と注意を促した。同市東九条町の嶋倉達子さん(80)は「お元気な姿を早く見たい」と人だかりの最前列で待ちわびていた。
  午後6時20分にご夫妻が同駅に到着。ゆっくりと駅構内から出てくると大きな拍手が起き、「きゃー」という悲鳴や「雅子さまー」という声がわき起こった。
  ご夫妻は午後6時半ごろ奈良国立博物館に到着。新婚旅行に来ていたという長野県上田市の会社員大井直人さん(25)は「仲の良さが伝わってきて感動しました」。
  館内で休憩後、湯山賢一館長、梶谷亮治・学芸課長、内藤栄・工芸考古室長の説明を聞きながら会場を回った。犬とイノシシが絡み合う意匠の大理石のレリーフ「白石鎮子(はくせきのちんす)」を見た直後、雅子さまが「これは中国の犬ですか」と質問。梶谷課長が一瞬答えに詰まると、雅子さまと皇太子さまは声を上げて笑った。
  また、袈裟(けさ)を納める箱を包む布袋で、ろうけつ染めを施した「御袈裟箱袋(おんけさのはこのふくろ)」には、雅子さまが「重ね染めを何回ぐらいするのですか」と問われ、興味を示されたという。お二人は午後7時50分過ぎ、同館を離れて宿泊先の京都へ向かった。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061027-00000265-mailo-l29
正倉院展:皇太子さま見学 85年以来、ご夫妻で質問も /奈良
 皇太子ご夫妻が26日来県し、奈良市の奈良国立博物館で開かれている「第58回正倉院展」を見学された。皇太子さまが正倉院展を見学するのは、85年以来。雅子さまの宿泊を伴う地方公務は3年ぶりという。
 この日、皇太子ご夫妻は近鉄奈良駅に到着後、午後6時半ごろ奈良国立博物館に到着した。聖武天皇の遺品の目録「国家珍宝帳」や、象牙を染めたものさし「紅牙撥鏤尺(ばちるのしゃく)」などの宝物を、湯山賢一館長らの説明を受けながら興味深そうに眺めていた。
 皇太子さまは、「国家珍宝帳」について「誰が書いたのですか」と質問。先端が鳥の頭の形状をした水さし「金銅水瓶」について雅子さまは「ふたはないのですか」などと質問したという。
 見学後、ご夫妻は宿泊先の京都大宮御所に向かった。27日に帰京する。【大森顕浩】
10月27日朝刊
(毎日新聞) - 10月27日17時0分更新


案内の館長が一瞬答えに詰まると“雅子さまと皇太子さまは声を上げて笑った”というあたりは、実に彼らの人間性がよく表れているといえる。

それより何より、媚中派である福田康夫(福帯)と、日本は特定アジア(=中国・韓国・北朝鮮)に謝罪し続けなければならないという日本ハンディキャップ論を主張する雅子実父・小和田恆、更には中国の習近平副主席ゴリ押しを唯々諾々と受け入れる民主党小沢一郎幹事長・鳩山由紀夫首相・平野博文官房長官、火種の発端となった中国人民解放軍オペラ鑑賞プロパガンダにあっさり利用される徳仁親王本人、彼らこそが中国の犬じゃねーかよであり、冗談にも洒落にもならない質問であるといえよう。

参考:【習近平】、【福帯】、【小和田恒

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia