Fandom

Dosuko Wiki

がに股

639このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

雅子夫人の立ち姿の定番。小和田雅子独身時代から見られるものであり、小和田家の育ちが染み付きそのまま反映され、もはや矯正不能であると思われる。「大股開き」「立ちション」などとも形容される。
Part957スレにて、とある奥様から、

Part957-35 可愛い奥様 sage 2007/08/03(金) 14:57:35 ID:T9F/3aTZ0
>>1スレ立て乙でございます
 
ガニ股祭りが続いていますねw
片足をほんの少し引いてターン、出来ないのはなぜ????
立てばがに股
座れば胡坐
歩く姿は大相撲・・・orzなぜ、こうなる・・・・・・

と秀逸な表現がなされている。

1993年4月12日 納采の儀を終えたことを報告するため御所へ上がる小和田親子。写真は車を降りた所。嵐の中を来たのかと思うようなぐしゃぐしゃに乱れた振袖を押さえつつもしっかりカメラ目線の雅子、和服なのにがに股なことにも注目
1993年4月12日 両陛下への納采の儀報告&ご挨拶を終え出てくる小和田恒・優美子・雅子の三人。雅子はペラペラ中振袖姿でやっぱり蟹股歩き錦鯉
1993年2月20日 父恒と観劇に出かける、両足を開いて仁王立ち姿で何故か股のあたりに手をやる雅子
1997年5月30日 英アレクサンドラ王女来日、王室ヨット「ブリタニア号」でのディナーに向かう雅子。グラビア添え書きで、明らかに記者から馬鹿にされてる目線が察せられる。
皇太子妃雅子さま立ちションポーズコレクション

2010年2月16日~同月21日までの予定を3月7日まで延長し、ギャラリーS-TRAIN ストレイン(東京都大田区大森西6の14の21)で開催された、通信社「サンテレフォト」元写真部長の高野俊一氏写真展「雅子さまの笑み」
http://www.youtube.com/watch?v=j_TUsaMBDc8
25秒あたりに、随分とがに股で高野氏撮影の写真に納まっている婚約内定時期の小和田雅子画像あり。ちなみに当写真展は京急梅屋敷駅から徒歩3分の下町にある模型工場を改造した小さな小さな会場で開かれ、結婚〇周年でもなく、病気療養7年目の人物を主役にした平成5-6年の写真のみという、仮にも皇族写真展とは信じられない異様ぶり。加えて会場「ギャラリーS-TRAIN」では創価どっぷり画家がかなり目立った個展を開いている事実もあり≪Part1727-723≫、この写真展開催には胡散臭い背景があるのではと目されている。

参考:【胡坐寿司】、【駅弁抱っこ】、【新弟子検査

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki